シンマツナガ ザク。 【シン・マツナガ専用】ソロモンと共に散った白狼のザク MS

HGUCシンマツナガ専用ザク

シンマツナガ ザク

シン・マツナガパーソナルカラーのホワイトで再現され、右肩のダクト形状、試作型ザク・バズーカ、バックパック、フロントアーマー、脚部など各部が新規造形となっています。 新規デザインのリアリスティックデカールも付属。 価格は3,240円(税込み)。 プレミアムバンダイ限定商品です。 リアルグレードなので各部に細かいモールドが入っていて、その名の通りリアルなスタイルに仕上がっています。 関節はそこそこ強度があるものの、RGジョニザクと同じく足裏接地面積がそれほど広くないことや、足首から下の形状が前後で分けれていて角度が付きやすいので、若干ふらつくところがあります。 リアリスティックデカールが付属。 シン・マツナガのパーソナルマークやナンバー、シオンロゴなどが再現可能です。 RGシャアザクから続く指揮官機用アンテナ付き。 モノアイはクリアーパーツによって再現され、表面にシールを貼るようになっています。 動力パイプはグレーで色分けされ、口内はスリットが入っています。 首を左右に振ることでモノアイも合わせて可動します。 顔に変化がつけられるのがいいですね。 バストアップ。 形状はRGジョニザクと変わらずですが、グレーとホワイトの成型色で再現され、クールな印象を感じるカラーリングになっています。 各部にモールドやパネルラインが入っていて、グレーパーツの上部は別パーツ化されるなど、各部に細かく変化がつけてあります。 コックピットハッチは開閉式。 上下にスライドさせて開閉させます。 パーツが小さく開閉しにくいので、爪楊枝など先が細かなものを使ってキズをつけないように開閉するといいかもです。 内部にパイロットはいませんが、コックピットシートは再現されています。 シートは左右に取り付ける事ができますが、開閉ハッチのパーツが付属していないので、片側でしかハッチを開く仕様にできません。 腹部、腰部。 フロントアーマーはシン・マツナガ機用のモールドが追加され、新規造形によって再現されています。 それ以外はRGザク系と同じ形状。 各部パネルが別パーツによって色分けされているのでリアルです。 腰部アーマー類の裏には細かいモールドが入っていて、見えにくいところもよくできた作りになっています。 右腕部。 L字シールドを装備し、ほぼザクおなじみのデザインになっています。 各部が細かく別パーツ化されているので、合わせ目などは一切なし。 各部がすべてパネルライン化されています。 ハンドパーツを取り替えるときに手首内部パーツが一緒に外れるのは少し面倒です。 肩部の四角いパーツにあるダクトが新規造形で再現されています。 細かい部分ですが、これがシン・マツナガ機の特徴のひとつにもなっています。 L字型シールド。 グレーパーツを内蔵することで、色違いのデザインが再現されています。 塗り分ける必要がないので塗装がラクですね。 溶接のようなモールドやパネルラインも細かく入れられています。 左腕部。 こちらもザクおなじみのスパイク付きショルダーアーマーを装備。 シン・マツナガザクのホワイトカラーとよく合う形状をしています。 ショルダーアーマーはRG量産型ザクなどと同じく、合わせ目が出ない組み合わせになっています。 上部や側面にあるのはパーティングライン。 スパイクも各部別パーツ化されています。 シン・マツナガ機はR-1型のザクですが、 後部推進剤タンクがR-1A型の形状になっています。 それ以外は高機動型ザクおなじみの動力パイプやスラスターを装備したメカニカルな形状になっています。 タンクの推進剤噴射口?などは別パーツによって色分けされ、スラスター内部にも縦型のスリットが多数入れられています。 スラスター表面は網形状になっていてかなり細かいディテールが再現されています。 足首から下の部分。 ホワイトとグレーの色分けで落ち着いた印象を感じさせます。 バックパック。 高機動型ザクおなじみの形状。 ダクト口が色分けされています。 上部の六角形部分はシールを使うか、もしくは塗装による色分けが必要です。 下部のスラスターは脚部と同じ形状。 網型で内部には縦型のスリットが入っています。 上部のパーツも色分けされています。 HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと比較してみました。 ジムとは大きな差はありません。 UC(1st)量産機としては標準的(小柄?)なサイズかと。 脚部アーマーや肩部スパイクなどが違いますし、カラーリングが全く違うのでかなり差別化されていると思います。 好みも分かれそうですね。 ちなみに自分はシンマツザクのほうが好きです。 シンマツザクのほうが身軽さを感じます。 頭部は多少見上げることができます。 可動範囲はそれほど広くないですね。 モノアイ可動が影響してか、左右への首振りもこの程度。 腕部は肩部アーマー類を避けることで水平にまで上げることが出来ます。 肩部はアドバンスド・MS・ジョイントが引き出し可動するので、前方にかなり広くスイングさせることができます。 この可動のお陰で武器の両手持ちはかなりラクに可能。 後方へはほとんどスイングできません。 肘もしっかりと曲げることが出来ます。 アドバンスド・MS・ジョイントは破損し易いので、肘や膝関節などは最初に曲げる時はゆっくりと優しく可動させてやる必要があります。 腹部がアドバンスド・MS・ジョイントによるボールジョイント接続になっていて、HGに比べ内部に空間があり柔軟なため、割りと広めに前後可動します。 腰の可動はアーマー類が干渉するので少しひねる程度ですが、腰を浮かせることで45度程度には回すことができます。 付属のマウントパーツを股下に接続し、アクションベースにディスプレイします。 マウントパーツがしっかりと固定されるのでかなり安定してディスプレイ、ポージングが可能です。 ただしマウントパーツはかなりしっかりとハマりこむので、破損を防ぐためにも、取り外す時は各部アーマーや脚部を取り外したほうがいいかもです。 前後開脚はこの程度。 前方へは水平に、後方へはリアアーマーが干渉するので少しの可動です。 股関節の接続は固めなので、脚が垂れてくることはありませんでした。 後部タンクが新規増設されているので、RGジョニザクよりも更に膝が曲がらなくなっています。 これはちょっと残念。 足首の可動もそこまで広くはありません。 つま先部分が少し上下に可動します。 ジョニザクもそうですが、角度が変わりやすいので自立時の不安定さの要因になっているようです。 左右への開脚は45度程度。 これ以上上げることも出来ますが、サイドアーマーが外れてしまいます。 足首の左右への可動もそれなり。 足まわりに干渉物が無い割に、可動域は広くありません。 内股は太ももが股関節と干渉するので僅かですが、がに股はなんとか水平程度にまで広げることができました。 これ以上曲げることもできそうですが、破損するかもしれないので留めておきました。 膝があまり曲がらないのでジョニザクよりも立て膝が不向きなキットになっています。 試作型ザク・バズーカ、ザク・バズーカ、ザク・マシンガン、ヒート・ホーク、ジオン兵フィギュア、ヒート・ホーク用マウントパーツ、平手ハンドパーツ(左右)武器用ハンドパーツ(左右)、可動式ハンドパーツ(左右)、L字型シールド用武器マウントパーツ が付属。 その他高機動型ザク用の脚部パーツ類や胸部パーツ、ブレードアンテナなどが余剰パーツとして付属します。 形状の異なる指揮官機用ブレードアンテナをマウント可能。 お好みでチョイスが可能です。 試作型ザク・バズーカ。 RGシンマツザクから付属する新規造形武器になります。 前側はRGジョニザクに付属のジャイアント・バズと同じですが、後部側面にマガジンが付いた試作型になっています。 センサーはハッチ型になっていて、内部にはクリアーパーツを取り付けるようになっています。 はめ込むと外しにくいので、今回は後の塗装を考慮して取り付けていません。 後部のマガジンはパーティングラインこそありますが、側面でパーツを組み合わせるので合わせ目が出ない仕様になっています。 グリップにダボがあるので、ハンドパーツに差し込むことでしっかりと保持が可能です。 試作型バズーカのグリップも可動するので、腕部に合わせて角度調整が可能です。 ただ、若干肩部が重さに負けるので、腕を伸ばしていると徐々に垂れてしまいます。 肩が柔軟に動くので両手持ちもラクにできます。 ザク・バズーカ。 RGザクおなじみの武器です。 前後と中央部はパーツによって色分けされています。 こちらもセンサーは別パーツ化されていますが、クリアーパーツではなくグレーの成型色になっています。 こちらも後の塗装を考慮して取り付けていません。 グリップには収納式のダボが付いています。 ダボは小さいパーツなので破損や紛失に注意が必要です。 こちらはグリップが可動しませんが、砲身が細身なので保持にそれほど不自由さはありません。 こちらは重さで肩部が負けることはありませんでした。 両手持ちも問題なし。 説明書に記載はないですが、ザク・バズーカはと同じく、リアアーマーのマウント部に取付可能です。 少し前かがみになったりバックパックの両翼やスラスターを交わしたりしながら取り付けたりする必要があるので破損にはご注意を。 ザク・マシンガン。 こちらもおなじみの武器です。 複数のパーツの組み合わせによって合わせ目は出ない仕様になっています。 これもセンサーはクリアーパーツで、グリップは収納式です。 ヒート・ホーク。 グリップ部分には肉抜き穴がありますが、モールドとして処理してもいいのかも。 刃の部分は色分けされた別パーツ構成になっています。 ヒート・ホークはマウントパーツを使用してサイドアーマーやリアアーマーにマウント可能です。 しっかりと固定され、ポロリはありません。 マウントパーツを使用することでL字型シールドに武器類をまとめてマウント可能です。 重装甲な感じが出て、シンマツザクがよりワイルドになります。 以上です。 スッキリとしたメカニカルな脚部にオリジナルの増設タンクや網状のスラスターがいい味を出していると思います。 自立が少し不安定なのと、肩部の弱さなどはこのRGザクの課題だと思いますが、モールドやパネルラインなど、各部の情報量の多さは相変わらず素晴らしいものを感じます。 デカールを貼っていないとやや地味なので、シールを貼ったり塗装して水転写デカールを貼るなどすれば更に良くなると思います。 サイズも小さいので邪魔にならず、取り扱いやすさもバツグン。 重武装が映え、ディスプレイしておいても様になる白ザクでした。 2 件のコメントがあります。 名前は「ナイ」 on 2018年1月26日 at 20:54 - かっこいいキットですねぇ。 自分は30日に受け取るようにしています。 「プレバン」の紹介写真だと、腰の背面側のバズーカ砲ラックに、ノーマルに方のザク・バズーカが懸架されているように見えるものがありました。 よかったら、その部分も追加でレビューしてもらえるとうれしいです。

次の

【シン・マツナガ専用】ソロモンと共に散った白狼のザク MS

シンマツナガ ザク

みなさま、お久しぶりです。 ちょっと体調を崩していて、更新が止まってしまっていました。 すみません・・・。 なんとか復帰しましたので、またほどほどにやっていきたいと思います。 よろしくお願いします。 さくっと作るつもりが、いろいろと塗装に悩んでいるうちに、結構時間がかかってしまいました。 それではまずは全体からどうぞ。 こんなかんじになっております。 色以外は素組ですが、1/144スケールのわりになかなか精密さが出ているかな、と思います。 今回はオリジナルから配色を少しアレンジしています。 できあがってみるとちょっとコントラストをつけすぎたかんじがしますね。 ちょっとうるさく感じられるかもしれません。 また、「大河原邦男画集 機動戦士ガンダム MSVスタンダード」や模型雑誌などを参照して、各部の配色をイメージが壊れない程度に変更しています。 差し色のレッドはちょっといらなかったかな~とか思っていますが、いかがでしょうか。 本体のホワイトは成形色そのままです。 トップコートは今回初めてGSIクレオスの「Mr.カラー GXスーパースムースクリアー<つや消し>」をエアブラシで使いました。 表面が滑らかで、非常にいい具合のつや消しになりましたので、オススメです。 今後はこれをメインで使っていこうと思います。 武装は下記のものが付属します。 下から、• ヒート・ホーク• ザク・マシンガン• ザク・バズーカ• 試作型ザク・バズーカ です。 試作型ザク・バズーカ以外は普通のザクが持っている装備ですね。。 このほかに各種握り手や、ジョイント等も付属します。 何枚かポーズをつけたカットを。 といったところで、ホントはもっと写真を撮りたかったのですが、途中で左股関節の軸が砕けてしまいまして、ちょっと修復に時間がかかりそうになってしまいましたので、いったん写真はこれで終わりです。 RGは私が好きなシリーズで、やはり小スケールに詰め込まれた精密感が売りだと思っていますが、反面、初期のキット(今回のキットは最初期のザクのバリエーションです)はパーツのはめ合いや関節部がシビアだったりするため、パーツがポロポロと取れてしまったり、きつすぎて軸が回らなかったりと、いろいろと可動まわりに調整が必要なケースが散見されます。 正直、ポーズをとらせるのにはなかなかに苦労させられました。 シリーズも新しいキットになるにつれてそのあたりは改善されていくようですが、作ってみようと思われる方は、気合を入れてチャレンジしてみてください!(ちなみにこのキットは限定品なので、奇跡的に再生産がない限りは販売されません。 ゴメンナサイ!) さて、1つのプラモが作り終わってモデラーが考えることは、「やっと次のプラモが作れる!」です。 ではまた、次回。

次の

【シン・マツナガ専用】ソロモンと共に散った白狼のザク MS

シンマツナガ ザク

同じ高機動型ザクIIということで大半は黒い三連星仕様と同じ。 腰回りや太腿などがそちらとは違ってました。 今回はシン・マツナガ専用機なのでツノ無し頭部は無し。 ツノは独自の形になっており黒い三連星仕様とは別物。 パイプがメタリック塗装なのが特徴的。 モノアイはいつもと同じ仕組みで可動。 各部位など。 胸部造形は黒い三連星仕様と同じ。 下部にマーキングが入ってますがちょっとずれてたのは残念。 腰回り。 この辺は黒い三連星仕様とは異なる造形になってました。 腕や足。 太腿も別造形。 右肩シールドには白狼と573のマーキング。 脛にもマーキングが入っており量がかなり多め。 左肩にも白狼のマーキング。 水色のラインも入っており派手な見た目に。 バーニア内部なども細かく塗装されてました。 オプション。 フル装備状態。 ザク・マシンガン。 こちらはいつもと同じでマガジンの着脱、フォアグリップの可動などのギミックも変わらず。 ザク・バズーカ ジョイントを使うことで腰裏にマウント可能。 ヒート・ホーク。 収納形態も付属。 バーニアエフェクト。 いつも通り他からエフェクトを流用することも可能でシャアザクのマシンガンエフェクトや、 バズーカエフェクト、 被弾エフェクトなどを付けることが可能。 黒い三連星仕様と。 主に腰回りや太腿の造形が変化。 ライデンゲルググとも一応。 適当に何枚か。 造形はほぼ同じなので可動も黒い三連星仕様と変わらず。 ver. らしい安定した可動でHGUCパケ絵の膝立ちポーズなどもほぼそのまま再現可能。 関節もどこも硬く不安定な姿勢でも自立可能。 バズーカ装備。 今回のバーニアエフェクトを全部付けると凄い量に。 ヒートホークで斬撃。 腰もしっかり回転可能。 終わり。 以上、ROBOT魂 シン・マツナガ専用高機動型ザクII ver. のレビューでした。 一部造形は異なるものの、ほぼ黒い三連星仕様と同じ作りなので可動など基本的な出来はそちらと変わらず。 シン・マツナガ特有の白とグレーのカラーリングなどイメージ通りで、マーキングの量が多く精密感もあり、バーニアエフェクトも大量で高機動感も出せたりと内容的にも申し分なかったです。 7月発売のライデンザクと並べると飾り映えしそうなのでそちらにも期待です。 (魂ウェブ商店) 、、、 METAL BUILD ソードストライカー ROBOT魂 ヤシマ作戦再現用セット CONVERGE EX サイコザク SHF ブラザーズマント ROBOT魂 ジム改宇宙戦仕様 SHF エボル ブラックホールF フェーズ4 SHF トニー・スターク -《Birth of Iron Man》 METAL ROBOT魂 ダブルオーザンライザー ねんどろいど 嘴平伊之助 ねんどろいど 斉藤恵那 IMAGINATION WORKS 孫悟空 METAL ROBOT魂 ガンダムヴィダール SHF 孫悟飯-少年期- DBアドバージ ポルンガセット【PB限定】 SHF 真骨彫モモタロス SHF ピッコロ SHF ワンダーウーマン WW84 S. ファイズ SHM リオレウス SHM ナルガクル DX超合金 YF-29フルセット 超合金魂 トライダーG7 ネクスエッジ 煌龍丸 ネクスエッジ 龍虎丸 GUNDAM UNIVERSE ゴッド GUNDAM UNIVERSE トールギス MB ゴールドフレーム天ハナ バージョン華 SHF アイアンマン マーク1 SHF IG-11(The Mandalorian) SHF ホール・オブ・アーマー【6次】 figma 兵馬俑 アルター 宮本武蔵 私服Ver. SHF 真骨彫 仮面ライダーイクサ SHF バルカン アサルトウルフ GUNDAM CONVERGE 20 DBアドバージ13セット タケヤ式置物トルメキア装甲兵 ねんどろいど アスナ創世神 SHF 仮面ライダーサウザー SHF 仮面ライダー001 SHF シャイニングウルトラマンゼロ ROBOT魂 ダンバイン SHADOW FINISH ねんどろいど 紺野純子 ねんどろいど 我妻善逸 SHF キャプテン・アメリカ CAP VS. ホットトイズ ホークアイEG ホットトイズ マーク85 ホットトイズ サノス ホットトイズ キャプテンマーベル アルター 穂乃果 ホワイトデー ALTAiR プロトアーサー.

次の