思い出 を ありがとう 英語。 思い出を作る。は英語でどう言うの?

父の日に子供から贈る英語メッセージ60選!パパ大好き!お父さんありがとう!

思い出 を ありがとう 英語

"Thank you so much for everything you have done for me, I will never forget it. " This says thank you to the family and explains that you will never forget the family and your time with them. "I could not thank you enough for everything and I will never forget my time with you. " This also thanks the family and tells them you will never forget them. "Thank you for the wonderful experiences it would not have been possible without you. " This thanks the family and explains that you will always remember your time with them. It also explains that you would not have had this experience if it was not for them. "Thank you so much for everything you have done for me, I will never forget it. " (私のために色々としてくださって、ありがとうございました。 決して忘れません。 ) こちらの文は、あなたがホストファミリーに感謝をして、ホストファミリーのことや、一緒に過ごした時間を決して忘れないということを言っています。 "I could not thank you enough for everything and I will never forget my time with you. " (色々なことに対して感謝しきれません。 あなたと過ごした時間は決して忘れません。 ) こちらの文も、ホストファミリーに感謝して、彼らを決して忘れないと言っています。 "Thank you for the wonderful experiences it would not have been possible without you. " (素晴らしい経験をありがとうございました。 あなたなしでは、不可能でした。 ) こちらの文は、ホストファミリーに感謝していて、彼らと過ごした時間をいつまでも覚えていると言っています。 また、彼らでなければ、このような経験ができなかったと言っています。 "I want to thank you for giving me so many great memories! " This is what you might say to your host family if you want to express that they have given you many good memories to look back on. Example: Person 1: I hope you have a great trip back to Japan! Person 2: I want to thank you for giving me so many great memories! "Thank you for giving me so many wonderful memories to cherish! " This is a great way to express thanks to your host family. When you say you will "cherish a memory," you are expressing that you will think of the memory often and think of it fondly. Example: Person 1: We're sad to see you go, but we hope you enjoy going back to Japan. Person 2: Thank you for giving me so many wonderful memories to cherish! "Thank you for your hospitality and the amazing memories I have made while staying with you. " This is a sentence you would say if you want to thank your host family both for the memories and how they have treated you while you stayed with them. Example: Person 1: I'm glad you get to go home to Japan and see your family again! Person 2: Thank you for your hospitality and the amazing memories I have made while staying with you! 例文 "I want to thank you for giving me so many great memories! " 本当にたくさんの素晴らしい思い出ができました。 ありがとうございます。 多くの良い思い出ができたことを表現したい時に、 ホストファミリーに言うことができる表現です。 例文 Person 1: I hope you have a great trip back to Japan! 日本へ気をつけて帰ってね。 Person 2: I want to thank you for giving me so many great memories! 本当にたくさんの素晴らしい思い出ができました。 ありがとうございます。 例文 "Thank you for giving me so many wonderful memories to cherish! " 記憶に残る本当にたくさんの素晴らしい思い出ができました。 ありがとうございます。 ホストファミリーに感謝の気持ちを表す素晴らしい表現です。 "cherish a memory,(思い出を懐かしむ)" とは、 頻繁に懐かしく出来事を思い出すということです。 例文 Person 1: We're sad to see you go, but we hope you enjoy going back to Japan. あなたがいなくなるのは悲しいけど、日本でも楽しんでね。 Person 2: Thank you for giving me so many wonderful memories to cherish! 記憶に残る本当にたくさんの素晴らしい思い出ができました。 ありがとうございます。 例文 "Thank you for your hospitality and the amazing memories I have made while staying with you. " ホームステイ中のおもてなしと素晴らしい思い出に感謝します。 ホストファミリーにホームステイ中の思い出とおもてなしに 感謝したい時に使う表現です。 例文 Person 1: I'm glad you get to go home to Japan and see your family again! あなたが日本に帰国して又家族に会えるので、私も嬉しい。 Person 2: Thank you for your hospitality and the amazing memories I have made while staying with you! ホームステイ中のおもてなしと素晴らしい思い出に感謝します。 Saying: "Thank you for having me in your home, I'll always cherish the memories we made. " lets your host family know that you're not only thankful for their hospitality, but that you really value the time you spent together. Thank you for a great and awesome time. すばらしい、すばらしい時間をありがとう。 This statement is expressing gratitude for the great time that you experienced. Thank you for the wonderful memories. 素晴らしい思い出に感謝します。 This statement is similar to the first one. It is expressing gratitude for the wonderful memories that you enjoyed with your family. 家に招いていた家族に、思い出に感謝する気持ちを伝えたいのなら、以下のフレーズが使えます。 Thank you all for the great memories. (素敵な思い出をありがとう。 ) I'll always remember the moments we shared while you were all here. Thank you. (ここで一緒に過ごした思い出はずっと忘れません。 ありがとう。 ) I'll always treasure the memories of our time together. Thank you. (一緒に過ごした思い出をずっと大切にします。 ありがとう。 ) The sentences above describe a bittersweet moment. You are happy to be returning home but you feel sad at leaving this place that was becoming or had become your second home. You shared great memories with this family and leaving is not easy, it is good to wish them well in their endeavors and to thank them accordingly; "thank you so much" "I am so grateful" "I appreciate you" You could buy them a gift, something small that you know they will appreciate and remember you by. Bittersweet: a mixture of good and sad feelings Appreciate: to be thankful for Accordingly: in the way that fits.

次の

お世話になった先生に贈る感謝の英語メッセージ♪先生ありがとう英語フレーズ30選♪

思い出 を ありがとう 英語

Thank you always. で「いつも感謝している」と表現できる 感謝を述べる英語フレーズといえば Thank you. これに「いつも」を意味する副詞表現 always を言い足せば、「いつもありがとう」という趣旨が表現できます。 ただし、Thank you always. の意味合いは「常に感謝の気持ちを抱いている」というニュアンスが濃厚です。 何か手助けをしてもらった際にお礼を述べる場合は、Thank you as always. のように述べた方が自然です。 Thank you as always. は「いつもながら」のニュアンス always の代わりに as always と述べて Thank you as always. と表現する言い方もあります。 as always は「いつものように」「毎度のことだけど」という意味合いを示します。 Thank you always. が「いつも感謝している」のニュアンスなら、Thank you as always. は「毎度のことだけど(今回も)感謝している」というニュアンスといえます。 日常的に何度もしてもらっていることをしてもらった際に、改めてお礼を言うようなシチュエーションでは最適でしょう。 thank you for always ~ing で感謝の内容を明示する 何について感謝しているか明確でない場合、thank you for ~ と言って感謝の対象を明示的に述べましょう。 thank you for ~ の文に「いつも」のニュアンスを足す場合、thank you for always ~ing という形にして、always を後方の動詞 ~ing に係るように述べると自然です。 Thank you for all you have done for me. 今までしてくれた事すべてに感謝しています continuous(絶え間ない) Thank you for your continuous support. という風に、相手の行動を continuous で形容すると、相手の 不断の配慮に感謝しますというニュアンスが表現できます。 continuous は「継続した」「切れ目のない」という意味の形容詞です。 いつも助けてもらっている、それを感謝している、という感じで、相手側へ心を向けた言い方といえます。 continuous はやや硬く丁寧な印象のある言い方です。 友達に「いつもありがとね」と述べるような場面では少し堅苦しく違和感が出がちですが、もっとちゃんとした場面では適切に響くでしょう。 thank you 以外の表現を使う言い方 感謝を伝える言い方は thank 以外にもいくつかあります。 それぞれ、「いつも」の意味を表現する語を付け足して「いつもありがとう」の意味を示せます。 appreciate appreciate は「感謝する」「ありがたく思う」という意味で使える動詞です。 基本的に《主語+ appreciate + 感謝の対象》という風に主語を明示します。 動詞を直接 always で形容して I always appreciate you. のように述べたり、あるいは、感謝の対象を continuous で形容して I appreciate your continuous cooperation. のように述べたりできます。 grateful grateful は、be grateful for ~ の形で「~に感謝している」という様子を表現できます。 be を feel と置き換えたり、時制を変えたりすることもできます。 I had been grateful for him throughout my life, until that time…. 彼にはいつも感謝していたんだ、あの時までは… 間接的に感謝を伝える言い方 直接的な言葉を使わなくても、言い方次第で感謝は伝わります。 例えば「あなたがいないと何もできない」と伝えることで、相手が常にどれだけ大切で必要な存在かを伝えることができます。 「あなたがいなかったら私はどうしよう?」 感謝を間接的に伝える言い方の典型としては、 What would I do without you? というフレーズが挙げられます。 「あなたがいなかったら私はどうしよう」と述べることで、いなくなられては困る、あなたが必要だ、感謝しきりだ、といったニュアンスを婉曲的に伝えます。 のような言い方も同じ趣旨が伝わります。 あなたがいなければ私はどうしたらよいものか こうした表現は、これ自体(単独)でも十分に感謝の気持ちを表現できますし、Thank you. と直接に感謝を伝えてから、言い添える表現としても適切に使えます。 家族に改まって感謝を伝える場合の言い方 「いつもありがとう」というフレーズの使い所としては「母の日」や「父の日」に親に感謝を伝える場面が思い浮かびます。 Thank you always,mother! で無難に表現できる 英語で「お母さん、いつもありがとう!」と表現するなら、そのまま Thank you always,mother! で伝わります。 あるいは、 Thank you mom, for everything you do for me. というような言い方でもよいでしょう。 これもよく使われる感謝の表現です。 英語圏にも「母の日」はあります。 日本では「いつもありがとう」という定型的な表現が好まれますが、海外ではもっと個性的で熱意のこもったコメントも多く見られます。

次の

いつもありがとう。 これからもたくさん思い出作ろう。 大好き。 を、

思い出 を ありがとう 英語

昔の写真を見ながら「懐かしい」と言葉にでるシーンよくありそうですね。 住んだことのある場所や、子どもの頃の楽しい思い出など、会話のきっかけとしてもとても盛り上がりそうです。 今回はそんな思い出や懐かしさをテーマに、英語で表現する時のフレーズをご紹介します。 思い出って英語で何という? 思い出の英語というと「memory(メモリー)」をまっさきに思い浮かべるかもしれませんね。 実は、思い出を表わす英語表現はいろいろあります。 memory以外の単語についても例文を交えながら見ていきましょう。 memory メモリー) 一般的に使われる「思い出」を表わす英単語がこの「memory」です。 思い出はひとつに限られませんので、基本的にはmemoriesという複数形で使用します。 例文で使い方を確認してみましょう。 Thank you for the beautiful memories. (美しい思い出をありがとう。 ) I have plenty of good memories when I spent time here. (ここで過ごした時の良い思い出が山ほどあります。 ) recollection(レコレクション) 思い出を少しフォーマルな表現にしたのが、このrecollectionです。 回想、記憶、思い出すことという意味があり、意識的にある出来事や事情を思い出すニュアンスが含まれています。 I have no recollection of meeting her before. (彼女とあった記憶が全くありません。 ) Overcooked vegetables are my most vivid recollection of school lunch. (加熱しすぎた野菜が給食で最も鮮明に覚えている思い出です。 ) reminiscence レミニセンス 思い出すもの、回想、追憶などの意味を持つ単語で、日常会話でも使われますが、過去の経験や状況をじっくりと懐かしんで思い出すという意味合いをもちます。 感覚的には思いにふけるというようなニュアンスで使われる単語です。 We reminisced about our childhood. (私たちの幼少期を思い出させます。 ) There is a reminiscence of her mother in the way she talks. (彼女の話し方は、彼女の母親を彷彿とさせます。 ) memoryを使った思い出に関するフレーズ 思い出は思い出でも、どのような思い出なのかを伝えることも重要です。 慣用句的に覚えておき、会話の幅をひろげていきましょう。 苦い思い出「bitter memories」 苦い思い出は日本語の訳そのままの「bitter」を使います。 過去におこった苦い経験は心の中に残念な感情として残っています。 日本語と同様にがっかり、失望したというような内容の表現に使用されます。 Bitter memories came back to me when I saw his face. (彼の顔を見ると、苦い思い出がよみがえってきました。 ) 甘酸っぱい思い出「bittersweet memories」 日本語の甘酸っぱいに相当するのはbittersweet です。 直訳にあたるsweet and sourは英語圏の人にとって、味覚の甘酸っぱいという意味に解釈されますので、気を付けておきましょう。 I still remember the bittersweet memory of my first love. (初恋の甘酸っぱい思い出を今でも覚えています。 ) 忘れられない思い出「unforgettable memories」 forgettable(わすれがち)という単語にun(打消しの意味)を頭に付けることによって、忘れがたいunforgettable(アンフォゲタブル)という意味になります。 That incidence became one of the most unforgettable memories of my life. (あの出来事は、私の人生で最も忘れられない思い出となりました。 ) 辛い思い出「painful memories」 辛いという意味の単語はほかにもtoughやdifficultなどもありますが、特に不快感や痛み、悲しみや不安を伴う過去の思い出に使用されます。 苦い思い出とよく似ていますが、painfulは長年引きずるほど痛手を負った思い出というニュアンスが強くなる表現です。 He has suppressed the painful memories of his childhood. (彼は、幼少時代の辛い思い出を抑えてきました。 ) 思い出を語ってみよう! 思い出について会話する際、大抵「懐かしい」と感傷にひたるものですよね。 海外でもそれは同じ。 昔のことを懐かしんだり、「昔は〇〇したな」と回想にふけったりすることはよくあります。 ここでは思い出話に関連する英語表現を見てみましょう。 miss 〇〇「〇〇が懐かしい、恋しい」 I miss my home town. I still have some relatives there. (故郷が懐かしいです。 まだ親戚がそこに住んでいますので。 ) I miss my best friend Kyoko. We went to the same school. (親友のきょうこを思い出す。 私たちは同じ学校に通いました。 ) used to 〇〇「昔よく〇〇した」 I used to come to this corner store to buy some snacks when I was around 10. (10歳くらいの時によくこの駄菓子屋でお菓子を買っていました。 ) I used to go to the water park with my family. (家族とウォーターパークによく行きました。 (この音楽は昔を思い起こさせます。 ) I have not seen this school jacket for a long time. It brings back memories. (この学校のジャケットはしばらくぶりに見ました。 懐かしいです。 (この赤の車覚えていますか?) B: Good old days. (懐かしいですね。 ) My sister and I were talking about good old days. (姉と私は、昔懐かしい話をしていました。 ) まとめ 思い出に関連した英語表現についてお届けしました。 「思い出」の単語単体で表現するbittersweet memoriesなどの形容詞で使える場合と、単に懐かしいと文章で伝えたい時では、表現が変わりますね。 会話の中で「懐かしい」という時は話している内容やタイミングなどで表現も柔軟に対応できるといいですね。 ぜひ参考にしてみてください。 Please SHARE this article.

次の