ベネディクト ブルー。 京アニ期待作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』登場人物&声優キャストまとめ【ヴァイオレットエヴァーガーデン】

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ベネディクト・ブルー(べねてぃくと)の名言・セリフ集~心に残る言葉の力~

ベネディクト ブルー

小説版のヴァイオレット・エヴァーガーデンの三冊中の一番最後の巻になります。 外伝というからには、上下巻と同じ時間軸の別の話とかになるかと思いきや、下巻後すぐの展開等があり、キャラクター達の関係性の変化を楽しめました! via PressSync 外伝の構成は 「王女と自動手記人形」「永遠と自動手記人形」「ベネディクト・ブルー」「カトレア・ボードレール」「ギルベルト・ブーゲンビリアとクラウディア・ホッジンズ」「郵便屋と自動手記人形」6章だてでした。 このうち、「王女と自動手記人形」がアニメ版と被る内容になっております。 「永遠と自動手記人形」は映画版と同じ内容ですね。 他4つはオリジナルストーリーになります。 上下巻に比べて、戦争や別れを題材にする内容がなかったので、わりと心穏やかに読めるんじゃないかな、と思います。 ちょっと百合っぽさがありますが、美麗な作画のおかげでただただ美しいです。 「王女と自動手記人形」は、小説版では、ヴァイオレットがそれなりに実績を積んでからのお話ですね。 話の内容自体はアニメと同じなのですが、正直なところ、アニメ第4話でこの話が出て来たのは違和感がありました。 だって、二話で漸く、ルクリアの兄に対する、心ある手紙を書けるようになり、三話では同僚であるアイリスにくっついて彼女の補助をする程度の仕事しかしてなかったのに、いきなり四話で一国の王女の、結婚という大イベントを担当するって、なんかおかしいですよ。 番外編はこのあたりのモヤモヤを感じずに済みました。 それと、この回で出会ったアルベルタに上流階級に関わるような仕事を紹介してもらい、「永遠と自動手記人形」でのヨーク家の仕事を得るという流れは自然で良かったですね。 アニメ版は、ヴァイオレットの成長をメインテーマにしている感じなので、こういう流れには気を遣ってもよかったのかな、と思えてなりません。 小言はここまでにして、外伝で良かったな~と思ったのは、「ベネディクト・ブルー」ですね。 それまでは、C. H郵便社で、ちょっと戦闘にもかかわれるくらいのオシャレな兄ちゃんという感じでしたが、外伝を読んでみて印象は一変しました! 幼い頃、どこかの組織に妹と共に捕らわれ、薬物で戦闘力を強化された人間だったんです。 その影響でそれ以前の記憶が抜けてしまっていて、妹ですらも、本当に血縁関係にあるかどうかわからない有様のようでした。 小説の書き方はうまいもので、ベネディクトが妹について思考と巡らすとき、頻繁にヴァイオレットが傍にいます。 そして言葉を交わさずとも通じあえる。 これはもう……ね。 妹が誰なのか察してしまいますな。 小説版ではハッキリとしなかったのですが、この辺が憎いwにおわす程度でも良きなのですけど、当方の性格上ハッキリしてほしいなと!! ベネディクトと、妹は組織の建物から小舟で逃げました。 ですが、何らかの原因でベネディクトは水中で溺れ、小舟はどこかに流れてしまうんですね。 彼自身は、そのまま川に流れつき、ジプシーに拾われたようです。 ここから考察なのですが、妹がヴァイオレットなら、小舟に乗ったまま無人島に流れ着き、そこでギルベルトの兄ディートフリートの一団に会ったのかなと思っています。 それか、ヴァイオレット自身兄が居たこと自体忘れてしまっているので、一度組織に捕まり、記憶が抜け落ちる程に薬を投与され、二度目のチャンスに逃げて、無人島に行ったとかでしょうか。 うーん、ハッキリしてほしいw 考察の余地があるから楽しくはあるのですが、気になります……。 彼絡みで意外なのは、カトレアとくっついた事でしょうか。 ベネディクト自身、カトレアの独り言「好き好き好き……」みたいなのを聞くまで気があるそぶりはなかったんですが、ほだされてしまった感じがしましたw ヴァイオレットとギルベルトの恋愛模様が割とドラマ性があるので、ベネディクトとカトレアのアッサリ具合に、それでいいんかいwとなりましたな。 最終話のサルヴァトーレ郵便社との対決の回には、何だか身体の関係を匂わす発言が出てきたりとか、やることやってそうでニマニマw ギルベルトとヴァイオレットの関係は超絶微妙に進展してましたかねwというか、ギルベルトが出来る大人という感じですが、なんか……なんか……若干大人の女性用の漫画に出てきそうなキャラというか、三十台よりも歳いってそうな描写だったような; まぁC. H郵便社側が若手が多いから書き分けのために、かなり上っぽく表現したのかもしれませんが、この小説の中で一番年上のような感じになってましたね。 でも、14歳のギルベルトとホッジンズの話も外伝に入ってたので、良しとしますか!! ギルベルトもホッジンズもアニメ版よりも、ずっと戦闘能力が高そうな感じがしましたね。 京アニクオリティの戦闘描写を期待したかったですね;; 4.24日の映画はどのエピソードなのでしょうね。 下巻のラストとアニメ13話のラストは異なっていたわけですが、PV等をみると、映画版にギルベルトが出てきそうです。 ってことは、書下ろしのストーリーが観れるのでしょうか??.

次の

レイシズム 講談社学術文庫 : ルース・ベネディクト

ベネディクト ブルー

発祥 [ ] エッグベネディクトの発祥には諸説ある。 『』のコラム『 Talk of the Town(街の話題)』での、レミュエル・ベネディクトへの、彼の亡くなる前年であるのによると 、にを訪れ、を直すために『を塗った、ポーチドエッグ、カリカリに焼いたベーコンと一口分のオランデーズ』を注文した。 「ウォルドルフのオスカー」として知られる支配人のオスカー・チルキー ()がこの料理に感銘し、ベーコンとトーストをハムとイングリッシュ・マフィンに替えて、とのメニューに採用した。 クレイグ・クレイボーン ()は、の『』のコラムでに移住したアメリカ人、エドワード・P・モンゴメリーからの手紙を紹介した。 モンゴメリーは、この料理はに86歳で亡くなった銀行家で乗りのイライアス・コーネリアス・ベネディクトが作ったと述べた。 モンゴメリーはまた、イライアスの友人である伯父から母が受け取ったとするエッグベネディクトのレシピを一緒に送った。 にヴェニヤード・ヘブン()のメーベル・C・バトラーは、モンゴメリーの主張に対し、『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』で「ル・グラン・ベネディクト夫人にまつわる周知の真実」として彼女が考案者であると述べた。 ベネディクト夫妻は、頃に住んでいたとき、毎週にでしていた。 ある日ベネディクト夫人は支配人に「何か新しくて変わった料理はないの? 」とたずねた。 支配人がこれに応じて彼女の好みを尋ね、焼いたイングリッシュ・マフィンとハムの上にポーチドエッグを乗せ、オランデーズソースとを添えることを提案した。 種類 [ ] レストランや地域により、エッグベネディクトには多くの種類がある。 シーフードベネディクト ハムの代わりに、、、またはを使う。 エッグプラックストーン ハムを脂身入りベーコンに替え、の薄切りを加える。 エッグフロレンティーン(フィレンツェ風) ハムの代わりにを使う。 旧式のエッグフロレンティーンは、ポーチドエッグ、にホウレンソウを加えを添える。 エッグユサルド イングリッシュ・マフィンの代わりにのを使用し、マルシャン・ド・ヴァンを加える。 サーモンベネディクト(エッグパシフィカ、エッグモントリオール、エッグロワイヤル) ベーコンの代わりにを使う。 パシフィック・ノースウエスト・エッグベネディクト 焼いたイングリッシュ・マフィンに産天然スモークサーモンにポーチドエッグを乗せ、オランデーズソースを添える。 マフィンをダンジネスクラブ()のクラブケーキに替える場合もある。 エッグサルドゥ イングリッシュ・マフィンとハムの代わりにをベースにアンチョビの切り身を使い、刻んだハムとトリュフ薄切りにオランデーズソースを添える。 この料理はニューオリンズのアントワーヌレストランが劇作家ヴィクトリアン・サルドゥに敬意を表して作った。 この料理の世界的に普及したものは、クリーム和えのホウレンソウをベースとし、イングリッシュ・マフィンの代わりにアーティチョークを使い、ハムを使用しない。 アーティチョークベネディクト イングリッシュ・マフィンの代わりに、窪みをつけたアーティチョークを使う。 カントリーベネディクト エッグボールガールとしても知られ、イングリッシュ・マフィン、ハム、およびオランデーズソースを、、のパテ、カントリーグレイビー(ホワイトグレイビー)に替え、ポーチドエッグをに替える• エッグベネディクトアーノルド イングリッシュ・マフィンをビスケットに、オランデーズをカントリーグレイビーに替え、ポーチドエッグは使用せず固焼きの黄身を用いる。 アイリッシュベネディクト ハムを(コンビーフとの煮物は、では稀だが、アメリカのアイルランド料理として知られ 、アメリカで年間に消費するコンビーフ4700万ポンドの半分が前の2週間に消費される )またはアイリッシュベーコン(バックベーコン)に替える。 エッグチェサピーク ベーコンに替えてクラブケーキを使う。 ダッチベネディクト ハムまたはベーコンをスクラップルに替える。 東地区で食べられる。 ベジベネディクト ベーコンに替えてとトマトを使う。 エッグカールズバッド ハムをアボカドに替える。 カリフォルニア州、カールズバッドのDon's Country Kitchenで作られる。 ワッフルベネディクト イングリッシュ・マフィンの代わりにワッフルを使用する。 通常、オランデーズに加えてを添える。 まんまるたまごのハムサンド のモーニングメニューとしてより一部店舗にて販売されている。 半熟のゆで卵とハムにオランデーズ風ソースとチェダーチーズをかけて二分割したマフィンで挟んだ形式である。 エッグベネディクト(ロイヤルホスト) のモーニングメニューとしてより販売されている。 「ロイヤルホスト風」として、皿1枚に通常のエッグベネディクトと、イングリッシュマフィンにとザワークラウトを乗せたものを盛っている。 参考文献(時系列) [ ] 日付は出版日時。 - 『 Eggs, and how to use them 』の、エッグベネディクトのレシピ。 「小さなマフィンを半分に切ってトーストする。 それぞれに丸いハムの薄切りを焼いて乗せ、ハムの上にポーチドエッグを乗せる。 適量のオランデーズソースを添える。 - 『 The Connecticut Magazine: an Illustrated Monthly, Volume VI 』のエッグベネディクトのレシピは、「3番目の種類がエッグベネディクトと呼ばれる。 小さなパンのサイズに切って煮たハムの薄切りを焼く。 パンの薄切りをトーストし、バターを塗り、水分を加える。 ハムを乗せ、ポーチドエッグを乗せる。 一つずつ配る。 - 『 Many Ways for Cooking Eggs 』には、マフィン作りからのエッグベネディクトのレシピがある。 酵母を使うイングリッシュ・マフィンと異なり、このレシピはベーキングパウダーとメレンゲを使用して発酵させる。 しかしながら、変わらずマフィンコンロで焼く。 続くレシピでは、「ハムの薄切りを焼く。 オランデーズソースを作る。 トリュフを切る。 必要分のポーチドエッグを作る。 マフィンを皿に盛りハムを乗せ、ポーチドエッグを乗せる。 卵にオランデーズソースをかける。 トリュフを少々ふりかけ直ぐに供する。 - 『 The Neighborhood Cook Book 』でのエッグベネディクトのレシピは、「トーストの上に軽く焼いたハムを乗せる。 ハムにポーチドエッグを乗せ、オランデーズソースをたっぷりかける。 - 『 Boston Cooking-School Cook Book 』のエッグ・ア・ラ・ベネディクトのレシピは、「イングリッシュ・マフィンを半分に切りトーストする。 茹でたハムの丸い薄切りをソテーする。 マフィンの半分にハムを乗せ、落とし卵でアレンジし、オランデーズソースをかける。 ソースはかけやすいように、クリームを加える。 - 『 he Hotel St. Francis Cook Book 』のエッグベネディクトのレシピは、「イングリッシュ・マフィンを2つに切り皿に盛る。 それぞれに焼いたハムを、ハムの上にポーチドエッグを乗せ、オランデーズソースをたっぷりかける。 ソースにトリュフの薄切りを添える。 - Haill Hayden's Hollandaise (6オンスで50セントの瓶入りオランデーズ)の広告がに掲載された。 「今まで知られていないソースが現れた。 それを味わうと、有名シェフは卵とき器を壊して嫉妬に涙した! との香りがする、親鳥がまだ泣き続けている卵、と刺激的なスパイスで作られる! 1滴の油も代用品も含まれない。 、、、エッグベネディクト、魚にかけ、「、ブロッコリー」と歌って食べよう。 - 『ニューヨーク・タイムズ』のインタビューで、レミュエル・ベネディクトが二日酔いを直すために、ウォルドルフホテルで注文して考案したと主張した。 - クレイグ・クレイボーンが『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』で、エドワード・P・モンゴメリーからの、エッグベネディクトをコモドール・E・C・ベネディクトが考案したと書いた手紙を紹介した。 - 『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』でメーベル・C・バトラーはモンゴメリーの主張に対し、ル・グラン・ベネディクト夫人がデルモニコスでの注文でこの料理を考案したと述べた。 チャールズ・ ランフォーファーの料理本『 The Epicurean 』最新版に「エッグ・ア・ラ・ベネディク」のレシピがある が、このレシピは1894年の初版には含まれない。 1876年から1879年の間、チャールズ・ ランフォーファーは1862年から1896年に引退するまでデルモニコスのシェフであった。 脚注 [ ] []• Benedict, Cutts. 1998年12月1日時点のよりアーカイブ。 2007年2月23日閲覧。 Schnebel. November 26, 1967 , , The New York Times Magazine: SM40 , 2007年2月23日閲覧。 Rombauer, Irma S. ; Marion Rombauer Becker 1995 [1975]. The Joy of Cooking. Illustrated by Ginnie Hofmann and Ikki Matsumoto 1st Scribner Edition 1995 ed. New York, NY:. 222. Notes: Title of recipe is poached eggs Blackstone. Uses fried slice of flour dipped tomato, minced bacon, poached eggs, and hollandaise. No bread for base. 2006年5月1日時点のよりアーカイブ。 2007年2月26日閲覧。 2005年11月9日時点のよりアーカイブ。 2007年2月26日閲覧。 Viewed through Google News Archive snippet view. Good Stuff Restaurants. 2006年4月18日時点のよりアーカイブ。 2007年3月8日閲覧。 The Buff Restaurant. 2006年4月20日時点のよりアーカイブ。 2007年3月8日閲覧。 Claiborne, Craig May 26, 1960 , , : 28 ,• Food of New Orleans: Authentic Recipes from the Big Easy. Food photography by John Hay 1st ed. Boston: Periplus Editions. Brennan's Restaurant. 2006年2月6日時点のよりアーカイブ。 2007年2月26日閲覧。 Notes: Located in New Orleans, Louisiana. Mara's Homemade Restaurant. 2006年1月7日時点のよりアーカイブ。 2007年2月26日閲覧。 Guste, Roy 2005. Antoine's Restaurant Cookbook. New Orleans, Louisiana: Guste Publishing. "This dish was created by Antoine on the occasion of a dinner he hosted for the French Playwright Victorien Sardou. " Notes: Antoine Alciatore left the U. in 1874 so that he could die and be buried in France. If the quote be true and the recipe unchanged since inception, eggs Sardou predates eggs Benedict by a good twenty years. First reference returned by a search of Google Books occurs in 1927. First reference returned by a search of the Google News Archive occurs in 1958. Antoine's Restaurant. 2006年4月22日時点のよりアーカイブ。 2007年3月9日閲覧。 Page viewed differs from archived page in URL and price, but the description was unchanged. Claiborne, Craig; Franey, Pierre November 3, 1985 , , : Section 6, p. Some recipes call for creamed spinach as a base on which to place the artichokes; a nice idea, but not, I believe, a part of the original. Louisiana Express Company. 2006年5月4日時点のよりアーカイブ。 2007年3月9日閲覧。 California Artichoke Advisory Board. 2006年5月23日時点のよりアーカイブ。 2007年2月28日閲覧。 California Artichoke Advisory Board 1998. The California Artichoke Cookbook. edited and compiled by Mary Comfort, Noreen Griffee, Charlene Walker. Berkeley, California: Celestial Arts. Custom Culinary. 2007年2月28日閲覧。 Notes: Archive. org doesn't have a copy of the page. The recipe is a near copy of the one provided by the California Artichoke Advisory Board, but scaled up by a factor of twelve and substitutes the company's hollandaise sauce base. " Notes: This was viewed through a Google News Archive keyhole, rather than directly verified with its source. The Orleans Hotel and Casino. 2005年12月23日時点のよりアーカイブ。 2007年2月27日閲覧。 Archived page doesn't match current one. The archived menu item is "Country Biscuit Benedict" and the description is slightly different. The Big Biscuit Restaurant. 2006年4月30日時点のよりアーカイブ。 2007年2月27日閲覧。 Jenkins, Nancy Harmon March 14, 1990 , , : C8 , 2007年3月31日閲覧。 Smith, Kathie March 13, 2007 , , The Blade , 2007年3月31日閲覧。 Viewed through Google News Archive snippet view. The Field Irish Pub. 2007年3月30日閲覧。 Strafford Farms Restaurant. 2006年5月12日時点のよりアーカイブ。 2007年3月30日閲覧。 映画『』ではヒロインに自分がない、卵料理だって相手に合せるとなじられる場面がある。 最後に自分が好きなのはエッグベネディクト(このハムの上にポーチドエッグのタイプ)だといって、プロポーズする。 Meyer, Adolphe 1898. Eggs, and how to use them. New York: Published by Author. 43 Notes: This reference hasn't been directly verified, but instead comes by way of the online edition of the , accessed February 19, 2007. There were multiple printings of Meyer's book; the library catalog lists one copy they have as published by Caterer Publishing, 3rd edition. Many cookbooks are modified when reprinted, some adding recipes. It is possible that the OED references a reprint and that the recipe isn't in the original. Felch, William Farrand; Atwell, George C. ; Arms, H. Phelps et al. , eds. VI: 204 Notes: This reference hasn't been directly verified, but was accessed through the snippet view of ' digitized copy. Rorer, Sarah Tyson c1907. 2007年2月19日閲覧。 Notes: This is a troublesome reference in that the date and page reference comes from an online reference, accessed February 19, 2007. The copy of the book does contain a recipe for eggs Benedict, but doesn't list which printing was the source for their copy. Rorer's book had its first printing in 1907, a second in 1912 — both by Arnold and Company — and third by Kessinger Publishing in 2004. The Council for Jewish Women 1914. 2nd edition ed. 2007年2月19日閲覧。 Farmer, Fannie Merritt 1918. Boston: Little, Brown and Company. 2007年2月19日閲覧。 Notes: There were many printings of this cookbook. The original 1896 printing did not contain a recipe for eggs Benedict. Hirtzler, Vincent c1919. : The Hotel Monthly Press. 2007年2月19日閲覧。 Ranhofer, Charles 2004. The Epicurean Part Two. Whitefish, Montana: Kessinger Publishing. 858. 591. Ranhofer, Charles 1894. : Published by Author. 858. 2007年4月11日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• (英語)• page on origin of the dish with a recipe (英語)• Article includes link to an audio slide show. (英語).

次の

小説版「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝」感想 ヴァイオレットとベネディクト・ブルーの関係性にもっと踏み込んでほしかったな!

ベネディクト ブルー

感情を持たない一人の少女がいた。 少女は戦うための「道具」として生きていた。 名はヴァイオレット。 時は流れ戦争は終わり、新たな時代が始まろうとしていた。 戦地で傷ついたヴァイオレットはベッドの上で目を覚ます。 白くなめらかな両腕は、砲弾を受け銀色に輝く義手に替わっていた。 彼女に残されたものは、戦場の記憶と上官〈ギルベルト・ブーゲンビリア少佐〉が 最後に告げた言葉だけ。 だが、その言葉の意味をヴァイオレットは理解できずにいた。 そこへ、一人の男が現れる。 元陸軍中佐のクラウディア・ホッジンズ。 ホッジンズはギルベルトに代わって彼女を迎えに来たと言う。 二人が向かうのは南部の港町・ライデンシャフトリヒの首都、ライデン。 活気あふれる人々、美しい港の風景、ライデンの街はヴァイオレットを迎え入れる。 新しい街でヴァイオレットは「自動手記人形」に出会う。 それは、依頼主の気持ちを言葉に代えて手紙に綴る仕事。 時には依頼主が胸のうちに秘めた想いさえもすくい取る。 1話のコンテ、演出を担当しました石立と申します。 第1話ということで、随分悩んだことを覚えております。 エピソードとして何を持ってくるべきか、キャラクターデザイン、背景、色彩設計、撮影処理。 ここから始まる全てのエピソードの起点として、どう在るのがもっとも相応しいか。 悩みました。 結果、ヴァイオレットという少女の魅力「愚かしいほどの実直さ、透明ではなく白」これを表現するならば、変に奇を衒わずに、そのまま、ありのままのヴァイオレットを素直に描く事が大切だと思いました。 それは、彼女の存在そのものが美しいと、原作を読んで感じたからです。 その為に、この世界なりの「そのまま、ありのまま」をなるだけ素直に描き。 そこに「真っ白な違和感」を存在させる。 「彼女の見た世界」ではなく「世界を見た彼女」を描く。 その客観的視点こそがこの作品に相応しいのではないかと。 彼女の成長とともに視点も変化していくかもしれません。 ですがそれも含めて見ていただいた方に、「良かった」と言っていただける作品を目指して制作しました。 最終話までお付き合いいただけたら幸いです。

次の