アウトランダー モデル チェンジ。 【新型アウトランダー/PHEV】2020年10月フルモデルチェンジ!最新情報、航続距離/充電時間、燃費、価格、発売日は?

フルモデルチェンジ版・三菱の新型「アウトランダーPHEV」はこうなる?ダイナミックシールドは健在で、日産の次期「エクストレイル」と共通する部分も

アウトランダー モデル チェンジ

三菱が、SUV「アウトランダー」のフルモデルチェンジに向けて開発を進行しています。 新世代とすることにより走りを進化させる三菱新型アウトランダーについて、変更点やスペック、発売日などを最新情報からご紹介します。 アウトランダーは、ブランドのミドルクラスSUVとしてラインナップされ、充電した電力による走行が可能なプラグインハイブリッドモデルが世界的に人気になっています。 フルモデルチェンジする新型アウトランダーでは、新世代のデザインを採用するほか、走行パフォーマンスを高め、魅力をアップします。 新世代のエクステリア、インテリアデザインを採用• プラグインハイブリッドシステムの効率をアップし、EV航続距離70km以上を確保• 2Lディーゼルエンジンを搭載• アウトランダーPHEVに3列シート7人乗りモデルをラインナップ• 内装に新世代大型デジタルインフォテイメントディスプレイを採用• 新世代プラットフォームにより室内空間を拡大• フロントはブランドデザインの「ダイナミックシールド」を進化し、大型のグリルと小型の新世代ライトを装備。 バンパーサイドには、オフロードミニバンの「デリカD:5」にも採用されていた大型のフォグランプとデイタイムランニングライトを装備することで存在感がアップされます。 サイドはシンプルなライン構成とすることで、これまでより上級を意識。 リアランプはフロントをイメージをあわせたスマートなデザインとなります。 その他、新型アウトランダーにはカメラによりボディ側方を撮影し、室内のディスプレイに映すサイドミラーレス技術を採用。 燃費や航続距離の延長に貢献するほか、より先進的なスタイルが演出されます。 現行モデルはマイナーチェンジによりブランドデザインのダイナミックシールドが採用され人気になりましたが、新型アウトランダーではよりタフなデザインとすることでブランドのアイデンティティが表現されます。 ホイールベース:2700mm• しかし、ルノー日産グループの新世代プラットフォームを使用することで車体を軽量化。 乗員用スペースも空間効率をアップすることで拡大されます。 新装備!三菱新型アウトランダーの内装(インテリア)デザイン 三菱新型アウトランダーの内装は、新世代の装備を採用することでより使い勝手がアップされます。 インフォテイメントには大型の新世代タッチ対応ディスプレイが装備され、スマートフォンやインターネットとの連携を強化することでさまざまな情報をわかりやすくドライバーに提供。 アウトランダーPHEVの充電スポットも利用しやすくなります。 室内空間は新世代プラットフォームにより拡大され、後席をフラットに収納することで人気になっている車中泊にも対応。 これまで2列シート5人乗りとされていたアウトランダーPHEVにも、3列シート7人乗りモデルが設定されます。 【アウトランダーPHEV】 パワートレイン:直列4気筒2. 9kgm ・バッテリー容量:リチウムイオンバッテリー13. 【ディーゼル】 直列4気筒2. 駆動方式:FF or 4WD「S-AWC」(PHEVは4WD車のみ) 三菱新型アウトランダーには、現行モデルの改良時に新設計された最新プラグインハイブリッドシステムと2. 2Lディーゼルターボエンジンが搭載されます。 新型アウトランダーPHEVは、新世代の駆動用バッテリーとエンジンを搭載し、モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち約9割ものコンポーネントを改良。 エンジン排気量は前モデルの2Lから2. 4Lに変更し、カムプロフィールの変更とバルブタイミング制御により高膨張比サイクル(アトキンソンサイクル)化により、低回転域で効率のよい発電が可能に。 またエンジン発電制御を全域で見直し、エンジン音を大幅に低減させることで発電によるエンジン始動時の違和感が低減し、モーター駆動が生み出す気持ちよい走りを、より楽しめるようになっています。 2Lディーゼルエンジン 2. 2Lディーゼルは、「エクリプスクロス」や「デリカD:5」で採用された最新パワートレインとなっており、最大トルクを前世代から2kgmアップ。 AdBlueを用いてディーゼルエンジンの排出ガスを浄化する「尿素SCRシステム」を、三菱自動車として初めて採用。 トランスミッションは前モデルの6速ATから8速まで多段化させることで、オンロードからオフロードまでより幅広い走行状況に対応しています。 「S-AWC」!三菱新型アウトランダーの走行システムは? 新型アウトランダーには、改良された車両運動統合制御4WDシステム「S-AWC」が搭載されます。 改良された「S-AWC」は、以前用意されていた「NORMAL」「4WD LOCK」の走行モードに、「SPORT」と「SNOW」を追加。 「SPORT」モードは、エンジンやモーターのレスポンスを高め、前後駆動力配分をリア寄りとすることで旋回性能と加速性能を最大限向上。 これにより、ワインディングなどでもレスポンスよく、キビキビとしたスポーツ走行が可能となります。 「SNOW」モードでは、アクセルレスポンスや車両挙動を穏やかにすることで、氷雪路のような滑りやすい路面での安定性とコントロール性を高め、より安心して運転できるように仕上げられます。 【ディーゼル】 2. 2Lディーゼル:15. 【アウトランダーPHEV】 複合:20. 5時間 ・急速充電時間:約25分(バッテリー容量の80%まで) 三菱新型アウトランダーの燃費は、新世代のパワートレインとプラットフォームにより改善されます。 EV航続距離は現行モデルの改良時に60. 8kmから65kmと延長されていましたが、新型アウトランダーPHEVでは70km以上を確保することで、より日常での使いやすさを向上。 新設定される2. 2LディーゼルエンジンはデリカD:5で13. 最新システム!三菱新型アウトランダーの安全装備は? 三菱新型アウトランダーの安全装備には、予防安全技術「e-Assist」が全車標準装備されます。 「e-Assist」は、前方の車両や歩行者を検知して、衝突の危険があると警報や自動ブレーキで被害を軽減または回避する「衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]」、車線を外れそうになると警報で注意を促す「車線逸脱警報システム[LDW]」機能を搭載。 その他、設定した車間距離を保ちながら認識した先行車の加減速や停止などに自動追従して、停止の際は一定時間停止状態を保持する「レーダークルーズコントロールシステム[ACC]」、車両の有無や道路周辺の明るさなどに合わせて自動でヘッドライトのハイビームとロービームを切り替える「オートマチックハイビーム[AHB]」を採用。 アウトランダー:300万円~• アウトランダーPHEV:410万円~ 三菱新型アウトランダーの価格は、装備の充実にあわせ価格がアップされます。 現行モデルはベースモデルにガソリンエンジンが搭載され266万円からとなっていましたが、新型アウトランダーではディーゼルエンジンに変更し300万円台にスタート価格をアップ。 アウトランダーPHEVは、装備内容により10万円前後の変更に抑えられるとみられています。 G Limited Edition:3,939,840円• G:4,182,840円• G Plus Package:4,479,840円• G Premium Package:4,793,040円• 24M(2. 24G(2. 24G Plus Package(2. 現行モデルは大幅な改良を行い主力SUVになりましたが、2012年から継続販売される車種になっていることから、三菱は新世代とすることでさらなるユーザーにアピールしていきたい考えです。 アウトランダーのモデル名は、遠隔の地を表す「outland」が由来になっており、「未知なる地へ向かう冒険者」を意味しています。 日本発売前は、前モデルとなる「エアトレック」の輸出名に採用されていました。 サイズはエアトレックから一回り大きくされ、走行モードを2WD、4WD、4WDロックに変更できる電子制御4WDを組み合わせることで、高い走行性能が確保されました。 現行モデルの2代目は2012年に登場し、安全システムや環境性能を改善。 2013年には、トヨタ・プリウスPHVに次いで日本での量産型2車種目のプラグインハイブリッド車となるアウトランダーPHEVを発売。 家電が使用できる電源コンセントなどを装備し、人気モデルになりました。 アウトランダーPHEVは、アジアクロスカントリーラリーやバハ・ポルタレグレ500などのラリー競技にも参戦し、その走行性能が世界的にアピールされています。 新型三菱アウトランダーPHEVについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

【2020】三菱新型アウトランダーPHEV フルモデルチェンジ最新情報まとめ!ピュアEV化?三列シート化?次期デザインや発売日は?

アウトランダー モデル チェンジ

今回公開されている新型「アウトランダー」を見ていくと、これまで目撃されてきた開発車両の特徴を捉え、更には三菱のアイデンティティともいえるダイナミックシールドグリルや釣り目タイプのLEDデイタイムランニングライト、その直下には独立式となるLEDヘッドライトと豆球?タイプのウィンカー、そしてダイナミックシールドのメッキフレームに沿う形で丸形のLEDフォグランプが搭載されているのが確認できますね。 ~現行モデル以上にアグレッシブでボディサイズも大きくなるのは必須~ こちらが実際に目撃された新型「アウトランダーPHEV」の開発車両。 カモフラージュはかなり分厚めで、フロントダイナミックシールドグリルを確認することは難しいですが、確実に現行モデルよりもアグレッシブでボディサイズも大きくなることは間違いないですし、何よりもLEDデイタイムランニングライトは次期「エクストレイル」と共通したデザインに仕上げられそうですね。 他にもボディカラーを変更したレンダリングをチェックしていきましょう。 欧州市場などでは注目されそうなオレンジカラーですが、日本市場ではちょっとウケは良くないかも? こちらはスポーティなブルーカラー。 全体的に引き締まった印象を受けるカラーですが、こちらも欧州市場にて人気を集めそうなカラーです。 ちなみにパワートレインについては、今のところ「エクリプス・クロス Eclipse Cross 」と同じ排気量1. 5L 直列4気筒ターボチャージャーエンジン+電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムを設定する?との噂があるそうで、システム総出力の向上はもちろんのこと、バッテリーのみでの航続可能距離を70km以上に伸ばす可能性もあるとのこと。 デビュー時期については今のところ明確になっていませんが、例の社会問題 の 影響もあって時期も遅れている可能性もあるため、もしかすると2021年初め頃に登場するのでは?との噂があるそうです。 競合モデルにはトヨタ新型「RAV4 PHV」が挙げられると思いますが、こちらは日本市場では6月1日に発表・発売が決定しているため、既に出遅れている感はありますが、何とか持ちこたえてほしいところですね。

次の

【2020】三菱新型アウトランダーPHEV フルモデルチェンジ最新情報まとめ!ピュアEV化?三列シート化?次期デザインや発売日は?

アウトランダー モデル チェンジ

(ベストカー 講談社) そこで今回カーギークで取り上げるのが 三菱新型アウトランダーPHEVのフルモデルチェンジ最新情報。 現行アウトランダーPHEVは発売から既に経ってますが、果たして次期モデルはどう進化するのか?ついにピュアEV化される? 発売日は2020年後半に早まる? まず最初は「発売日・発売時期」の最新情報。 新型アウトランダーはいつごろフルモデルチェンジするのか? 結論から書くと、 三菱新型アウトランダーの発売日は2020年後半頃になります。 ベストカーの最新情報が先駆けてそれを報じ、マガジンXの最新情報でも後追いで2020年秋頃を発売日と報道。 当初はマガジンXは2021年のフルモデルチェンジを予想してたものの、新型アウトランダーの発売日は早まってる様子。 でのメーカー規模を考えると三菱自動車の経営資源は知れてるものの、既に日産傘下に入ってるのは周知の事実。 次期アウトランダーPHEVの開発にも日産自動車が当然にして関与しており、そこらへんが良い意味で影響か。 とはいえ既に現行アウトランダーPHEVは2018年夏にビッグマイナーチェンジを行い、2019年9月にも一部改良を施すなど何度かテコ入れされてますが、フルモデルチェンジまで「足掛け8年」と非常に長いモデル周期に落ち着きそう。 新型アウトランダーPHEVの次期デザインはどうなる? 続いては「次期デザイン」の最新情報。 新型アウトランダーPHEVのフルモデルチェンジ後の見た目はどう進化するのか?はたまたフルモデルチェンジ後もキープコンセプトなのか? 結論から書くと、 新型アウトランダーPHEVの外観は大胆に進化しそう。 キープコンセプトではあるものの、見た目の雰囲気はガラッと変わりそう。 (三菱エンゲルベルクツアラー 外観デザイン画像) 2019年3月開催のジュネーブモーターショーに出品された「エンゲルベルクツアラー」と呼ばれるコンセプトカーと雰囲気は酷似。 当初から次期アウトランダーと目されていましたが、ボンネットフードの立体感などは想像以上に似てるかも。 例えば、新型アウトランダーのフロントマスクを詳しく見ておくと、メッキパーツに薄型LEDヘッドライトが内蔵され、ターンシグナルランプがそれに沿うように設置。 グリルはハニカム風構造に仕上がり、穴のカタチはeKワゴンや次期eKスペースといった三菱自動車の最近のそれに近い形状か。 リア周りもコンビネーションランプも前方部と同様に更に薄型に成形。 逆に左右のランプを結んでいたガーニッシュは廃止。 サイドはピラーがブラックアウト化。 またクォーターウィンドウの面積が小さくなり、新型アウトランダーPHEVの「塊感」がフルモデルチェンジ後は強まりそう。 実際、次期デザインは「更に角ばったフォルムに進化」と報じるのがベストカーの最新情報。 「エンゲルベルクツアラー」というコンセプトカーはややズングリムックリ感は否めず、新型アウトランダーPHEVはもっとブラッシュアップされてそう。 フルモデルチェンジ後の新型アウトランダーの内装はどう進化するのか? 結論から書くと、新型アウトランダーPHEVの内装は不明。 次期テストカーも内装面まではスクープできておらず、東京モーターショー2019にも次期アウトランダーのコンセプトカーなどは出品されておらず。 ただし、後述しますが新型アウトランダーは完全なピュアEV化される可能性もある。 大容量のバッテリー搭載スペースなどを考えていくと、フルモデルチェンジ後の車体のサイズアップは予想されます。 (三菱MI-TECH 内装インテリア) また東京モーターショー2019に出品された「MI-TECH」と呼ばれる新型PHEVの内装を見てみると、吹出口が前述の新型アウトランダーPHEVのテストカーのグリル形状と似てなくもない。 もちろん「MI-TECH」は2シーターのオープンSUVと設定が奇抜。 しかも、搭載エンジンがガスタービンエンジン。 それでも新開発の4個モーター搭載の4WD仕様など、どこか次期アウトランダーPHEVへの応用も期待されます。 やはり2020年後半という発売日の遅さも考慮すると、新型アウトランダーPHEVの内装がここまでシンプルかつ先進的な内装にフルモデルチェンジしたとしてもおかしくない。 フルモデルチェンジで「よりBEV」に近づくか? 続いては「電動化といった中身」の最新情報。 新型アウトランダーの「PHEV(プラグインハイブリッド)」部分はどう2020年のフルモデルチェンジで進化するのか? 結論から書くと、新型アウトランダーは今回のフルモデルチェンジで「よりに近付く予定」です。 具体的には 「前に1モーター」「後ろに2モーター」の合計3モーターを採用した4WDシステムが採用されそう。 (三菱e-EVOLUTION CONCEPT TMS公式サイト) 東京モーターショー2017で「e-EVOLUTION CONCEPT」と呼ばれるコンセプトカーが出品済み。 次期アウトランダーPHEVではなかったようですが、電子制御系含めてほぼ同じ仕組みが流用されそう。 車体下に現行アウトランダーPHEV以上の大容量のバッテリーが敷き詰められ、デュアルモーターにも「AYC」が組み込まれる。 左右輪にはトルクベクタリングも採用し、走りは「次期ランエボSUV的」な雰囲気も漂うと早くも評判。 既に現行アウトランダーPHEVは2018年のマイチェンで、キルティング風ダイアステッチをあしらった本革シートを採用するなど内外装を高める以外に、リチウムイオン電池の容量アップや電気モーターのトルクアップ。 発電用エンジンは2. 4L直4エンジンにアップサイジングし、車体は構造用接着剤で剛性感をアップ。 新型アウトランダーPHEVが次にフルモデルチェンジするとしたら、もはや「BEVに近づける」以外に道はない。 ただし、前述の「MI-TECH」はそれを上回る4個のモーターを各々のタイヤに搭載し、更にはデュアルモーターAYCを採用。 だから、三菱自動車内で次期アウトランダーを含めたPHEVの開発は順調に進んでいるフシも読み取れます。 少なくとも新型アウトランダーPHEVは3個の電気モーターを搭載し、よりBEVに近付くのは間違いないか。 更に言うと、 三菱新型アウトランダーは「日産次期エクストレイルのEV版」と兄弟車になりそう。 何故なら現行アウトランダーPHEVと違って、前述のテストカーは給油口は右側に設置されてるから。 これは日産・エクストレイルと同じ。 そのため、 次期エクストレイルEVと車体が共用されている可能性はほぼ間違いないか。 もし三菱自動車と日産自動車の共同開発が順調だと仮定すれば、フルモデルチェンジ後は「全輪に電気モーター4個搭載」というパターンも大いに有り得そうです。

次の