ヨメレバ。 【Cocoon】初心者向け!カエレバ・ヨメレバで作ったリンクを自分好みにカスタマイズ

実は10秒で復活!ブログパーツ「カエレバ・ヨメレバ」のユーザーデータをサクッと復元させる方法

ヨメレバ

WordPressの設定はどうすれば良いの? まず、WordPressのダッシュボードで、外観-カスタマイズを選択します。 カスタマイズの下の方にある「その他設定」をクリックすると、以下のような画面になります。 ここで「カエレバヨメレバをJINオリジナルデザインにする」にチェックを入れます。 WordPress側の設定は以上で基本的にOKです。 カエレバヨメレバの設定はどうすれば良いの? まず、またはのリンクを貼りたい方を選択します。 ここではカエレバを例にとって説明します。 まず、カエレバサイトのを開き、初期設定をします。 フォームを開くと以下のような画面になりますので、サイト名と契約されているアフィリエイトの情報を入力して保存します。 サイト名は必須ですので、注意しましょう! 次に、トップ画面で商品キーワードにリンクを貼りたい商品を入力して検索を行います。 商品検索をすると、自動でリンクを生成してくれます。 フォームでID情報を入れたところにチェックを入れたり、画像の大きさを選ぶとリアルタイムでアフィリエイトリンクの形へ反映されます。 カエレバヨメレバのコードを設置してみよう! カエレバまたはヨメレバで表示されたコードをWordPressに張り付けてみましょう。 ここでは、ミラーレス一眼である EOS Kiss M のリンクを試しに作ってみました。 読者の方が利用しているECサイトのリンクをクリックすれば、購入先のサイトへ飛ぶことが出来るようになっています。

次の

カエレバ・ヨメレバボタンのカスタマイズと設定方法は?STORKを実例に徹底解説!

ヨメレバ

・Amazon ・kindle(*検索ページに移動する) ・楽天ブックス(楽天Books) ・楽天kobo などの書籍に特化した、紹介リンクを作成できるところである。 ちなみに、ヨメレバだとメインの画像とリンクが「 楽天(楽天ブックス)」に設定される。 「楽天(楽天ブックス)よりもAmazonベースの方が良い」という方は、WPアソシエイトポストR2などの別のサービスを利用してみるのも良いかもしれない。 ・サイト名 ・Amazonアソシエイト ・楽天ウェブサービス用のアフィリエイトID などの入力フォームがあるので、ここにそれぞれ入力していく。 IDの確認方法については、下記を参照。 Amazonアソシエイトの確認方法 Amazonアソシエイトの確認方法としては、Amazonアソシエイトの管理画面に移動すると上部の項目に「アソシエイトID」の欄があるのでそこで確認できる。 クリック後は、楽天会員ログインの画面が表示されるのでこれにログインする。 「ユーザID」と「パスワード」を入力して、ログインボタンをクリックする。 すると、画面上に自分の「楽天アフィリエイトID」が表示されるので、コピーして、入力フォームに貼り付けよう。 ID確認後 IDの確認後は、 「サイト名」と「Amazonアソシエイトor楽天ウェブサービス用のアフィリエイトID」を入力フォームに入力し、IDが入力されているのを確認したのち、下記にスクロールして「保存」ボタンを押す。 これで、ヨメレバへの登録作業は完了する。 商品リンクを作成する方法 ヨメレバへの登録後は、実際にヨメレバを使って商品リンクを作成する。 で、商品リンクを作成する方法には、二通りのやり方がある。 ヨメレバのサイトで商品を検索する方法 一つ目は、ヨメレバのサイトから直接商品を検索する方法である。 ヨメレバのサイトに移動しよう。 サイトに移動したら、上部にある「書籍キーワード」の欄に「書籍の正式名称」などを入力して「検索」ボタンをクリックする。 ここでは、「ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション(v.1)」と試しに入力してみる。 すると、「ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション(v.1)」の検索結果が表示される。 この中から、紹介したい書籍を選択する(ブログパーツを作るをクリック)。 あとは、「ブログパーツ生成」の欄を上記のように設定してもいいし、自分で好きなように編集してもいい。 なので、SEO対策するなら設定しておいた方が良いと思われる(たぶん)。 プレビュー画面が表示されたら、自動で生成されたコードをコピーしてサイトやブログに貼ろう。 ヨメレバのブックマークレットを利用する方法 二つ目の方法としては、ヨメレバの「ブックマークレット」を利用する方法がある。 やり方を説明するので、ヨメレバのサイトに移動しよう。 ちなみに、「ブックマークレット」を簡単に説明すると「お気に入りの機能+簡易的なプログラム」のことである。 サイトに移動したら、下記にスクロールして「利用方法」の項目にある「ヨメレバブックマークレット」を上記のようにドラッグして、お気に入りバーに移動させよう。 無事に移動が完了すると上記のようになる。 そうしたら、あとは楽天Booksのサイトに移動して「楽天Books」で商品を検索する。 すると、ヨメレバのサイトに飛ばされ、 楽天Booksで表示していた書籍ページが、ヨメレバのページに自動で反映される。 あとは設定を確認後、「表示」ボタンをクリック。 プレビュー画面に自動で生成されたコードを、コピーしてサイトやブログに貼るだけである。 作成したコードをブログやサイトに貼ってみた で、ヨメレバのコードを実際に貼ってみると、下記のように表示される。 ちなみに、下記に表示されているのは ヨメレバのボタンをカスタマイズしたバージョンである。 カスタマイズしたい方は、下記の記事を参考にすると良い。

次の

ヨメレバの登録方法と広告の作り方【簡単なやり方を図解で解説】

ヨメレバ

WordPressの設定はどうすれば良いの? まず、WordPressのダッシュボードで、外観-カスタマイズを選択します。 カスタマイズの下の方にある「その他設定」をクリックすると、以下のような画面になります。 ここで「カエレバヨメレバをJINオリジナルデザインにする」にチェックを入れます。 WordPress側の設定は以上で基本的にOKです。 カエレバヨメレバの設定はどうすれば良いの? まず、またはのリンクを貼りたい方を選択します。 ここではカエレバを例にとって説明します。 まず、カエレバサイトのを開き、初期設定をします。 フォームを開くと以下のような画面になりますので、サイト名と契約されているアフィリエイトの情報を入力して保存します。 サイト名は必須ですので、注意しましょう! 次に、トップ画面で商品キーワードにリンクを貼りたい商品を入力して検索を行います。 商品検索をすると、自動でリンクを生成してくれます。 フォームでID情報を入れたところにチェックを入れたり、画像の大きさを選ぶとリアルタイムでアフィリエイトリンクの形へ反映されます。 カエレバヨメレバのコードを設置してみよう! カエレバまたはヨメレバで表示されたコードをWordPressに張り付けてみましょう。 ここでは、ミラーレス一眼である EOS Kiss M のリンクを試しに作ってみました。 読者の方が利用しているECサイトのリンクをクリックすれば、購入先のサイトへ飛ぶことが出来るようになっています。

次の