浜松 ドライブコース。 東海地方の眺めのよいドライブコース: 東海地方の 10 件の眺めのよいドライブコースをチェックする

絶景の宝庫!静岡県のドライブコースを走って訪れるオススメスポット15選!

浜松 ドライブコース

本州の中央部に位置し静岡・岐阜・愛知・三重の4県で構成され、五畿七道の東海道に由来する東海地方。 静岡のホンダや愛知のトヨタなど自動車産業をはじめとした工業も発展しており、様々な魅力がある地域です。 海幸や山幸などご当地グルメや観光名所もバラエティに富んでいて、ドライブと組み合わせたデートプランも楽しめるエリアです。 今回のドライブデートにおすすめするモデルは、東海地方を本拠地とするトヨタとホンダの4ドアクーペ。 デビューしたばかりのホンダ「インサイト」や、スポーティなグレードが追加されたトヨタ「カムリ」などいかがでしょう。 東海地方で日帰りにもおすすめするドライブデートコース、厳選した10ヵ所をご紹介します。 東名高速道路を三ヶ日ICで下りたら県道310号・浜名湖レークサイドウェイへ。 浜名湖レークサイドウェイと続く国道301号・県道323号は随所で浜名湖の景色を眺めながらドライブが楽しめるルート、南岸にある浜名湖大橋は絶好のビュースポットです。 内浦の手前で県道48号に入って少し進むと目的地「はままつフラワーパーク」に到着します。 こちらは30万平方メートルの広大な敷地に3,000種の植物が植栽されており、エリア毎に四季折々の花々が咲く姿を楽しめる公園。 大温室の「クリスタルパレス」や水と音楽の「大噴水ショー」が人気、様々なイベントも開催されています。 園内にはショップやカフェもあり、ランチはカフェレストラン「花の散歩道」がおすすめ。 浜名湖産の牡蛎を使った「牡蛎カバ丼」や、遠州灘沖のシラスを使った「遠州双子丼」などオリジナルメニューを味わえます。 熱海市内から県道11号を北に向かい熱海峠料金所から伊豆スカイラインへ。 富士箱根伊豆国立公園を走り抜ける伊豆スカイラインは随所にビュースポットが点在、相模湾や駿河湾の景色を眺めながらドライブが楽しめます。 天城高原料金所から県道111号に接続したら城ヶ崎海岸方面へ走り、海沿いに立地する目的地の「ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン」へ向かいます。 こちらはアールヌーボー様式のティファニーランプをはじめステンドグラスなどが展示されるミュージアムと、四季折々の花々を楽しめるフラワーガーデンの複合スポット。 ミュージアムでは色鮮やかな色彩に彩られ幻想的な灯りを燈すランプなどを鑑賞できます。 園内にあるオーシャンビューのカフェではランチやスイーツを用意。 「チキンとプレッツェルトマトとバジルのグリル野菜添え」や「ランプミュージアムカフェ 自家製デザートの盛り合わせ」など映えるメニューが揃います。 高山市から国道158号を東にドライブして、平湯温泉のエリアから国道471号を北へ。 栃尾温泉から県道475号に入り蒲田川のリバーサイドを走って目的地の「新穂高ロープウェイ」を目指します。 「新穂高ロープウェイ」は第1ロープウェイで鍋倉高原まで登り、そこから第2ロープウェイで山頂エリアまで赴きます。 第2ロープウェイのゴンドラは国内初といわれる2階建て。 標高2000m以上の位置にある西穂高口駅には展望台があり、北アルプスをはじめとした山々の大パノラマが望めるビュースポットです。 こちらでランチにおすすめするのは鍋倉高原のしらかば平駅にあるレストラン「アルプス」で、「飛騨牛朴葉味噌ステーキ膳」などご当地グルメを用意。 「アルプスのパン屋さん」のクロワッサンも人気です。 東海北陸自動車道を庄川ICで下りたら国道158号を経由して国道156号へ。 国道156号は御母衣湖のエリアから飛越峡合掌ラインと呼ばれており、レイクサイドや山々の雄大な景色とドライブが楽しめるルートです。 鳩谷ダムを過ぎて少し走ると目的地の「白川郷」に到着します。 富山県の五箇山集落とともに世界遺産に登録された合掌造り集落の「白川郷」。 一帯には100棟余りの合掌造りが保存されており、北側にある「天守閣展望台」からは街並みを一望できます。 「白川郷」でランチにおすすめするのは集落の中心部にある合掌造りの喫茶「落人」で、なんと人気漫画「ONEPIECE」に掲載された店。 「雑穀ごはんのカレーライス」と、お替わり自由の「いろりぜんざい」のセットが一押しです。 岡崎市から国道248号を走り出し豊田市で国道419号に接続して北へ。 中山ICから猿投グリーンロードに入り、開放的なルートをドライブして八草ICまで進みます。 八草ICから県道6号に接続して少し走ると目的地「モリコロパーク」に到着。 こちらは日本国際博覧会の跡地に整備された公園で様々なスポーツを楽しむことができ、東海地方で最大級の大観覧車からは眼下の「モリコロパーク」が一望できます。 そして一押しのスポットがジブリ映画「となりのトトロ」に描かれた「サツキとメイの家」。 懐かしい雰囲気と季節で演出が変わることもポイント、チケットの事前購入をおすすめします。 園内にはレストランやカフェもあり「冬青珈琲店」ではお弁当のテイクアウトを行っていますので、アウトドアでランチをいかがでしょう。 名古屋西JCTの近くから国道302号を南へ走り、飛鳥ICから伊勢湾岸自動車道へ。 東海市に向かって名所の三連橋「名港トリトン」で絶景を眺めながらドライブしたら、東海ICから国道247号に入ります。 港東通の交差点から県道55号を経由して国道23号に入り、目的地の「名古屋港水族館」へ向かいます。 こちらは生命の進化をテーマにした北館と南極への旅がテーマの南館があり、テーマ毎に様々な海の生き物を鑑賞できる水族館。 幻想的なトンネル水槽や深海ギャラリーをはじめ多様な展示が行われており、イルカやシャチのイベントも開催しています。 ランチは館内にある熱帯魚を観賞しながら食事ができるレストラン「アリバダ」がおすすめ。 「名古屋港水族館」の周辺には「南極観測船ふじ」や「海洋博物館」もあり、共通券も用意しています。 豊橋市から国道259号を走り出し渥美半島方面へ。 国道259号は県道2号と接続するエリアからシーサイドを走りますので渥美湾を望む景色と爽快なドライブが楽しめます。 目的地は渥美半島の先端部にある「伊良湖岬」で、恋人の聖地として知られる恋路ヶ浜の駐車場に駐車します。 周辺は遊歩道が整備されていますので歩いて「伊良湖岬灯台」へ。 「伊良湖岬灯台」周辺は波打ち際に立地する白亜の灯台と、海や島々が織り成す雄大な景色を鑑賞できるビュースポットです。 「伊良湖岬」を後にしたら県道42号で遠州灘沿いを走り道の駅「あかばねロコステーション」へ向かいます。 こちらは地元のシラスやメロンをはじめ特産品を多彩に品揃え。 ランチはオーシャンビューの「レストランバーなのは」で地元食材をふんだんに使った「ロコステ丼」をいかがでしょう。 桑名市から国道23号を南へ向かい、四日市港の湾岸エリアをドライブして鈴鹿市へ。 寺家五の交差点を右折したらサーキット道路に入り目的地の「鈴鹿サーキット」を目指します。 国際規格のレース場としてホンダが建設した「鈴鹿サーキット」は4輪・2輪とも様々なレースが開催されており、数々の名勝負が生まれたサーキットです。 そしてモビリティのテーマパークがコンセプトで各種アトラクションやレストラン・ホテル・ショップも用意。 温泉やキャンプなど多彩なアクティビティが楽しめるスポットです。 鈴鹿サーキットレストランの「S-PLAZA」からおすすめするのは、オーガニックカフェの「Sunpo」。 有機小麦や国産牛パティの「ラタトゥイユバーガー」や、こだわりの「はちみつロール」などをどうぞ。 伊勢神宮の北側から伊勢市と鳥羽市をつなぐドライブウェイの伊勢志摩スカイラインへ。 伊勢志摩スカイラインは朝熊山頂展望所など随所から絶景を望むことができ、天空のドライブが楽しめるルートです。 伊勢志摩スカイラインを下りたら国道42号を西へ進み、海沿いにある目的地の「伊勢シーパラダイス」を目指します。 スタッフが魚を紹介する「魚館」や、海底にいる気分になれる「海底ごろりんホール」など見所も多彩です。 ランチは館内の「めおと横丁」エリアにある「松阪軒」がおすすめ。 上質な松阪牛を使ったメニューを用意しており、「松阪牛ハンバーグ」や「松阪牛すじカレー」などを味わえます。 紀勢本線・紀伊長島駅の近くから国道260号を東へ。 随所から望める熊野灘や五ヶ所湾の景色を眺めながらドライブして、塩鹿ビーチの先から県道17号を進みます。 国道167号を経由して近鉄志摩線・志摩横山駅近くから山間に入って目指すのは、目的地の「横山展望台」。 高さ約140mに位置する「横山展望台」からは伊勢志摩や英虞湾の絶景を望むことができ、横山天空カフェテラスの「ミラドール志摩」がオープンしました。 2018年にオープンした「ミラドール志摩」は広々としたウッドデッキを設え、空に浮かぶような気分になれるカフェテラス。 伊勢鶏の生ハムを挟んだ「横山べーグルサンド」や各種の「志摩ソフトクリーム」など、映えるメニューを揃えており、絶景とあわせて楽しめます。

次の

浜松の眺めのよいドライブコース: 浜松の 10 件の眺めのよいドライブコースをチェックする

浜松 ドライブコース

mod. \口コミ ピックアップ/ ベルトコンベアーに乗った?うなぎパイが、いくつかの袋に入れられていく過程を、上から眺めるのだが、飽きずにボーっとみていました。 うなぎパイが好きなら、ぜひカフェにも寄ってみたらよいです。 お土産も充実です。 (行った時期:2018年3月) 工場もサクッと見学できるし、お土産もいただけるので、おススメです。 駐車場も広くて停めやすいです。 たまに売店コーナーでうなぎパイのアウトレットが買えるときもあります。 (行った時期:2018年3月10日) うなぎパイファクトリー(ウナギパイファクトリー) 所在地 〒432-8006 静岡県浜松市西区大久保町748-51 交通アクセス 1 浜松ICから車で20分 営業期間 開館時間:10:00~18:00 カフェサロンのオーダーストップ17:30 休業:メンテナンスのため臨時休業あり 詳しくはホームページをご覧下さい 料金 備考:無料 見学自由、10名以上の団体のお客様、バスでお越しのお客様は事前予約必要)工場見学記念品を差し上げております。 shunkado. 浜名湖の美しいロケーションと花々に囲まれ、小さなお子さんからお年寄りまで、誰もが気軽に楽しめます。 \口コミ ピックアップ/ 昨年家内と直虎大河記念館を訪れたさいに訪れました!何の気なしに寄ってみましたがモネの睡蓮の絵を実際に造った庭があり、とても素敵です思い出に残りました。 昨年11月にパリのオランジュリー美術館を訪れて実物を見てきましたが思い出がよみがえりまた訪れたいと考えています。 (行った時期:2018年3月) ボランティアガイドの方の説明が分かりやすく面白かった。 またゆっくりと訪れたい。 広くて散歩にも気持ちよかった。 (行った時期:2017年12月15日) 出典: 竜ヶ岩洞 東海地方最大規模の鍾乳洞。 総延長1,000m、洞窟内はさまざまな形をした鍾乳石で神秘に満ちあふれている。 中でも30m落下する大滝はダイナミックで感動を与えてくれる。 \口コミ ピックアップ/ 長い鍾乳洞で滝があり七福神のコーナーや龍などに会える不思議な空間でした 鍾乳洞をの出口には作業中の作業員達の姿などの写真があったりお土産コーナーではここでしか無い品々が豊富です (行った時期:2018年2月) 売店のおじさんに教えてもらいました。 city. hamamatsu. shizuoka. htm 浜松城 出典: 浜松城 前身は曳馬城(引間城)で天文年間(1532~54)今川氏の属将飯尾氏の居城であった。 永禄11年(1568)徳川家康が攻略、元亀元年(1570)岡崎城から本拠を移した。 天正5年(1577)本多作左衛門を奉行に任じ曳馬城の城地をも含む大規模な城を築いた。 これが近世城郭としての浜松城である。 以来、家康は17年間在城する。 江戸時代になって諸代大名十二氏二十二代が入れかわった。 現在の天守閣は昭和33年の復興。 今川義元の人質として駿府で育ち、義元の敗死後独立して岡崎城主となる。 のち遠江・駿河・甲斐・信濃を領有し、天下取りの基礎を築き、晩年は駿府で没した。 浜松の城主。 幕府の財政窮乏たてなおしと世人の奢侈禁止などに尽力したが、急激な改革だったため、支持者を得られず、完全達成できず。 \口コミ ピックアップ/ 徳川の展示品の数々、家康も見た富士山とても素晴らしかったです。 城の周りの清掃をしている方も 一生懸命で、こちらから話しかけると、丁寧に答えて頂き 有り難かったです (行った時期:2017年12月) 復元された天守閣があります。 とても立派なものでした。 徳川家康像があったり、当時の武具などの展示もありました。 (行った時期:2017年10月) 出典: 舘山寺温泉 浜名湖湖畔に昭和33年湧出した新しい温泉。 各旅館は湖に面して建っているため眺めがよい。 春秋は慰安旅行の団体客が多く、夏は水遊びの家族連れが多い。 近くには、舘山寺海水浴場をはじめ、ジャンボプールやジェットコースターなどを備えた「浜名湖パルパル」や花の図書館「フラワーパーク」・「浜松市動物園」などがあるほか、1~5月はいちご狩りもできる。 対岸の大草山へは湖上をロープウェイで結ばれ、山頂からは浜名湖や太平洋を一望できる。 \口コミ ピックアップ/ ホテルや旅館などがいくつかありますが古い建物も多くみられます。 浜名湖を眺めながらの温泉は景色も良くとても気持ちよかったです。 海水浴もできるので子供も楽しめます。 (行った時期:2017年8月) 徒歩圏内にコンビニ、遊園地、ロープウェイがあり便利です。 温泉も気持ち良いしお肌すべすべだし良かったです。 (行った時期:2017年8月) 出典: 方広寺(奥山半僧坊) 臨済宗方広寺派の大本山で東海地方を代表する禅寺。 国指定重要文化財の七尊菩薩堂等も。 豊かな表情の五百羅漢が来る人を優しく出迎えてくれる。 半僧坊大権現は火防の神としても知られ、10月には大祭が、2月には火まつりが行われる。 \口コミ ピックアップ/ 大河ドラマ「おんな城主 直虎」に出てくる井伊直政の実母の出身である奥山家ゆかりの寺、ということで訪れました。 三重の塔がある場所の駐車場に車を止めて歩きだしたら、山に抱かれた広大な敷地にいくつもの建物があるりっぱなお寺全体を望むこととなり、びっくり! 本堂の釈迦三尊や五百羅漢など、みどころがいっぱいです。 階段もたくさんあるので、ちょっと体力も要りますよ。 (行った時期:2017年9月14日) 奥山半僧坊はてくてく歩いて散策しながら上がったことがありましたが、今回は車で上まで登ってみました。 上にも駐車場があり、歩くのが大変な方はここまで上がって来た方が楽です。 方広寺全体は結構広いですし、宿坊もあるようです。 たくさんの羅漢様で有名です。 (行った時期:2017年4月12日) 出典: 五社神社・諏訪神社 市内の代表的な神社で多くの参拝客がある。 二代将軍秀忠の産土神として知られている。 \口コミ ピックアップ/ 元々は二つに分かれていた神社を、昭和37年に合祀して出来たのが、こちらの神社になります。 普通の狛犬よりも二回りくらい大きな狛犬が印象的です。 またその大きさだけでなく、よく見るとかなり筋骨隆々ながっしりとした体つきという点でも特徴的です。 (行った時期:2017年8月) 朱色鮮やかな社殿では、初宮詣か多くの参拝客が御祈祷を受けていました。 五社神社・諏訪神社は徳川二代将軍秀忠の産土神 うぶすながみ だそうで、安産祈願に訪れる参拝者も多いようです。 (行った時期:2017年4月29日) 出典: 佐鳴湖公園 おしゃれなレイクサイド公園。 日本庭園や展望・遊戯広場もあるプレイゾーン。 ウォーキング・バードウォッチングなど気ままに楽しめる。 \口コミ ピックアップ/ 佐鳴湖のぐるり囲むように公園があります。 駐車場も各所にありますので車で来ても大丈夫です。 芝生広場からビオトープなど子供から大人まで楽しめます。 佐鳴湖を1周する遊歩道も整備されていますので時間がありましたら1周するのもいいですね!また桜の咲く季節は、おすすめですね!また8月は、佐鳴湖岸で花火大会もあります。 こちらもおすすめです! (行った時期:2016年10月) 佐鳴湖公園にはひょうたん池という池があり、野鳥が飛んで来たりもします。 雰囲気はいいのでおすすめです。 (行った時期:2016年3月) 出典: 浜名湖オルゴールミュージアム 「浜名湖オルゴールミュージアム」は大草山の山頂にあり一帯が浜名湖を一望できる絶景ポイント。 ここでは作曲や装飾をして自分だけのオルゴール作りができる。 また館内では、定期的に自動演奏楽器による実演会を開催。 100年前のアンティークオルゴールが奏でる音色に酔いしれたい。 自分だけのアートなオルゴール作りに挑戦 \口コミ ピックアップ/ ロープウェイでオルゴール館の入り口まで行けます。 自分の好きな曲を選んで飾り付けも出来て良い思い出になりました。 (行った時期:2017年8月7日) ロープウェイにのってオルゴールミュージアムに入館しました。 歴史あるオルゴールやオルガンが展示されています。 オルゴールも販売されていて、お土産にオススメ。 屋上に展望台もあって、浜名湖を一望しました。 (行った時期:2017年5月) 出典: 蜆塚遺跡(蜆塚公園) 縄文時代の貝塚で、今は公園化され出土品は博物館に展示されている。 \口コミ ピックアップ/ こちらの蜆塚遺跡には、大きな貝塚があったり、竪穴式住居が数件あり中を見学できたりと、昔の生活を見る事が出来ます。 不定期で、イベントも行っているようなので、チェックしてみるといいかもしれません。 私が訪れた時には、自分でお団子を七輪で焼いて食べれたり、まが玉作りの体験を行っていました。 (行った時期:2017年4月) 遺跡の敷地内はどんぐりの木がたくさんあり,どんぐり拾いができます。 斜面になっていて自然をいっぱい感じて山の中を走り回ることができます。 我が家の子供たちは大好きでしょっちゅう遊んでいます。 (行った時期:2015年3月) 出典: 浜松八幡宮 元亀3年(1572年)三方原合戦の際,徳川家康が身を潜めたといわれる天然記念物「雲立ちの楠」も姿を残している。 また松島十湖の詠んだ句碑は有名。 \口コミ ピックアップ/ 浜名湖の鎮静のため、海運の神、玉依比売命(たまよりひめのみこと)をお祀りしたのが起源と伝えられています。 白狐が老翁の姿で松の小木を携え、導きにより松を移し植え、遷座したそうです。 浜松という地名の由来になっています。 徳川家康が三方原合戦に敗走した際、洞に潜み、武田の追っ手を逃れたという楠があります。 厄年の祈祷をして頂いたのですが、無事厄年を越せましたのでお礼参りと初詣に参拝しました。 (行った時期:2018年1月6日) 浜松城の鬼門を守る神社です。 境内の雲立の楠が浜松八幡宮のご神木で必見ですよ。 立派なご神木で、家康にゆかりある神社です。 (行った時期:2017年6月).

次の

浜松の眺めのよいドライブコース: 浜松の 10 件の眺めのよいドライブコースをチェックする

浜松 ドライブコース

静岡県でお勧めのドライブコース&ルートを12箇所紹介します。 静岡は山道が多く、デートにお勧めなところは少ないですが、酔いにくいカップルだったら峠ルートも楽しいかもしれませんね〜。 日本平パークウェイ 言わずと知れた、静岡市での王道ドライブコース! 静岡駅からも車で15〜20分で登り口まで行けます。 昔は日本平パークウェイに料金所があり200円とっていたらしいです。 山頂まで10分程度の道です。 2月頃は苺の食べ放題が人気で、各所で苺を売っています。 静岡の大浜公園あたりから清水の三保まで抜けれる海のきれいなルートです。 15分分程度ですね!全長。 昔から暇な人がドライブでしばし遊びに行く場所ですね〜。 ただし、何も無いです・・!コンビニさえ。 三保園ホテルがありますが…。 かなりの峠道なので、ちょいときついかもしれませんが井川ダムは綺麗です! 酔いにくいのであれば、デートにもお勧め。 結構な山道が続くので、女の子には辛いかもです。 ドライブが好きな男子が、ガシガシ山道を走るのにはいいかも。 かなりのハードなルートなので、上級者向けですね。 寸又峡よりちょい古い感じです。 ドライブコースにしては最高ですね!美しい景色が続くのでリフレッシュ 1時間位ゆっくりと走れます。 牧場デートもできます。 富士山の五合目まで行けますね!水ヶ塚公園という広めの公園があります。 富士山を間近で感じたい人にはぴったりのドライブコースですね。 ペースを上げて走ると酔い易い山道です。 スポーツカーで走るには最適。 真夏は本当に海が美しいのでうっとりしますね。 このまま名古屋までドライブしたくなります。 ほどよい峠道で、スピードも出ないのでゆっくり走るのに最適。 夏場は結構混雑するので注意が必要ですね。 井川や寸又峡のように上りじゃないのですが、ひたすら中高速コーナーが続くので、タフな走り屋にお勧めです!笑 デートにはあまりお勧めできません…。 温泉は入ったことないので、どうかは不明です。

次の