ちあきなおみ 朝日 の あたる 家。 朝日のあたる家(朝日楼) ちあきなおみ 歌詞情報

ちあきなおみ 朝日楼(朝日のあたる家) 歌詞

ちあきなおみ 朝日 の あたる 家

原曲はアメリカのトラディッショナル(伝承歌)で、ウディ・ガスリーやレッドベリーらフォーク・シンガーによって歌い継がれてきた。 ニューヨークのフォーク・リバイバルでも注目されていたために、ボブ・ディランが1962年にデビュー・アルバムでB面の3曲目に取り上げている。 なおディランのドキュメンタリー映画『ノー・ディレクション・ホーム』(2005年)では、デイヴ・ヴァン・ロンクがインタビューのなかで、自分がレコーディングするつもりでいたのに、ディランに先をこされたと語っていた。 この歌は「恋人がギャンブラーで、町から町を転々とするうちに、犯罪を犯した男と別れて、最後にはニューオーリンズの娼婦の館「the rising sun」で働くまでに堕ちてしまった」という、悲しい女の身の上話だとして歌い継がれてきた。 しかし世界中でヒットしたアニマルズのヴァージョンはブルース色が強まって、歌詞の主人公が男性に変えられたこともあり、オリジナルよりも内容が多岐にわたることになった。 日本ではロカビリー出身者の内田裕也や尾藤イサオなどがこぞってレパートリーに取り上げた。 ダニー飯田とパラダイスキングのコーラスで1964年の暮に発売されたレコードが、いくらかヒットしたという記録が残っている。 しかし歌詞はますます曖昧なものになった。 、 「朝日のあたる家」 訳詞:漣健児 作曲:アメリカ民謡 朝日の当たる家がある 街で一番古い家なのさ やさしい顔のおふくろが 俺を育ててくれた家なのさ 1992年から音楽活動を停止したまま、沈黙を続けていたちあきなおみの未発表ライヴ音源が、新たに数曲、テープで発見されたのは2002年の秋だ。 そのなかにはコンサートやTVでも歌ったことで、幻の熱唱としてファンに語り継がれてきた「朝日のあたる家」が含まれていた。 『ちあきなおみ VIRTUAL CONCERT 2003 朝日のあたる家』というアルバムは、2003年の春にテイチクからCDとして発表された。 これはちあきなおみのバーチャルなライブ・コンサートという趣向のアルバムだった。 そこでは12曲目が「黄昏のビギン」、13曲目が「朝日のあたる家」という並びになっている。 遠い日の淡い恋心をノスタルジックに歌った「黄昏のビギン」の直後に、恋心の行き着いた果ての半生を懺悔するかのように、娼婦に身を落とした女性の痛切な歌が続くという流れである。 ちあきなおみの絶唱によって、この2曲は21世紀になっても聴き手に強い印象を残すことになった。

次の

ボブ・ディランがカヴァーしてから40年後、ちあきなおみの「朝日のあたる家」がライブ音源で発見された|TAP the SONG|TAP the POP

ちあきなおみ 朝日 の あたる 家

起源と初期のバージョン [ ] 多くのトラディショナルなフォーク・バラードと同じく作者不詳であるが、には原型と見られるがいくつか残されている。 現存する最古の音源はクラレンス・アシュレイ Clarence "Tom" Ashley らがにしたもので、アシュレイはそれを祖父から教わったものだと述べている。 また、の ()の研究員は、ジョージア・ターナー Georgia Turner という16才の少女が唄った "The Risin' Sun Blues" をに録音、収集している。 その後、歌い継がれるうちにやに変化が加えられ、 (、、)などは元々調だったものを、調にアレンジしている。 に、に、にがレコーディングしており、 (、)も初頭、ロマックスの音源に自らのアレンジを加え自身の重要なレパートリーとしていた。 ボブ・ディラン・バージョン [ ] が、デビュー・アルバム『』()の中でこの曲を取り上げ、真に迫ったが高く評価された。 レコーディング以前の、やで演奏していた時期からこの曲をレパートリーにしており、の「」に掲載されたロバート・シェルトンによるコンサート・では、彼がこの曲を不明瞭な発声で唸ったりすすり泣いたりしながら唄う様子が紹介されている。 後にのバージョンがヒットすると、聴衆はディランにもアニマルズのようなアレンジで演奏することを求めたため、ディランはコンサートでこの曲を取り上げることを止めてしまった。 しかし、ディラン本人はアニマルズのバージョンを大変気に入っており、彼がサウンドを導入する切掛けの一つになったという。 ディランの映画『 (、)』()の中で、デイヴ・ヴァン・ロンクがインタビューに答え、この曲をレコーディングするつもりであったのだが、ディランがその編曲アレンジをロンクからコピーし、先にレコーディングされてしまった、と発言している(ロンクも、すぐ後に自身のアルバムに収録)。 アニマルズ・バージョン [ ] はにシングルとしてリリース。 同年9月にのヒットチャートで3週連続1位になり、イギリス、スウェーデン、カナダのチャートでも1位を記録した。 日本の『ミュージック・マンスリー』誌に掲載されていた洋楽チャートでは、最高位2位を記録した。 に (、)入りを果たし、2004年には『』誌が選んだ「」で122位となった。 の「 ()」の1曲にも選出されている。 原曲の歌詞が女性から男性に代えられていることから、 "The House of the Rising Sun" は刑務所もしくはを指すと解釈されるようになった。 レコードのには、としてが記載されているが、これは「他のメンバーの名前を書くスペースがなかったからだ」とがインタビューで答えている。 ディランのバージョンを基にしていると言われることが多いが、エリックによれば、この曲を初めて聴いたのは、のクラブでフォーク・シンガーの ()が唄っていたものであるという。 ただしデイヴ・ヴァン・ロンクのアレンジが完全に払拭されているともいえず、ロンクは自分のアレンジを基にしていると主張している。 フリジッド・ピンク・バージョン [ ] を拠点とする、 (、)がにシングルとしてリリース。 「」でチャート最高7位、全英シングル・チャートで4位、カナダで3位、西ドイツで1位、ノルウェーで1位を記録した。 5月、よりに認定されている。 サウンドはのスタイルだが、メロディーはほぼアニマルズを踏襲している。 その他のバージョン [ ]• アルバム『』に収録。 すずき・きよし• 備考 [ ] 本作のはではなく、で構成されている。 ・の可能性もある。 作曲作詞 〔〕はとされ、 状態で登録されている。 の による版は、作品/出典:PO 出版者作品届 /作品コード 000-9581-8 朝日楼 として登録。 作詞・作曲:、訳詞 〔〕:浅川マキ、はとなっている。 テレビ番組の「」内で、この曲の歌詞にインスパイアを受けてのが執筆したドラマ「朝陽のあたる家」が演じられた。 また、このドラマ中にも、ちあきなおみバージョンおよび主演を務めた渡辺が本曲を歌うシーンがあった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

楽天ブックス: VIRTUAL CONCERT 2003 朝日のあたる家

ちあきなおみ 朝日 の あたる 家

6月16日(日)19時からBSテレ東にて『』が放送される。 同番組は、今年でデビュー50周年、活動休止から27年が経った歌手・の魅力にせまる。 表舞台に姿を現さなくてもその存在感は薄れることのないちあき。 彼女のような歌姫は後にも先にも現れず、唯一無二の歌姫だ。 しかも、今年4月にはベストアルバム「微吟」を発表、その人気の高さを伺わせる。 そこで、テレビ初公開の「朝日のあたる家」を5分のフルバージョンライブで紹介。 また、自身がファンであったという、の世界をテレビ東京の貴重映像からBSで初蔵出し歌唱映像として2曲をオンエア。 もちろん、彼女の代名詞ともいえる名曲「喝采」や隠れた名曲「冬隣」も。 不動の人気を博すちあきなおみ歌の世界を20曲、2時間たっぷり放送する。 【紹介楽曲】 1 星影の小径 2 喝采 3 矢切の渡し 4 冬隣 5 口笛が聞こえる港町 6 それぞれのテーブル 7 ハンブルグにて 8 朝日のあたる家/朝日楼 9 雨に濡れた慕情 10 リンゴ村から 11 逢いたかったぜ 12 帰れないんだよ 13 紅とんぼ 14 イマージュ 15 役者 16 夜霧よ今夜も有難う 17 こぼれ花 18 泣きはしないさ 19 紅い花 20 黄昏のビギン.

次の