くびれ を 作る トレーニング。 くびれを作る6つの簡単ダイエット方法のコツとは?

ウエストのくびれの作り方は意外と簡単!楽してくびれを作る方法 | 女性の美学

くびれ を 作る トレーニング

春も終わりに近付き、夏が目前に迫ってきましたね。 楽しいイベントが盛り沢山の季節ですが、夏といえば薄着のシーズンでもあります。 そこで今から間に合う、美しいくびれを作る方法をお伝えします。 目指せお腹痩せ!夏までにウエスト・くびれを作る!腹筋トレーニング方法を教えて! とても簡単!プランクツイストがおすすめ! 夏までに美しいくびれを作りたいあなたにおすすめなのが、プランクツイスト。 綺麗なくびれを作るのに大切なのは、お腹の正面だけでなく体幹を鍛えつつ、腹斜筋と呼ばれるお腹の横の筋肉もしっかりと鍛えることです。 プランクツイストは、この腹斜筋を刺激しつつ、体幹や二の腕まで鍛えてくれる一石二鳥なエクササイズです。 やり方はとても簡単。 プランクポーズのまま腰を左右にひねる動作を繰り返すだけ。 まずは一日30回を目安にして続けてみましょう。 くびれを作る腹斜筋に直接働きかけるため、目に見える効果がすぐに現れてくれます。 プランクツイストを行った翌日には、薄っすらと縦に割れる腹筋が見えるはず!効果が現れないとモチベーションを保つのが難しくなるため、続けていけないのがトレーニングのデメリットですよね。 しかしこのプランクツイストならそんなことはありません。 トレーニングする度に作られる美しいウエストを見て、やる気もモチベーションもアップすること間違いなしです。 もちろんそれも素晴らしいボディーではありますが、出来れば女性らしい柔らかさを残したまま鍛えたいものです。 プランクツイストは、そんな方にとてもおすすめ。 このトレーニングは腹斜筋に働きかけるため、お腹に縦の線が出来ます。 11字腹筋とも呼ばれるもので、K-POPアイドルなどにも美しい11字腹筋の持ち主が多いです。 しっかりとくびれを作りつつ、鍛えられた腹筋を作ることができるので女性におすすめのトレーニングです。

次の

くびれの作り方!短期集中、簡単エクササイズでウエストくびれ美人 [パーツ別ダイエット方法] All About

くびれ を 作る トレーニング

男性がくびれを作るためのわき腹トレーニングをご紹介 体型コンプレックスで焦りを感じる方は、一人や二人ではないはず。 男性の場合、薄着になるときに気になる体の部位は?と尋ねられると、返ってくるのは「お腹」という答えがほとんど。 たしかに、いつも自分の目に入る上、他人の目にも留まりやすいお腹は一番の気になるポイントです。 しかし、他人の目には留まりやすいけれど、自分では意外と見落としがちな部位があることをご存じでしょうか?実はそれが「わき腹」なのです。 一度ついてしまうと、なかなか落ちないのがわき腹の脂肪。 ぷにっとはみ出したわき腹のお肉は、自分では案外見落としがちなもの。 けれど、このパーツを引き締めると、クビレならぬ、憧れの逆三角形の体型が手に入るかもしれないと聞けば、それほどお腹が気になっていない方でも鍛えたい気持ちが燃え上がってくるのではないでしょうか。 そう、わき腹はスタイリッシュな体をデザインするために欠かせないパーツなのです。 <目次>• わき腹のピンポイント攻略で、後ろ姿のモテ度を上げよう とはいえ、「ならば今日からわき腹を鍛えよう!」と思っても、ピンポイントでわき腹に効果的なワークアウトは、そう即座に思いつくものでもありません。 仰向け~上体を起こす、いわゆる腹筋運動といわれる動きは、へその上の筋肉を鍛えるばかりで、わき腹にはあまり効果がなし。 だからと言って、自己流で体をねじったり曲げたりしてみても、果たして効いているのかどうか疑わしいもの。 効果が感じられないと、人は続けることが難しいため、途中で止めてしまい、結局お腹はそのまま……。 こうした今までの悪循環から抜け出すために、今回は、わき腹にピンポイントで効果があるワークアウトをご紹介します。 ちなみにこれらのワークアウトを続けて、わき腹を引き締め、逆三角形のスタイルに近づいていけば、顕著に変わってくるのが後ろ姿のシルエットです。 これまでにも何度かお伝えしているように、後ろ姿は自分では意識しないとほとんどわからないものの、他人からはかなり見られているもの。 その後ろ姿のシルエットが決まれば、モテ度も上がるかもしれませんよ。 今回ご紹介するのは、腹筋、特にわき腹部分の力を使い、体を持ち上げる2つのトレーニング。 見た目以上に腹筋全体のパワーが必要です。 同時に、フォームのバランスを保つために補助動作する二の腕の裏や体幹の深層筋などもしっかりと刺激できるのでおすすめです。 コンパクトな動作でわき腹をしっかり刺激「サイドボディリフト」 わき腹の力だけを使い、ゆっくりと体を持ち上げることでお腹まわりを引き締める自重系種目。 コンパクトな動作ながら、腹斜筋を中心にわき腹の筋肉をしっかりと刺激できます。 手順3 手を下ろし、一旦スタートポジションに戻ったら、続いて同様に右手を上げます。 間にひざをついて筋肉を休めないよう、頑張って行ってください。 天井に伸ばした手で、下側のわき腹を引き上げるようにイメージしながら行うと、フォームが安定します(左右交互に、10回を目安に)。 最初は腕がブルブルするかもしれませんが、頑張って続けると、いつの間にかスムーズに動作できるようになっていきます。 腕だけで支えるのではなく、全身を使ってお尻、お腹を天井に引き上げるようなイメージで行うと、正しいフォームになると思います。 お腹は、体全体のバランスを取る意味でも重要なパーツ。 ぜひ、前後左右を立体的に見て、隙のない体にデザインしていってください。 【関連記事】•

次の

夏までにくびれが欲しい人のための腹筋トレーニング5選

くびれ を 作る トレーニング

元々運動をしていて筋肉がつきやすい方や、すでに体が鍛えられていてぜい肉がほとんどないという方は、腹斜筋トレーニングによって筋肉が肥大し、ウエストのくびれラインが逆にぼんやりしてしまうことがあります。 女性らしいしなやかなウエストづくりには腹斜筋トレーニングが欠かせません。 しかし、 「筋肉をつけすぎないこと」には十分注意してください。 くびれたウエストを作る腹斜筋トレーニング30選 では早速、ここからは女性らしいくびれたウエストを作る30のトレーニング方法を紹介していきます。 基本のトレーニング 最初は体に負担が少なく、比較的容易なトレーニングから始めていきましょう。 姿勢を正しく腹筋を鍛える トレーニングにまだ抵抗のあるうちは、いつでも姿勢を正しくしているだけでも効果があります。 気を緩めると猫背になる、という方は背筋を伸ばす矯正ベルトなどを使用してもいいでしょう。 ドローイン ただのクランチよりもチューブを持っている分、様々な腹筋に効果的なクランチです。 ツイストアップ 足を肩幅よりも大きく開き、片足の下にチューブを入れて踏んでください。 チューブを踏んだ足とは逆の腕、つまり右足で踏んでいるなら左手、左足で踏んでいるなら右手にチューブを持ちます。 チューブを持ったまま前傾の姿勢をとり、体を起こしながら腕を斜め上にあげます。 左右同じ回数を行いましょう。 フロントプッシュ こちらは主に背筋に効くトレーニングですが、美しいウエストづくりには背筋も必要になります。 チューブを背中の上側に通し、両腕それぞれにチューブの両端を絡めたら、ボクシングのように脇をしめ、左右交互にこぶしを前に突き出します。 ただしボクシングのように素早く行う必要はありません。 ゆっくり確実に、筋肉に効いているのを感じながら行ってください。 バタフライ バストアップとウエストづくりの両方が一度にできるのでおすすめですよ。 こちらは腹筋と大胸筋を同時に鍛えることができるチューブトレーニングです。 バーベルツイスト 本格的なトレーニングをジムで行っているなら、バーベルツイストもトレーニングメニューに加えましょう。 まずは足を肩幅に開いて立ち、両手でバーベルをもって僧帽筋にのせます。 そのままの姿勢で、骨盤だけを動かす意識でツイストしましょう。 自分の体さえあればできる体幹トレーニングでくびれ作り 体がトレーニングに慣れ、基礎となる筋肉が出来上がったら次は体幹トレーニングに挑戦しましょう。 体幹トレーニングは自分の体さえあれば、どこでも簡単に高負荷のトレーニングができます。 体幹トレーニングの中でも、ウエストに効果的なものは次の5つです。 片足立ち1 片足立ちで行う体幹トレーニングの基礎となるものです。 はじめは椅子などに手をかけ、転ばないように注意しながら行ってください。 やり方はとても簡単で、片足で立ち、軸足と逆の足を左右に振り子のように振るだけです。 足を変えて両方バランスよくトレーニングしましょう。 片足立ち2 次に少し難易度を上げて、軸足ではないほうの足を後ろに上げるトレーニングです。 この時、お尻の筋肉にも効いていることを感じながら行ってください。 腰の筋肉を使ってお尻と足を上げる意識でやると効果的です。 片足立ち3 更に難易度を上げたトレーニングになります。 「片足立ち1」の動きに、腕もプラスします。 左足を横に上げるときには右手を上にあげ、右足を上げる時には左手を上にあげます。 「気を付け」の姿勢から、リズムよく足と腕を同時にあげてください。 体幹(首・肩から股関節までの胴体)とわき腹に意識を集中するとうまくできます。 サイドプランク.

次の