この ムキムキ 筋肉 は 伊達 じゃ ない。 小島瑠璃子「筋肉否定した訳じゃない、筋肉ある人が個人的にタイプじゃないだけ」←これwwwww: 燃えよVIPPER

ムキムキな筋肉じゃない筋肉を作って、基礎代謝をあげませんか?日常の簡単な動作の繰り返しでも、立派な筋力トレーニングなんですって♪

この ムキムキ 筋肉 は 伊達 じゃ ない

小島瑠璃子Instagramより 小島瑠璃子のTwitterが、<筋トレって、世界で一番意味わからない>と発言してからずっと炎上している。 筋トレdisからかれこれ1カ月近く経つが、粘着リプライは続き、半ばネタ化してもいるようだ。 そもそもの小島瑠璃子炎上のきっかけとなったのは先月21日に板野友美と配信したインスタライブ。 <筋トレで努力するんじゃなくて筋肉がつく何かをやればいい。 ラグビーとか格闘技とかで筋肉つくほうが能力も同時につく>と持論を展開した。 板野が<見せる筋肉とスポーツする筋肉は違う。 スポーツだけじゃカッコイイ体にならない>と応戦すると、小島は実戦で役に立つかどうかが大事だと述べた。 <男たるもの見せる筋肉じゃなく使える筋肉を持っとけよって思う。 役に立つ筋肉の方がよくない? どうすんの見かけだけの筋肉。 暴漢に襲われたときにどこをどう攻撃すればいいかわからないからムキムキの男が「うわー!」ってなってんのよ> 筋トレ愛好家の男性を嘲笑した小島には、批判が殺到。 彼女のTwitterには、<人の努力を否定している><スポーツ選手も筋トレはしています>など反論リプライが多くついた。 <筋トレって筋トレしてる人にとって聖域なんだってことがわかったよ。 ごめんよ、でもただの男性のタイプの話だからね、筋トレしてる人の人間性や本質の根っこから否定しているんじゃないんだよぉ。 ムキムキが個人的にタイプじゃないだけなんだよぉ> しかし、この釈明にも「しっかり謝れ」といったバッシングが多数。 小島としては筋トレ炎上もネタの一つということにしてしまいたいのか、数日後に<ミルクボーイさんのカレンダー、5月に入りめくったら駒場さんの筋トレ画像でした。 現在は彼女がどんな投稿をしても、リプ欄には筋トレ関連のコメントが付く状態だ。 とはいえ小島の目論見通りか、そろそろ筋トレ炎上は彼女の持ちネタになりそうな気配もある。 小島のように「鍛えた肉体に興味がない」女性というのは一定数いるもので、そのうち同じような好みの女性タレント数人とバラエティ番組で恋愛トークを繰り広げたりもするかもしれない。

次の

小島瑠璃子“筋トレ批判”発言を釈明「ムキムキがタイプじゃないだけ」(2020年5月1日)|BIGLOBEニュース

この ムキムキ 筋肉 は 伊達 じゃ ない

【STARNEWS】日本の美人女優、小島瑠璃子(26)がボディービルを卑下する発言を行い、謝罪した。 日刊スポーツが1日に報じたところによると、小島は最近、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上でボディービルに対する個人的な考えをありのまま表現し、論争を引き起こした。 小島はボディービルを、見せるための運動であって意味がないと指摘。 「筋トレって、世界で一番意味わからない。 努力の方向が、筋トレじゃなくて、筋肉がつく何かをやればいいと思う」と語った。 「ラグビーやってて筋肉がつく、とか、格闘技やってて筋肉がつく、っていう方が好き。 見せるための筋肉じゃなくて使える筋肉を持っとけよって思う」と自らの考えを披露した小島は、「何かあったときに人の役に立つ筋肉の方が良くない?」と問い返し、さらに「(筋トレは)見かけだけのムキムキ」と付け加えた。 ところが、この発言で男性ファンが立ち上がったらしい。 日刊スポーツは「小島は男性ファンの反感を買い、すぐにSNSで謝罪した」と伝えた。 小島は「筋トレって筋トレしてる人にとって聖域なんだってことがわかったよ。 ごめんよ」「筋トレしてる人の人間性や本質の根っこから否定しているんじゃないんだよぉ」と謝罪した。 ハン・ドンフン記者 エンタメコリア.

次の

筋トレするとムキムキになる??

この ムキムキ 筋肉 は 伊達 じゃ ない

誤解を招いたことに「ただの男性のタイプの話だから」と小島瑠璃子 タレントのが、インスタグラムのライブ配信で口にした「筋トレ批判」ともとれる発言についてTwitterで釈明した。 4月21日に行ったライブ配信でリモート参加したホリプロの先輩・とガールズトークに花を咲かせるなか小島瑠璃子が「筋トレの意味が分からない」と話したところ、ネット上で「筋トレをバカにするな」などの声があがった。 そうした批判を受けて小島が30日にツイートしたものだ。 そもそも小島瑠璃子は、4月21日のライブ配信で理想の男性について「一緒にいてお金のことを考えないでいられる人、私の年収に引かない人がいい」とぶっちゃけるようなサバサバした性格である。 その調子で、以前ファンクラブに入っていたというGACKTの話題から筋肉の話に移り「筋トレの意味が分からない」、「いざという時に役立つのか」など筋トレに対する持論を展開したところ、Twitter上で「小島瑠璃子筋トレをバカにするんじゃねー」、「アホみたいに筋トレしてる男をディスってますなw 筋肉があれば、もちろんいざと言う時にも使えるし、健康にだってなる」などの批判が殺到した。 ただ「小島瑠璃子が筋トレやってる人はカッコ悪いと言うが、ガリガリの方がカッコ悪いと思うのは私だけだろうか」、「小島瑠璃子は今後一切筋トレにかかわる番組に出るんじゃねぇぞ」という一方で「小島瑠璃子さんの筋肉論結構好きだな! 目的持って筋トレ! メンタル強化頑張るぞ!」、「小島瑠璃子の好み話してるだけなのに筋トレしてる人達が自分を否定されたと勘違いして叩いてる」という声もあった。 そんな小島瑠璃子だが、 その陰には涙ぐましい努力があり、好きなお酒を経ってトレーニングに励んだという。 2月3日には「サラダチキンをプロテインで流し込んでます。 つ、つらい。 あと1週間ぐらいがんばります…」とツイートしていた。 このたび4月30日にTwitterで「筋トレって筋トレしてる人にとって聖域なんだってことがわかったよ ごめんよ…」と切り出した小島瑠璃子。 「筋トレ批判」と誤解を招いたことについて詫びながら「でもただの男性のタイプの話だからね、筋トレしてる人の人間性や本質の根っこから否定しているんじゃないんだよぉ」「ムキムキが個人的にタイプじゃないだけなんだよぉ」と真意を伝えた。 フォロワーからは「普通に生きとる人より筋トレする人は努力家で真面目そうやからかっこいいと思うけどね笑 まぁみんな違ってみんないいよね」、「筋トレってあくまで過程だったりするので、そんなにお気になさらずに」、「別にタイプを否定されても好き嫌いあるからいいのでは?」、「何も悪くないのにこんなしょーもない事で謝るのって大変やな…」などの反響があった。 画像2枚目は『小島瑠璃子 2020年3月13日付Instagram「今回初めて身体づくりをパーソナルトレーナーさんに徹底的に監修してもらいました!」』のスクリーンショット.

次の