イボコロリ ほくろ。 ホクロをイボコロリで取りたい?ただし、危険性あり!自己責任で!

イボコロリでほくろ除去できる?【噂の真相】

イボコロリ ほくろ

本物のほくろ除去クリームは薬局やドラッグストアでは売っていません。 ほくろ除去クリームというのは医師が開発した医薬品にあたります。 薬局やドラッグストアでは残念ながら売ることは許可されていないのです。 ほくろ除去クリームとして有名なのは ニッキーモールアウトクリームやWMVクリームです。 ほくろ除去クリーム以外でほくろが取れると言われるものは 漢方クリームなどがあります。 ほくろ除去クリームと漢方クリームの違いは 製造法と成分にあります。 ほくろ除去クリームは医師が開発したもので世界中の病院などで使われています。 漢方クリームは中国、台湾の民間療法で使われている方法です。 ほくろ除去クリームは世界中の病院でも使われている ほくろが病院以外で綺麗に取れる唯一の方法だと思います。 たとえばニッキーモールアウトクリーム ハイエストを使うと たった10分間のクリーム塗布でどんなほくろも取れてしまいます。 ほくろ除去クリーム 除去経過画像 この画像の典型的な盛り上がったほくろに ほくろ除去クリームを塗ります。 ほくろ除去クリームを塗るとカサブタになり 約1週間〜10日後 ほくろがぽろっと落ちます。 この画像のように使い方を守れば リスクも少なくきれいにほくろは除去されます。 ほくろ除去クリームは日本国内では販売できず市販はされておりません。 ほくろ除去クリームを入手するには通販でメーカーサイトより購入する必要があります。 薬局やドラッグストアでイボコロリを買ってほくろ除去.

次の

イボコロリを使用してほくろ除去 成功した話

イボコロリ ほくろ

ほくろは一度できると自然に消えることは殆どありません。 紫外線に注意して、食生活や睡眠を正しく取るのが、最大限ほくろを防ぐ方法です。 一般的な成人であれば顔には、5~10個程度のほくろがあるのが普通です。 その内目立つほくろは数個程度でしょうか。 いずれにしても、出来てしまったほくろは皮膚科などで、炭酸ガスレーザーを使用して除去するのが一番確実で安全です。 しかし、自力で取る方法も無いかと思う人も多いはずです。 私は何度か自分でほくろを取ることに挑戦しましたが、取れたのもあれば失敗したものもあります。 その時の体験談をご紹介します。 まず初めに言えることは、盛り上がったホクロや3mm以上のホクロは自分で取ろうとしない方が賢明です。 はっきりいって、無理がありますし、炭酸ガスレーザーを使ってください。 比較的取れやすいのは、平らな1~2mm程度のホクロです。 以下のような物をホクロ除去に使用しました。 カミソリ• イボコロリ• ほくろ取りクリーム 目次• カミソリ 以前に炭酸ガスレーザーで鼻の下にあったソバカスを除去したことがあります。 数年で再発したため、再度炭酸ガスレーザーで除去しました。 しかし、これにも懲りず3年程度で再発したので、何度も炭酸ガスレーザーを受けるのが嫌になりました。 鼻の下は髭も生えており、メラニン色素が発生しやすい部分です。 それ故にほくろが再発しやすい部分でもあります。 仕方が無いのでカミソリを使用して擦ってみることにしました。 まず、顔を洗って皮膚を乾燥させます。 乾燥していると、カミソリで擦りやすいのです。 何とか黒い部分を擦り落とすことに成功しました。 その後は小さな瘡蓋になりましたが、見事に薄く消えました。 しかし、一年程でまた濃くなってきました。 やはり、表面のメラニン色素だけ除去しても、根こそぎ取れないと再発するようです。 結局は、カミソリは危険ですのでお勧めしません。 イボコロリ イボコロリを使ってほくろを取る方法は有名です。 サリチル酸が皮膚に浸透して、皮膚に損傷を与えてをほくろを剥がすことができます。 皮膚にイボコロリを使った後は、必ず色素沈着が発生します。 どす黒く目立つシミが2週間は続くので注意してください。 まず、顔に使うのは無謀ですので、指先に使用してみました。 3mm程度の平らなほくろにイボコロリを塗ります。 一日2回使用します。 数日でほくろは剥がれ落ちます。 何度か試しましたが、ほくろは薄くなりソバカスのようになりました。 最終的に同じ部分に三回試して、ようやく完全にほくろが消えました。 イボコロリでほくろは取れますが、通常の使用方法とは異なりますので、自己責任で使うしかありません。 また、顔に使うと2~3週間は一時的な色素沈着になります。 顔には使わない方が良いです。 ホクロ取りクリーム ネット上には、ホクロ除去クリームが存在します。 皮膚に損傷を与えて、ホクロを除去するタイプのクリームです。 使ってみて分かったことは、予想以上にホクロに損傷を与えて除去できます。 しかし、使い方を誤ると皮膚の深い部分までダメージを受けて跡が残ったり、シミのような色素沈着が残ることもあります。 危険ですので、使わない方が良いです。 結局分かったことは、炭酸ガスレーザーでホクロを除去するのが安全で確実だと言うことです。 なお、炭酸ガスレーザーは一回5000~10000円程度が相場です。 10個取れば10倍の費用が掛かります。 お金のことを考えれば躊躇する人も多いです。 しかし、一回取れば終了ですし、生涯悩むことも無くなります。 そう考えれば安いのかも知れません。 自分で除去して失敗すれば、後悔だけが残ります。 やはり、炭酸ガスレーザーが無難です。 さて、同じようにほくろを自分で除去した方の体験談を紹介します。 ホクロ除去の体験談 2: 本気で話すと針で掘ると取れます。 3: 針で突いて除去したけど、取り方によっては跡が残る可能性があります。 4: 針で突いて、ピンセットでつまみ、ティッシュペーパーに乗せる。 これで完了。 5: 針をライターなどで熱して、ホクロに刺すと除去可能。 6: 果たして、針なんかでほくろが取れるのでしょうか? 7: 針なんかで突いても、血が出ますし、メラノーマ(皮膚癌)になったら、どうするのですか。 やめた方が良いです。 8: 針を熱して、ほくろを除去しました。 危険でしょうか? 傷跡は何もありません。 9: 針を持っていないため、爪切りの歯先の端に挟んで取れるか試して見ましたが、ダメでした。 これ以上深く取ろうとすれば出血します。 10: 私の場合は爪切りでほくろを切りました。 危険ですかね? 11: 私も爪切りで除去しました。 12: 忠告しますが、下手に素人がほくろを取ろうとするのは良くない。 皮膚がんになってしまったら、大変です。 13: ホクロをいじるとガン化の恐れがあると聞いたことがあります。 14: 上部に隆起したホクロであれば、爪切りを使用して取れそうです。 15: 盛り上がっているホクロであれば健康保険が適応されますし、シミのようなホクロは1つ1000円程度で除去してくれるクリニックもあります。 16: どうして自分でホクロを取ることを考えずに、医療機関に通わないのでしょうか? ホクロ除去でも健康保険が使えるところはあるので、探しましょう。 以前にクリニックでまとめてホクロを除去しましたが、跡も薄くなり殆ど見てもわからないです。 17: 重曹とひまし油を混ぜて塗るとホクロが取れます。 18: カミソリで擦り取る。 19: 尋常性疣贅や魚の目に使う「イボコロリ」でホクロが取れます。 本当の話しですが、私は今まで何個が取りました。 20: 鼻下にホクロがあれば必ず取ると思います。 生理的に嫌で、この部分に関しては譲れない。 21: 黒子を自力で取ったことがありますが、瘡蓋になり剥がれたら再発してました。 自分で取るのは無駄です。 22: ほくろを取るって、どうしてですか?病気ではないですし。 23: 黒子がある人は見た目が残念です。 顔がイケメンでも、黒子があると残念です。 24: 顔面に巨大なほくろがありました。 クリニックに行き電気メスで取りました。 その結果、周りの人達からの評判が上がりました(笑).

次の

イボコロリでほくろを除去する取り方や成功と失敗

イボコロリ ほくろ

・膨らみがあるほくろの、 「膨らみ部分」だけなら取れる可能性がある ・ほくろでなくて、 シミなら取れる可能性がある かもしれない、ということに気づきました。 「いやいや!口コミで平べったいホクロも取れるって見たことあるけど!?」という方にも納得してもらえるように、ここから詳しく説明していきますね。 基礎知識 イボコロリでほくろが取れるの?を説明する前に、「そもそもイボとは?」「ほくろとは?」について少し説明させてください。 それと、「イボコロリでイボが取れる理由」についても簡単に書いています。 これをみていただくことで、「イボコロリでホクロが消えない理由」がより理解しやすくなりますよ。 ほくろとは ほくろとは、 母斑細胞(ぼはんさいぼう)というほくろの細胞が、 皮膚のなかでかたまったものです。 ほくろって、皮膚の上から爪でガシガシ削っても少しも取れないし、はがれないですよね? これは、 ほくろの細胞は皮膚のなかにあって、それが皮膚の上から透けて見えているもの=ほくろだからなんです。 ちなみに、母斑細胞(ほくろの細胞)は、生まれつきあるものもあれば、紫外線によってできることがあります。 ほくろができる原因について、詳しくはご覧ください。 イボとは イボとは、 「ヒト乳頭腫(にゅうとうしゅ)ウイルス」というウイルスに感染することでできる、皮膚のできもののことです。 怪我をしたりして皮膚に傷があると、そこからウイルスが入り込んでしまうことがあります。 そして、皮膚の「基底層(きていそう)」という部分の細胞に感染します。 感染した細胞は、まわりにある正常な細胞を押しのけて、どんどん増えていきます。 そして最終的に「イボ」になります。 皮膚のなかには「イボの芯」ができていて、この芯を完全に取り切らないと、何度も再発することがあります。 イボコロリでイボが取れる理由 イボコロリには、主に サリチル酸という成分が入っています。 サリチル酸には、 角質をやわらかくして剥がす、また、 皮膚の角質にいる菌を除去するという効果があります。 イボコロリには、ウイルスに感染した細胞をやわらかくして剥がしてくれるサリチル酸が入っているので、イボを取ることができるんです。 イボコロリでほくろ除去できない理由 イボコロリに入っているサリチル酸という成分は、 皮膚の角質層(かくしつそう)から基底層(きていそう)までしか届きません。 (参考:日本美容皮膚科学会) しかし、 ほくろの細胞のほとんどは、基底層より奥深くに存在しています。 上のイラストのように、ほくろは「ほくろの細胞がある場所」で3つに分類されています。 ほくろの細胞が、 表皮と真皮の境界部分にあるものを「境界母斑(きょうかいぼはん)」。 真皮の境界部分から、真皮の浅い部分にあるものを「複合母斑(ふくごうぼはん)」。 真皮内のみにほくろの細胞があるものを「真皮内母斑(しんぴないぼはん)」。 境界母斑(きょうかいぼはん)は、ほくろの細胞が基底層にもありますが、真皮にもまたがっています。 そのほかのほくろは、ほくろの細胞が「基底層(きていそう)」よりも深い場所にありますよね。 つまり、イボコロリを塗っても、ほくろの細胞にはほとんど影響を与えられないんです。 炎症をおこす 初めに説明しましたが、ほくろは「ほくろの細胞が皮膚のなかにあって、それが皮膚の上から透けて見えたもの」です。 ウイルスに感染した細胞がどんどん増えるためにできる「イボ」とは違い、皮膚には正常な細胞が存在している状態です。 そんな正常な細胞にイボコロリをぶかっけると、健康な皮膚がやわらかくなり、 火傷のような炎症をおこし、ぽろぽろと剥がれることがあります。 炎症がひどいと、 「炎症後色素沈着」という、シミのような跡が残ってしまうことも。。 イボコロリが皮膚についても、すぐに拭き取れば、皮膚の奥まで浸透していないのでそこまで影響はないかもしれません。 しかし、つけた量が多かったり長い時間放置してしまうと、やはり炎症がおきやすくなります。 「どうしてもホクロが消え去ってほしいの!」と思ってイボコロリを使っても、ホクロを消し去るまえに健康な皮膚に影響がでてしまい、ほくろ除去どろこではなくなってしまうと思うんです。 (「思う」と書いているのは、実際に私がイボコロリでほくろ除去を試していないからです。 試す勇気がありませんでした、ごめんなさい…。 ) ちなみに、イボコロリの説明書にも、以下のように書かれています。 本剤が健康な皮ふに付着すると、その部分も白く軟化し、痛んだりするので、もし、ついた場合にはすぐにふきとってください。 特に、指の間に塗布する場合は薬液が乾くのを確認してください。 () 試すにしても、「跡が残ってもまったく問題ない場所」から試してみてはいかがでしょうか。 イボコロリでシミなら取れる? 2ちゃんねるなどの掲示板を見ると、「私はイボコロリでホクロが取れたよ!」というコメントがたくさんあります。 こんな書き込みをみると、「やっぱ取れるんじゃん、嘘つくなよ」って思われるかもしれませんね(汗)。 その人が取れたものは ほくろではなく、シミの可能性が高いのではないかと考えられます。 イボコロリでほくろを取った人をじぶんの目でみた訳じゃないので、あくまで推測ですが。。 なぜかと言うと、 シミ(メラニン色素)は皮膚の浅い部分に存在しているため、イボコロリに入っている サリチル酸がじゅうぶんに届くからです。 シミのもとである「メラニン色素」は、基本的に、 皮膚の「表皮」部分にたまります。 イボコロリに入っているサリチル酸は 皮膚の基底層までは届くので、メラニン色素とともに皮膚がはがれていった、という可能性は否定できません。 ほくろの膨らみだけなら取れる? ぷっくり盛り上がったほくろの場合、 膨らんだ部分だけならイボコロリで取れる可能性がないとは言えません。 2ちゃんねるにて、以下のような書き込みがありました。 イボコロリで2ミリ程度盛り上がってるのをやってみた 結果としてはかさぶたのようになって ポロリと取れたけど 綺麗に平面にはならず、盛り上がりは残るし、痕も少々残るね コツはホクロのみに液が浸透するようにする 超高難易度だけど、、、、 後はこれがどの程度目立たなくなるかだけど、 綺麗にとりたいのなら病院へ行ったほうがいいってのが結論かな 結論は自己責任ですよ 何度かご説明の通り、サリチル酸には「皮膚をやわらかくしてはがす」効果があるので、ホクロの膨らみ部分が取れる可能性はあると言えます。 しかし、投稿者の言葉どおり、跡が残る可能性が高いでしょう。 なぜなら、の項目で説明した通り、イボコロリの成分は、 ほくろの細胞がある場所まで浸透しないから。 ほくろがぜんぶ取れないのは目に見えているので、膨らみがあるほくろであっても、イボコロリの使用はおすすめできません。。 イボコロリ以外でおすすめの除去法 は、もぐさ、カソーダ(ほくろ除去クリーム)、ウバイ精油膏(せいゆこう)などがあります。 私も興味があったのであれこれ調べてみましたが、どれも民間療法(医療行為ではなく、昔からの言い伝え)なので、費用がとにかく安いぶん大きなデメリットがあると感じました。 あなたにおすすめしたいのは、お決まりではありますが「病院での除去」です。 自分で取るよりも費用はかかりますが、何度もほくろを取った経験のあるお医者さんのもとで、正しい治療法で取る。 そうすれば、予想しえないリスクを心配する必要はまったくいりません。 皮膚科や美容外科でうけられる除去法をでまとめています。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の