コストコ コロナ。 コストコ入店制限を開始!同伴者「家族1名まで」試食も中止

コストコ入店制限を開始!同伴者「家族1名まで」試食も中止

コストコ コロナ

また、需要の高い家電製品などを低価格で維持していたため、粗利益率がわずかに低下していることを報告しました。 一方、会員更新率は上昇し、長期的な売上高と利益を維持するのに良い兆候を見せています。 会員数の上昇と競合との比較 第2四半期にコストコの米国会員の更新率は91%となり、過去3四半期の90. 9%からわずかに増加しています。 第3四半期末の会員数は5,580万人で、前四半期と比較して50万増加しました。 また、全世界の更新率は88. 4%で横ばいとなりました。 更新率の高さは、コストコにとって短期的にも長期的にも好調な結果をもたらすでしょう。 コストコの利益は製品の売上ではなく、主に会員費の影響を強く受けており、会員費は営業利益の69%に相当する8億1500万ドルとなりました。 これは前年の7億7600万ドルから増加しており、小売業者よりも会員制クラブとしての地位を反映しています。 ウォルマート NYSE:WMT の会員制スーパーマーケットである「サムズクラブ」の既存店売上高が12%増となったことと比較して、コストコは8%増となりました。 また、サムズクラブの来店顧客数が12%増となった中、コストコは2%減となりました。 ウォルマートの顧客あたりの平均売上は横ばいでしたが、コストコは9%増となり、来店顧客数の減少をカバーしています。 今後の展望 コストコの経営陣は、新型コロナウイルスによる消費者の行動の変化は、実際に反映されるまで時間がかかることに注意していると強調しました。 CFOのリチャード・ガランティは、5月28日の電話会議で「更新率への影響は今後数か月間かけて反映されるだろう」と述べています。 コストコは、新型コロナウイルスが感染拡大し始めた当初は売上の勢いも好調で、顧客は会員を更新することにより得られる価値が高いと考えていることを証明しました。 投資家は、コストコの事業が衰退している兆候がないか、来店顧客数が減少していないか確認する必要があります。 顧客数は3月と4月に家を出ることを制限されていたことにより、過去数年よりも低くなるかもしれません。 しかし、会員の更新率が増加していることが、競合と異なる要素として長期的な成長をサポートすることでしょう。 More reading• 免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。 元記事の筆者Demitrios Kalogeropoulosは、コストコ・ホールセール株を保有しています。 モトリーフール米国本社は、コストコ・ホールセール株を推奨しています。 Copyright The Motley Fool Japan 2020.

次の

【4月17日更新】コストコの新型コロナウイルスの感染対策情報

コストコ コロナ

当サイトに訪問してくださり、ありがとうございます! このサイトでは2020年6月10日まで、 「コストコの新商品の紹介」を中止していましたが、 徐々に新商品の記事を「再開」をしようと思っています。 新型コロナウイルスの影響は、 「年齢、立場、状況、身体の障碍、家庭環境」 など置かれた状況によって、 それぞれの「価値観」や「優先順位」が異なると思います。 なので、「全員が納得する道は少ない」と思いますが、 私なりのコロナと共存する世の中、 「ウィズコロナの向き合い方」をココに書いて、 少しでも当ブログサイトの方針を知って頂けたらと思います。 新商品の紹介をしなかった理由 2020年4月の時点で、 新商品の紹介をしないと決めました。 「新型コロナの感染拡大を防ぐ為」です。 新商品を見て「欲しい!」と思う人が増えることで、 「人が密集することが危険」と感じたので、 新商品の紹介をしないようにしていました。 2020年4月の時点で私を含め、 多くの人が願っていたことは、 「新型コロナの封じ込め」だったと思うのですが、 このブログを書いている2020年6月11日の時点で、 感染経路が不明な感染者が続出しているので、 「もう感染を止めることは出来ない」と感じました。 そこで、考え方を切り替え、 「ウィズコロナ」という事で、 「今後コロナとどう向き合うべきなのか?」 を考えて、生活していく必要があると感じました。 ウィズコロナの生活を考える。 感染経路が不明確な人が増えた以上、 新型コロナは身近にあって、 「共存しなければいけない時代になった」 と感じています。 感染リスクと隣り合わせの、 なんとも言えない状況の中、 ポジティブに考えるべき点は、 自分も含め、 日本にいる多くの人が、 「感染症に対する危機意識」 を考えるようになった事だと思います。 ・マスクの着用 ・ソーシャルディスタンス(社会的距離) ・こまめな手洗い、消毒 などの感染予防の対応が、 4月の時に比べると、 当たり前のように出来る人が増えたと感じました。 よくニュースで見かける、 「新しい日常」や「新しい生活様式」というやつです。 おそらく、これらの対応を続けながら、 コロナと共存する生活が1年以上は続くのだと思っています。 コロナとの戦いの終わり 個人的に調べて思っていることですが、 新型コロナとの戦いは2021年まで続き、 「1年以上戦うことになる」と考えています。 私の中で「コロナの終息の基準は3つ」で、 ・ワクチンの完成 ・治療薬の完成 ・集団免疫(全国民の抗体検査で確認) これらのうち1つでも出来て、 多くの人に普及できる体制が整ったら、 コロナとの戦いが休戦になると考えています。 逆を言えば、コレが出来ない間は、 コロナの戦いは続くと思っています。 そして、 これら3点のうち1個でも出来るまでにかかる期間が、 1年以上だと思っています。 なので、私としては、 「2021年」までは、外出の回数を減らす覚悟をしています。 2020年ウィズコロナの向き合い方 新型コロナで亡くなる人も多く、 「密集することが怖い」と感じる人も増えたと思います。 そこで、私が思ったことは、 「新商品を書いても、以前ほど人は集まらない」 と考えるようになりました。 これは私の考えなので、 実際はどうか、分からないので、 不安な面もあるのですが、 自分の身を自分で守りたいと考える人は、 新商品の為に命をかけることは少ないと思います。 そう考えると逆に、 「新商品を知っておいたほうが、買い物がスムーズ」 と、考えるようになりました。 お店の中に長時間いることが怖いからこそ、 「新商品」を知っておいて、 「サッと買って、サッと帰る。 」 この考え方が、 今後のウィズコロナでは必要だと感じました。 新商品の更新度合いは少ないままです。 私の場合、新型コロナ前は、 週に3回くらいコストコに通っていました。 なので、新商品が出たら、早く知ることができ、 どんどんブログに書いていました。 しかし、2020年のコロナがひろがり始めてからは、 外出を控えていて、週に1回くらいしか出かけていません。 私事ですが、体に障碍があるので、 コロナに感染した場合のリスクが健常者より高く、 ウイルスに対する健康面での危機感が、他の人よりもあるつもりです。 なので、ここ3週間くらいは、私自身はコストコに行ってません。 とはいえ、 私の近所のスーパー的な存在がコストコなので、 家族が時々コストコに行っていて、 なんとなく新作は知ってます。 家族も含めると、行くことが他の人よりは多いです。 最長でも1週間くらい遅れで更新することはできると思います。 以前ほどの速度で書くことは無いですが、 少しずつ書いていく予定でいます。 おわり 家に引きこもっていて、 コストコのカークランドの商品を食べると、 「やっぱ美味い!!」 って、思うんですよね。 美味しいものを食べると元気が出ます。 多くの人が感染予防対策の危機意識が高まったと思うので、 今後は「サッと行ってサッと帰る」という為にも、 考え方を切り替えて、 新商品の更新を再開していこうと思います。 決して、 「ヒャッホー!緊急事態宣言が解除されたぜ〜!」 というつもりで再開するのではありません。 「サッと帰るためにも、情報はあった方が良いと思う」 という考えで再開します。 自粛を頑張っている人ほど、 外出してる人に対してストレスが溜まると思います。 私のサイトも、 「自粛を頑張ってる人のストレスの対象になるのでは?」 という不安もありますが、 このコロナの戦いはまだまだ続く、長期戦になるはずです。 「コロナと共存していく世の中に切り替わるので、 コロナと共存の考え方に順応していく」 という、当サイトの考え方が伝わったらと思います。

次の

【注意】コロナ緊急事態宣言中のコストコのルール!マスクは買える?

コストコ コロナ

新型コロナウイルス流行でパニックに陥った消費者が、コストコの店舗外まであふれかえる。 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、かつてないほどの客が殺到し、コストコの従業員たちは本部オフィスから倉庫までこの嵐を切り抜けるのに必死だ。 Business Insiderはコストコの各店舗に勤務する従業員7人と本部オフィスの3人に取材した。 ワシントン州イサクアにあるコストコの本部オフィスでは、少なくとも3人の新型コロナウイルス感染者が出ている。 ビジネスの観点から言えば、2020年2月のコストコは異常な月だった。 新型コロナウイルスの大流行に伴う外出禁止令などでパニックに陥った消費者が大挙して押し寄せたからだ。 しかし、全米各地に勤務する従業員たちにとって、状況はそうした華々しいエピソードとしては語り得ない。 ここ数週間、さまざまなエリアやポジションの従業員たちがBusiness Insiderの取材に応じ、新型コロナウイルスにまつわる激動のてん末を語ってくれた。 コストコ勤務歴13年、現在は米東海岸にある店舗に務める従業員は、現場の様子を「 正気の沙汰じゃない」と表現。 政府から「不要不急」ゆえに休業を求められた他の産業とは違う、緊急時に「必要不可欠な」産業で働いていることを実感したと語った。 とにかく疲労困憊.

次の