クロニクル レガシー デッキ 2019。 【楽天市場】デュエル・マスターズTCG DMBD

クロニクル・レガシー・デッキの価格、内容、枚数まとめ|デネブログ デュエマの速報・環境

クロニクル レガシー デッキ 2019

【究極のバルガ龍幻郷】『クロニクル・レガシー・デッキ2018 究極のバルガ龍幻郷』の収録カードとおすすめポイントまとめ!今回は連ドラと大型ドラゴンの再録が凄い! 「遂に発売!『』という事でブロガーすぅがバルガデッキとその中身について紹介していくわ!「」は8月に定期的に発売されるクロニクルデッキの1つ!連ドラを中心とした最強の布陣を求めてビッグマナのドラゴンが大量に登場する・・・そんなデッキコンセプトとなっているわよ。 デュエルマスターズにおいてドラゴンは毎回注目されるけど、今回の「」はどうなのか最後にアンケートも踏まえて置いておくので良ければ答えて言ってくれると嬉しいかな。 またまた懐かしいバルガ界隈ですが、実はこのデッキのコンセプトは基本連ドラというドラゴンをデッキトップから捲って召喚するという大人気の踏み倒しデッキでした。 ただしそのまま攻撃するので『相手のシールドトリガーやマッドネスカウンター』等の対策をどうするかが今後の鍵となるでしょう」 「確かにその部分はちょっと気になるわね。 他に注目したいのは高騰カードの再録がどれ位あるのかって事かな?」 大型ドラゴンの再録が凄い! 「一番の収録ポイントで今回高いなぁと感じたのは《》。 このカードはビッグマナでの優秀なドラゴンで出したらそのままエクストラターンを取れるかも!?っていう優れ物。 スピードアタッカー• このクリーチャーが攻撃する時、相手とガチンコ・ジャッジする。 自分が勝ったら、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。 ガチンコ・ジャッジ:各プレイヤーは自身の山札の上から1枚目を見せ、それを一番下に置く。 そのカードのコストが相手以上であれば、自分の勝ちとする• 重要なカードは多数存在しているけど、キチンとシールドトリガーなどの再録が多いのが特徴ね!【】や【】等基本的なパーツが中心となっているのが大きいわ。 流石に連ドラデッキに近い構成だけどキチンと防御もある程度出来る構成になっているわよ。 今回は更に新規でシールドトリガーなカードが多数登場しているのが特徴だから今回はその点を見て行きたいわよ!」 「後は嬉しいマッドネス【】が収録されてるのは大きいですね!」 「そう言えばこのカードも収録されてるんだっけ!そう考えると過去の連ドラに入れてた様々なデッキが入っている感じもするけどね。 それがドラゴンなら、バトルゾーンに出す。 ドラゴンでなければ、自分のマナゾーンに置く。 「 【究極のバルガ龍幻郷】の新規カード1枚目は【無双龍幻バルガ・ド・ライバー】よ!スピードアタッカーでマッハファイターなので相手に対してアタックしてシールドを破壊しないという手段を選ぶ事が出来るわ1 そして、連ドラに良くある 『このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにしてもよい。 それがドラゴンなら、バトルゾーンに出す。 ドラゴンでなければ、自分のマナゾーンに置く』 という効果があるわよ!今回は進化でもOKで失敗してもデッキトップで残らないので連ドラの猛攻も止まらないわよ!!」 「この点は最初の《》を意識した効果になってますねー。 こういった連続攻撃が連ドラの味ですから今回はと合わせて捲って連続攻撃が出来る可能性が増えたって考えるのが良さそうかな?」 「確かにその感じもするわね。 その後、カードを1枚、自分のマナゾーンから山札の一番上に置いてもよい。 【究極のバルガ龍幻郷】の新規カード2枚目は同じくマッハファイターで自分の山札の上から1枚目を、マナゾーンに置きカードを1枚、自分のマナゾーンから山札の一番上に置くというトリッキーなドラゴン枠よ。 【究極のバルガ龍幻郷】の新規カード3枚目はってこのカードもドラゴン! バトルゾーンに出した時にマナゾーンからタップ。 山札の上からマナゾーンに置く効果もあるし白と緑も補完できるという中々に便利なカードになっているわ。 その代わり6マナには優秀なマナ加速カード《》も今回収録されてるから手札に来た時はマナに置くという選択肢もありかなーって思う一枚。 シールドトリガーのドラゴンで場に残るのは久しぶりだから嬉しいなぁ。 バトルゾーンに自分のドラゴンがあれば、両方を選んでもよい。 相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。 相手のクリーチャーをすべてタップする。 【究極のバルガ龍幻郷】の新規カード最後は呪文カードよ! マナゾーンにタップしておく《ナチュラルトラップ》と《ホーリースパーク》を足した効果の呪文になっているわね。 呪文系と言えば白がメインの物が多かったけど緑でのスパーク呪文が登場した点に注目。 多色だけど今後のカラー次第ではやっぱり使う事の多いカラーになりそうね。 後は場にドラゴンがいると両方発動できるので相手のカードをマナに送りつつブロッカーを寝かせるとかも出来るようになってるわよ」 「注目点は多いですけど、やっぱり収録内容が今回は再録が豪華って感じがするのが良いですね。 環境デッキに入りまくるのか!って言えばビマナ要素が強いので難しいかもしれませんけど、ファンサービスや様々なデッキで活用できるカードが増えてるので連ドラ好き!めっちゃ好き!って人には溜まらないデッキだと思いますよ! 特にデュエルマスターズはクロニクルデッキの場合『デッキケース等が優秀』な面があって、そっちの意味でも価格が上がる原因になってたりします。 夏休みに楽しみたい!って人には買ってみると良いかもなぁという印象を受けた商品でした!」.

次の

【2019】MTGレガシーのデッキ環境。トップメタ、デッキの値段、Tierランキング

クロニクル レガシー デッキ 2019

目次 アルカディアス鎮魂歌 風雲!! 怒流牙忍法帖 クロニクル・レガシー・デッキとは? 過去にデュエリストによって生み出されたデッキを忠実にリメイクした大人向け構築済みデッキ。 DMBD-01「クロニクル・レガシー・デッキ アルカディアス鎮魂歌」 DMBD-02「クロニクル・レガシー・デッキ 風雲!! 怒流牙忍法帖」 現在発売されてるデッキは上記の2種類。 その後、こうして破壊したクリーチャー1体につき、カードを1枚引いてもよい。 怒流牙忍法帖の内容、価格、収録枚数 メーカー希望小売価格:3300円(税抜) 発売日:2017年8月11日(金) カード40枚入り ラバーマット1枚 デュエリストの手によって紡がれた奇跡の邂逅が、クロニクル・レガシー・デッキとして現世に招来!強力な手札補充とニンジャ・ストライクの組合せで人気を博した「シノビドルゲーザ」が現代のデュエマに一迅の旋風を巻き起こす! 厳選された秘伝の40枚に、語られざる英雄《終の怒流牙 ドルゲユキムラ》が描かれた特製ラバーマット付き!影から世界を支えていた強者達の実力が今、明らかとなる! 風雲!! その後、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。 次の自分のターンのはじめに、自分のシールドを1つ、マナゾーンに置く。 クロニクル・レガシー・デッキは強い?弱い? 無改造のまま環境デッキ入り!・・・とまではいかない様子ですが、どのカードも魅力的なカードばかり。 (さんよりデッキレシピの掲載許可を頂きました。 ありがとうございます。 ) このように、環境に合わせた改造を施していけば、環境入りする可能性も十分にあるかもしれません。 いかがだったでしょうか。 是非、こちらの記事でも皆さんのクロニクル・レガシー・デッキへの感想、改造案などをお寄せ頂ければ幸いです。

次の

【アルティメット・クロニクル・デッキ2019 】「必勝!! 闘将ブレードオーガ」「SSS!! 侵略デッドディザスター」がAmazon等で開始!【デュエルマスターズ 新商品】

クロニクル レガシー デッキ 2019

つもりだったが 褒め始めると全然筆が進まなくなるし極端に記事が短くなってしまうので予定変更。 毒織り交 ぜて批判しながら擁護します。 ひねくれ者じゃが仕方がない。 ・至高のゼニス頂神殿 さて本題に入りましょう。 前編見てもらえば分かる通り、こっちのデッキは買ってじっくり読んでから評価を変えました。 そう、今回は 背景ストーリーの出来がクロニクルの中でも 個人的に 最高レベルで良かったです。 やはりクロニクルデッキの良さと言うのはもう本編では語られることは無いであろう物語に触れれる事だと思っているので、DSファンである僕にとってはかなり嬉しい内容でした。 さらに良かった点は 「背景ストーリーとカード効果がかなりマッチしている」こと。 コロコロ発表時に「ゼニスといえばゼロ文明だろ!いい加減にしろ!」とか言ってましたけど、それについても説明がついているし、散々disった天門についてもE2版の天門のフレーバーを踏襲する形だったのでかなり満足しています。 DS好きにはたまらんフレーバーなのでみんなも買ってその目で確かめよう! 媚 まあシンフォニーのフレーバーの「パーフェクトな... 」って部分や、ノの「墓地には... 」って部分はちょっと直球すぎて言葉選びもうちょい考えれたとかは思います。 でもノの「誰もいなくなった」の部分は元ネタ意識してて粋だと思います。 : 「パーフェクト」の部分に関して パーフェクトは、かなりわかりやすさ優先で選びましたね。 アラウンの正体が思ったより伝わってない人がいたので。 と、開発主任Kさん御本人から補足をいただきました。 確かにプレイヤー全員が背景ストーリー熟読してること前提でフレーバー書くのもマズいですね、その点に関しては熱くなりすぎたと反省。 ご返答ありがとうございました。 あと両方のデッキに言えるのですが 「再録が豪華てんこ盛り」。 まだ各種ゼニスの値段が落ち着ききらない中でこういった形の再録をしてくれるのはファンデッカーとして非常に助かります。 ゼニスが新規イラストで3枚 欲を言えば4欲しかった 収録されてるのも嬉しいですね。 グローリー・スノーもまとまった再録ははじめてではないでしょうか? そして批判点にもしましたがVANが2枚も再録されている所。 今の値段を鑑みると新規イラストで2枚というのはやはり大盤振る舞いだと思います。 背景的になんでいるんだ?って感じはしますけど、まあこれに関しては本当に賛否両論あっていいと思います。 天門と相性がいい「十尾」とか、呪文で撃ったミラーズホロウ釣り上げれる「命」も収録して欲しかったところですが、それは欲張りか そしてこのデッキですが、実際に回したところ とても楽しかったです。 新規のミラーズホロウとオガヤードが特に強く、回り始めるとゼニスが3〜4体並ぶのはザラでかなり興奮できるデッキでした。 オガヤードでゼニスシンフォニーを回収する動きが強い! ただ天門で2体展開できる場面が少なかったり、スで山からゼニスがめくれることが少なかったりしたので改造を簡単に模索するなら• 天門シンフォニー型• ス型 というところでしょうか? 天門シンフォニー型はスを抜いて優秀な光アンノウンのブロッカー達 ホワイトオブライオネルやオレオレライオネル を多く入れるといいんじゃないですかね。 またシンフォニーだと場に残らずとも強いサスペンスがかなり活躍したので、ウェディングやを抜いてガン積みしようとまで思えました。 また手札補充がしっかりしていればセーブザデイトが化けるのでタイガーレジェンド天門によせるのもアリだと思います。 ス型は光の諸々を抜いてゼニスをさらに多く入れる型、まあ既存の型ですね。 今回の再録でかなり組みやすくなっているほか、ゼニスパークやトドでしっかり強化もされているのでウェディングやVANを最大限に使いたいならこっちで。 個人的にウェディング好きなので作りたいところですね。 ・究極のバルガ龍幻郷 お次はバルガ。 こっちは背景ストーリーが薄っぺらくあまり語れないのが難点ですが、デッキ内容としては 本当に豪華でそして強い。 実質デュエマである鬼丸「覇」をはじめ、高騰していたワルド・ブラッキオやスペル・デル・フィン、まだお高くついている永遠、使いやすいカードではあるが微妙に値打ちがついている蒼龍、メテ、バトクロス、そしてバルガライザー。 下準備のカード達もが4枚、テラネスクやディグルピオン、そしてなんと言っても トップ・オブ・ロマネスク が4枚も収録されているのはよくぞ踏み切ったと思います やエダ、バイケン、ベルヘルデスカルケチった前科があるので本当に驚き。 初動がしっかり入っているということはそのままでも扱えるということで、未改造でモルネクを倒せるなんて噂もききますね。 ストーリー的繋がりはありませんがにも秀逸な物が多く、批判はしましたがテラネスクのフレーバーは在りし日の頃の連ドラを思い出させるものであり、やコルティオールのフレーバーは戦いの美を表していてかなり好きです。 メテのフレーバーなんかもクロニクルらしくていいですね。 内容は買ってその目で確かめよう! まあガキのころに連ドラ組んでるやつなんて金持ちだけだし、そうだとしてもコッコ初動の赤緑だったんですけど デッキを回した感想は、かなり完成してると思います。 やはりライザーが強いですね、それを用意するまでの下準備も安定してますし、なによりトリガーが多いので見た目以上に硬いです。 トラップ・スパークが特に強い、いや強すぎる。 大量に欲しいけど高くなりそうで怖いですねぇ。 ただライバーが少なく感じました。 強いしゲームエンドにはもってこいなのですが、意識してプレイしないと出なかったですね、デュエマ運がクソなので山からめくれないのも ワルドデルフィンはあまり決まらないですね、決まる前にゲームが終わるのが主な要因 総じて完成度が高く、改造案はあまり見つかりませんが挙げるならば「ライバー4投する」ぐらいですかね。 あと個人的にはハンター軸で組んでみたいですよね。 前々から・カイザーのデッキを組みたいと思っていたので10コストと思いライバーは朗報、・カイザー自体もライバーの範囲なので好相性では?他にもサポートは沢山あるし、ガイア・エッグなんかで早期に出せれば大興奮! ・総合評価 100点だと分かりにくいんで「デッキとしての面」「背景ストーリーとしての面」各10点ずつの20点満点評価で。 まずはゼニス• デッキ... 背景ストーリー... 9点 合計... 14点• デッキ点 結構楽しかったのですが、やはり 天心にしちゃったのが少し変に見えました。 天門は天門でいいデッキなんで別のクロニクルの時に拾って欲しかったですね。 あと デッキとして 主役が目立たない部分。 バルガはある程度理由がついてるんですけど、ゼニスに関しては 主役を含めピン刺しにする意味があまりない気がするので無理に再録しないで普通の構築でも良かったと思います。 背景ストーリー点 文句無しの満点... と言いたい所ではあったんですが、DSにもVANがいることになっちゃったせいで ドラゴ大王になんで負けたんだ?という所が目立ってしまった感が。 収録内容と噛み合いきってなかったのが少しだけ残念。 こっちの評価ほぼVANに引っ張られてる気もする そしてバルガ• デッキ... 背景ストーリー... 3点 合計... 10点• デッキ点 楽しい!強い!が、 やっぱまとまりが欲しかったかなぁと。 色んなやつがいることがテーマなのかもしれないですけど、 ちょっとハンターによせたのなら振り切っても良かったのになぁ、残念。 クロニクルデッキというよりはスーパーデッキって感じでした、いや再録はほんとに豪華。 背景ストーリー点 現実は厳しい!う〜ん前のボルコンとかとは違って今回は少しストーリー性を持たせているわけだからそこは 書いて欲しい!バルガのこととかもっと知りたかった! 無いならないで最初から「龍幻郷」という設定を無理に作らないで良かったのでは?という感じ、TofPのロマネスク大戦の話も単体で見れば面白いので、小ネタを大盛りぐらい路線で良かったのでは? 期待していたのもあってこの点数。 ・蛇に足を描く 少し低くしてしまった気もしますが、「ゼニス」「ドラゴン」という大型テーマなのもあって期待してたので感情点がかなり入っています。 クロニクルデッキって1年に1度なんです。 お祭りみたいなもので、特にDS期に帰ってきてマスターズ・クロニクル・デッキで完全復帰したぼくにとってはデュエマでもかなり楽しみにしてる部分なんです。 だから強いデッキだけじゃ満足出来ないんです。 デュエマっていう歴史があってそれを懐かしむことができる「クロニクル」だからこそ完成度の高い物を期待するんです。 記事中何回も「背景ストーリーぐらいは... 」と書きましたが、本当は欲張りだから全部頑張ってほしい!昔のカードも使いたいし、新しいサポートも欲しいし、背景ストーリーも読みたい! 我儘ですけど「クロニクル」ってそれぐらい求めていいと思うんですけどね。 来年に期待を込めて。 あとゴッドとサムライのクロニクル出してください。 オチなし。 :投稿してからガバが400個ぐらい見つかったので修正しました。 下調べしろ。 gomi2960.

次の