スマホ 充電 できない。 スマホが充電できない!原因別対処法・修理マニュアル

スマートフォンの充電ができない、充電が増えない…その原因と対処法を紹介!|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

スマホ 充電 できない

スマートフォン端末側の充電ランプは点灯しているか? まず充電器にスマートフォンを繋げてみよう。 そして、スマートフォン端末の充電ランプが点灯するかどうか確認をしょう。 充電ランプが点かなく電源が入らない場合 充電器に繋げたときにスマートフォン端末の 充電ランプが点かない場合は、フリーズしている(システムが止まっている)可能性がほとんどだ。 この事象の際には、何も操作ができないため、強制終了の方法を試してみよう。 強制終了方法は、電源ボタンを10秒ほど長押しをするなどの操作方法があるが、各スマートホン端末により操作はよりけりであるため、以下のトップページからご自身の機種のページを開くと、フリーズなどの記事ページに強制終了方法んぼ記載があるだろう。 enjoylife. fun 宜しければ、今後ご自身の機種のあらゆるトラブルに対応できるよう、記事をブックマークするなどをお勧めする。 電源が入るが充電ができない場合 スマートフォン端末の操作が可能で、また端末の充電ランプも点いているのに充電ができない場合は、充電ができないように制御されていることが考えられます。 スマートフォンの機種にもよりますが、端末が熱をもっている場合、充電ができないように端末側で制御が施されます。 例えばAQUOSなどのシャープ製では、端末の温度によって、あまりにも端末の温度が高すぎると、充電するのをストップしたり、温度によっては充電速度が遅かったりします。 機種にもよりますが、おそらくどの端末にも安全に利用ができるように、この制御機能があると考えられます。 従って、もし操作ができて充電ができない場合には、一度電源を切り、端末の温度を冷ましてから再度充電することを試してみてください。 また、よくあるケースですが、充電中にスマホを操作するのは端末または充電器にかなりの負担が掛かります。 詳細については以下のページの内容を確認してみてください。 まとめ 充電ができない原因に関しては、大きく二つに分けることができます。 1.フリーズしている(画面が真っ暗)ことが原因 スマートフォン端末がフリーズしている場合には、充電器を挿しても充電ランプが点きません。 一度、強制終了をしてから再度充電を試してみましょう。 2.端末が高温による制御が原因 ゲームアプリや、多くの処理能力が必要なアプリを同時に使用していた時など、また充電器に挿しながらの操作をしていた時などは端末が熱をもっています。 その場合には、制御機能が働くため、充電をストップしたり、遅くしたりする機能が働いてしまうことがあります この場合は一度電源を落とし、端末を冷ましてから充電をしましょう。

次の

スマホが充電できない!原因別対処法・修理マニュアル

スマホ 充電 できない

なにが原因なのか?? まず疑われるのは 充電ケーブルです。 お子さんや動物を飼っている人は、 ケーブルを噛まれたりすることもありますし、 見た感じは分からなくても 内部で線が切れていたりする場合もあります。 一度違う携帯にさしてみると ケーブルが原因かどうかが分かると思います。 もし中の導線が見えていたりしたら 危ない のですぐケーブルを変えることをお勧めします。 ケーブルでなかった場合、 次に考えられるのは コネクタ部分です。 ここも比較的故障しやすいようで、 スマホはコネクタ部分にカバーが付いていない のでホコリなんかがたまったりするみたいです。 あとはケーブルとコンセントをつなぐ 電源プラグの故障。 ちなみに、ケーブルと電源プラグは やはり専用のものを使わないと 故障しやすくなるみたいです。 私も今まで何度もこういう経験をしましたが、 ケーブルとコネクタ部分の原因でした。 (専用のケーブル使用) それでも原因が分からない場合は ショップに行くことをお勧めします。 気になる修理費用は? ケーブルや電源プラグの故障の場合は 新しいものに交換するだけでいいので、 数千円で充電できるようになると思います。 しかし、コネクタ部分の故障の場合は 本体を修理に出さないといけません。 その場合気になるのはやはり修理費用ですよね? 今はどこの携帯会社も 保証サービス というのをやっていますが、 月に数百円ほどかかります。 月に数百円とはいえ 年に換算すると数千円。 入るのを悩まれた方も多いと思います。 では加入していた場合はというと、 だいたい 6000~8000円くらいで 修理や本体の交換などをしてもらえるみたいですが、 保障サービスに入っていない場合は 数万円かかるみたいです。 (携帯会社によって差があります) 修理でそんなにお金がかかるなんて(泣) その時に入っておけば良かったと 後悔した人も多いはず。 充電できないだけではなく、 原因不明で急に動作しなくなったり 携帯をなくしたり、落として画面を割ったり、 水没したり、いろんな事が考えられます。 私は保障サービスに入っていたので、 7000円ほどで本体を新しいものに 変えてもらいました。 その時はやっぱり入ってて良かったと 心から思いました。 でも すべての故障に保障サービスが 対応している訳ではないので お使いの携帯会社のサービス内容を 確認してみた方がいいですね。 終わりに A子はその後ショップに持っていき、 ケーブルが原因だったことが分かり、 新しいものを購入して、充電できない症状は 改善されたみたいです。 A子は「今回はケーブルが原因だったから ケーブル費用だけで済んだけど、 私、保障サービスに入っていなかったから 本体の故障だったらどうしようと思った」 と言っていました。 やはり今後のもしもの為に 保障サービスに入っておくと 安心かもしれません。

次の

うっかりやってない? スマホの充電時にやってはいけない5つのNG

スマホ 充電 できない

冷やしてもすぐにスマホが熱くなる場合は? こういうケースは スマホのバッテリーの劣化、 もしくは 常にスマホに大きな負荷がかかっているか。 このどちらかが考えられます。 一旦、次の対処を行ってみてください。 スマホ本体の保存容量を空けてみる• 常駐アプリ 本体・バッテリー最適化アプリ、セキュリティ対策アプリ等 をアンインストールする• 上2つが完了したら充電ケーブルを外した状態でスマホが冷えるまで放置する これでも症状が直らない場合は、 バッテリーの劣化が考えられるので 修理や買い替えを視野にいれましょう。 充電器ケーブルに異常がある 充電器の接続部の根本などが痛んでないか確認してみましょう。 多少ダメージがあっても充電できる場合が多いですが、 断線していて充電ができない場合があります。 充電器を目視して特に異常がないか確認しましょう。 また、断線は外から目視で確認するのは難しいケースもあるので、 別の充電器やUSBケーブルを使って充電し、 正常に充電できるかを確認してみましょう。 充電は普通にできるけど、断線しかかってる場合は…? 特にiPhoneのLightningケーブルに多いのですが、 充電器ケーブルが中の配線が見えていたり 断線しかかってたりしている場合は充電できなくなるのもありますが、 感電事故や火災の危険もあり、そのまま使い続けるのは危険です! セロテープやボールペンのバネで補強する方もいらっしゃいますが、 この行為も大変危険です!! ポールペンのバネも絶縁体ではありませんし、 セロテープは絶縁体なのですが強度が弱いため 破けたり剥がれたりしますのでどっちとも 感電の危険性があります。 実際、セロテープで補強した充電器を使っていて、 感電死した事故も発生しているみたいです…。 参考サイト: 充電器ケーブルの補強する方法としていいとされるものは、 粘着力と耐久性のある絶縁体を用いるのがいいでしょう。 具体的には 絶縁テープがいいでしょう。 絶縁テープは数百円で買えるものですし、 粘着力や耐久性も高いのでコスパも質もバッチリですのでおすすめです。 ゲームや動画視聴アプリなどを複数起動しながら充電している バックグラウンド起動も含めてゲームや動画視聴アプリなどの 電池使用量が多いアプリを起動しながら充電すると、 電池消費量が大きすぎて充電が追い付かない場合があります。 バックグラウンドも含めてアプリが起動してないか確認してみましょう。 更にバッテリー容量が少ない状態だと、 スマホに不具合が出やすくなるので この状態で充電しながらゲームする、みたいな感じ使うのは 避けるようにしたほうが賢明です 完全放電の疑いがある場合の対処法 症状からすると故障を疑ってしまいますが、 完全放電の場合は 充電器を繋いでしばらく 2~3時間 放置をしましょう。 ただ、バッテリーが劣化しすぎている場合は復活しないこともあります… バッテリーが切れて、しばらく放置していた 現在スマホのバッテリーに広く使われているリチウムイオン電池は、 バッテリー残量ゼロのまま放置していると 過放電・完全放電状態になることがあります。 この状態だと充電器を挿しても 充電ランプが点灯しないこともあります。 スマホに異常がないか 熱を持っていないか、多くの処理をさせていないか を確認する• 充電に使っているケーブルは問題ないか、USBケーブルで充電してないかを確認する• スマホに熱くなっている場合は即座に充電器を外して冷めるまで放置する• それでもダメなら故障の可能性が高いので修理か買い替えをする といったところですね。 充電器自体に問題があるケースはあまりないので、 スマホに何か問題がある場合が多いです。 上記で紹介した方法で解決することも少なくないので 是非修理に出す前に一度は試してみてください。

次の