女癖が悪い芸能人。 酒癖が悪いと噂される男性芸能9選

佐藤健の性格の悪さがエグい件!性格変わったから現在はいい奴との噂も!

女癖が悪い芸能人

1.アレクサンダー(モデル・タレント) 川崎希のヒモ旦那のアレクサンダーことアレク。 女癖が悪く、隙さえあれば浮気を繰り返すダメンズなイメージしかありませんよね。 夫婦そろってブログをしていますが、好意的にみている人はゼロに近いのではないでしょうか。 奥さんの稼ぎで高級車や豪邸を購入し、ファーストクラスで旅行三昧の夫・・・ちゃんと働かない父親を見て育った息子はどんな子どもになるんでしょう?旦那にしたくない嫌いなタイプかもしれませんね。 2.品川祐(お笑い・品川庄司) 嫌いな芸能人ランキングでも常に上位をキープしている品川祐。 発言が嫌われる要素たっぷりで、ネガティブ要素が高く、イメージは確かに悪いですよね。 奥さんや子どもに対しては意外と優しいのかもしれませんが、いつも上位をキープしているので、今回は2位にランクインさせていただきました。 3.石田純一(タレント) 「不倫は文化」で有名な俳優・タレントの石田純一。 バツ2で、子どもたちも芸能界で活躍されていますよね。 女性に優しく、常に浮気の心配がある石田純一さん。 あの年になっても自分はイケると思っているところが気持ち悪いですよね。 東尾理子さんも不妊治療をビジネス化してイメージが悪いので、夫婦そろって毎年、嫌いな芸能人ランキング上位を占めています。 4.梶原雄太(芸人・キングゴング) 子だくさんでとてもかわいい奥さんをおもちのキンコン・梶原さんですが、よく奥さんが好きすぎて束縛がひどいとテレビで話題になっていますよね。 そこまで愛される奥さんはある意味幸せなのかもしれませんが、個人的にとても気持ち悪いと感じました。 束縛が激しい旦那って自分が浮気をするタイプだったり、自分に自信がない人が多いので、どちらにせよ旦那にしたくないタイプであると言えるでしょう。 5.木村拓哉(俳優) 大好きな芸能人でもランクインされますが、昨今イメージの悪さも目立っていますよね。 奥様の工藤静香さんの不人気が原因なのか、旦那さんである木村拓哉さんのイメージも連動して悪くなっているイメージ。 さらに次女のKokiさんもデビューされて、家族そろってスタイルや美貌はあこがれの対象であるのかもしれませんが、好感度としては悪いですよね。 顔が整いすぎていて、大事なところが欠けてしまったのかも?なんて個人的に思いますが。 SMAPの解散騒動でもひと悶着あり、さらにイメージダウンにつながったのかもしれませんね。 6.いしだ壱成(俳優) 石田純一の1度目の結婚の際の息子。 親子でランクインです。 いしだ壱成さんもこの年でバツ2。 さらに12歳年下の19歳の女性と3回目の結婚をしたことも話題に。 また、2度目の結婚では、かなりの亭主関白でマイルール(サラダのドレッシングは何種類も用意、お風呂に入っている時に着る順番に服を並べておくなど)を押し付けて、奥さんに愛想をつかされたとか・・・。 両親の離婚で傷つき、生い立ちに同情の余地はありますが、こんなに子どもみたいなこじらせ系の旦那は嫌ですよね。。 7.大(芸人・グランジ) 誰?と思うかもしれませんが、椿鬼奴さんと結婚された芸人のグランジ大さんです。 借金・ギャンブル大好きのヒモ旦那です。 椿鬼奴さんもなぜこんな人と・・・と思いますが、ご本人が好きなのであればそれも一つの幸せだと思いますが、絶対旦那にしたくないタイプで間違いはありませんね。 この写真の顔は笑っていますが、本人の人相の悪いこと悪いこと・・・絶対いい人生を送ってきていなさそうな顔をしています。 8.貴乃花(元・横綱) アスリートなので仕方ないのかもしれませんが、とても頑固で一度決めたら、絶対に曲げなさそうなイメージですね。 親方となり部屋をもってから親方を引退するまでの一連の騒動で貴乃花の頑固な性格は痛いほどわかりましたね。 あまりに真っすぐすぎて奥さんもついていくのが大変そうなイメージです。 スポンサーリンク 9.東出昌大(俳優) 女優・杏の旦那さんですね。 東出さん、イケメンランキングにもランクインしていそうですが、個人的にちょっと苦手です。 顔と声のバランスが苦手なのと、気持ち悪い役がはまり役だったからか、私生活も・・・?と想像してしまいます。 杏さんと結婚したことで、若手俳優なのに、天狗になっているとかいないとか?!謙虚なイメージではないので、好感度が低いのかもしれませんね。 10.山口達也(元タレント) お酒での失敗で芸能界を引退した山口達也さん。 とても大きなニュースになりましたね。 アルコール依存症はほんとうに難しい病気なので、元奥様も相当苦労されたと思います。 個人的にはとても好きなタレントさんだったので、残念で仕方ありませんでした。 ご本人も仕事のストレス等いろいろな要因からアルコールに走ってしまったのかもしれませんが、お酒とほどほどのお付き合いができない旦那をもつのは本当に大変ですよね。 いかがでしたでしょうか。 このランキング結構納得できますよね。 こんな旦那嫌だ、嫌いだと思うような人にはいろいろ共通点があります。 それでは、「こんな旦那は嫌だ」と思う特徴をまとめてみました。 自分の旦那にこんな特徴がないかチェックしてみましょう。 その1.稼ぎがない、少ない、奥さんの稼ぎに頼っている いわゆる、ヒモメン(ヒモ旦那)ですね。 やはり男性にはしっかり働いて、家族を養う心意気があってほしいです。 奥様の稼ぎに頼り切って、遊んで暮らしていたり、働いていても向上心ややる気がない旦那は一緒にいてとても嫌なものです。 主夫のように、奥さんが働いて夫が家で家事をするという夫婦ならそれはいいと思いますが、世の中には稼ぎもしない家事もしない旦那も一定数いるようです。 関連記事>> その2.束縛が激しい、亭主関白すぎる 守るのが難しいようなルールを奥さんに課したり、必要以上に奥さんの行動を見張るタイプ。 旦那自身が浮気したりするタイプだったり、自信がないタイプがこのような行動に出がちです。 ある程度の亭主関白なら我慢できますが、子育てが忙しい時などに、自分を優先してくれないなどと子供っぽい怒り方をするような男は旦那にしたくないですよね。 関連記事>> その3.浮気癖がある もう2度と浮気はしないと誓ってもその約束を守れない浮気性の旦那もいます。 浮気癖は一生治らない病気だと言ってもいいでしょう。 子どもに与えるダメージも大きいですし、息子も同じように浮気をするようになるかもしれません。 男性なんて皆、チャンスさえあれば浮気するものだという人もいますが、浮気をしないちゃんとした理性を持った男性も沢山います。 結婚前にこの人は浮気をするようなタイプであるか、自分自身浮気をされて許せるかどうかしっかりと考えてから結婚する事をお勧めします。 関連記事>> その4.酒癖が悪い、アルコール依存症 いつもはとてもいい旦那なのに、お酒を飲むと、人が変わる、お酒を飲み始めると楽しくなって止め時が分からなくなり飲みすぎてしまう。 仕事のストレスから毎日アルコールを飲み、記憶をなくしてしまうなど、男性に特に多いのが「アルコール依存症」です。 一度アルコール依存に陥ると、簡単に止めることができないうえに、脳にも確実に損傷を与えてしまいます。 お酒とうまく付き合えないような旦那と結婚生活を送るのも相当なストレスがあります。 関連記事>> その5.借金癖、ギャンブル好き ギャンブルが好きで、ギャンブルにつぎ込むお金がなくなると消費者金融などから簡単にお金を借りてしまい借金を膨らませていくタイプ。 このタイプは、お金はまたギャンブルで大儲けできるからその時に返せばいいなど、異常なほど楽天的。 お金の使い方も荒いので、少しお金がはいると豪快に奢ったり、使ったりしてしまいもちろん貯金などゼロです。 将来の計画が立てられないのでこのタイプの旦那も相当ストレスです。 関連記事>> その6.発言がネガティブ、暴力的発言など お前なんかどうせ、が口癖で、奥さんのことを悪く言ったり、ネガティブな発言を繰り返す旦那。 暴力は振るわないまでも、言葉の暴力もれっきとしたDVです。 「俺なんてどうせ」「お前なんてどうせ」のようなネガティブな発言を繰り返されると日々蓄積していき、精神的ダメージは大きいです。 また、相手のことを暴力的発言で支配しようとしたりする旦那もいます。 毎日言われていると、麻痺してくるので奥さん自身も自分に自信がなくなっていきますので、一緒にいるとダメージが相当大きいように思います。 関連記事>> 一度結婚したら中々簡単には離婚はできません。 なので、結婚する前にちゃんと見極めて結婚したいものですね。

次の

【有名人・芸能人】嫌いな旦那ランキングベスト10!こんな旦那は大嫌い!

女癖が悪い芸能人

Contents• 松方弘樹の女癖の悪さ かつて息子の仁科克基はテレビに出演した際に、 父・松方弘樹が今までに作った子供についてコメントを求められた。 そこで彼は 知っている限りで6人と答えたのだ。 その中には会ったこともない兄弟の間柄の子供もいるということも明かして、 松方弘樹の女癖が噂だけではなく事実であることが改めて分かった。 明らかになっているのだけでも4人おり、 その全ての女性との間に子供を作ったことが問題とされていた。 順に見ていこう。 松方弘樹の女性遍歴 松方弘樹の最初の嫁・目黒夏子 最初の嫁は目黒夏子という元祇園の舞妓であり、モデルもしていたという女性。 この女性と結婚し、長男で現在も俳優として活躍している 目黒大樹をもうけ、長女と次女の計3人の子供をもうけた。 しかし、1977年に松方弘樹が 仁科亜希子と不倫関係に陥り、1979年に離婚する。 松方弘樹の2番目の嫁・仁科亜希子 前妻と離婚する前から、既に同棲生活をしていたという松方弘樹。 仁科亜希子との間には、仁科克基と仁科仁美を設けて、供に芸能界に進んだ。 その後、松方弘樹のあまりの女癖の悪さにパイプカットを命じるという、 とんでもない行動に出たのだが、それは後述する。 その切欠となったのは女性歌手との浮気であった。 松方弘樹の浮気相手・千葉マリア 千葉マリアの本名は十枝みつといい、1971年に歌手デビュー。 現在は子供と供に歌手業をしながら、 女性専用の薬物リハビリ施設【S. S千葉】の代表を務めている。 松方弘樹との間には、一人子供をもうけている。 千葉マリアとの隠し子騒動が発覚し、 更にはDVの疑いがあったスキャンダルも当時は報じられた。 松方弘樹の最後の女性・山本万里子 1998年に松方弘樹にまたも不倫が発覚し、 松方弘樹は仁科亜希子と離婚した。 そして、山本万里子とは結婚するわけでもなく、最後、看取られて旅立っていった。 30歳の年齢差があったわけで、 娘であってもおかしくない。 そして、子供がいたわけでもない、 山本万里子を選んだのは心境は、もう知る術もない。 あくまで公になっている女性遍歴であり、 実際にはこれだけに止まらないとは思うが・・・。 松方弘樹のパイプカットの背景 正直なところ、女性経験の数だけでいえば、 松方弘樹は人気芸能人の中でも比較的に少ないと言えなくもない。 松方弘樹と番組で共演した某大物芸人であり映画監督は、 かつて女性経験の人数は200人以上と暴露していた。 あくまで女癖の悪さというものは、その数ではなく、 関係を持った女性との間に子供など、後々の憂いを生み出して、 周りに迷惑をかけてしまう男性を指しているといってもいいだろう。 仁科亜希子は松方弘樹の女好きを断つことは出来ないと感じて、 ならば子供を作れないようにするという理由でパイプカットをさせたのだろう。 生殖機能は無くなるために、子供を作ることは出来ないが、性行為は問題なく行える。 ちなみにパイプカットをしているその他の有名人では、 故・大橋巨泉(実業家・放送作家)、 故・安部譲二(作家)、 俳優の神田正輝、 評論家の岡田斗司夫が施術済みという情報がある。 おわりに 松方弘樹が残したものはその女癖が高じて 出来た女性遍歴に纏わるエピソードと、子供の数。 俳優としての演技も一流だったが、 男としても一流の魅力を兼ね備えていたからこそ、 こうした自由奔放な行いが出来たのではないだろうか? パイプカットを嫁にさせられる辺りは、 どこか笑いがこみ上げてくる感覚にもなるが、 実際問題、子供の数が多いと、それだけ後々、厄介なことも 増えてくるのが大人の世界。 松方弘樹が亡くなった今、更に残された遺産などを巡る 新たな展開なども起きる可能性もあるが、果たして・・・。

次の

やばチャラい!遊び人で有名な芸能人 トップ5!

女癖が悪い芸能人

誕生日:1972年4月26日 出身地:東京都渋谷区 職 業:お笑い芸人 所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー 品川祐さんは、お笑いコンビ・品川庄司のボケ担当ですが、全盛期と比べて最近はあまりテレビで見る機会がなくなったのは、テレビ業界関係者からも嫌われていて、性格にかなり難があるからだそうです。 後輩芸人やスタッフ(AD)、マネージャーなどに横柄な態度を繰り返し、南海キャンディーズの山里亮太さんが新人の頃、かなり嫌味を言ったりいびったりしていたそうです。 仕事は激減しましたが、書籍の印税収入が膨大なようで、特に干されても収入面では全く問題ない様子だそうで、おそらくこのままのスタイルで芸能活動を続けていくのかもしれません。 本 名:川谷健太(かわたに けんた) 誕生日:1988年12月3日 出身地:長崎県松浦市 職 業:ミュージシャン 所 属:ワーナーミュージック・ジャパン 川谷絵音さんは、「ゲスの極み乙女」と「indigo la End」という、ふたつのバンドのボーカルを務め、音楽的な才能に恵まれてはいますが、数々の問題行動を繰り返し、「性格が悪いミュージシャン」というイメージが定着してしまいました。 妻がいることを内緒にしながらベッキーさんに交際を持ち掛けたり、それに対しての謝罪会見は、自分の味方しかいない自身のライブ会場などで行い、世間に対して挑発的な発言を繰り返したり、ゲスを極めていると話題になりました。 その後も、当時未成年の「ほのかりん」と交際し飲酒をさせたり、破局後はほのかりんの友人と交際を始めるなどの女癖の悪さを披露しています。 2位:手越祐也 誕生日:1991年7月10日 出身地:千葉県市川市 職 業:女優 所 属:太田プロダクション 前田敦子さんと言えば、AKB48の全盛期を築いたエース的存在でしたが、当時から「性格が悪い」と評判だったようです。 AKB48時代には、センターとしての責任感から後輩に冷たく当たることもあったそうですが、卒業後すぐに、イケメン俳優の佐藤健さんらと合コンを行い、その際にアイドルとは思えない痴態を晒してしまい、性格の悪さを疑う声が強くなっていったようです。 2018年には、勝地涼さんと交際期間わずか半年で結婚することを発表しましたが、あまりに早すぎるスピード婚に批判的な意見が殺到したそうです。 11位:小森純 小森純(こもり じゅん) 誕生日:1985年11月22日 出身地:神奈川県川崎市川崎区 職 業:ファッションモデル 所 属:TWIN PLANET ENTERTAINMENT 小森純さんは、読者モデル業を経てタレントとして、テレビに引っ張りだこでしたが、あまりにもサバサバしすぎたキャラクターだったので、「性格が悪い」といわれることも多かったようです。 そこに拍車をかけるかのように、「ペニーオークション詐欺事件」に加担したことで、世間からさらに猛バッシングを受けることになり、すぐに謝罪を行わなかったことでテレビ番組からも干される事態となってしまいました。 性格悪いと噂の女性芸能人ランキング TOP10-6 10位:ダレノガレ明美 誕生日:1996年11月23日 出身地:東京都 職 業:タレント 所 属:Showtitle 須藤梨々花さんは、NMB48のメンバーで、2017年の総選挙では20位という好成績を残していました。 しかし、総選挙のスピーチの際に、突如結婚を発表するなどし、ファンはもちろんのこと、大島優子さんら先輩にも苦言を呈されてしまう大事件となり、SNSでは賛否を巻き起こしました。 この件で、世間に名前を知られるようになり、「性格が悪い芸能人」とも認識されるようになってしまったのです。 しかも結婚発表後に、テレビ番組でファンの神経を逆なでするような発言を連発したことで、「炎上タレント」としても有名になってしまいました。 8位:辻希美 誕生日:1983年11月1日 出身地:千葉県 職 業:タレント 所 属:プラチナムプロダクション 小倉優子さんは、「こりん星からやってきたお姫様」という設定でアイドル活動をしてきましたが、あまりにもぶりっ子なキャラ設定で「性格が悪い」と噂になったこともありました。 また、事務所の後輩でもある重盛さと美さんが、関西のローカル番組に出演した際には、小倉優子さんからイジメられていたことを匂わせるような発言をしていたことでも話題になりました。 それと同時に、「性格が悪い」という理由でマネージャーがこれまでに何人も交代しているようです。 プライベートでは、夫から不倫されて離婚という結末を迎えた小倉さんですが、このような噂が飛び交っているため、「小倉優子の性格と生活に耐えられなくなったから不倫に走ったのではないか?」とも言われているようです。 4位:広瀬すず 誕生日:1960年10月5日 出身地:福岡県八女市 職 業:女優 所 属:ポエムカンパニーリミテッド 黒木瞳さんは、宝塚歌劇団出身のトップ娘役を経て、現在は国民的女優として活躍され、日本の芸能界に欠かせない女優となっていますが、その最中、イメージが一変するほどの事態が発覚してしまったのです。 2014年頃になりますが、青山学院中等科に通われていた黒木瞳さんの娘が、男性2人に金銭を支払い、クラスメイトの女生徒を暴行するように指示をしていたそうです。 こういった卑劣な事件が発生しているにも関わらず、学校側に金銭的な援助をしていたことで、黒木瞳さん側の圧力により、事件は公にはならなかったというのです。 週刊誌によって、この事件は公になりましたが、それに対しての謝罪会見も一切開かないどころか、娘を世間から守るために海外へ逃亡させたり、一度たりとも被害者に対する誠意を見せることはなかったそうです。 2位:上原多香子 誕生日:1983年1月14日 出身地:沖縄県豊見城市 職 業:タレント 所 属:ライジングプロダクション 上原多香子さんは、元・SPEEDのメンバーとして活躍し、女優としても人気を博してきました。 ET-KINGのTENNさんと結婚されましたが、夫の自殺により未亡人となってしまい、世間からは同情的な意見で当時は溢れていました。 しかし、TENNさんの自殺の真相が明らかにされ、状況が一変していきます。 なんと、上原さんは俳優の阿部力さんとW不倫をしていて、TENNさんのご遺族によって、遺書や上原さんと阿部力さんのLINEのやり取りが、週刊誌にリークされてしまったのです。 以降、謝罪会見も一切行わずにいた2人でしたが、いつの間にか破局し、その後上原多香子さんは演出家のコウカズヤさんと交際を始め、2018年10月にはコウカズヤさんのTwitterで、「できちゃった再婚」したことが発覚したのですが、再び炎上する騒動ぎとなりました。 1位:宮崎あおい.

次の