ジョルノ 名言。 ジョジョの奇妙な冒険(第5部)の名言・名セリフまとめ

ワザップジョルノ (わざっぷじょるの)とは【ピクシブ百科事典】

ジョルノ 名言

母親は日本人。 ジョルノが一番欲しているものは「希望」である。 希望さえあればどんな所にでもたどりつけると決心している。 ジョルノは幼少の頃、母親の愛をほとんど受けることなく、むしろ義父から虐待されていた。 くじけそうになっていた一歩手前で出会った見知らぬギャングの「仁」の姿がジョルノにとって「正義」であり、「希望」となった。 ゴールド・エクスペリエンス 黄金体験 :『生命』を与える事のできる力。 そしてそれへの攻撃は、そのパワーが攻撃した者へ戻ってくる。 殴れば殴られ、切れば切られる。 痛みまでも。 ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム:スタンドが「矢」に貫かれることによって発現するスタンドパワー。 攻撃してくる相手の動作や意志の力を全て「ゼロ」に戻してしまう。 この力に殴られた者は「死んだこと」さえも「ゼロ」に戻ってしまうため、何度でも無限にくり返し「死」に続ける。

次の

ジョジョ名場面50選

ジョルノ 名言

『ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風』の概要 「ジョジョの奇妙な冒険」は、1986年に「荒木飛呂彦」が週刊少年ジャンプで連載開始(2005年にウルトラジャンプに移籍)した、ダークファンタジー漫画である。 本作の最大の特徴は、ホラータッチの描写と、主人公たちの使う特殊な力(第1部、2部の波紋という特殊な呼吸法によって、太陽のエネルギーを発生させる力、第3部以降のスタンド能力という、精神力で生み出された特殊な能力を持つ守護霊を操る力)を用いたテクニカルなバトルアクション描写、そして作者・荒木飛呂彦の趣味で随所に入れ込んでいる西洋美術や洋楽、そして映画のオマージュなどが挙げられる。 物語は19世紀のイギリス。 名家ジョースター家の跡取り息子であるジョナサン・ジョースターと、ジョースター家に引き取らた孤児・ディオ・ブランドーの2人が出会ったことから始まった。 2人は兄弟のように育ったが、野心家のディオはジョースター家の乗っ取りを企んでいた。 ある日、ディオは、ジョナサンの研究している古代文明の遺産「石仮面」を被ると、不老不死の吸血鬼となることができると気付いた。 そんな彼は、ジョースター家の乗っ取りをジョナサンに阻止されると、人間を捨てて吸血鬼となる道を選んだ。 この時からジョースター家とディオの奇妙な因縁が始まった。 その後、物語は第1部、第2部、第3部と物語が入れ替わり、そしてその都度、主人公や、物語の舞台、そして時代設定が入れ替わるが、一貫して共通しているのは、主人公がジョースター家の子孫であること、あだ名が「ジョジョ」と呼ばれていることである。 「黄金の風」は第5部にあたるエピソードで、主人公は15歳のイタリア人「ジョルノ・ジョバーナ」である。 時代設定は2001年、連載を開始したのが1995年であるので、当時からすると近未来のイタリアが物語の舞台になっている。 なお、この回では「ジョジョ」の表記が「JOJO」から、イタリア語「GIOGIO」に変わっている。 主人公のジョルノは、ジョースター一族の宿敵であるディオ・ブランドーの息子である。 ディオは第1部でジョナサンとの死闘の後、己の肉体を失い頭部のみになったとき、ジョナサンの首から下の肉体を奪い、二人の体は一つとなった。 その後、ディオは80年代に復活して、何故か日本人の女性と子を成した。 その子供の名は「汐華初流乃(しおばなはるの)」と言い、後の「ジョルノ・ジョバーナ」である。 ジョルノのスタンドの名は「ゴールド・エクスペリエンス」。 その能力は物体を生物に変える能力で、石、レンガ、カバンを蛙や蛇に変えることができる。 その力を応用して、体の臓器や、肉体の一部を生み出し、怪我で欠損した体の箇所に移植して、治療することもできる。 ジョルノの父親であるディオは、第一部の主人公ジョナサン・ジョースターの首から下を乗っ取っていた。 つまり今回の主人公ジョルノは、ディオの息子でもあり、ジョナサンの息子でもあるという、善と悪の境目にいるようなキャラクターであり、その境遇もまた、彼の出自にふさわしく、波乱に満ちたものである。 ジョルノの母は良い人でなく、幼いジョルノをほったらかしにして、遊び歩くような女性であった。 そんな彼女はイタリア人の男性と結婚し、イタリアに移住したが(この時に名前をジョルノ・ジョバーナと改めた)、この義父もジョルノを虐待するような、最低な男であった。 しかし、そんなジョルノに運命の転機が訪れた。 子供時代にジョルノは、道端で物陰に倒れていた一人の男を見かけた。 周囲には血相を変えて、その男を探している連中もいた。 男の正体はギャングで、探している者たちは彼の敵であった。 ジョルノはギャングに同情し、ギャングを探していた連中に嘘を言って守ったのであった。 その後、ジョルノに救われた見ず知らずのギャングは、ジョルノに借りを返すべく、今までジョルノをいじめていた人々の意識を改めさせた。 ジョルノはギャングを助け、ギャングはジョルノから受けた恩を返すという形をとって、ジョルノに正義の心を目覚めさせたのであった。 ジョルノが助けた見ず知らずのギャングは、ジョルノをギャングの世界に巻き込むまいとしていたが、ジョルノは彼と同じ「ギャング」となって、腐敗した己の住む街を救うことを夢見るようになったのだ。 ジョジョの奇妙な冒険は基本ハードな戦いの多い漫画だが、第4部までの主人公が基本「不殺」であったのに対し、第5部では、主人公も、その仲間達も人殺しを厭わず、命がけで敵に立ち向かって行くタイプのキャラクターであるため、バトルアクションがひと際ハードになっている。 バトルだけでなく、主人公達が「ギャング」という社会のはみだし者であるため、内容はシリアスでダークな作風になっている。 これは、作品が発表された1995年は、阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件など、社会を揺るがす事件や災害が発生していて、さらに、バブル崩壊によって到来した不況によって、多くの会社が倒産したり、リストラが相次ぐなど、陰鬱な社会情勢も反映されているようにも思える。 その為、本作で登場する名言は、主人公達も敵も戦いにおける執念や覚悟を感じさせる言葉が多く、どこか悲壮的で刹那的な印象のものが多いのが特徴である。 また、ジョジョワールドの主人公は基本的に組織に属さないタイプばかりだが、本作は珍しく、主人公が「パッショーネ」という組織に所属するという設定である。 その為、本作のエピソードの中には、組織から下された任務を主人公達が行う話や、組織の内部抗争や裏切り等、裏社会の組織ものとしての物語の面白さが本作では織り込まれており、名言の中にも「組織社会」の有様を語ったものがある。 主人公達の名言・名セリフ ジョルノ・ジョバーナの名言・名セリフ あなた…『覚悟して来ている人』…………ですよね 人を「始末」しようとするって事は逆に始末されるかもしれないという危険性を常に『覚悟して来ている人』ってわけですよね… 48巻出典。 ジョルノは自分に因縁をつけて、金を脅し取ろうとしたチンピラ「涙目のルカ」を殺害した。 (正確にはジョルノの能力で自滅した) しかし、ルカは「パッショーネ」という組織に属していたギャングであったために、同じ組織のギャングである「ブチャラティ」に狙われることになった。 そのうえ、ブチャラティはジョルノと同じ「スタンド使い」であり、あらゆる物体にジッパーを引っかけて空間を生み出すことのできるスタンド、「スティッキーフィンガーズ」の使い手であった。 ジョルノは、初めて自分以外のスタンド使いと戦うことになり、当初は戸惑いを見せた。 しかし、ジョルノは、自らのスタンド「ゴールドエクスペリエンス」で応戦した後、ブチャラティにこのセリフを言って凄みをきかせた。 ジョルノは基本物静かな男だが、1度覚悟を決めると徹底的に戦い抜くという、途方もない闘志を秘めていることが、このセリフでわかる。 子供に麻薬を流すようなギャングを消し去るには、自らがギャングにならなくっちゃあいけないって事さ 48巻出典。 ジョルノは、ブチャラティが麻薬を嫌悪していることに気づき、彼に和解を申し入れようとした。 そして、ブチャラティに対し己の目的を語り、彼を街の浄化を望む同志として、迎え入れようとしたときのセリフである。 ジョルノの夢は、麻薬をはじめ、街の腐敗の元凶となっているギャングを倒すために、自らギャングになって、のし上がり、街を支配するための権力を手に入れ、街の浄化を図るというものである。 本作が連載中であった1997年に放映された刑事ドラマ「踊る大捜査線」で、「正しいことをことをしたければ偉くなれ」というセリフがあったが、この意味は、正しいことをするには、より多くの力と権限が必要になるから、理想を叶えたければ、出世して多くの権限と得なければならない、ということである。 ジョルノも街の浄化を計るには、街の支配者になって多くの権限を得る必要があった。 そして、組織内でのし上がるためには、自分の野望を理解してくれる協力者を確保しなければならない。 だからジョルノは、ブチャラティが組織のありように疑問を抱いていることに気付いたときに、彼に協力者になってもらうように頼んだのだ。 敵対していたブチャラティを仲間にしてしまう手腕を鑑みるに、ジョルノは仲間や同志を募るために必要な求心力と、人身掌握に長けているようであり、ジョルノはディオのカリスマと、ジョナサンの正義を兼ね備えた主人公といえるのかもしれない。 55巻出典。 ブチャラティが出世して、幹部になったときに下された、はじめての任務は、ボスの生き別れの娘であるトリッシュの護衛であった。 トリッシュは危機に瀕していた。 パッショーネの内部から反逆者が現れ、彼らはボスの正体を暴くための手がかりとして、トリッシュを狙っていたのだ。 反逆者の正体は、スタンド能力によって殺しを行う、組織の「暗殺チーム」であった。 彼らは自分らの待遇に不満を抱き、ボスを倒して、組織の転覆を謀ろうとしていたのだ。 やがて、彼らはトリッシュの居場所を探り当て、ブチャラティのチームと死闘を繰り広げることとなった。 その戦いの際、「暗殺チーム」のスタンド攻撃よって、仲間のミスタとともに追い詰められたときに、ジョルノが言ったセリフである。 二人は腹をくくる決意を固めた。 ジョルノは己の腕を犠牲にして、ミスタの戦いをサポートし、ミスタは、敵の攻撃を食らうのも省みず戦い続けたのである。 二人の行為は一見すると、自暴自棄にも見える行為だが、彼らは捨て鉢になったのではなく、目的を果たすべくあえて自ら犠牲になる道を選んだのである。 何かを成し遂げるときには、己の肉体を犠牲にする覚悟をして、死にもの狂いにならなければならない時があるのだ。 ミスタは仲間の命とチームの任務達成のため、ジョルノはギャングの頂点に立って街の浄化をはかるという夢のために、自らを犠牲にして、道を切り開こうとしたのだ。 ブローノ・ブチャラティの名言・名セリフ 『任務は遂行する』『部下も守る』『両方』やらなくちゃあならないってとこが『幹部』のつらいところだな 53巻出典。 トリッシュの護衛の際、列車で移動しているときに、彼女を狙う暗殺チームの1人、プロシュートが襲い掛かってきた。 敵を老化させるスタンド「ザ・グレイト・フルデッド」の使い手であるプロシュートによって、ジョルノ達は戦闘不能に陥ってしまう。 だがこの時、ブチャラティはトリッシュと部下の命を守るために、単身でプロシュートに立ち向かったのだ。 仲間を切り捨てて、任務を果たそうとしないお前は、幹部失格だと、プロシュートから言われたときに、ブチャラティは上記のセリフで返した。 ブチャラティの覚悟は一見、ジョルノの「覚悟」の精神とは対照的に見えるが、使命を全うするために、死に物狂いになるという根本的な姿勢は同じである。 だが、ブチャラティはチームのリーダーにして組織の幹部である。 人の上に立ち、責任を取る立場にいる人間なので、ジョルノの見せる覚悟と違いが出てくる。 チームの命運を左右する立場に立っている者は、大局を見据えて行動していかなければならない。 そして任務を果たすには、信頼している部下の協力が必要になってくる。 彼らは、無闇に使い捨てていい存在ではない。 だから、ブチャラティは任務を果たし、部下も守り通すという「人の上に立つもの」としての決意を秘めて戦い抜くのである。 最初は甘いと一笑したプロシュートであったが、戦っている最中に感じたブチャラティの気迫と覚悟を感じ取り、彼に言った「幹部失格」を撤回し、敵であるブチャラティに敬意を表した。 アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ『アリーヴェデルチ(さよならだ)!』 53巻出典。 トリッシュの護衛の際に起きた、ブチャラティと暗殺チームの一人ペッシとの最後の一騎打ちの時である。 ペッシは、物体を透過して、獲物に針を引っ掛ける釣竿のようなスタンド「ビーチ・ボーイ」を使い、ブチャラティの心臓を抉り出そうとした。 しかし、ブチャラティの方が一枚上手で、彼のスタンド、スティッキィ・フィンガーズで、ビーチ・ボーイのワイヤーを引っ張り上げて、ペッシの首に引っ掛けて返り討ちにした。 死ぬ前にペッシは最後のあがきで、ブチャラティの仲間たちを道連れにしようとしたが、その前にブチャラティは、スタンドのラッシュをペッシに叩きつけて、阻止した。 見出しのセリフは、ジョジョの奇妙な冒険の名物でもある、スタンドラッシュの掛け声、そのブチャラティバージョンである。 そして、最後の「アリーヴェデルチ(さよならだ)!」の決めセリフを出したブチャラティの表情には、部下もトリッシュも守り通した、一人の男の安堵感ようなものが漂っている。 55巻出典。 数々の暗殺者の魔の手をかわし、ブチャラティのチームはようやくボスのいる場所、サン・ジョルジョ・マジョーレ島まで到着した。 最後にブチャラティがトリッシュをボスのいる大鐘楼の上まで送り届けることで任務は達成されるはずであった。 トリッシュは大鐘楼のエレベーターに乗る前に、ブチャラティに己の胸の内に秘めた不安を吐露した。 生まれてからずっとあったこともない父親、自分に愛情を抱いているかもわからない男の元に行ってこれからどうなるのかと、それに対し、ブチャラティは「ボスは君の無事を心配しているだけだ」と言ってなだめ、彼女の手を取ろうとした。 最初は突っぱねていたトリッシュだが、少しずつブチャラティに心を寄せるように手を掴んだ。 そして、エレベーターの中で彼女はブチャラティに、「父親のことを好きになれるのかしら?」と聞くと、ブチャラティは「そんなことを気にする親子はいない」と返した。 ブチャラティがふと気がつくと、トリッシュは、ブチャラティと繋いでいた手だけを切り残して、何者かに連れ去られてしまった。 大鐘楼の中にいるのは、自分とトリッシュ以外ではボスしかいない。 ブチャラティはボスの仕業と確信し、実の娘の手首を切り落とすという酷い所業から、ボスがブチャラティ達に娘のトリッシュを護衛させたのは、彼が自分の正体を確実に隠すために、自分の娘を己の手で始末をつけるためだったと確信した。 それを知ったブチャラティは、怒りを抑えることができずに、見出しのセリフを吐いたのであった。 ブチャラティがギャングの世界に身を投じたのは、麻薬の取引現場を目撃して命を狙われることになった、自分の父親を助けるためであった。 だからギャングになっても彼はその優しさを無くすことはなく、常に弱者を気にかけ、手を差し伸べようとしていた。 ブチャラティの部下のほとんどが、彼に救われた者であることからもそれがわかる。 ボスを裏切った際でも、ジョルノが協力者が必要と言ったにも関わらず、ブチャラティはチームの全員に自分に協力することを無理強いをさせなかった(ナランチャには、「来るな」とまで言った)。 それでも大半の仲間は危険を承知で、彼についてきたのであった。 しかし彼の優しさは大きな力であるとともに、己の人生に幕を引かせるきっかけになってしまった。 後悔はない…こんな世界とはいえオレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!.

次の

ジョルノ・ジョバァーナの名言・名セリフ集一覧① │ ジョジョ名言・名セリフ大全集完全版!ジョジョの奇妙な冒険

ジョルノ 名言

【ジョジョの奇妙な冒険】黄金の風 5部 名言ランキング 第11位 「スゴ味がある」(ブローノ・ブチャラティ)組織の人間である、涙目のルカを戦闘不能にした仕返しにジョルノの前にやってきたブチャラティ。 彼は、そんな折にジョルノの気迫にやられてしまいそうになり、バスの中から脱出します。 その際、ジョルノの攻撃を受ける直前に彼を評価した名言です。 この時より、すでに心の中でジョルノを認めていたのかもしれませんね。 【ジョジョの奇妙な冒険】黄金の風 5部 名言ランキング 第10位 「意思は同じだ」(アパッキオ の先輩警察官)ドッピオに殺されてしまったアパッキオ は死後の世界で、自分が警察官時代に、賄賂を受け取ったことが原因で死んでしまった先輩警察官と出会います。 過去を公開していたアパッキオ に対して先輩の発した言葉です。 「意思は同じだ。 お前が警察官になったばかりの時の抱いていたその意思は今おまえのその心の中に再び戻っているのだよ」。 言わずもがなの名言ですね。 【ジョジョの奇妙な冒険】黄金の風 5部 名言ランキング 第9位 「兄貴の覚悟が!言葉でなく心で理解できた」(ペッシ)ブチャラティたちとの戦いの最中、プロシュート兄貴に怒られてしまっていたペッシ。 お前には覚悟が足りないんだと。 そんな戦いの中でプロシュート兄貴がやられてしまったこと、しかし、どうにか生きているがそれでもブチャラティたちを殺そうとスタンド能力を発動させたままのことに気づきます。 ここで覚悟を決めて覚醒したペッシの名言です。 【ジョジョの奇妙な冒険】黄金の風 5部 名言ランキング 第8位 「ボラーレ・ヴィーナ」(ナランチャ・ギルガ)敵のスタンド能力に首を突き刺されながらも、エアロ・スミスを発動させて敵を殺したナランチャ。 その時の「ボラボラボラ…」も名言なのですが、敵を殺したこの言葉(飛んで行きなの意)はそれを上回りました。 攻撃されながらも敵を攻撃し続け仲間とともに旅を続けないといけない、圧倒的な彼の精神力には敵も脱帽でした。 【ジョジョの奇妙な冒険】黄金の風 5部 名言ランキング 第7位 「あんたの名前公衆トイレ?」(トリシュ・ウナ)ボスの娘であるトリシュ。 ボスの元まで護衛を頼まれるよう命令されたブチャラティのチームは彼女とボスの指示通りボスへと近づいて行きます。 そんなトリシュ、おいおいスタンド能力を発動させ、ジョルノ達の手助けとなるのですが、登場していた時は全くそんなキャラではありませんでした。 トイレにポルポの隠し財産を取りにきた一行は、掃除婦に変装したトリシュと初対面します。 公衆トイレに入ろうとするトリシュにナランチャは追い返します。 その返しがこの名言。 そしてイチャモンをつけてきたナランチャを逆にナイフで脅してしまいます。 当初、ワガママで生意気だったトリシュを的確に表現したセリフでした。 【ジョジョの奇妙な冒険】黄金の風 5部 名言ランキング 第6位 「オレ故郷に帰ったら学校行くよ」(ナランチャ・ギルガ)ディアボロとの最終決戦途中、ジョルノの肉体と入れ替わってしまったナランチャ。 そして唐突にこの言葉を発します。 壮絶なる死亡フラグを最終決戦中に打ち立ててしまったナランチャは、その後、暗殺シーンもないままに急に殺されてしまいます。 【ジョジョの奇妙な冒険】黄金の風 5部 名言ランキング 第5位 「運命とは眠れる奴隷だ」(ブローノ・ブチャラティ)ブチャラティの最後の言葉です。 死んで行くブチャラティはジョルノに語ります。 これでいいんだ、全ては。 運命とは眠れる奴隷だ。 俺たちはそれを解き放つことができた。 これは、組織が麻薬を扱い始めた頃から死に始めていたブチャラティの心の有り様を表した名言でした。 【ジョジョの奇妙な冒険】黄金の風 5部 名言ランキング 第4位 「お前間抜けかァああああー!!」(ホルマジオ)攻撃した人物を小さくすることのできる能力の持ち主で、ナランチャと交戦します。 トリシュの居場所を突き止めたいホルマジオはナランチャの持っていた地図を発見。 しかし、ナランチャは作戦通り、そういう時のために寄り道をしまくり、アジトの場所をわからなくしていました。 それを見たホルマジオが叫びます。 出発点が書いてあったらアジトが丸わかりではないか!と。 ナランチャらしさ前回の名言でした。 【ジョジョの奇妙な冒険】黄金の風 5部 名言ランキング 第3位 「無駄無駄無駄無駄…」(ジョルノ・ジョバーナ)ジョジョの奇妙な冒険シリーズ通しての名言は今回も健在でした!これに関してはもう説明はいらないかと思います!単純にかっこいい! 【ジョジョの奇妙な冒険】黄金の風 5部 名言ランキング 第2位 「なぜならあんたはぼくの仲間になるからだ」(ジョルノ・ジョバーナ)涙目のルカの報復にやってきたブチャラティを返り討ちにできる場面。 しかし、ジョルノはブチャラティが麻薬を使用している少年の腕に心を痛め、攻撃するのをやめてしまいます。 そしてブチャラティに自分がボスになり、この街から麻薬をなくすことを話します。 この一言よりギャング「パッショーネ」に入団し、後々ボスを裏切り正体を探って行く事になった、名言です。 【ジョジョの奇妙な冒険】黄金の風 5部 名言ランキング 第1位 「許さねえッ!あんたは今再びッ!俺の心を裏切ったッ」(ブローノ・ブチャラティ)ボスの娘であるトリシュをボスの元まで送り届けたブチャラティ達。 しかし、それは実の娘が自分の手がかりとなるのを恐れて殺すためでした。 それに憤慨するブチャラティ。 再びというのは、一度目は組織が麻薬を扱い始めた事を指しています。 自身の幼少期と重なり、どうしても許せないブチャラティは、ボスを裏切ることを決めたのでした。 【ジョジョの奇妙な冒険】黄金の風 5部 名言ランキング まとめ 黄金の風にはまだまだ名言、名シーンがたくさんありすぎて15では足りませんでした。 名言に関してはかなり個人的なものなので各々違うとは思うのですが、お楽しみいただければ幸いです!ありがとうございました。

次の