仮想通貨 購入 おすすめ。 仮想通貨の種類一覧とおすすめ銘柄ランキング【2019年最新】

PROの特徴や将来性、PROが購入できるおすすめの取引所

仮想通貨 購入 おすすめ

おすすめ取引所一覧 取引所とは 仮想通貨を取引するうえで、仮想通貨を「売りたい人」と「買いたい人」を繋げるための仲介サービスプラットフォームのことです。 仮想通貨を自分が買いたい時に、売る人を自分で探すのは大変な作業になります。 そこで取引所を利用することでその手間を省き、「売りたいひと」「買いたい人」をマッチングさせることができます。 取引所はこの仲介に手数料を付けることで利益を得るシステムになっています。 仮想通貨を購入する方法は他にもありますが、取引所を利用することは初心者にとっても、現在、仮想通貨トレードをしている人も一番簡単にな手段の一つです。 Kucoinとは、香港に拠点を置く仮想通貨取引所であり、1日の取引量でも世界トップクラスを誇る取引所として有名です。 海外の取引所では珍しい日本語の対応をしており、日本人でも安心して利用することができ、日本に愛される取引所になっています。 日本人が使いやすい取引所なのはもちろんですが、取引通貨も豊富で、有名な主要通貨からマイナーアルトコインまで幅広く取り揃えています。 Kucoinでは、中国の仮想通貨取引所Binanceのオリジナルトークンである「BNB(バイナンストークン)」のように、取引所独自のKucoin Shares(KCS)というトークンが発行されています。 KCSを保有していると様々なメリットを受けることができます。 Bibox• 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする40種類以上• 取引手数料 : 0. 現在は提携は解消されていますが、日本の大手金融機関であるSBIホールディングスと以前まで提携していました。 しかし、取引所のサポートも日本語対応が開始されているので、日本人と関わりが深い取引所として注目の取引所となっています。 Huobi取引所は独自トークンである「Huobi Token(HT)」を発行したことになり話題となっています。 Binance• 主な取り扱い通貨 : BTC・ETHをはじめとする70種類以上• 手数料 : 0. 1%~0. 05%• 2位を争うほどの人気です。 中国の取引所なので中国系の仮想通貨を多く取り揃えていますが、仮想通貨先進国の日本で人気の仮想通貨も多く取り揃えています。 取扱種類は70種類を超えると言われています。 最大の特徴は、取引手数料がBNB バイナンストークン を使用して取引を行うと、手数料が0. 1%から半額の0. 05%になります。 仮想通貨取引での0. 05%は非常に安く人気の理由のひとつです。 Binanceは人気の仮想通貨をいちはやく取り入れるため、Binanceをチェックすることで、どの仮想通貨が今人気なのかを知ることができます。 さらに、公式の発表で全てのハードフォークに対応することを公表しており、BTCをBinance内で持っているだけでハードフォークコインが付与されます。 FCoin• 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・BCH・LTC・FT・ZIP• 手数料 : 0. 上場したばかりの仮想通貨も取り揃えているので何十倍になる可能性を秘めたマイナーコインが多く存在します。 「フリーコイン」というシステムがあり、ログインして特定の仮想通貨を選ぶことで24時間ごとに仮想通貨を無料で貰うことができるサービスです。 基本的には1円以下のマイナーコインが貰え、量は少ないですが簡単に貰うことができるのでYobitを利用する際は試してみましょう。 自分の仮想通貨を貸して、その利息を貰うという「レンティング」という機能もあります。 さらに、「ダイスゲーム」というカジノのハイアンドローの機能も付いており、自分の保有している仮想通貨を賭けて遊ぶゲーム機能も搭載しています。 Cryptopia• 主な取り扱い通貨 : BTC・BCH・XRP・XDG・BCCなど500種類以上• 手数料 : 0. 主要通貨から知られていないマイナーコインまで幅広く取り揃えており、ICO後のトークンもいち早く手に入れることができます。 Cryptopiaでの売買する基軸通貨は、BTC、LTC、DOGEです。 これらの通貨を国内から、Cryptopiaのウォレットに送金した後に、BTC建て、LTC建て、DOGE建てで他の通貨を購入するという手順になります。 ニュージーランドに拠点を置く仮想通貨取引所ですが2018. 3月にサークル社に買収されており、アジアにも展開していく予定です。 今後は日本と深い関係を築くかもしれませんので、今年の注目取引所になるでしょう。 Chaince• 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・EOS• 取引手数料 : 0. セキュリティ :??? Chainceは2018年6月8日にローンチされた、EOSプロジェクトに特価した取引所です。 ChainceではすべてのEOSのメインネットワークエアドロップの受領などをサポートし、ユーザーは複雑な操作を行うことなくアカウント内の対応するエアドロップトークンを受け取ることが出来ます。 またChaince独自トークン「CET」も発行しています。 CoinExchange• 主な取り扱い通貨 : BTC・LTC・ETH・ETC・DOGEなどの400種類以上• 手数料 : 0. 15%• 売買する基軸通貨は、BTC、ETH、ETC、LTC、DOGEですのでDOGE建てで無名のアルトコインを購入することができます。 仮想通貨で何十倍もの利益を得るためには好都合の取引所かと思います。 海外取引所の中でも手数料は0. 15%と非常に安く、国内取引所の手数料平均(3%~8%)よりも格段に安いので金額を気にすることなく取引を行えます。 取引画面も非常に見やすく初心者の方が初めて海外仮想通貨取引所を使う場合でも、安心して取引ができる環境になっています。 C-Cex• 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・BCH・ETCなどの200種類以上• 手数料 : 0. しかし、入金はドルのみでしか入金できないので、日本国内の取引所や販売所でBTCを購入してからC-CEXに移して始めましょう。 取引所の取扱通貨は200種類を超えていますのでアルトコインを購入するには非常に便利な取引所です。 1つ気を付けなければいけない点は、本社の運営陣や本社の所在地が分からないため、2段階認証を必ず行いましょう。 国内おすすめ取引所一覧 bitFlyer• 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK• 取引手数料 : -0. 20%~0. 00%• セキュリティ : 金融庁登録済み(関東003) 国内の大手仮想通貨取引所bitFlyerの運営は、株式会社bitFlyerによって運営されており、運営の資本金の多さと、大手の企業より出資を受けている点で信頼されています。 ビットフライヤーライトニング(bitflyer Lightning)というFXのトレードのように取引が可能なコンテンツがあります。 レバレッジ機能が付いており、最大5倍までレバレッジ取引が可能です。 さらに、メニューバーに「ビットコインを使う」というサービスまで提供しており、広告をクリックしてそれぞれのサービスを利用することでBitcoinでキャッシュバックの報酬が貰えます。 DMM Bitcoin• 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH• 取引手数料 : 0. 04%~0. 00%• セキュリティ : 金融庁登録済み(関東010) DMM. comで有名なDMMが仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」を運営しています。 もとは、DMMグループの「東京ビットコイン取引所」の称号を変更して立ち上げたブランドになります。 DMM Bitcoinに変更したのち、取引できる仮想通貨は7種類、現物取引は3通貨ペア、レバレッジ取引は14通貨ペアが可能です。 レバレッジ取引の機能も充実しており、大きな下落に巻き込まれた際「強制ロスカット」の仕組みを搭載しています。 証拠金維持率が80%を下回ると未約定注文を取り消し、すべてのポジションが強制決済されるようになっています。 GMOコイン• 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・LTC・XRP・BCH• 取引手数料 : 0. セキュリティ : 金融庁登録済み(関東006) GMOコインは取引所ではなく販売所(仮想通貨FX)となっております。 GMOインターネット株式会社グループ傘下の「GMOコイン株式会社」が運営しています。 GMOコインは仮想通貨FXに特化しており、ビットコインの場合、5倍・10倍のいずれかのレバレッジ取引が可能です。 (2018年4月25日ルール変更) 2018年1月〜3月の相場悪化により、営業損益が7億6200万の赤字となり、今後取引所サービスの展開も予定しているようです。 Zaif• 主な取り扱い通貨 : BTC・XEM・ETH・MONA・XCP・BCY・SJCX• 取引手数料 : -0. 001%~0. 00%• セキュリティ : 金融庁登録済み(近畿002) Zaifはテックビューロ社が運営する国内仮想通貨取引所です。 様々な機能を豊富に取り揃えており今後注目の取引所になります。 最大の特徴は、Bitcoinを取引すると手数料貰うことのできる「取引手数料-0. 01%」という機能があります。 取引所を利用するなかで資金が減らず、さらに増えるとなるとZaifを使うメリットは十分かと思います。 ZaifでBitcoinの取引をすると、前日のBitcoin残高の0. 毎日ログインするだけで0. 1年間繰り返すと、最大で3. 本人確認が完了していること• 前日のBitcoin残高が3. 0BTC以上であること• 直近3カ月の取引高が10万円以上であること コイン積立機能を搭載しており、定期預金のように自動積立してくれます。 高い時に少なく購入し、安い時に多く購入してくれます。 Quoinex• 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・BCH・QASH• 取引手数料 : 0. 15%• セキュリティ : 金融庁登録済み(関東002) QUOINEXはQUOINE株式会社の運営する仮想通貨取引所です。 QUOINE社は元々シンガポールに本社を置く取引所で現在もアジア地域への取引所サービス提供を行っています。 しかし、QUOINEXはシンガポール本社の意向に従いますので日本の法律ではなく、シンガポールの法律によって運営状況が大きく変わります。 さらに通貨ペアが外貨で入金できるため国内では重要な取引所です。 BitBank• 主な取り扱い通貨 : BTC・LTC・XRP・ETH・MONA・BCH• 取引手数料 : 0. 00%• セキュリティ : 金融庁登録済み(関東004) bitbankはビットバンク株式会社が運営する仮想通貨の取引所です。 現物取引のできる取引所をbitbank. cc、先物取引の取引所はbitbank Tradeと、分けてサービスを提供しています。 ビットバンク株式会社は、証券会社・FXブローカー向けの取引所である「bitbank for broker」、仮想通貨やブロックチェーンに関する情報を発信する「BTCN」の運営も行なっています。 bitbank. ccで取引することによりビットコイン売買手数料が-0. 05%で取引ができます。 ・メイカー手数料:-0. 05% ・テイカー手数料:+0. 05% bitbankは取引所のみの売買なので 0. 25〜0. 取引所から購入できないため、自分で売り買いの注文をしなければいけないので慣れるまで少しかかりますが、取引所 形式より多少安く通貨を購入できます。 BTCBOX• 主な取り扱い通貨 : BTC・ETH・BCH・LTC• 手数料 : 0. 00%(仮想通貨融資は0. 08%~0. 1%)• セキュリティ : 金融庁登録済み(関東008) BTCBOXは、BTCボックス株式会社はが運営をしており、日本市場で最も歴史の長いビットコイン取引所です。 また設立以来、無事故運営、サーバーダウン0、最も安全な取引所の一つです。 取引手数料がBTCBOXでの取引には売買の金額のみで、余計な手数料かかりません。 多くの取引所は、取引手数料がかかります。 BTCBOXも利用者が増加してから時期をみて取引手数料がかかるようになるかと思われます。 また、BTCBOXには仮想通貨融資という機能があり、BTCBOX内の自己総資産の3倍の金額まで、BTCを借りることができます。 一般的に信用取引と呼ばれている取引です。 08~0.

次の

2019年仮想通貨おすすめランキング!人気銘柄を時価総額・将来性で比較!

仮想通貨 購入 おすすめ

2020年に買いたい草コインとは? 草コインについて正確な定義はありませんが、ビットコインやイーサリアム、リップルといった有名な仮想通貨に比べて、世間にあまり知られていないマイナーなコインのことを言います。 草コインの由来は、笑ってしまうほど無名な通貨であるためネット用語の「草(w)」が名前の由来となっているとそうです。 草コインのほとんどは、知名度がないため価値はなかなか上がらないですが、なかには将来性をとても期待されているものもあります。 2020年は仮想通貨市場は厳しいですが、 今後また訪れかもしれない仮想通貨ブームに向けて将来性のある草コインに投資してみる価値はあります。 ここからは将来性を期待される草コインと王道の仮想通貨やおすすめの取引所をご紹介します。 2020年に買いたいおすすめの仮想通貨ランキング【草コイン編】 ここでは2020年に買いたいおすすめの草コインをいくつかご紹介します。 草コインの中でも将来的に価値が上がると予測されているものがたくさんあります。 それぞれの草コインの特徴や将来性を見て、ぜひ参考にしてみてください。 クアンタム QTUM 通貨名 クアンタム(Qtum) 運用開始 2016年12月 時価総額ランキング 第33位 時価総額 約198億円 24時間取引量 約95億円 ブロック生成速度 約2分 代表的な取引所 Binance クアンタム(Qtum)は、シンガポールの「Qtum財団」のオープンソースブロックチェーンプロジェクト内で開発された仮想通貨で、2016年12月から公開されました。 クアンタム(Qtum)の特徴は、ビットコインとイーサリアムの両者の良さを合わせ持っているところです。 クアンタム(Qtum)のシステムは、ビットコインが持つシステムの安定的で軽量なところとイーサリアムのスマートコントラクトというブロックチェーン技術を兼ね備えています。 そのため、クアンタム(Qtum)はシステムが安定していて軽量であるにもかかわらず、スマートコントラクトによって安全な取引も可能にします。 クアンタム QTUM の将来性 クアンタム(Qtum)は、ビットコインとイーサリアムの両者の高い技術力を持ち合わせていることから、扱う取引所などが増えれば価格が上がることも期待されています。 しかし、技術的な側面で考えるとビットコインとイーサリアムの両者の技術の長所だけでなく、短所も持ち合わせているためリスクが高いことも考えられます。 また、創設者が中国人のダイ・パトリック氏で、クアンタム(Qtum)を取り扱っている取引所もほとんど中国の取引所が扱っていることから中国の経済情勢に左右されることも懸念材料の1つです。 ウェーブス WAVES 通貨名 Waves(WAVES) 運用開始 2016年4月 時価総額ランキング 第23位 時価総額 約340億円 24時間取引量 約21億円 ブロック生成速度 約1分 代表的な取引所 Binance ウェーブス WAVES は、個人で独自のトークンが発行できるプラットフォーム型の仮想通貨で、ロシア発のICOプロジェクトでもあります。 2016年にICOプロジェクトで最も金額を集めました。 ウェーブス WAVES の特徴は、誰でも独自のトークンを発行できることで、トークンの名前や総発行量、追加発行の可否などいろいろ自分自身で設定することができ、発行をします。 また、独自のトークンでなくても、Wavesのプラットフォーム上の分散型取引所で、イーサリアムやビットコインなどの仮想通貨、ドルやユーロなどの法定通貨も取り扱えます。 ウェーブス WAVES の将来性 ウェーブス WAVES は仮想通貨としての価値よりもWavesのプラットフォーム上で発行した独自のトークンをポイントカードの代わりとして使うといったことなどのキャッシュレス化に期待されているそうです。 しかし、スマートコントラクトや匿名取引機能を導入する予定でまだ開発途中なところや日本の取引所では使えないなどといった課題が多い面もあります。 また、ERC20トークンであることからイーサリアムのネットワークを利用することもできます。 ERC20トークンは、最低限の必要な機能や用語、注意事項が基準化されているので簡単にトークンを作成できます。 しかし、Binanceは中国の取引所であるため、中国の経済情勢によっては規制される可能性もあるため、投資をする際は慎重に行うべきでしょう。 ビットコインSV BSV 通貨名 ビットコインSV BSV 運用開始 2018年 時価総額ランキング 第6位 時価総額 約394億円 24時間取引量 約215億円 ブロック生成速度 10分 代表的な取引所 フィスコ ビットコインSV BSV とは、ビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォーク(ブロックチェーンの仕様を変更すること)されたことで分岐してできた仮想通貨です。 ビットコインSV BSV は、ビットコインキャッシュ(BCH)の機能よりも安全でシンプルに使えることを目的に、クレイグ・ライト氏によってハードフォークを行われました。 ビットコインキャッシュ(BCH)も、もともとはビットコイン(BTC)からハードフォークで分岐したコインで、クレイグ・ライト氏がビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークにも関わっています。 ビットコインSV BSV の将来性 ビットコインSV BSV の将来性は、現在のそんなに高くないと言えます。 というのも同じくビットコインキャッシュ(BCH)からハードフォークしたビットコインABCの方が仮想通貨としての価値が高いと考えられるからです。 ビットコインSVとビットコインABCは、どちらがより長いブロックチェーンを作れるかというハッシュ戦争というものを行って、結果的にビットコインABCがビットコインキャッシュ(BCH)の通貨単位や名称を引き継ぐ形となり、ビットコインSVは個別にプロジェクトを進めることとなりました。 このことからも将来性で言えば、ビットコインキャッシュ(BCH)の後継と考えられるビットコインABCの方が期待は大きいでしょう。 アイオタ MIOTA 通貨名 アイオタ MIOTA 運用開始 2015年11月 時価総額ランキング 第24位 時価総額 約600億円 24時間取引量 約14億円 ブロック生成速度 1分20秒 代表的な取引所 Binance アイオタ MIOTA は、2015年11月に公開された手数料が一切掛からない決済が可能なIoT(アイオーティー)に適した仮想通貨で、MIOTAという名前はIoTから由来しています。 IoTはInternet of Thingsの略語で、ネットと車や家電製品などをつなぐ構想のことを言います。 アイオタ MIOTA では、「Tangle」というネットワークを使用していて、他の仮想通貨と同じような分散型システムを採用しています。 IoTの技術を用いて、通信を効率化することでリアルタイムの支払いを可能にし、手数料の無料化を実現しています。 アイオタ MIOTA の将来性 アイオタ MIOTA はIoT社会に適した仮想通貨であることから将来性は高いでしょう。 IoTが社会に浸透していけば、アイオタ MIOTA の価値も高くなっていくと考えられます。 実際にアイオタ MIOTA は、TangleのシステムがMicrosoftや富士通といった大手IT企業にも高く評価され、20社以上と提携を結んでいます。 しかし、アイオタ MIOTA は今のところ技術的に開発途中であるため、社会に浸透するまでまだまだ時間は掛かると考えられています。 モネロ XMR 通貨名 モネロ(XMR) 運用開始 2014年4月 時価総額ランキング 第15位 時価総額 約1000億円 24時間取引量 約100億円 ブロック生成速度 2分 代表的な取引所 Binance モネロ(XMR)は、エスペラント語で「コイン」や「硬貨」という意味で、Monero Projectによって2014年4月に公開された匿名性を重視した仮想通貨です。 もともとは「BitMonero」という名前で呼ばれていたが、省略して「Monero」という呼ばれるようになりました。 モネロ(XMR)は、「Bytecoin」のソースコードを基に作られており、「CryptoNight」というアルゴリズムを使っています。 Bytecoinは「Cryptonote」という匿名性の高い技術を用いているため、Bytecoinの技術を参考にしているモネロ(XMR)も匿名性の高い仮想通貨です。 モネロ XMR の将来性 モネロ(XMR)は、匿名性の高い仮想通貨なので、将来性に期待はできます。 特に仮想通貨のセキュリティーなど安全面を心配することは多いため、モネロ(XMR)は安全に取引したいという人へのニーズは高いです。 しかし、海外の取引所でしか取り扱っていないことや実社会で決済できる店舗があまりないなど日本で浸透する可能性が少ないのが難点です。 2020年に買いたいおすすめの仮想通貨ランキング【王道アルトコイン編】 ここでは2020年に買いたいおすすめの王道の仮想通貨をいくつかご紹介します。 草コインは未知数な部分も多いですが、これからご紹介する仮想通貨はどれも人気のものばかりです。 ほとんど知っている仮想通貨ばかりだと思いますが、ここでそれぞれの仮想通貨の特徴や性質を確認してみてください。 イーサリアム(ETH) 通貨名 Ethereum(ETH) 運用開始 2014年2月 時価総額ランキング 第3位 時価総額 約1. 6兆円 24時間取引量 約2000億円 ブロック生成速度 約15秒 代表的な取引所 コインチェック イーサリアム(ETH)は、当時10代だったヴィタリック・ブテリンが開発し、2014年に公開された仮想通貨です。 また、日本ではプラットフォームとしての名称もイーサリアムと呼びます。 ビットコインでも使われているマイニングで通貨を発行するプルーフオブワークを採用しており、今後はマイナー(マイニングする人)の通貨保有量と保有期間によりマイニングの難易度を調整するプルーフオブステークへの移行も検討されている。 イーサリアム(ETH)は、スマートコントラストという高い技術を駆使して、仮想通貨のシステムなどの開発を担う存在として今後期待されています。 リップル XRP 通貨名 Ripple(XRP) 運用開始 2015年11月 時価総額ランキング 第2位 時価総額 約1兆6000億円 24時間取引量 約584億円 ブロック生成速度 約5秒 代表的な取引所 コインチェック リップル(XRP)は、アメリカのRipple社が開発した仮想通貨で、日本ではリップルの愛称で言われているが、通貨としての正式名称は「XRP」です。 2013年から公開され、アルトコインの中でも代表的な仮想通貨とされています。 リップル(XRP)のウリは国際送金のしやすさで、これはRipple社が独自に開発した分散型の暗号台帳である「リップルネット」によるものです。 リップルネットの技術は、国際送金システムとして高い評価を得ており、世界中の機関が利用しています。 このことからリップル(XRP)が将来的に普通の通貨として使用されることも期待されているため、とても価値の高い仮想通貨です。 ビットコインキャッシュ BCH 通貨名 ビットコインキャッシュ(BCH) 運用開始 2017年8月 時価総額ランキング 第5位 時価総額 約4187億円 24時間取引量 約1230億円 ブロック生成速度 10分 代表的な取引所 コインチェック ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年8月にビットコインから派生した仮想通貨で、ビットコインの問題点を改善してできたものです。 ビットコインキャッシュ(BCH)は、仮想通貨の代表として知られるビットコインの欠点を補ってバージョンアップしたものなので、将来性はとても高く期待されています。 ライトコイン LTC 通貨名 ライトコイン(LTC) 運用開始 2018年9月 時価総額ランキング 第7位 時価総額 約3794億円 24時間取引量 約300億円 ブロック生成速度 約2. 5分 代表的な取引所 コインチェック ライトコイン(LTC)は、グーグルのエンジニアだったチャーリー・リによって開発された仮想通貨です。 ビットコインのように取引の速さと手数料の安さを目指し、物の売買など実用化することを目的として作られた。 ビットコインの次に歴史が古い仮想通貨で、2011年から取引がされている。 ライトコイン(LTC)は海外だけでなく日本の取引所でも広く扱われており、アメリカではビットコインと比較されるほど人気である。 そのため、取引のスピードが上がり、安全に取引ができれば企業や決済サービスとの連携が増えることも期待されています。 イオス EOS 通貨名 イオス(EOS) 運用開始 2017年6月 時価総額ランキング 第8位 時価総額 約2300億円 24時間取引量 約2000億円 ブロック生成速度 約3秒 代表的な取引所 Binance イオス(EOS)とは、2017年6月に公開された仮想通貨で、これまで約10億枚発行されており、そのうち1億枚は開発団体が保有しています。 そのほかに2億枚はICOで配布され、残りの7億枚が市場に出回っています。 イオス(EOS)は発行されてすぐに時価総額上位10位に入るなど、とても大きな注目を浴びている仮想通貨です。 イオス(EOS)の特徴は、スマートコントラクトを採用することで高い処理能力を誇り、手数料もかかりません。 そのため、普通の通貨として利用されることも期待されています。 草コインやアルトコインが購入できるおすすめの取引所BEST3! ここまでおすすめの草コインや代表的なアルトコインを紹介してきました。 いろいろなコインについて知れたけど、仮想通貨取引所もいろいろあってどこを使えばいいかまたは海外の取引所は不安だな思いますよね? そこで、ここでは草コインやアルトコインを購入するのに押さえておきたいおすすめの仮想通貨取引所を3つご紹介します。 BINANCE(バイナンス) BINANCE(バイナンス)は、登録者数や取引数が世界第1位であることから「世界一の仮想通貨取引所」と言われるほどの有名な仮想通貨取引所です。 BINANCE(バイナンス)の特徴は、とにかく手数料が安く、取り扱い通貨が150種類以上と豊富であることです。 また、レバレッジを125倍でFX取引できることやハードフォークというブロックチェーンの仕様を変更することができるのも魅力の1つです。 しかし、日本語に対応していないことや日本円での入金に対応していないので、その点は注意が必要です。 Bitfinex(ビットフィネックス) Bitfinex(ビットフィネックス)は、香港を拠点とする仮想通貨取引所です。 Bitfinex(ビットフィネックス)では、過去に数回もハッキング被害に遭いましたが、それによってセキュリティを強固にし、現在では世界最大級の取引所の一つです。 また、取引量がとても多く、ビットコインのドル建てでは取引量が世界一になるなど世界的に人気の仮想通貨取引所です。 しかし、取引を行うために約1万米ドル(約108万円)以上の仮想通貨や法定通貨を保有していけないという条件があるため、仮想通貨取引の初心者にハードルが高いのが難点です。

次の

初心者のときに知りたかった!仮想通貨の買い方のコツ、おすすめ購入方法

仮想通貨 購入 おすすめ

仮想通貨(暗号資産)の購入方法は2種類 仮想通貨は、暗号資産とも呼ばれています。 仮想通貨を購入する方法は、「取引所」で買うか「販売所」で買うかの2種類です。 一般的には、この2つを合わせたものを「仮想通貨取引所」と呼んでいます。 取引所:ユーザー同士が取引 取引所とは、ユーザー同士が合意して取引する場所です。 ユーザーが提示した条件で取引に応じる相手がいれば取引成立です。 自分の望んだ価格で取引が成立しやすい一方、同意する相手が出るまで時間がかかる場合があります。 ただ、販売所に比べて手数料が格段に安いため、費用を節約したい人は取引所を利用するようにしましょう。 販売所:ユーザーと運営会社が取引 販売所は、仮想通貨取引所を相手に売買する場所です。 そのため、取引相手がいなくて注文が通らないといったことはなく、注文を出せばすぐに取引が成立します。 ただし、取引所より手数料は高くなる傾向があるので注意が必要です。 仮想通貨取引所を選ぶための4つのポイント 仮想通貨取引所を選ぼうと思っても、どこにすればいいか迷ってしまうかもしれません。 そこで、仮想通貨取引所を選ぶ際のポイントを4つ紹介します。 取扱通貨数 仮想通貨取引所のサイトで、どの仮想通貨が取引できるのか確認できます。 ビットコインはどの取引所でも購入可能ですが、その他のコインであるアルトコインは取引所によって取り扱いがない場合もあります。 自分が取引したい通貨に対応しているかは、必ずチェックするようにしましょう。 セキュリティ 仮想通貨取引所を選ぶ時にもっとも大切なのが「セキュリティ」です。 セキュリティは取引所の防御力。 不正アクセスやハッカーの攻撃などを防ぎ、ユーザーの資産やシステムそのものの安全性を保てる取引所を選ぶようにします。 過去には取引所がハッキングされ、仮想通貨が盗まれるという事件が複数起きました。 その場合でも取引所側の補償に限界があるため、あらかじめハッキングが起きないようにセキュリティが徹底されているかを確認しないといけません。 また、 仮想通貨取引所でセキュリティレベルを上げるための「二段階認証」を設定できるかもチェックしておくようにしましょう。 取引量 取引量とは、仮想通貨ごとの取引金額を示すものです。 取引量が少ないと、買いたい時に買えなかったり、売りたい時に売れなかったりという流動性リスクが高まります。 流動性が低いと価格の変動が激しくなってしまう可能性があるので、取引量の多い通貨を調べ、それを扱っている取引所を選ぶようにしましょう。 手数料 取引所ごとに手数料が異なるので、必ずチェックしておきたいポイントです。 取引手数料だけでなく、ビットコインの送金や入出金に手数料がかかることもあります。 各取引所のサイトなどで事前に確認しておきましょう。 おすすめの仮想通貨取引所 コインチェック 出典: コインチェックは、仮想通貨アプリダウンロード数がNo. 1で、初心者でも使いやすいアプリ画面が特徴。 平日・土日関係なく、24時間いつでも500円から仮想通貨を売買できます。 過去には仮想通貨の流出事件がありましたが、大手マネックスグループになったことにより安心度が高まりました。 現在は、ネットワークにつながっていない場所に資産を保管しているので、堅牢性の高いセキュリティが担保されています。 bitFlyer(ビットフライヤー) 出典: ビットフライヤーは、仮想通貨サービス利用率国内No. 1の仮想通貨取引所。 ビットコインだけでなく、モナコインやイーサリアムなど様々な仮想通貨を取引できます。 ビットフライヤー のアプリなら、24時間365日いつでもどこでも仮想通貨を取引できます。 株主に三菱UFJグループやみずほグループが入るなど、母体にも安心感があります。 GMOコイン 出典: GMOコインは、FX口座数世界一の実績を持つGMOインターネットが運営する仮想通貨取引所。 ネット証券大手のGMO証券も運営しているので、セキュリティが強いことで知られています。 仮想通貨を資産として現物保有するだけでなく、レバレッジを使った資金効率の高い取引もできます。 仮想通貨(暗号通貨)の選び方のコツ 仮想通貨を買うなら、価格が大きく上昇しそうな通貨を買いたいものですが、どの仮想通貨でも上がるわけではありません。 中には急落する仮想通貨もあります。 仮想通貨を選ぶ時は、まず時価総額を確認しましょう。 時価総額ランキング上位10位までの仮想通貨であれば、資金が多く集まっているので安心感があります。 代表的なところでは、「ビットコインキャッシュ」や「リップル」「イーサリアム」「ライトコイン」などがあります。 仮想通貨の時価総額は、以下のサイトで確認可能です。 ただ通貨に迷った時は、素直にビットコインを購入することをおすすめします。 ビットコインは仮想通貨の中でもダントツの時価総額を誇り、信頼性があるので値上がりする可能性が高いからです。 ニュースなどでも取り上げられる機会が多く、情報も得やすいというメリットもあります。 草コインは海外の仮想通貨取引所で購入 時価総額が低くマイナーな仮想通貨を「草コイン」と呼び、主に海外の仮想通貨取引所で購入できます。 「コバン」「マイン」「ミンドル」など多くの種類がありますが、そのような通貨はそもそも信用に値するかわからないので、初心者は買わないほうが無難です。 仮想通貨の販売所・取引所のそれぞれの買い方 仮想通貨を購入する方法 仮想通貨の販売所・取引所、それぞれの購入方法を確認していきましょう。 販売所 販売所を利用して仮想通貨を購入する時は、希望するだけの量を購入できます。 コインチェックとユーザーがコインを売買する仕組みで、少し手数料が高めに設定されていますが、確実に仮想通貨を購入できます。 取引所 取引所では売買板に出ている価格と数量に応じた取引になります。 ユーザー同士のマッチングがうまくいかなければ取引は成立しません。 板情報には、仮想通貨のリアルタイムの買い注文と売り注文の状態が並んでいます。 もっとも安い価格で出されている売り注文が「買値」、もっとも高い価格で出されている買い注文が「売値」です。 買値と売値の価格差を「スプレッド」といいます。 売買する時はスプレッドにも注意しましょう。 ただし販売所と取引所では見方が変わってきます。 仮想通貨取引所と直接取引を行う販売所では、取引手数料が無料の場合が多いものの、実際にはスプレッドの中に仮想通貨取引所に支払う手数料が含まれているからです。 スプレッド幅が固定されている場合は、スプレッドが狭い取引所のほうが投資家にとって有利です。 固定されていない場合でも、傾向としてスプレッドが狭い取引所を選ぶようにしましょう。 一方の取引所では、ユーザーが出した注文状況によってスプレッドが変わるので、スプレッド幅を気にしてもあまり意味はありません。 取引所の注文方法には、相場で取引が成立している現在の価格で購入・売却する「成行注文」と、購入・売却したい価格と数量の希望を出して、同じ数量と価格で取引したい人が現れるまで待つ「指値注文」があります。 成行注文をする時は、自分が売買したい価格・数量に注文が出ているかを気にする必要があります。 取引所では、スプレッドよりも売買が活発に行われるかどうかのほうが重要です。 注文量が多い取引所のほうが、売買は成立しやすいからです。 複数の取引所の板情報を見るとその差がよくわかるので、見比べてみることをオススメします。 実際の仮想通貨の購入方法(コインチェック) それでは、実際の仮想通貨の購入方法を見ていきましょう。 今回は、人気が高い仮想通貨取引所であるコインチェックで、実際の購入方法を解説しています。 仮想通貨の購入資金を入金する 出典: 口座を開設したら取引するために入金しましょう。 コインチェックの入金には、以下の3つがあります。 銀行振込 入金手数料がかからず、コンビニのATMなどからも振り込みが可能で、利用しやすいのが特徴。 2018年10月から全銀協(全国銀行協会)が、24時間365日いつでも他行口座にお金を即座に振り込めるシステム(モアタイムシステム)を稼働させたので、モアタイムシステムに参加している銀行からは、コインチェックに24時間振込が可能です。 コンビニ入金 コンビニ入金とは、コンビニに設置された端末で日本円を入金する方法。 全国のコンビニエンスストアで簡単に手続きができます。 クイック入金 クイック入金はペイジー決済とも呼ばれ、携帯電話やパソコン・ATMから入金できるサービス。 金融機関の営業時間に左右されず、24時間365日決済が可能です。 コインチェックへの入金もすぐに反映されます。 仮想通貨を購入する 出典: 入金したら、仮想通貨を購入します。 通貨によって最低取引単位は異なりますが、初心者は少額から始めるようにしましょう。 コインチェックの販売所では、仮想通貨を500円から購入できます。 たとえば、ビットコイン(BTC)の場合、1BTCが100万円だとしても0. 001BTC単位で取引ができるので、約1,000円で購入できるのです。 仮想通貨は、まとまった資金がなくても取引を開始できるのが魅力です。 1つの通貨にかかる資金が少ないと、手軽に始められるだけでなく、ネムやリップルなど複数の仮想通貨に分散投資しやすいというメリットがあります。 初心者におすすめの購入方法は積立投資 仮想通貨のリスクを軽減させる方法として、「積立投資」があります。 積立投資とは、毎月決まった日に同じ額の資金で仮想通貨を購入し続けることです。 たとえば、毎月10日に3,000円積立すると決めたら、毎月ビットコインを買い続けます。 この時大切なのは、ビットコインの価格に左右されずに買い続けることです。 ビットコインの価格の動きを気にしてしまうと、「もっと良い条件で買おう」という気持ちが強くなっていつまでも買えなかったり、価格が上がると慌てて購入してしまい不利なタイミングで買ってしまう可能性があります。 こうした心理的な影響を持ち込まず、機械的に決めた日に一定額で仮想通貨を買い続けることが成功の秘訣になります。 積立投資のメリットは、次の2つです。 少額から始められる ビットコインなどの仮想通貨で投資を始めたいと思っても、まとまった資金がない人もいるでしょう。 そんな人でも始められるのが積立投資です。 3,000円程度の資金でも毎月積み立てることで、将来大きな利益を狙うことも可能なのです。 リスクを分散できる 2つ目のメリットは、時間分散によってリスクを抑えられることです。 仮想通貨の積立投資は、「ドルコスト平均法」とも呼ばれています。 ドルコスト平均法とは、価格が安い時にたくさん購入し、逆に価格が高い時は少量しか購入しないため、平均的な取得額が分散されることです。 ドルコスト平均法は一方向に動く相場よりも、上下に激しく動く方相場のほうがより効果を発揮します。 ただし、積立投資は長期で考えるようにしてください。 始めて数ヶ月程度ではなかなか結果を出すことはできないからです。 短期的に仮想通貨の価格が下がったからといって積立投資を止めてしまうと、利益を出すことはできません。 価格が下がった時は、多くの数量を買えるので、むしろチャンスと考え積立投資を続けるようにし、長期的な利益を狙うようにしましょう。

次の