みずほ総合研究所 年収。 みずほ総合研究所

みずほ総合研究所への転職【プロが口コミ・年収などを徹底調査】

みずほ総合研究所 年収

就職活動生に圧倒的人気を誇る金融業界 一口に金融業界と言っても、「銀行」や「証券」、「生命保険」、「損害保険」、「資産運用会社」、「リース」、「クレジットカード」等々、金融業界には様々なビジネスモデルを展開する企業が属している。 また、金融業界といえば、「世界のマーケット変動に対応する刺激的な仕事内容」と「圧倒的な給与水準」そして「華やかなイメージ」が組み合わさって、就職活動生に人気の業界となっている。 事実、メガバンクをはじめとした銀行は新卒の就職活動生にも人気の就職先だ。 参考資料として、大手就職活動支援サイト「キャリタス就活」が就職希望企業調査を実施し作成した就職先人気企業ランキングの一部を引用する。 理由は不明瞭であるが、大手メガバンクは特に新卒就職活動生の憧れの的のようである。 更に下には、伊藤忠商事や三菱商事といった五大商社が並んでいる。 筆者の友人も大学院を修了後、外資系の証券会社に就職したが、初年度の年収が1,300万円と破格の金額であり、社会人1年目からタクシーを乗り回していたのが印象に残っている。 では?外資系金融機関の社員はどれほど破格の賃金を得ているのだろうか? 本ヒューマンデザイン総合研究所では、エリート層を中心に転職支援事業を展開している。 その際に得られた独自の情報に基づいて、主要な外資系金融機関の年収事例を紹介する。 おそらく、この後に紹介する金融業界の就職偏差値ランキングよりも、この年収情報の方が希少価値の高い情報であると認識している。 しかし、景気やポジションによって年収の水準は大きく変動するため、あくまで参考情報として取り扱って欲しい 金融業会の就職偏差値ランキングだけに興味があり、金融機関各社の年収水準には興味がないという方は、以下の情報は読み飛ばして貰って構わない(本記事の読者にお金に興味がない人間などいないだろうが一応)。 ざっくりと金額を示すと、以下の給与レンジとなる。 世の中に出回っている金融業界の就職偏差値ランキングを紹介した後に、主要金融機関各社の特徴とセットで各社の年収を改めて紹介する。 また、この「就職偏差値ランキング」というものは、業界別に存在し、金融業界にも例外なく「就職偏差値ランキング」なるものが存在する。 おそらく、これらの就職偏差値ランキングに明確な根拠はないため、あくまで志望する企業を選定する際の参考程度に活用すべきだろう。 なお、筆者の周囲の金融業会に身を置く人々の印象だが、「金融業界を志望する人」と「コンサルティング業界を志望する人」は非常に似ていると強く感じるときがある。 リスクは可能な限りヘッジするが、「自分の才能がエリート集団の中でどこまで通用するのか試してみたい」、「自分にいくらの値段がつくのか知りたい」、「一般企業に入社してもおそらく仕事に飽きて長続きしない」といった刺激を求める本能を抑えきれない人々が多いように感じる。 銀行や生命保険、損害保険、リース、投信、信託、クレジットカード業界等々、様々な会社が混在するが、特に多くのサイトで参照されているものを選んで紹介する。 また、就職偏差値ランキングでは、企業名を略称で表記する傾向があり、非常に分かりづらいため、以下は、ヒューマンデザイン総合研究所が企業名を正式名称に修正したものとなる。 採用年度にもよるが、野村證券や大和証券、みずほフィナンシャルグループの採用コースの一つ。 GM部門の主な機能には、「セールス」、「トレーディング」、「ストラクチャリング」、「クオンツ」がある。 採用年度にもよるが、野村證券や大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券の採用コースの一つ。 エリート層が集い、採用人数も少ないため入社難度が非常に高い。 SPEC採用枠入社後は、アクチュアリーや資産運用、IT戦略、イノベーション部門に配属され、スペシャリストとしてのキャリアを形成するための業務に取り組む。 保険数理・金融工学に関連する業務に関わるため、数学的素養が強く求められ、理系大学院卒の採用が中心との情報がある。 エリート層が集い、採用人数も少ないため入社難度が非常に高い。 グローバルコーポレートファイナンスコースの略。 GCF採用枠入社後は、大企業・金融・公共法人部門、グローバルコーポレート部門、グローバルプロダクツユニットに配属され、特定分野での職務経験を通じて、早期に専門性を高め、将来各分野におけるプロフェショナルを目指すコース。 アクチュアリー とは、ビジネスにおける将来のリスクや不確実性の分析、評価等を専門とする専門職。 アクチュアリー採用枠入社後は、保険数理・金融工学等を活用した保険商品の開発やリスク分析をはじめとした幅広い分野において、経営の根幹で活躍するスペシャリストを目指す。 セールス&トレーディング部門は、投資銀行内における大きな収益源の一つとなる部門の一つで、主に流通市場における株式や債券といった有価証券の売買を担当する。 外資系企業が就職偏差値ランキング最上位に位置し、政府系金融機関が続く ゴールドマンサックスやモルガンスタンレー、JPモルガンといった著名な外資系金融機関が就職偏差値ランキングの上位に位置していることが読み取れる。 日系企業に限定して考えると、日本銀行や日本政策投資銀行(DBJ)、国際協力銀行(JBIC)、日本取引所グループといった政府系金融機関に加え、野村證券や東京海上日動火災保険のGM採用やSPEC採用といった特別枠の採用が就職偏差値ランキングの上位に位置している。 また、金融業界といえば、文系出身者の就職先というイメージが日本国内では一般的であるが、日本国外では経済学部は理系に属する。 そして、これらの上位に位置する外資系金融機関や政府系金融機関では、論理的思考力や数学的素養が強く求められるため、理系大学院卒が多く採用される傾向がある。 文系出身者が理系出身者を圧倒するためには、新卒者の場合にはビジネスレベルの英語力は当然のこととして、公認会計士や税理士、証券アナリスト等の難関資格を取得しておく、中途入社の場合には、難関資格の取得に加え、即戦力となる具体的な実績を示すことが求められる。 一方で、就職偏差値ランキングの下位には、地方銀行(いわゆる地銀)や地方信用金庫が並んでいる。 今後、地方の銀行と信用金庫の多くが淘汰される予測が示されていることは、本記事の読者ならご存知のことだろう。 また、事例1の就職偏差値ランキングでは、外資系金融機関の後に、 日本銀行や日本政策投資銀行(DBJ)、国際協力銀行(JBIC)といった政府系金融機関が続きていたが、この事例2では、野村證券や東京海上日動火災保険、大和証券のGM採用やIB採用、SPEC採用といった特別枠採用が就職偏差値ランキングの上位に位置している。 また、昨今の恐ろしい速度で業績が飛躍しているインターネット証券や銀行が就職偏差値ランキングに追加されている。 ネット証券では、SBI証券や楽天証券、マネックス証券がランクインしており、ネット銀行では、楽天銀行やソニー銀行、住信SBIネット銀行がランクインしている。 これは、あくまで推測であるが、MARCH・関関同立・都内女子大学出身者については、事務管理を担当するバックオフィス採用であることが推測される。 本ヒューマンデザイン総合研究所の独自の調査では、証券部門や投資銀行部門出身者の学歴は、東京大学、京都大学、一橋大学、慶應義塾大学、早稲田大学ばかりである。 ゴールドマンサックスの 特徴(強み・弱み) ゴールドマン・サックス(The Goldman Sachs Group, Inc. )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融グループで、世界最大級の投資銀行である。 歴史は古くドイツ出身のユダヤ人のマーカス・ゴールドマンによって1869年に設立された。 モルガン・スタンレーやJPモルガン、メリルリンチ等と共に、投資銀行業務の幅広い分野においてリーグテーブル上位に位置する名門投資銀行と言われている。 就職活動では新卒・中途を含め、エリート中のエリートが集う最難関名門企業としても有名。 事業内容に関して、特に日本国内においては、1974年に東京駐在員事務所を開設して以来、多様化する顧客の金融ニーズに応えるべく業務の拡充を図っている。 具体的には、ゴールドマン・サックス証券を通した投資銀行業務、セールス&トレーディング業務を中心に、その他グループ会社を通じて、投資業務、資産運用、不動産業務などを含む幅広い先進的な金融サービスを提供している。 JPモルガンの 特徴(強み・弱み) JPモルガン(JPMorgan)は、JPモルガン・チェースの投資銀行であり、JPモルガン・チェースは、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く銀行持株会社である。 JPモルガン・チェースは、投資銀行のJ. モルガンだけでなく、商業銀行であるJPモルガン・チェース銀行も保有している。 このため、JPモルガン・チェースは商業銀行(JPモルガン・チェース銀行)としてバンク・オブ・アメリカを抜き去りアメリカ最大の資産を有し、投資銀行(J. モルガンは、特に日本国内において主に金融機関や事業法人を対象に金融サービスを提供している。 総合職の枠には、投資銀行部門、マーケット(債券・為替・株式)部門、アセット・マネジメント部門、ミドルオフィス・オペレーションズ部門、テクノロジー部門、財務部門などがある。 バークレイズの 特徴(強み・弱み) バークレイズ(Barclays PLC)は、イギリス・ロンドンに本拠を置く300年以上の歴史を誇る世界最大規模の国際金融グループであり、銀行、投資銀行、証券業、クレジットカードを事業分野とする。 1690年に創業し、本国イギリスをはじめとする、ヨーロッパ各国、アメリカ、中東、ラテンアメリカ、オーストラリア、アジア、アフリカなど全世界に幅広い営業拠点を持つ。 特に、日本国内においては、投資銀行ビジネスに力を入れている。 近年、M&Aアドバイザリー業務やエクイティ・キャピタル・マーケット業務などを開始し、急速にビジネスを拡大している。 安定的な収益基盤を武器に着実に地歩を固め、金融危機に揺れた2008年には、リーマン・ブラザーズの北米投資銀行および資本市場業務を買収。 総合力を兼ね備えた投資銀行としての地位を確実なものとし、さらなる飛躍を目指している。 バークレイズでは「人で成り立っている」という意識が強く、人を大切にする企業風土が醸成されている。 そのため、人材に対する投資も積極的。 バークレイズの投資銀行部門は更に以下の二つの領域に細分化ができる。 これは我々の推測に過ぎないが、外資系金融機関の中では、学歴を重視する傾向が強いように感じられる。 , Inc. )は、元米国三大投資銀行( 米国三大投資銀行は「メリルリンチ」「ゴールドマン・サックス」「モルガン・スタンレー」の3社)の一つで、国際的に幅広く展開をしていた金融機関。 投資銀行業を始めとし、世界37カ国・地域に展開していた。 現在ではバンク・オブ・アメリカに買収され、ウェルスマネジメント部門は引き続きメリルリンチとして、投資銀行部門はバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチの名で営業している。 また、特に国内のメリルリンチ日本証券株式会社は日本で設立された法人であり、メリルリンチ・インターナショナル・インコーポレーテッドの完全子会社であり、ホールセール専門の証券会社(投資銀行)である。 1997年に山一證券が経営破綻すると、メリルリンチは同社の営業基盤を引き継ぐ形で日本でのリテール取引に本格進出することを狙い同社が設立した。 各大学の就職実績から推測すると、東京大学と慶應義塾大学、海外有名大学出身者が社員の大半を占めるのではないかと思われる。 クレディスイスの 特徴(強み・弱み) クレディ・スイス(Credit Suisse)はチューリッヒに本社を置く、世界最大規模の金融コングロマリット。 プライベート・バンキング、インベストメント・バンキング、アセット・マネジメントの3部門から成り立ち、証券・投資銀行業務、富裕層向け資産管理業務、資産運用業務などを行う。 UBS、ドイツ銀行、バークレイズなどとともに、日本国内に早期に参入した外資系金融機関であり、大規模に事業を展開する欧州系投資銀行の一角を成している。 具体的には、1977年にクレディ・スイスが東京支店を設立している。 クレディ・スイス証券にはアントレプレナーシップのカルチャーがあるといわれている。 「自ら動き何かを創り出す」気質を持った社員が多く、そのカルチャーは全世界の社員に継承されている。 自分のやるべきことを考え実行に移す社員や、積極的に手を挙げた社員にはどんどんチャンスを提供する社風で知られる。 また、クレディ・スイス証券は米国系ではなく欧州系の証券会社であるために、比較的穏やかな社風であるといわれている。 2009年から日本国内でも事業を開始したプライベートバンキングを中心として、インベストメントバンキング・シェアードサービス・センターオブエクセレンスなどの部門で採用を募集している。 クレディ・スイス証券が特に他の金融系企業と異なる点として、プライベートバンキング業務を全ての業務のコアとしている点が挙げられる。 その他の資産運用業務や投資銀行業務がこのプライベートバンキングをサポートするという形態を採っている。 これは我々の推測に過ぎないが、外資系金融機関の中では、学歴を重視する傾向が強いように感じられる。 UBSの 特徴(強み・弱み) ユービーエス グループ AG(UBS Group AG)は、スイスのチューリヒおよびバーゼルに本拠を置くスイス最大の銀行であり、世界有数の金融持株会社である。 日本においては1960年代に営業拠点を開設しており、UBS証券株式会社を設立している。 UBS証券株式会社、UBS銀行東京支店、UBSグローバル・アセット・マネジメント株式会社の三法人を通じて、法人・機関投資家および個人富裕層の顧客向けに様々な金融商品とサービスを提供している。 UBS証券株式会社は三つの部門のシナジー効果を重視している。 この連携の要となるのが、UBS証券の強みの源泉でもある『一流の人材間におけるチームワーク』である。 UBS証券には一匹狼ではなくチームワークを重視する社風が存在する。 個で生きるのではなく、組織全体でのアウトプットを重視している。 このような難関大学出身者を中心に組織が構成されているため、就職偏差値ランキングでも上位に位置している。 日本銀行の 特徴(強み・弱み) 日本銀行(Bank of Japan)は、日本銀行法に基づく財務省所管の認可法人であり、日本国の中央銀行である。 略称は日銀。 中央銀行とは、国の金融組織を取りまとめる公共的な銀行で、通貨の発行や流通量の調整を主な業務としている。 アメリカ合衆国の「連邦準備制度理事会」や英国の「イングランド銀行」などが日本銀行にあたるといわれている。 日本銀行法では、日本銀行の目的を、「我が国の中央銀行として、銀行券を発行するとともに、通貨及び金融の調節を行うこと」および「銀行その他の金融機関の間で行われる資金決済の円滑の確保を図り、もって信用秩序の維持に資すること」と規定している。 日本銀行とは異なり、日本銀行には中央銀行としての三つの役割が存在する。 中央銀行は、現金である日銀券の発行量を調整(発行と回収)することにより、貨幣量を調整する。 日本や世界の経済を見通し、政府と意見のすり合わせを行いながら、金融政策にともなう紙幣の発行業務を決定する。 そのため、日本銀行の中に、大手メガバンクや地方銀行など、市中銀行の金融機関の口座が作られている。 銀行との日々の取引を通じて、資金不足の際には銀行に貨幣を供給する。 これにより、銀行の一時的な資金不足による支払不能による倒産を防止し、日本経済の安定化を図っている。 税金などの政府の収入の受け取りや、年金の支払いなどを行う、などの権利を日本銀行のみが有している。 このほかにも、公定歩合の上げ下げにより市場金利の誘導の実施、国債の売買、市場に流通する通過量を調整する公開市場操作等の業務も行っている。 ヒューマンデザイン総合研究所調査によると、日本銀行 の年収は、20代半ばで450万円、20代後半で 700万円、30代前半で1,000万円、30代後半で1,200万円、40代で1,500万円、50代で1,800万円と破格の給与水準となっており、平均年収は1,000万円程度との情報が入っている。 なお、総裁の年収は3,480万円、副総裁の年収は2,750万円との後悔情報がある。 平均年収 平均勤続年数 平均年齢 日本国内 833万円 - 42. 9歳 4,636名 出典:日本銀行公式HP「日本銀行の役職員の報酬・給与等について」 上述した通り、一口に金融業界と言っても、「銀行」や「証券」、「生命保険」、「損害保険」、「資産運用会社」、「リース」、「クレジットカード」等々、金融業界には様々なビジネスモデルを展開する企業が属している。 最後に、新卒入社を目指す学生、そして中途入社を目指す社会人の両方にとって、金融業界を目指すのであれば抑えておくべき主要企業をビジネスモデル別に紹介する。 これに続く形で、銀行系の「みずほ証券」、「SMBC日興証券」、「三菱UFJモルガンスタンレー証券」の人気が高い。 近年では、「SBI証券」や「楽天証券」、「マネックス証券」といったネット証券の発展・台頭がめまぐるしい速度で進んでおり、証券業界の構図が変化しつつある。 長年に渡り、業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。 本ヒューマンデザイン総合研究所では、 を作成しました。 結論から伝えると、リーマンショックや東日本大震災、コロナショックといった大恐慌でも、業績が悪化しにくい企業のリスト。 言い換えれば、です。 「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。 企業リストの詳細情報は、上記画像からご確認下さい。

次の

みずほ総合研究所(コンサル・シンクタンク/シンクタンク系コンサル)

みずほ総合研究所 年収

みずほ銀行の年収は982万円!(有価証券報告書調べ) みずほ銀行の年収の平均は、982万円でした。 () 年度別の年収は 平成29年:987万円 平成28年:990万円 平成27年:970万円 平成27年:758万円 平成26年:750万円 平成25年:725万円 平成24年:673万円 平成23年:671万円 平成22年:664万円 ここ数年での年収推移は 664万円(最低)~990万円(最高)となっています。 給料:約56万円 みずほ銀行とは:日本の巨大メガバンクの一つで、みずほファイナンシャルグループの一角を担う銀行です。 2013年に、震災によるトラブルから、みずほコーポレイト銀行に吸収合併して誕生しています。 本社所在地:東京都千代田区大手町1-5-5 みずほ銀行の設立時期:1923年5月 性別 平均年収 平均月額給与 男性の平均年収 1,113万円 72万円 女性の平均年収 840万円 54万円 みずほ銀行の30代・40代・50代の年代別年収 みずほ銀行の年代別年収は、年齢別年収推移より 30代の年収が約 870万円~(推定) 40代で 1,011万円~(推定) 50代で 1,214万円~(推定) 30代~50代までの年収増加は約 354万円以上となっています。 あくまでも予測のためご自身でご判断ください。 みずほ銀行の推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説! 上記の平均から算出してみたところ推定 43,493万円となりそうです。 日本の平均生涯賃金が18,380万円なので、平均生涯賃金からの増減は 25,866万円です。 仕事内容・企業偏差値ランキング・グループ企業 【仕事内容】 預金業務、譲渡性預金、貸出業務、手形の割引、商品有価証券売買業務、内国為替業務、外国為替業務などの金融機関業務全般など。 【企業ランキング】 2ch企業偏差値ランキングでは57で、他グループ(他企業)では60(日本郵便)、62(東京海上日動)、68(三井不動産)などがありました。 【みずほ銀行のグループ企業や関連企業】 ・みずほ信託銀行 ・DIAMアセットマネジメント ・みずほ証券 みずほ銀行の採用情報や面接について解説 新卒の初任給は 基幹職 20万5,000円(大卒) 23万円(院卒) 特定職 19万5,000円(大卒) 17万5,000円(短大卒) となってました。 (平成27年度) 【面接で聞かれること】 ・この企業で、自分に適性だと思えますか? ・学生時代に頑張ったこと。 ・一般的な志望動機など。 ・全般的に非常にオーソドックスで、あっさりした質問が多いです。 【求めてる人物像】 主体的に物事を考え、自主的に責任ある行動を指針とした、キャリア志向というのがみずほ銀行の求める人材です。 比較的に、昔からの銀行員資質が重視されてます。 真面目で勤勉である、ということ、会社への帰属意識はかなり強く求めていますね。 代わりに採用人数が多いため、結果として特徴ない人材は、あまり関心を寄せない傾向が強く、その意味でチャレンジ精神という目標を人事は掲げています。 基幹職でキャリアを目指すか、銀行員として生きるか、それにより人事の見方もかなり違うようです。 【採用(内定)の条件】 みずほファイナンシャルグループの中では、面接も緩く感じることでしょう。 非常にオーソドックな面接で和やかに進みますが、それは採用が多い裏返しです。 大学とは真逆で、入ってからの競争、キャリアを積めるかはその人次第と見ているようで、緩い面接は、逆を言えばクールに人物を見ていると言えます。 早い段階で、就活の終了を要求されるのと、他社選考の辞退は覚悟が必要でしょう。 いたずらに多くの銀行の面接を受ける中で、みずほ銀行を他社と同じように対応すれば、チャンスは失うことになるかもしれません。 関連コンテンツ みずほ銀行の評判はどう?(待遇や社風) ツーバンク体制から、単一銀行として吸収合併されてから、上層部の意思決定は少なくとも早くなったと社員からは評価されています。 ただ、企業としてみた場合はやや閉鎖的な部分が残ってるようです。 メガバンクらしい安定した収入で、生活水準は若くして良い待遇と評価されています。 経営陣には、旧態とした銀行員体質が色濃い印象で、キャリアの上昇志向は30代で一番激しさを増すようです。 キャリアは、自分で勝ち取れといった企業文化があり、法人営業には相当なプレッシャーがかかるようです。 行きたい部署に手を上げる制度や、若手課長への昇進チャレンジ制度なども、近年は取り入れているそうです。 みずほ銀行の強みは何? 中国に支店が多く、他行と比較しグローバル・ビジネスでは、優位性があると言われています。 日本国内では、メガバンクの強さがあり、広範囲な取引基盤を有しているのは、非常に強いところです。 特に与信業務を行わず、ノンバンクに一切手を出さない点は、この銀行の最も強みとなっています。 元みずほ銀行のクチコミ年収 20代 業種:法人営業 年収:400万円 入社から節目の年というのがあり、そこで昇給しないのなら出世は諦めるしか無いです。 現実的には入社8年目で役職付き、課長代理か本部なら調査役まで登ること。 法定外残業は毎月45時間以内、年320時間を超える場合は昇給は無理です。 30代 業種:本部商品企画 年収:730万円 採用情報は全てその通りに、賞与、基本給支給額はスタートから完全横並びです。 個人成績によるチャレンジ精神より、職場の上昇志向が上回るようでないとキャリアを積むことは難しいです。 入社3年目は昇給はないが、そこから競争社会に入りますね。 コンサルティング(itコンサルティング)、総研会社、金融業の年収一覧 シンクタンク、総研系、コンサルティング、金融業の年収をまとめています。

次の

みずほ総合研究所株式会社の採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2021

みずほ総合研究所 年収

みずほ情報総研の年収は500万円~700万円でした! みずほ情報総研の年収の平均は、500万円~700万円でした。 本社所在地: 東京都千代田区神田錦町2-3 みずほ情報総研の設立時期:2004年10月 仕事内容・企業ランキング・グループ企業や関連企業 【仕事内容】 ビジネス用コンサルティング、システムインテグレーション、アウトソーシング、金融、法人、公共事業向けソリューション、調査研究サービスなどを提供しています。 【企業ランキング】 2ch企業偏差値ランキングでは65で、他グループ(他企業)は65(大和総研)、68(野村総研)、70(NTT研究所)などがありました。 【みずほ情報総研のグループ企業や関連企業】 ・株式会社瑞穂データプロセッシング ・みずほ情報総研(上海)有限公司 ・みずほファイナンシャルグループ各社 みずほ情報総研の生涯年収 推定 を解説! 上記の平均(680万円)から算出してみたところ推定2億5,840万円となりそうです。 年収の増え方は10年単位で200万円~350万円ぐらいとなりました。 (平成26年度) 【面接で聞かれること】 ・入社してからのキャリアアップについて。 ・最近、気になったIT関連のニュースは、何ですか? ・志望動機について ・同じ情報関連企業でも、なぜ銀行系を選ぶのか? 【求めてる人物像】 間違いなく、IT情報関連でもシステム系の人材、特にシステムエンジニアで、みずほ情報総研の内定を希望する際は、企業情報と業界研究がマメな人材なら、かなり採用には積極的です。 ストレス耐性、体力など、基本的な人物像と、能力的なものは分析力になるでしょうか。 採用基準も募集要項で非常に密に指定しており、条件さえ合致するれば、希望がみずほ情報総研ならまず間違いない印象があります。 【採用(内定)の条件】 システムインテグレーターの範囲と、事業研究はかなりよく勉強しておく必要があります。 単に学歴が良いという条件よりも、新卒でもかなり高いIT技術者としての素養を見ていますので、人のとの付き合い方、偏向的な趣味など、穏やかな質問、和やかな面接のなかに、詳細に人物を見ている節が多々ありますね。 希望がみずほ情報総研で、前述の条件に当てはまれば、非常に早い内定が出るといったところです。 みずほ情報総研の2chでの評判を解説! 情報系の業界でも、メガバンク系列会社のため、福利厚生は業界平均水準以上と思って間違いありません。 中間管理職以上になるには、情報処理試験に合格し、システムエンジニアとして実務が長いほうが有利です。 給与は、入社3年間は横並びで、4年目以降から落差がはっきりします。 コンサルタント業務であれば、まずシステム系のプロとしての素養の方が重視され、、SEよりは高給になります。 裁量労働制をとっており、オフィス環境は、システム系の業界にありがちな、ちょっと雑多な印象があるそうです。 福利厚生担当のサービス会社が介入しており、複数から自分にあったものを選べるようになっています。 関連コンテンツ みずほ情報総研の強みは何? やはり、メガバンクの中でも最大級のグループ各社の影響で、仕事が減るということは、景気に左右されること無く、無関係というのが最大の強みです。 その反面、保守的で変革にはかなり消極的ですが、銀行勘定系システムでは、どの分野でも優秀な人材を多く所有し、金融に関するコンサルティングなども、非常に濃密にスキルをあげられる特徴もあります。 金融業界に関しては、特化した情報関連企業というのが、強みとも言えますね。 元みずほ情報総研社員のクチコミ年収 40代 業種:SE プロダクトマネージャー 年収:850万円 メガバンク特有の、段階化した給与体系で、グループ全体では一律なのが特徴となっています。 給与は一般的には高いですが、システムインテグレーション分野の中では、低い方です。 転職した社員は、出世コースにはまず乗ることはあり得ないでしょう。 30代 業種:SE 年収:680万円 個人的な評価はあまりせず、プロジェクト全体の裁量で評価は決まります。 昇給は年2回、2ヶ月分ですから、それほど恵まれてもいませんね。 SEにとっては、仕事はしやすいのですが、大手に情報系システム受注がすべて取られている状況なので、仕事にあまり幅がなく、銀行系に強いイメージがあります。 コンサルティング(itコンサルティング)、総研会社、金融業の年収一覧 シンクタンク、総研系、コンサルティング、金融業の年収をまとめています。 製造・サービス系企業年収一覧 製造・サービス系企業の年収をまとめています。 IT系・通信系企業年収一覧 IT系・通信系企業の年収をまとめています。

次の