日本郵便営業時間。 ゆうゆう窓口

郵便局の営業時間の短縮について(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、兵庫県および福岡県)-ゆうちょ銀行

日本郵便営業時間

スポンサードリンク 郵便局の窓口やATMの利用時間は? 郵便局の営業時間て短い気がしませんか? 窓口が16時に閉まっていたりして。。。 そうなるとATMの利用時間は何時までなの?という疑問も出てきませんか? 郵便局の窓口には店舗により土日や夜間も利用できたり、24時間利用できるゆうゆう窓口というものも存在していて便利になっているんです。 そしてATMも郵便局だけではなくコンビニにも設置されていて便利になっています。 そんな郵便局の営業時間やゆうゆう窓口、土日祝日の営業・ATMの利用時間や手数料についてまとめていきたいと思います。 ちなみに、郵便局の業務は 「郵便局」が窓口、 「日本郵便」が郵便事業を、 「ゆうちょ銀行」が銀行事業を、 「かんぽ生命」が保険事業を担当しています。 スポンサードリンク 郵便局の営業時間、土日祝日は? 郵便局の窓口業務は、二種類あります。 土日祝日は基本的には休みです。 ただし、一部では土曜日も営業している店舗も意外と多くあります。 さらに、大規模な一部店舗では土曜日も日曜祝日でも、深夜も営業している郵便局もあります。 土日祝日は休みです。 一部地域(都市部など)の大規模な店舗では、16時以降も窓口業務をやっているところもあります。 最寄りの郵便局検索はこちらが便利です。 post. japanpost. そんな方にはゆうゆう窓口がおすすめ。 意外と知らない方も多いようですが、土日祝日、夜間でも利用できる窓口なんです。 昔は時間外窓口という言い方もされていましたが、イメージアップのためにゆうゆう窓口へと呼び方が変わりました。 主な業務は 郵便物の引き渡し、発送、切手やハガキ、その他関連商品の販売となります。 ゆうゆう窓口は、同じ郵便局内に設置されていますが、通常窓口は郵便局会社、ゆうゆう窓口は郵便事業会社が運営を行い、違うものであり、通常窓口が開いている時間帯はゆうゆう窓口は閉まっています。 ゆうゆう窓口自体、設置されている店舗が少ないため、こちらから検索できます。 post. japanpost. html スポンサードリンク ゆうちょ銀行のATMについて ゆうちょ銀行のATMは、郵便局に設置されているATMとファミリーマートに設置されているATMが使い勝手もよく、手数料も安いのでおすすめです。 その他セブン銀行やイオン銀行・メガバンクや地方銀行ATMでも利用できますが、手数料が高くなります。 ゆうちょ銀行ATMの手数料や利用時間を説明します ゆうちょ銀行ATMの営業時間 (平日) 預け入れ:7:00~21:00 払い戻し:24時間利用可能 (土曜日) 預け入れ:9:00~17:00 払い戻し:24時間利用可能 (日曜日・休日) 預け入れ:9:00~17:00 払い戻し:21:00~00:05までだけ利用できません。 その時間以外は利用可能です メガバンクや大手都市銀行atmも終日利用可能です。 しかし、現金の振り込みは8:45~18:00までと制限されています。 <<関連記事>> ゆうちょATM手数料 預け入れ、引き出し ゆうちょ銀行のATMであれば、預け入れ、引き出し手数料ともに24時間無料です。 提携金融機関でのATM・CD提携サービス手数料 (平日)108円 8:45~18:00 (土曜日)216円 9:00~14:00 (日曜、休日)216円 スポンサードリンク 振込手数料 ゆうちょ銀行間の振り込み手数料は月5回まで無料。 月に5回を超えると1回あたり216円必要です。 他行への振込手数料 5万円未満:216円 5万円以上:432円 ファミリーマートやコンビニでの利用 ファミリーマート内に設置されているATMではほぼ全てのATMサービスが24時間利用できます。 (日曜、休日の21:00~23:55までだけは他の金融機関への振り込みはできません。 ) ファミリーマートのゆうちょATMではゆうちょキャッシュカードによる預入、引き出し手数料は無料です。 振り込みや各種金融機関のカードでの利用は手数料がかかります。 その他コンビニ(セブンイレブン等)でもゆうちょ銀行カードが使えますが、手数料、店舗数、時間帯ともにファミマでの利用がとても便利です。 ファミリーマートのゆうちょATM検索はこちらが便利です。 japanpost. しかし、ATMでできる範囲なら利用可能です。 例えば、郵便局店内のATMであれば、営業時間内であれば硬化の入金ができますので、硬化をお札に両替したいときになどには使えます。 しかし、窓口の営業時間外や、コンビニなどの店舗外ATMでは硬化は入金できませんので注意が必要です。 ATMの1日あたりの利用限度額は50万円です。 ファミリーマートのATMでは1日あたり20万円が限度額となります。 ゆうちょ銀行のATMは年末年始やゴールデンウイークやお盆は使える? 年末年始やゴールデンウイークやお盆といった期間は、郵便局に設置されているATMは、郵便局の各店舗によって変わります。 郵便局が営業していなくてもATMだけは使える店舗もありますので最寄りの郵便局でお問い合わせください。 ファミリーマートに設置されているATMは使えますので、ファミリーマートが一番確実です。 post. japanpost. japanpost.

次の

新型コロナ:日本郵便、7都府県で営業時間短縮 非対面受け取りも :日本経済新聞

日本郵便営業時間

スポンサードリンク 郵便局の窓口やATMの利用時間は? 郵便局の営業時間て短い気がしませんか? 窓口が16時に閉まっていたりして。。。 そうなるとATMの利用時間は何時までなの?という疑問も出てきませんか? 郵便局の窓口には店舗により土日や夜間も利用できたり、24時間利用できるゆうゆう窓口というものも存在していて便利になっているんです。 そしてATMも郵便局だけではなくコンビニにも設置されていて便利になっています。 そんな郵便局の営業時間やゆうゆう窓口、土日祝日の営業・ATMの利用時間や手数料についてまとめていきたいと思います。 ちなみに、郵便局の業務は 「郵便局」が窓口、 「日本郵便」が郵便事業を、 「ゆうちょ銀行」が銀行事業を、 「かんぽ生命」が保険事業を担当しています。 スポンサードリンク 郵便局の営業時間、土日祝日は? 郵便局の窓口業務は、二種類あります。 土日祝日は基本的には休みです。 ただし、一部では土曜日も営業している店舗も意外と多くあります。 さらに、大規模な一部店舗では土曜日も日曜祝日でも、深夜も営業している郵便局もあります。 土日祝日は休みです。 一部地域(都市部など)の大規模な店舗では、16時以降も窓口業務をやっているところもあります。 最寄りの郵便局検索はこちらが便利です。 post. japanpost. そんな方にはゆうゆう窓口がおすすめ。 意外と知らない方も多いようですが、土日祝日、夜間でも利用できる窓口なんです。 昔は時間外窓口という言い方もされていましたが、イメージアップのためにゆうゆう窓口へと呼び方が変わりました。 主な業務は 郵便物の引き渡し、発送、切手やハガキ、その他関連商品の販売となります。 ゆうゆう窓口は、同じ郵便局内に設置されていますが、通常窓口は郵便局会社、ゆうゆう窓口は郵便事業会社が運営を行い、違うものであり、通常窓口が開いている時間帯はゆうゆう窓口は閉まっています。 ゆうゆう窓口自体、設置されている店舗が少ないため、こちらから検索できます。 post. japanpost. html スポンサードリンク ゆうちょ銀行のATMについて ゆうちょ銀行のATMは、郵便局に設置されているATMとファミリーマートに設置されているATMが使い勝手もよく、手数料も安いのでおすすめです。 その他セブン銀行やイオン銀行・メガバンクや地方銀行ATMでも利用できますが、手数料が高くなります。 ゆうちょ銀行ATMの手数料や利用時間を説明します ゆうちょ銀行ATMの営業時間 (平日) 預け入れ:7:00~21:00 払い戻し:24時間利用可能 (土曜日) 預け入れ:9:00~17:00 払い戻し:24時間利用可能 (日曜日・休日) 預け入れ:9:00~17:00 払い戻し:21:00~00:05までだけ利用できません。 その時間以外は利用可能です メガバンクや大手都市銀行atmも終日利用可能です。 しかし、現金の振り込みは8:45~18:00までと制限されています。 <<関連記事>> ゆうちょATM手数料 預け入れ、引き出し ゆうちょ銀行のATMであれば、預け入れ、引き出し手数料ともに24時間無料です。 提携金融機関でのATM・CD提携サービス手数料 (平日)108円 8:45~18:00 (土曜日)216円 9:00~14:00 (日曜、休日)216円 スポンサードリンク 振込手数料 ゆうちょ銀行間の振り込み手数料は月5回まで無料。 月に5回を超えると1回あたり216円必要です。 他行への振込手数料 5万円未満:216円 5万円以上:432円 ファミリーマートやコンビニでの利用 ファミリーマート内に設置されているATMではほぼ全てのATMサービスが24時間利用できます。 (日曜、休日の21:00~23:55までだけは他の金融機関への振り込みはできません。 ) ファミリーマートのゆうちょATMではゆうちょキャッシュカードによる預入、引き出し手数料は無料です。 振り込みや各種金融機関のカードでの利用は手数料がかかります。 その他コンビニ(セブンイレブン等)でもゆうちょ銀行カードが使えますが、手数料、店舗数、時間帯ともにファミマでの利用がとても便利です。 ファミリーマートのゆうちょATM検索はこちらが便利です。 japanpost. しかし、ATMでできる範囲なら利用可能です。 例えば、郵便局店内のATMであれば、営業時間内であれば硬化の入金ができますので、硬化をお札に両替したいときになどには使えます。 しかし、窓口の営業時間外や、コンビニなどの店舗外ATMでは硬化は入金できませんので注意が必要です。 ATMの1日あたりの利用限度額は50万円です。 ファミリーマートのATMでは1日あたり20万円が限度額となります。 ゆうちょ銀行のATMは年末年始やゴールデンウイークやお盆は使える? 年末年始やゴールデンウイークやお盆といった期間は、郵便局に設置されているATMは、郵便局の各店舗によって変わります。 郵便局が営業していなくてもATMだけは使える店舗もありますので最寄りの郵便局でお問い合わせください。 ファミリーマートに設置されているATMは使えますので、ファミリーマートが一番確実です。 post. japanpost. japanpost.

次の

白河郵便局 (福島県)

日本郵便営業時間

概要 [ ] 保管郵便物(不在持ち帰りや局留)の受け渡しのほか、の通常窓口が営業していない(窓口取扱時間外)や同一建物に通常の窓口が設置されていない郵便専業の郵便局ではの差出しや・類、の販売なども行っている。 全国各地における、かつての郵便事業会社の統括支店または支店だった郵便局に設置されている(ターミナル支店およびそれに准ずる分室は例外)。 国営時代には、全国のに設置されていたが、のまでに、旧公社統括センターがある郵便局を除き廃止された。 また、かつての郵便事業会社の支店・分室が併設されていない局にゆうゆう窓口が設置されていることもあった。 10月1日の日本郵便発足に伴って多少位置づけが変わり、の影響で分割状態にある郵便分室を除く分室設置のものを除き、旧郵便事業支店前身の局に併設ないしは単独で設置される窓口であるとともに、設置局は事実上の地域の基幹局扱いの位置づけとなっている。 ゆうゆう窓口の取扱業務 [ ] 郵便局により異なるが、ここでは主な郵便局の窓口での取扱いを挙げる。 なお、くじ付郵便はがき・切手(・や)の景品交換、はがき・切手の書損交換等は、各窓口とも受け付けていない。 通常郵便物・速達郵便物差出し・物差出し• 切手、収入印紙等の販売• (レタックス)• チルドゆうパックを含む• 物(物及び物)• 保管郵便物・不在留置郵便物・本人限定受取郵便物(基本型 )の受取(特定事項伝達型の本人限定受取郵便物の交付を含む)• 支店への申請・届出の受付• の設置• ただし、局の立地場所によっては、旧集配センター局だった集配局だけでなく、民営化前の時点で無集配局だったところでも、私書箱設置がある特殊なケースも存在する。 設置局・開設時間 [ ] 詳細は「」を参照 上述の外部リンクによってゆうゆう窓口の設置有無や開設時間を検索することが可能である。 開設時間は郵便局によって異なり、窓口に開設時間が記されている。 都市部の郵便局(県庁所在地の中央局など)では通常の郵便窓口も含めて郵便サービスが24時間開設であるところもある。 民営化による影響 [ ] 郵便事業時代 [ ] 2007年10月1日から、ゆうゆう窓口はが運営する事になり、不在郵便物の交付や郵便事業に関する各種申請届出は郵便事業会社が行っていた事もあって、ゆうゆう窓口が設けられている郵便事業会社の支店においては、その建物に併設されているの郵便窓口では不在郵便物の受け取りや各種手続きは出来ないとされた。 そのため、ゆうゆう窓口自体が最大24時間営業となり、郵便局の郵便窓口営業時間中であってもゆうゆう窓口が営業しているということになっていた(業務内容は時間帯によって差があるにしても、窓口自体は時間外のみの営業ではなくなったため民営化前の「時間外窓口」という概念は廃止された)。 ゆうゆう窓口のある郵便事業会社の支店においては、併設の郵便局会社における郵便窓口営業中は、ゆうゆう窓口では切手類の販売や郵便物の引き受けなど郵便局会社と重複する業務を扱わないため、郵便窓口営業時間中に不在郵便物を受け取ると同時に切手を買うなどの場合は、郵便事業会社のゆうゆう窓口と郵便局会社の郵便窓口との両方に並ばなければならなくなった(民営化に先行し、順次窓口の分離を実施した)。 なお、のひとつである「本人限定受取郵便物 特定事項伝達型」など、一部の特殊郵便に関しては、民営化後に「支店」での受取しかできなくなった。 これは、ゆうゆう窓口がその地域を統括する「支店」にしか設置されなかったことによる。 ゆうゆう窓口がない「集配センター」扱いの局では、土日祝祭日の荷物の受取や郵便物の発送はできない。 現在(日本郵便発足後) [ ] 2012年10月1日、郵便局株式会社が郵便事業株式会社をし、 日本郵便株式会社が発足した事により、これまでの郵便局株式会社及び郵便事業株式会社の両拠点とも原則「 郵便局」となったため、新仙台郵便局などの郵便単独拠点を除き再び「夜間窓口」の役割となったが、を除き、旧郵便事業支店前身の郵便局が「ゆうゆう窓口設置局」の扱いとなる。 日本郵便発足に伴い、事実上、分室を除き、集配業務の廃止イコールゆうゆう窓口の閉鎖という位置づけとなっている。 また情報通信へのシフト加速による郵便物取扱量減少により、地域区分局のみならず、集配担当局、旧集配センターに由来する配達専門局の業務整理統合も進められていることから、ゆうゆう窓口残置の郵便局でも通常窓口営業と併せた24時間受付を取り止める設置郵便局が更に増えている。 関連項目 [ ]• 註釈 [ ]• 基本型は配達は行わないため、集配担当のゆうゆう窓口に取りに行くのが原則。 ただし通知書に記載された方法での申し出により、一般の郵便局や他地域のゆうゆう窓口でも受け取り可能。 特例型は、基本型とは異なり、自宅への配達も可能だが、取りに行く場合は基本型と同じ方法になる。 ただし、受け取りの場合に提示が必要な本人確認書類が、基本型と特例型ではやや異なる。 外部リンク [ ]• この項目は、グループに関連した です。 などしてくださる()。

次の