大泉 洋 映画。 三国志の映画に大泉洋!?登場人物の一覧やあらすじとまとめ。

恋は雨上がりのように : 作品情報

大泉 洋 映画

解説 [ ] から北海道のの畔に移り住み、小さな式の「マーニ」を営む夫婦と、そこに訪れる客たちとのふれあいを描く。 監督のが脚本も担当。 主題歌である with の「ひとつだけ」にされ、本作の脚本を書き下ろした。 北海道月浦地区に実在する店がモデルとなっており、すべてのシーンが実際の店舗を含め北海道で撮影された。 2011年1月28日にの様子がで生中継された。 キャッチコピーは「 わけあうたびに わかりあえる 気がする」。 北海道12スクリーンの先行公開で映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)第20位を記録し、続く全国公開では全国47スクリーンという小規模公開ながら、2012年1月28、29日の初日2日間で興収3,550万620円、動員2万6,130人になり映画観客動員ランキングで第10位を記録した。 あらすじ [ ] 小さな2階建ロッジのパン屋が湖畔に開店した。 夫の「水縞尚(みずしま なお)」()が焼くパンと、妻の「りえ」()が入れるおいしいコーヒーが自慢の店。 店名は、りえがお気に入りの絵本「月とマーニ」にちなんで「カフェマーニ」。 たちまち近所で人気の店になり、子沢山で農家経営の広川一家、謎のトランクを持った阿部さん()、地獄耳のガラス作家・陽子さん()、そして毎日配達にきてくれる郵便屋さん()などの常連客に憩いの場を提供する。 薪の竃で焼いたパンの他、自家菜園の野菜を使った料理も絶品。 1階のテーブル席では、大きな窓に湖畔の景色が映え、日が没すると月夜が輝く。 2階は簡易宿泊所になっており、ときどき、正面のバス停を利用して遠方から旅行客も訪れる。 夏 彼氏にふられ、沖縄旅行をドタキャンされた香織()が一人でやってくる。 意気消沈していた彼女の心は、水縞夫婦や地元の青年・山下君()のもてなしで徐々に癒されてゆく。 秋 バス停に一人でたたずむ小学生の少女・未久()。 登校拒否を察したりえは、彼女を店内に招き入れ、ホットミルクをふるまう。 やがて、父親も訪れ、事情がわかってくるが。 冬 雪で閉ざされたある日、に降り立った一組の老夫婦(・ からのの電話。 尚がワゴン車で迎えにゆく。 50年程前の新婚旅行を思い出し、月を見たいと言っているが。 春 雪が解け、郵便屋さんが、老夫婦からの礼状を配達してくれる。 そして、尚はついに、たったひとつの欲しい物を手に入れる。 キャスト [ ]• 水縞りえ -• 水縞尚 -• 山下時生 -• 齋藤香織 -• 未久 -• 未久のパパ -• 阪本アヤ -• 阪本史生 -• 郵便屋さん -• 広川の奥さん -• 広川のだんなさん -• 阿部さん -• モノローグの少女 - (声の出演)• 未久のママ -• 陽子さん - スタッフ [ ]• プロデュース:• 音楽:• 主題歌: with 「ひとつだけ」()• 撮影:(J. 照明:原由巳• 録音:小宮元• 美術:井上静香• スタイリスト:• スタイリスト(原田知世担当):大森伃佑子• フードスタイリスト:石森いづみ(石森スタジオ)、吉川雅子• 編集:(ルナパルク)• パン指導:高田真衣• パンカフェアドバイザー:パン工房ゴーシュ+CAFE(落合毅、落合直美)• ロケ協力:、小樽フィルムコミッション ほか• 北海道宣伝協力:生活協同組合コープさっぽろ• 北海道特別協力:• 協賛:、、• プロデューサー:、岩浪泰幸• 製作者:豊島雅郎• 製作:「しあわせのパン」製作委員会(CREATIVE OFFICE CUE、アスミック・エース、、、アットムービー、、ウエス、、、、) 脚注 [ ].

次の

しあわせのパン

大泉 洋 映画

編集部公式ライターのアスカでございます。 2015年5月16日に全国公開となる映画『駆込み女と駆出し男』の完成報告会見が先月の2月18日、都内ホテルで行われました。 主演の大泉洋さん、戸田恵梨香さん、満島ひかりさん、内山理名さん、樹木希林さん、そして原田眞人監督が登壇。 この豪華6名で笑いの絶えなかった会見をリポートします。 笑いの絶えない完成報告会見 この『駆込み女と駆出し男』は女からの離縁が難しい江戸時代が舞台。 その門をくぐれば離縁できる駆込み寺『東慶寺』を中心に、女と男の出会いと別れ、そして、素敵な人生を描いた作品です。 会見で最初に挨拶をしたのは中村信次郎を演じる主演の大泉洋さん。 「井上ひさしさんの『東慶寺花だより』の原作もエネルギッシュでしたし、監督が書いた脚本もエネルギーに満ちていて、勢いを損なわない出来上がったときに時代劇でありながらも物凄く新しい映画ができたなと思った」 とパワーの感じられる作品であることをおっしゃっていました。 続いて、駆込み寺の東慶寺に駆け込む女性・じょご役の戸田恵梨香さんは 「時代劇は初めてやらせていただきました。 笑えて、涙もあって、若い世代の人にも楽しんでもらえる作品になったと思います。 できるだけ若い人にも観ていただきたい作品です」とコメント。 べらんめえ口調を使ったり、着物の肩を落としたり、とても難しいお吟を演じる満島ひかりさんは 「撮影してて難しかったし、苦しかったし、でも楽しかったです。 かつて私達の先祖だった人が生きていた時代を感じられる映画になっているので、みなさんにも楽しんで観てもらえると思います」 と苦労しながらも、完成した映画に感激した様子。 女侍・戸賀崎ゆう役の内山理名さんは 「毎日、刀を片手に稽古をして、撮影に入る前に薙刀、殺陣(たて)などをいろいろ稽古したのが印象に残っています。 時代劇を観たことがない人でもテンポ良く観られる作品になったと思います」 と、撮影を楽しんだ様子が伺えました。 三代目柏屋源兵衛を演じる樹木希林さんは「未だに作品の題名が覚えられない」と会場の笑いを誘っていました。 会見場には劇中で実際に使用した柏屋ののれんが用意されていましたが、こちらは樹木希林さんが文字を書いたんだそうです。 そのフリを受けてご本人は 「経費節減のために書かされたんですよ。 提灯とかにもいっぱい書かされました」 と、樹木希林さんの人の良さがみられる場面も。 ご自身も時代劇と戦争映画と西部劇で育ったとおっしゃる原田眞人監督からは 「若いキャストも本当に素晴らしかったし、初めての時代劇でしたけど、みんなと一緒に学んで1つずつ成長することができました。 非常に現場も楽しかったです」 とコメントをいただきました。 登壇者への質問タイム 初めて時代劇を撮るにあたって心がけたことと原作『東慶寺花だより』の世界観をどのように描こうと思ったのかという質問に対して、原田眞人監督督は 「江戸から鎌倉までの距離感だったり、主人公たちの生き様、生活、風俗っていうのを描きたかったんですね。 作品が女達の連帯や信次郎の成長の物語であるということで、それぞれの背景をリサーチするのに時間がかかった。 原作では時代をハッキリ限定していなかったが、幅があるところで戯作者が弾圧されていた天保の改革のころに時代設定しました」と回答。 大泉洋さんと樹木希林さんの役は女達の縁切りを手伝う役。 映画での2人のやり取りで印象深い場面はあるかといった質問に、樹木希林さんは「大泉さん演じる信次郎と源兵衛のやり取りでは印象的なのは何にもないんですよね」とぶっちゃけ。 大泉洋さんはすかさず「そんなことないです!あります。 多少あります!」と即答。 「なぜ監督が大泉さんを起用したのかを知りたい」とまで言い放つ樹木希林さんに会場は大爆笑でした。 原田眞人監督は「マシンガントークでのやり取りがあって、ここが原作で一番好きなシーン。 これを読んだときにこの役はもう大泉洋しかいないなと思いました」と、大泉洋さんを起用した意外な理由も明らかにされていました。 作品の中には大泉洋さんが早口のセリフを言うシーンが何度かあるのですが、非情に見応えあるシーンで、その早口ぶりに驚く方も少なくないはず。 樹木希林さんは「観た方、セリフが速すぎてあの話わかりました?」と、ここでも会場の笑いを誘っていました。 完成した作品を観て感じたことについて質問された大泉洋さんは 「いただいた台本がすごく分厚くて、これだけシーンが多いと他の監督はカットしていくんですが、原田監督は撮りながらシーンを増やしていくんですよね。 終いには助監督さんがこの映画は4時間になるねなんて。 それが2時間23分になってるんだから、観たときにとにかくスピーディーさが感じられました。 決して長さを感じさせられない」とコメント。 また、離婚についてどう思うかの質問では 「私にとって家庭がすべてで、あの家庭がなくなるのは本当に辛いですし、娘が可愛くて仕方がないですし、離婚すればだいたい娘はお母さんに取られますしね。 やっぱりしない方がいいんじゃないでしょうか」と、家庭を大切にする一面を見せてくれました。 最後に監督は「『ラスト・サムライ』が作ってくれた映像が1つ参考になっていて、ぜひあの圓教寺(兵庫県姫路市)の美しい場所を舞台に撮りたいと思っていたので素晴らしい映像になりました。 また、今回の出演陣みんな素晴らしかった」とコメント。 ぜひ、皆さんにはその美しさを作品でご確認いただきたいと思います。 また、大泉さんは「お話をいただいたとき、江戸時代の女性を助けるという東慶寺の仕組みが面白いと思いました。 描かれている世界は現代でも通じるものがあり、様々な女と男の生き様が描かれている作品なので、ぜひ多くの人に観てもらいたいです」と締めくくりました。 完成報告会見に参加した感想 最初から最後まで笑いっ放しだった会見。 会見のコメントからは出演陣のみなさんや監督の意気込みやこだわりが物凄く感じられました。 美しい映像と笑いと涙の人情エンタテインメント映画『駆込み女と駆出し男』は2015年5月16日(土)公開です。 (文・写真/アスカ).

次の

映画『そらのレストラン』北海道映画シリーズ3作目&大泉洋主演、“せたな”を舞台にチーズと心の絆を描く

大泉 洋 映画

いよいよ公開となる『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』は、渡辺一史による同名のノンフィクションを原作にした映画である。 主演は大泉洋。 彼が演じる、ボランティアに夜中にバナナを買いにいかせるような、一見わがままで、好き勝手に生きているように見える鹿野靖明に最初は戸惑うかもしれないが、いつしか彼の魅力に飲み込まれてしまう。 高畑充希演じるボランティアの美咲も、鹿野に戸惑い、怒り、やがて近づいていく。 美咲は、映画の観客の目線とともに動いているキャラクターと言っていいかもしれない。 本作は、美咲とその彼氏である医学生の田中(三浦春馬)と鹿野との三角関係を描いた恋愛ものでもあるし、そんな3人の青春の物語である。 ときにはくすっと笑い、そして気づくと泣けてくる(もちろん、監督や大泉も各所で言っている通り、それを意図しているのではない)、優れた映画だと思ったのだが、二度目は、また違った目線で観ることができた。 二度目により注目したのは、鹿野がなぜここまでして自由を得ようとしているのかだった。 鹿野が自由を求めることは、ほかの人が当たり前に思うこととなんら変わらない。 しかし、鹿野のように筋ジストロフィーの患者がそれを求めるだけで、ときに人から「わがまま」とみられてしまう。 その当たり前を求めることの正当さを、正当でないとみている人々に対して、問題提起している映画にも思えるのだ。 そうなると、鹿野が自由奔放、傍若無人であることには、表面的なだけでない意味がある。 そこで思い出されるのは自己責任論である。 改めて自己責任とは何かと考えると、誰かが人の助けを必要とする状況があったとして、その助けが必要になった原因はその人本人にあると「他人」が突き付けることであるのではないか。 自己責任を突き付ける人は、なぜか社会的に誰かが助けを求める状況があると、自分へのリソースが減ると考えてしまう。 自分も含め、誰もが助けを必要とする状況があるかもしれないことに気づいていないようにも思える。 そんな自己責任論者の意見を飲んでしまうと、鹿野のような者は、楽しんだり、好きなことをしたり、自由なことをしてはいけないということになってしまう。 鹿野が映画の中で、突然電話一本でボランティアを辞めるという学生の発する「鹿野さんて、人生を謳歌してるっていうか、自由だし幸せそうじゃないですか」という言葉に対して、「何言ってんだよ、おれが人生楽しんじゃいけないのかよ」と怒るシーンがある。 学生の言葉が、自己責任論を持つ人の意見をよく表した象徴的な一幕だった。 また鹿野は自分の介助を、母親にゆだねるのではなく、自らが必死にボランティアを集めて実現しようとしている。 そこにも大きな意味があり、それが実は自己責任論に対しての反論にもなっているように思えるのだ。 例えば、一般的に、もしも介護が必要な家族がいた場合、それを家族が助けるのは当たり前と思う人もいるだろうし、それが感動的に描かれることだってある。

次の