財津 和夫 サボテン の 花 ひとつ 屋根 の 下 より。 サボテンの花 (曲)とは

サボテンの花〜ひとつ屋根の下より〜

財津 和夫 サボテン の 花 ひとつ 屋根 の 下 より

解説 [編集 ] 同年4月5日に発表されたアルバム『無限軌道』からのシングルカットである。 B面は、1974年のアルバム『ぼくがつくった愛のうた』からのシングルカット。 系ドラマ『』のとして広く知られる。 発売から18年が経ったにリバイバルヒットした(1975年当時もTOP20にはランクインしている)。 もっとも、ドラマではオリジナルの「サボテンの花」は使われておらず、がソロ名義でリメイクした「 」が主題歌として起用されている。 ドラマ放映時には、まず1993年にから財津和夫のソロアルバムからのシングルカットとしてシングルCD発売。 同年にからドラマ用にリメイクした「サボテンの花〜ひとつ屋根の下より〜」がシングルCD発売され、同年にからオリジナルの「サボテンの花」をシングルCD化して発売され、同じ曲が別々の音源で3つのレコード会社から相次いでシングル発売される事態となった。 また、続編『』ではチューリップの『サボテンの花』が主題歌となっているが、こちらもオリジナルではなく、チューリップ再結成時()にされたものである。 この曲は、財津自身の失恋体験が元になっており、当時付き合っていた女性が財津の家で靴下などを洗濯していたことなど、その時の光景を思い出して作ったが、この曲の歌詞全てが実話ではないという。 この曲の最後を「ラララ…」という形にしたのは、失恋の曲の中にあっても希望を残すためであり、「恋人に去られてしまっても、春が来たら自分も再生し、自分も再び歩き出す」という意味を付けるため、広い空をイメージしたものだと述べている。 の際、一番の歌詞「 窓に溶けてゆく」を「 窓に降りそそぐ」と間違って歌ってしまったが、その間違いに関係者の誰も気づかないまま、レコーディングが終わり、そのまま発売されたという逸話がある。 ボーカルの財津和夫は「歌詞カードがおかしいと思ったら、自分が間違っていた」と後になってから気づいたという。 財津によると、歌詞は前年のにヒットしたの『』を参考にして「アンサーソングのつもり」で作詞した。 また、宮地岳線(現・)ではやなどに到着する際、車内メロディとしてとともに使用されていた。 収録曲 [編集 ]• サボテンの花 作詞・作曲: 編曲:チューリップ• なくした言葉 作詞:財津和夫 作曲: 編曲:・チューリップ カバーした主なアーティスト [編集 ]• 「快樂苗」(。 アルバム『抉擇』に収録。 『御訛り』(。 「サボテンの花 ZuZuバージョン」として収録)• 『昭和おとなカヴァーII』()• 『春夏秋冬』(2008年)• 『メロディーズ』()• 『Winter Collection』(2009年)• 当山ひとみ 『Heart Full Of L. Mind』 1982年)• 中谷優心 『20』 2015年)• 『ユキマチヅキ』(2017年)•

次の

サボテンの花〜ひとつ屋根の下より〜

財津 和夫 サボテン の 花 ひとつ 屋根 の 下 より

「 サボテンの花〜ひとつ屋根の下より〜」(サボテンのはな ひとつやねのしたより)は、に発売されたの通算11枚目の。 解説 [ ] に発売されたの「」の。 財津は既に、『Z氏の悪い趣味』(1987年)や『CALL』()といった自身のソロ・アルバムで同曲をセルフカバーしているが、本シングルはいずれのバージョンともが異なるニュー・バージョン。 どちらかと言うと1975年に発売されたオリジナルのアレンジに近い。 系ドラマ『』。 ドラマが高視聴率だったこともあり、60万枚以上の売り上げを記録。 財津和夫ソロとしては、「」()以来のヒット曲となった。 2013年には、 実写版ドラえもん(のび太の籠屋篇)にタイアップされた。 より、テレビCMの・カフェ・ド・ボス「老舗」篇 のCMソングに採用された。 曲目 [ ] (全作詞・作曲・編曲:)• サボテンの花〜ひとつ屋根の下より〜• しわくちゃのスーツ• サボテンの花〜ひとつ屋根の下より〜 オリジナル カラオケ 脚注 [ ].

次の

サボテンの花〜ひとつ屋根の下より〜

財津 和夫 サボテン の 花 ひとつ 屋根 の 下 より

解説 [編集 ] 同年4月5日に発表されたアルバム『無限軌道』からのシングルカットである。 B面は、1974年のアルバム『ぼくがつくった愛のうた』からのシングルカット。 系ドラマ『』のとして広く知られる。 発売から18年が経ったにリバイバルヒットした(1975年当時もTOP20にはランクインしている)。 もっとも、ドラマではオリジナルの「サボテンの花」は使われておらず、がソロ名義でリメイクした「 」が主題歌として起用されている。 ドラマ放映時には、まず1993年にから財津和夫のソロアルバムからのシングルカットとしてシングルCD発売。 同年にからドラマ用にリメイクした「サボテンの花〜ひとつ屋根の下より〜」がシングルCD発売され、同年にからオリジナルの「サボテンの花」をシングルCD化して発売され、同じ曲が別々の音源で3つのレコード会社から相次いでシングル発売される事態となった。 また、続編『』ではチューリップの『サボテンの花』が主題歌となっているが、こちらもオリジナルではなく、チューリップ再結成時()にされたものである。 この曲は、財津自身の失恋体験が元になっており、当時付き合っていた女性が財津の家で靴下などを洗濯していたことなど、その時の光景を思い出して作ったが、この曲の歌詞全てが実話ではないという。 この曲の最後を「ラララ…」という形にしたのは、失恋の曲の中にあっても希望を残すためであり、「恋人に去られてしまっても、春が来たら自分も再生し、自分も再び歩き出す」という意味を付けるため、広い空をイメージしたものだと述べている。 の際、一番の歌詞「 窓に溶けてゆく」を「 窓に降りそそぐ」と間違って歌ってしまったが、その間違いに関係者の誰も気づかないまま、レコーディングが終わり、そのまま発売されたという逸話がある。 ボーカルの財津和夫は「歌詞カードがおかしいと思ったら、自分が間違っていた」と後になってから気づいたという。 財津によると、歌詞は前年のにヒットしたの『』を参考にして「アンサーソングのつもり」で作詞した。 また、宮地岳線(現・)ではやなどに到着する際、車内メロディとしてとともに使用されていた。 収録曲 [編集 ]• サボテンの花 作詞・作曲: 編曲:チューリップ• なくした言葉 作詞:財津和夫 作曲: 編曲:・チューリップ カバーした主なアーティスト [編集 ]• 「快樂苗」(。 アルバム『抉擇』に収録。 『御訛り』(。 「サボテンの花 ZuZuバージョン」として収録)• 『昭和おとなカヴァーII』()• 『春夏秋冬』(2008年)• 『メロディーズ』()• 『Winter Collection』(2009年)• 当山ひとみ 『Heart Full Of L. Mind』 1982年)• 中谷優心 『20』 2015年)• 『ユキマチヅキ』(2017年)•

次の