東島 アナ。 東島衣里アナ(ニッポン放送)の胸のカップ画像と美脚がかわいい!熱愛彼氏と結婚?高校や大学は?

東島衣里アナ(ニッポン放送)の胸のカップ画像と美脚がかわいい!熱愛彼氏と結婚?高校や大学は?

東島 アナ

引用: YouTube 不倫騒動でメディアをお騒がせしている、俳優の「原田龍二」さん。 自身がパーソナリティーをつとめるニッポン放送のラジオ「DAYS」が放送になり、記者会見後の御本人の言葉に注目が集まりました。 「原田龍二」さんがラジオで語った言葉も、もちろん気になる所ではあるのですが ラジオ「DAY」で「原田龍二」さんのアシスタントをつとめている日本放送の 「東島衣里」アナの言動にも注目。 言葉につまり、号泣している「原田龍二」さんを優しい言葉で慰める訳でもなく、 逆に、厳しい叱責と喝で「原田龍二」さんを問い詰めた 「東島衣里」アナ。 本日放送された・ラジオ「DAYS」、原田龍二さんと 東島衣里アナのやり取りと見ていきましょう。 Sponsored Link 【原田龍二】ラジオで号泣…の一部始終 生放送、冒頭は「原田龍二」さんの謝罪から始まりました。 神妙な面持ちで、声を震わせながら、言葉を発した「原田龍二」さん。 第一声は、リスナーやファン・スポンサーに向けて、言葉を纏めた。 「リスナーの皆さま、スポンサーをはじめ関係者の皆様、この度は僕自身の本当に軽率な行動によって、多大なご心配、ご迷惑をおかけしまして、大変申し訳ありませんでした。 今日の放送で聞いてくださっている皆さまへ対する、僕の思いを少しでもお伝えできればと思います」 声が震え、今にも涙が出そうな。。。 状態の「原田龍二」さん。 記者会見後、 「本当に申し訳なかった」と妻と息子に向けて謝罪を した。 ということもラジオで明かし 妻からは 「一生許さない」 息子からは 「お母さんを悲しませるなんて、僕は絶対に許さない。 今まで一生懸命仕事をするお父さんを見ていて尊敬していたのに」 娘からは 「バカ!! ママを悲しませるなんて…」というメールを受けた。 という「原田龍二」さん。 Sponsored Link 「(これ以前にも妻を裏切った出来事があり)本当に分からない人ね、と飽きられた後 子供がいるから、今すぐ離婚にはならないけど、愛する子供の為にこれからどうするか考えて下さい。 」 と、言葉を積まれたと言います。 そして、 「この件で仕事が無くなったとしても、(息子&娘は未成年なので)どんなことをしても養って行かなければならない決意はある。 」 そのエピソードを話す途中、「原田龍二」さんは涙腺が溢れ、ついに号泣。 その状態を見かね、アシスタントである「東島衣里」アナは強い口調で 「泣いている場合じゃないですよ!!」 と喝を入れた。 Sponsored Link ラジオで号泣の原田龍二に厳しい喝を入れた、ニッポン放送・東島衣里アナ。 「たまったもんじゃないですよ、原田さん! 泣いてるんじゃないですよ! この気まずさ、どうしますこれ?」 と甲高いアナウンサーらしい声で喝を入れた、ニッポン放送の「東島衣里」アナ。 ラジオを聞いていて、そのやりとりが「尻に敷かれている旦那」さんと「妻」のような感じが想像できて、 妙に心地よかった、「東島衣里」アナのツッコミ。 引用: Facebook 「私の素直な気持ちは、ない。 (不倫)これはない。 たしかにアウトだと思うので、擁護はしません」と 厳しい声で喝は続いた。 (原田龍二さんの騒動の一件で)今日の放送分も、色々な番組の仕方が考えられた。 と言います。 ですが 「いつもどおり、原田龍二さんと私(東島衣里)でいつも通り2人で誠意をもって、お伝えしようと思った」 「番組(DAYS のチームの一員として、どう過ごしていたのか?と心配していた。 」 という東島アナ。 優しいじゃないですか~ 「原田龍二」さんに対する世間の視線が冷たい中、優しさと厳しさを併せ持ち (原田龍二さんの気持ちが沈む中)番組の進行を元気よく、手助けしてくれた東島アナ。 Sponsored Link 「誰に何を謝るのかというのが大事だと思いますが、今日はリスナーに向けて、そこをハッキリさせて向き合っていきましょう」 と気合と喝を入れ、番組を盛り上げた東島アナ。 「原田龍二」さんも、今日に関しては 本当に東島アナに救われたんじゃないかと思います。 金曜日の会見から、4キロ体重が落ちたという「原田龍二」さん。 今後の仕事は、テレ東の「5時に夢中」以外はまだ未定。 という厳しい状況の中にいるようですが、持ち前の明るさと素直さで是非頑張っていって欲しいですね。

次の

東島衣里アナの寝顔にニッポン放送アナウンスルームが騒然!?

東島 アナ

エアロシールドで空気が殺菌されたスタジオ。 放送業界初の試みで、12日深夜に設置し、この日、早朝の生放送から実質的に稼働させた。 同局「DAYS」(月~木曜後1・0)のパーソナリティーで元TBSのフリーアナウンサー、安東弘樹(52)も体験。 「守られている感じがする」と胸をなでおろした。 ニッポン放送が再び動いた。 感染リスクを軽減させる新たな対策を講じた。 業務の特性上、ラジオ局は3密(密閉空間、密集場所、密接場面)が作られやすく、各局は対応に苦慮。 その中でニッポン放送は、紫外線の中でも最も殺菌効果が高いとされる「遠紫外線」(UV-C)により空気を殺菌する同装置を業界に先駆けて設置した。 大分県のエネフォレスト社製。 ティッシュ箱ほどの大きさの機器一台で約22畳の広さをカバーし、約90パーセントの浮遊ウイルスを減少させるものだ。 高さ約2メートルの位置から水平に照射するため人体に無害で、各地の病院などの医療施設や介護施設でも導入されている。 ニッポン放送はこれまでもさまざまな手段で、ウイルスの感染拡大防止に尽力。 スタジオ内を次亜塩素酸水を噴霧して消毒する対策や、先月31日には、向かい合って座るパーソナリティーの間にアクリル板を設置し、多方面で反響を呼んだ。 この日、「DAYS」の放送でスタジオを訪れた安東アナは、関係者から今回の装置の説明を受け、「目に見えないものと戦っているので、こればかりは筋肉を鍛えてもどうにもならない。 守られている感じがする。 まさに救世主」と大喜び。 番組パートナーを務める同局の東島衣里アナウンサー(29)も「自分にできることは限られている。 (会社に)いろいろやっていただけるのはありがたいです」と感謝した。 また、自身も局アナだった安東アナは、テレビ朝日系報道番組「報道ステーション」(月~金曜後9・54)のメインキャスター、富川悠太アナウンサー(43)が新型コロナウイルスに感染したことに言及。 「難しい問題。 簡単に休めないという点で、気持ちは分からなくもない。 ただ、このご時世。 ちょっとでも異変を感じたら報告、相談して、できれば(職場に)行かない。 その勇気が必要」と語った。 そのため、おのずと社員の感染防止の意識は高まっている。 スタジオ内には次亜塩素酸の噴霧器などの加湿器を4台置き、室内の人数は原則3人まで。 これまで少人数専用の会議室だった部屋に機材を入れ、簡易スタジオに模様替えもした。 関係者は「ゲストの方や解説者など少し離れたこちらの部屋から番組に参加していただいています」と、できる範囲内での感染防止に尽力している。

次の

ニッポン放送、再び動いた!放送業界初、紫外線でコロナ対策

東島 アナ

エアロシールドで空気が殺菌されたスタジオ。 放送業界初の試みで、12日深夜に設置し、この日、早朝の生放送から実質的に稼働させた。 同局「DAYS」(月~木曜後1・0)のパーソナリティーで元TBSのフリーアナウンサー、安東弘樹(52)も体験。 「守られている感じがする」と胸をなでおろした。 ニッポン放送が再び動いた。 感染リスクを軽減させる新たな対策を講じた。 業務の特性上、ラジオ局は3密(密閉空間、密集場所、密接場面)が作られやすく、各局は対応に苦慮。 その中でニッポン放送は、紫外線の中でも最も殺菌効果が高いとされる「遠紫外線」(UV-C)により空気を殺菌する同装置を業界に先駆けて設置した。 大分県のエネフォレスト社製。 ティッシュ箱ほどの大きさの機器一台で約22畳の広さをカバーし、約90パーセントの浮遊ウイルスを減少させるものだ。 高さ約2メートルの位置から水平に照射するため人体に無害で、各地の病院などの医療施設や介護施設でも導入されている。 ニッポン放送はこれまでもさまざまな手段で、ウイルスの感染拡大防止に尽力。 スタジオ内を次亜塩素酸水を噴霧して消毒する対策や、先月31日には、向かい合って座るパーソナリティーの間にアクリル板を設置し、多方面で反響を呼んだ。 この日、「DAYS」の放送でスタジオを訪れた安東アナは、関係者から今回の装置の説明を受け、「目に見えないものと戦っているので、こればかりは筋肉を鍛えてもどうにもならない。 守られている感じがする。 まさに救世主」と大喜び。 番組パートナーを務める同局の東島衣里アナウンサー(29)も「自分にできることは限られている。 (会社に)いろいろやっていただけるのはありがたいです」と感謝した。 また、自身も局アナだった安東アナは、テレビ朝日系報道番組「報道ステーション」(月~金曜後9・54)のメインキャスター、富川悠太アナウンサー(43)が新型コロナウイルスに感染したことに言及。 「難しい問題。 簡単に休めないという点で、気持ちは分からなくもない。 ただ、このご時世。 ちょっとでも異変を感じたら報告、相談して、できれば(職場に)行かない。 その勇気が必要」と語った。 そのため、おのずと社員の感染防止の意識は高まっている。 スタジオ内には次亜塩素酸の噴霧器などの加湿器を4台置き、室内の人数は原則3人まで。 これまで少人数専用の会議室だった部屋に機材を入れ、簡易スタジオに模様替えもした。 関係者は「ゲストの方や解説者など少し離れたこちらの部屋から番組に参加していただいています」と、できる範囲内での感染防止に尽力している。

次の