ピンク ダンサー。 ディズニーTip

うさぴよのピンクのダンサーさんが天使過ぎると話題に!: ディズニーラブハック!

ピンク ダンサー

この項目では、オリジナル版映画シリーズについて説明しています。 その他の用法については「」をご覧ください。 ピンク・パンサー( The Pink Panther )は、の『 』を第1作とする映画シリーズ 「 ()」、「アニメキャラクターの」、「 ()」の3大ヒットを生み出した、後半を代表するの大ヒットシリーズである。 製作国は第2作までは、第3作以降はアメリカ・合作。 シリーズ全作通じて監督はで、音楽はが担当した。 第1作『ピンクの豹』は演ずる怪盗ファントムを主人公とし、世界屈指のダイヤモンド「ピンク・パンサー」をめぐるとして製作された。 しかし、準主役であった演ずるパリ警察のクルーゾー警部のキャラクターが好評であったため、クルーゾーを主役としてシリーズ化された。 2作が製作された後、11年の空白があったが、に再開。 セラーズの生前に5作、没後にも3作の合計8作が製作された。 からはがクルーゾーを演じるが製作されている。 また、オープニングのに登場するピンク色の豹のキャラクターが人気を博し、以降、実写映画とは独立したアニメーション作品が製作された。 シリーズ作品 [ ] オリジナル版 [ ] 監督によるオリジナルシリーズは8本製作された。 The Pink Panther ()• A Shot In The Dark ()• The Return of the Pink Panther ()• The Pink Panther Strikes Again ()• Revenge of the Pink Panther ()• (トレイル・オブ・ザ・ピンクパンサー) Trail of the Pink Panther ()• 番外編 [ ] 監督、主演によるクルーゾー警部モノはシリーズの番外編とされる。 () Inspector Clouseau () リブート版 [ ] 監督、主演による新シリーズ(リブート版)は2本製作された。 The Pink Panther ()• The Pink Panther 2 () シリーズの歴史 [ ] ピンクパンサーシリーズは様々な要因によりその系譜は複雑である。 1960年代 [ ] 第1作である『 』は、演ずる英国貴族のチャールズ・リットン卿(実は希代の怪盗ファントム)を中心に、、、ら美男美女スター競演のとして製作された。 が演じたパリ警察のクルーゾー警部は準主役格ではあるが、コメディリリーフの三枚目キャラクターで、最後にはファントムの罪を着せられて逮捕されてしまう引き立て役であった。 原題にある「ピンク・パンサー」とは劇中に登場する薄桃色のの名称である。 そのダイヤをイメージしたがオープニングでテーマ曲「ピンク ・パンサーのテーマ」をバックに登場した。 しかし、このクルーゾー警部のキャラクターが大好評であったため、翌にはクルーゾーを主役として第2作となる『 』が製作された。 クルーゾーがパリ警察の警部である以外は前作からの継続性はなく、登場人物も共通しないので、続編ではなくと位置付けられる。 劇中に「ピンク・パンサーという名のダイヤモンド」は登場せず、テーマ曲も「ピンク・パンサーのテーマ」ではない。 オープニングアニメにも「ピンクの豹のキャラクター」は登場しない。 しかし、クルーゾーの上司ドレフュス()や使用人のケイトー()、フランソワ刑事(アンドレ・マランヌ)ら後のシリーズのレギュラーキャストに加え、毎回役を変えて出演する ()も同作で初登場しており、内容面でもシリーズのスタイルは同作においてほぼ確立している。 そのため、題名に「ピンク・パンサー」とは付かないが、一般にシリーズ第2作とされる。 この2作は世界的にヒットしたが、監督のエドワーズとセラーズの関係は良好ではなく、シリーズは長い空白期間を迎える。 なお、『暗闇でドッキリ』には登場しなかった「アニメキャラクターのピンクパンサー」だが、第1作において人気を得ており、1964年以降、映画やテレビでこのキャラクターを主役としたアニメーション作品が数多く製作された。 にはがクルーゾーを演じた『クルーゾー警部』(上映当時の題名は『クルゾー警部』)が製作されるが、監督もブレイク・エドワーズではなく、一般にシリーズ番外編とされる。 1970年代 [ ] 、11年振りの第3作『 』が・合作として製作された。 前半はエドワーズもセラーズも不振の時期で、共に活路を求めてのシリーズ再開であった。 『』は内容的に第1作の続編と位置付けられる。 再び怪盗ファントム(演者はニーヴンからに交代)が登場、「ピンクパンサーの名を持つダイヤモンド」をめぐる物語で、テーマ曲も「ピンク・パンサーのテーマ」に戻り、それをバックに「アニメキャラクターのピンクパンサー」も再登場した。 だが、ドレフュスとケイトーらは第2作から引き続き登場している。 ただし、第2作で精神に異常をきたして大量殺人を犯したはずのドレフュスは主任警部の座におり、クルーゾーの方が警部から降格されている。 翌の第4作『 』はほぼ完全な『ピンク・パンサー2』の続編。 テーマ曲「ピンク・パンサーのテーマ」、「アニメキャラクターのピンクパンサー」も前作同様に登場する。 しかし、「ピンクパンサーという名のダイヤモンド」は登場せず、題名と内容が無関係となった。 同作はドレフュスを演じるが活躍する、ドタバタとパロディに徹した娯楽大作である。 の第5作『 』は前作の続編であるが、ドレフュスの位置付けが前作とは繋がらない。 同作では演ずるケイトーがクルーゾーの助手として活躍する。 ケイトーはクルーゾーの「助手」と紹介される事が多いが、過去3度の登場ではあくまでクルーゾー宅の使用人であり、捜査の助手を務めるのは同作が最初で最後である。 『2』冒頭では巡査に降格されていたクルーゾーだが、幸運に恵まれて次々と手柄を立てて主任警部に昇進、『4』では2度の勲章も受け、名警部として世界に知られるようになっていた。 エドワーズとセラーズの関係は再開後も良好ではなかったが、作品はコメディ映画の人気シリーズとしてヒットを続けた。 セラーズ死後 [ ] マンネリが指摘される面もあったが好調にシリーズが続き、次回作として『 』が企画されるも、にピーター・セラーズが心臓発作のため、54歳で急死する。 その後、に第6作『 』(日本劇場未公開)がセラーズ追悼作として製作される。 未発表シーンも含む過去のセラーズの出演場面に新撮分を加えた総集編的作品であった。 同作でクルーゾーは海外での捜査中に行方不明となって終わっている。 その続編の位置付けでに公開されたのが第7作『 』である。 撮影は『X』と並行して行われた。 同作はコンピューターで選ばれたアメリカのスレイ刑事(テッド・ワス)が行方不明のクルーゾーの捜査を任される内容。 クルーゾーは整形手術を受けて別人となり、チャンドラ伯爵夫人と暮らしている事になっている。 『X』と『5』には第1作『ピンクの豹』以来となるニーヴン、ワグナー(『5』のみ)、キャプシーヌが同じ役で出演した。 そのニーヴンも同作を遺作としてに死去した。 には10年振りの第8作となる『 』が製作された。 クルーゾーに隠し子ジャック・ガンブレリ巡査()がいたという設定で、警官となったジャックの活躍を描いている。 その母親役で第1作以来のが出演したが、役柄は第1作のダーラ王女ではなく、第2作『暗闇でドッキリ』でが演じたヒロインと同名のマリア・ガンブレリであった。 ドレフュス、ケイトーも登場、スタークも出演した。 フランソワ刑事はマランヌがに死去したため、ダーモット・クローリーが演じている。 リブート版 [ ] シリーズのリブート版として、にがクルーゾーを演じた新作『』が公開された。 には第2作『』が公開されている。 主なキャスト [ ] キャラクター クルーゾー警部 リットン卿 デヴィッド・ニーヴン ドレフュス主任警部 ケイトー エルキュール刑事 ほか グレアム・スターク フランソワ刑事 ダーモット・クローリー スレイ刑事 テッド・ワス ガンブレリ巡査 ポントン ニコル ピンク・パンサーのテーマ [ ] 「ピンク・パンサーのテーマ 」 ヘンリー・マンシーニ楽団の 収録アルバム 『ピンク・パンサー オリジナルサウンドトラック 』 ヘンリー・マンシーニ 「 ピンク・パンサーのテーマ(The Pink Panther Theme)」は、映画「ピンク・パンサー」シリーズのテーマ曲。 作曲:ヘンリー・マンシーニ、演奏:ヘンリー・マンシーニ楽団。

次の

ピンクダンサーの競走馬情報 :楽天競馬

ピンク ダンサー

0 38. 3 466 國分恭 JRA 54. 8 39. 3 460 鮫島駿 JRA 54. 3 47. 2 444 田中健 JRA 54. 3 36. 8 460 友森翔 愛知 54. 3 40. 6 461 友森翔 愛知 54. 1 41. 7 464 戸部尚 愛知 54. 4 40. 2 465 戸部尚 愛知 54. 3 41. 3 461 戸部尚 愛知 54. 9 40. 6 460 戸部尚 愛知 54. 0 42. 2 459 友森翔 愛知 54. 0 40. 8 448 戸部尚 愛知 54. 3 40. 7 450 戸部尚 愛知 54. 1 40. 5 452 戸部尚 愛知 54. 2 40. 3 449 友森翔 愛知 54. 1 40. 7 447 友森翔 愛知 54. 1 39. 2 444 戸部尚 愛知 54. 1 41. 4 437 戸部尚 愛知 54. 0 40. 7 439 戸部尚 愛知 54. 3 40. 6 440 戸部尚 愛知 54. 2 40. 2 440 戸部尚 愛知 54. 4 39. 9 438 戸部尚 愛知 54. 0 40. 8 437 戸部尚 愛知 54. 9 39. 5 440 戸部尚 愛知 54. 0 41. 0 441 友森翔 愛知 54. 9 40. 7 448 戸部尚 愛知 54. 0 塚田隆 0 ジュルングル.

次の

うさぴよのピンクのダンサーさんが天使過ぎると話題に!: ディズニーラブハック!

ピンク ダンサー

出典:YouTubeイベントのワンシーン ディズニーのイベントなので、メイクはちょっと濃い目になっていますが、とってもキレイな女性ですよね。 話題になるのも、分かるような気がします。 もはや、主役の座を「うさピヨ」から奪ってしまっているかのような人気です。 この女性ダンサーの動画が、次々にアップされてきているので、【ディズニー Tip-Topイースター】を見た方の多くが、女性ダンサーに目を奪われていることが分かりますね。 新人ダンサーなのではという意見も見られますが、実際にダンスを見てみると、かなりキレも良く、新人さんには思えないですね。 さらにイベントの中でも、かなり重要な役割であるマジックにも関係しているので、新人さんではないような気がします。 主要な役割を担っているダンサーさんなので、きっと今後も様々なイベントに出演されるのでしょう。 本当に楽しみですね。 ではこのピンクの衣装を着ている女性ダンサーさんの名前はなんでしょうか? 出典:YouTubeイベントのワンシーン これだけ話題になってくると、このダンサーさんの名前などのプロフィールが気になってしまいますよね。 もちろんディズニーが、スタッフの名前を公表することはありませんので、公式な情報があるわけではありません。 それでも、なにか情報がないか、いろいろと調べてみました。 分かっている範囲で、このピンク衣装の素敵な女性ダンサーの情報を紹介しますね。 こんな情報がありました。 神ダは、カンダではなく、神ダンサーの意味なのかもしれませんね(ご指摘頂きました) まぁ、キキさんというのは、ニックネームでしょう。 結局、正確な名前などについては、ほとんど分かりませんでした。 年齢は、21歳、22歳という感じのように思います。 それにしても、このピンク衣装のシャンプーさんの動画で、動画サイトが埋め尽くされてきていますね。 出典:YouTubeイベントのワンシーン きっと、これからテレビでも話題になって、この女性ダンサーさんが注目されて、一気にブレイクすることになるのだと思います。 その時には、正確な名前などの情報が出てくると思うので、本当に楽しみです。 ディズニーランドの動画で、今1番熱いのが、【ディズニー Tip-Topイースター】のピンク衣装の女性ダンサーさんです。 きっとミッキーやミニー、そして【うさピヨ】もジェラシーでいっぱいだと思います(笑) ミッキー「誰も自分を撮ってくれない・・・。 」 うさピヨ「自分が主役のはずなのに・・・」 そんな事を考えているかもしれませんね(笑) 今後、芸能界にデビューなんてことになったら嬉しいですね! 気になる動画は 海外で家族と一緒に生活をしています。 目標は2年単位くらいで、様々な国に移住して生活をすること。 中国・南ア・タンザニア・ザンビア・フィリピン・ニューカレドニア滞在歴あり。 海外で生活すると「日本のドラマ」が見られない。 でも動画配信サービス(VOD)なら、VPNを使って動画が視聴できるので、癒しのためにドラマや映画を見ています。 自分で見て良いと感じたドラマや映画・見たいと思ったドラマや映画を趣味のレベルで紹介しているので、参考にしてもらえたら嬉しいです。 同じように海外生活をしている方からのコンタクトも大歓迎です。 修正依頼など記事内容についての問い合わせは、こちらからご連絡頂ければ幸いです。 対応させていただきます。

次の