王妃ベルタの肖像 ネタバレ。 王妃ベルタの肖像 (富士見L文庫)

うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~【分冊版】 2巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

王妃ベルタの肖像 ネタバレ

興味を持ってくださった方は買ってください一刻も早く! 私はこの作品の続編を読まなければならないんだ! 土日の外出自粛要請にぜひ! 富士見L文庫が4月刊を出す4月15日までに! ぜひ!! あらすじは嘘です 比翼連理の国王夫妻。 辺境領主の嫡女として生まれ育ったベルタは突如、国王に嫁ぐことになる。 それも王室に前例のないとして。 愛されることも愛することもない生活を覚悟して輿入れしたベルタは、しかし儀礼的に済まされた三夜の儀式で妊娠する。 継嗣のなかった王室にもたらされた待望の男児。 その生母となった彼女は、やがて否応なしに正妃の対立し、我が子をめぐる権力闘争に巻き込まれていく……。 半分ぐらい嘘です。 このあらすじから「私は愛されることのない悲劇の王妃……不遇の身だけど頑張って生きるの……いつの日か陛下が私のことを顧みてくれると信じて……」みたいな薄幸ヒロインを思い浮かべた方、まっっっっったくそんなことないのでご安心ください。 ベルタは強い。 誰よりも強く賢い。 夫ハロルドの愛なんぞいらない。 彼女に必要なのは息子ルイの平穏無事だけ。 ご安心ください! 我が子をめぐる権力闘争に巻き込まれるのではありません、 我が子を守るために首を突っ込んでいきます! かといって最初から自らしゃしゃり出ていくわけでもないのですが、後述。 世界観設定はこんな感じです 正直「第二妃」って何ぞや?と思っていたのですが(ファンタジーだから西洋風の宮廷でも一夫多妻がOKな世界観なのかな?と思っていたのですが) 超絶簡略化して分かりやすく言うと、 ゲルマン系っぽい北方からやってきた北部地域に住む貴族と、バルカン半島風の地域に住んでいてイスラームっぽい宗教の影響を受けたとおぼしき南部の異民族ペトラ人の政治抗争がベースにあります。 この国には「後宮」があります。 この「後宮」は正式な一夫多妻の制度のもとにある組織ではありません。 むしろこの国の貴族が信仰しているプロスペロ教会は一夫一妻制をとっているので、教会はこの「後宮」をものすごく嫌がります。 ハロルドは第二妃ベルタを迎えるため、また王位継承のあれこれの問題がやばばばばなため、教会と決裂せざるをえなくなります。 一応自ら改宗したことになっていますが、 実質破門みたいなもんです。 ではこの国の「後宮」とは何かといいますと、 王家の血筋にこだわった正妃マルグリットが自分に近い血筋の娘を王に宛がうことで作り上げた非公式団体です。 近親婚を繰り返してきたこの王家では健康な子供が生まれません。 マルグリットもハロルドの従姉なのですが死産を繰り返した結果子供は望めない体になってしまいました。 じゃあ他のちゃんとした血筋の娘にハロルドの子供を産ませてその子を我が子として育てよう!と思ったマルグリットなのですが、そこに 「南部ペトラ人との結びつきを強くするために南部から王妃を迎えた方がよかろう」という政治的判断で連れてこられたのが南部の土豪の娘ベルタです。 ベルタは南部の顔色窺いのために一応王妃として扱われますが、黒髪の彼女は 北部の貴族ではないことから「後宮」にすら入れてもらえないと解釈することもできます。 ベルタもそれを分かっているので、落ち着いたら南部の実家に帰ろうと思いながら王宮にやってくるのです。 ベルタは一夫多妻が当たり前の南部地域に住んでいたので、「後宮」のこと、自分が第二妃であることはさほど気にしていません。 ただ政治闘争に巻き込まれたくないのでおとなしくしています。 第一王妃である正妃マルグリットの顔を立て、自己主張せずに過ごすつもりでした。 ところがどっこい うっかり陛下の子を妊娠してしまいました。 正妃マルグリットおよび「後宮」の女たちは北部の貴族の尊い血を引いている金髪碧眼ばかり。 一方ベルタは南部の土豪の娘、息子ルイも黒髪であからさまにペトラ人の子の容姿。 さあ大変…… 王位継承で揉めるぞ……!!!!! ベルタは戦わざるを得ないのです……愛する我が子を守るために……! 最初のうちこそ王と正妃の顔色を窺っていた彼女でしたが、ルイを産んでから南部で培ってきたカリスマ性をもりもり発揮していきます。 そう、カリスマ。 本当は彼女こそ王妃に、いや女王にふさわしい器の女なのです。 ロマンスはないです 最終的にはハロルドの寵愛を得てベルタはハッピーに暮らすんだと思うでしょう? ところがどっこい 恋の駆け引きはないんだな~!! ハロルドは初恋の女性である正妃マルグリットへの想いを捨てきれません。 いやもう正直に言ってそれも捨てたい。 本当はどこかで見切りをつけたいと思っているんです。 だって子供を産めないことで心を病んだマルグリットはハロルドにとってはもう重荷でしかありません。 二人の間に残っているのはつらい過去の記憶だけ。 な~~~~にが比翼連理だ かといってベルタがマルグリットからハロルドを奪うのかというとそんなこともぜんぜんなく、ベルタが大事なのはあくまでルイの無事な生活。 ルイが元気なら何でもいいんです。 正直 ルイが無事ならハロルドもどうでもいいです。 ただなんとなくハロルドの庇護がないと息子が守れないと思っただけで、 ベルタ的にはぶっちゃけルイが王位を継げなくてもいいです。 ベルタはルイを守るため王妃っぽく振る舞おうとします。 南部の視察に行った時一瞬ロマンスが芽生えそうな気配が見られましたが、 本当に一瞬でした。 砂糖不足。 チョコレートで言うならカカオ85%くらい。 だがそれがいい。 それがいいんだ。 恋愛ファンタジーは別の本で摂取するから問題ない。 ただちょっとネタバレになってしまうんですが、最後二人は夫婦として、家族として未来に踏み出そうとします。 恋じゃないです。 愛というか、 連帯感みたいなやつです。 二人は……家族になったのだ…… たぶん共同統治者みたいな感じの存在として……。 ちょっと心配なところ 舌戦がメインなのにコミカライズして大丈夫か? 華やかな見せ場はないところがこの作品の魅力だぞ。 台詞のふきだし大きくなりそうです。 ライトノベルですが若干文芸寄りだと思います。 みんな……これなろう発なんだぜ…… 冗談だろ……? 異世界転移でも異世界転生でも悪役令嬢でも溺愛でもスローライフでもないぞ……。 ここにあるのは王位継承問題と民族対立・文化摩擦問題と王権とは何ぞや王妃の立場とは何ぞやという公人と私人の間で悩む人々の心の揺れ動きだけ……。 これがなろう発ということになろうのふところの深さを感じる……。 これが……これがなろうで人気だなんて……異世界転生悪役令嬢はもはや過去の話なのだ……。 なろうでは地味な作品はウケないと思っている人はこの作品を読んで希望を見出してほしい。 さあみんな政治的駆け引きをしましょう。 以上、『王妃ベルタの肖像』のオススメ記事でした。

次の

[西野向日葵] 王妃ベルタの肖像

王妃ベルタの肖像 ネタバレ

仲睦まじい国王夫妻のもとに、辺境領主の娘・ベルタは前例のない第二妃として嫁ぐことに。 愛のない結婚を覚悟していたが、予想外の妊娠。 そして跡継ぎの母となり、権力闘争に巻き込まれていく。 富士見L文庫のファン 仲睦まじい国王夫妻のもとに、辺境領主の娘・ベルタは前例のない第二妃として嫁ぐことに。 愛のない結婚を覚悟していたが、予想外の妊娠。 そして跡継ぎの母となり、権力闘争に巻き込まれていく。 富士見L文庫のファンタジーっぽくない表紙!内容もファンタジーというよりまさにヒストリカルロマン。 ベルタが我が子を守り、自分を守るための行動は力強く、頭の良い彼女が良い施政者として国王と並び立つようになるのも頷ける。 正妃も可哀想な人ではあったけれど…。 甘さは少しくらい欲しかったかな。 国王とベルタがどんな国を造るのか、見てみたい。 王妃と仲睦まじいと評判の国王のもとに、巡り合わせで第二妃として嫁いだ南部領主の娘ベルタ。 王宮で無難に過ごそうと思っていたベルタが予想外の妊娠をしたことで、状況が変わってゆくファンタジー。 数年したら実家 王妃と仲睦まじいと評判の国王のもとに、巡り合わせで第二妃として嫁いだ南部領主の娘ベルタ。 王宮で無難に過ごそうと思っていたベルタが予想外の妊娠をしたことで、状況が変わってゆくファンタジー。 数年したら実家に帰るつもりで後宮入りしたのに、まさかの懐妊がもたらしたベルタを巡る心境の変化。 最初からボタンの掛け違えで始まった国王との関係はお互い掴み切れずにおっかなびっくりで、もっとお互いを知ろうと努力する必要を感じましたけど、ほろ苦い事件を乗り越えた二人が何だかんだでいい夫婦になりそうだなと思えた結末が印象的でした。 王土南部、交易の拠点を押さえる領主カシャ一族。 嫡女ベルタは父から王家への輿入れを命じられる。 王が欲しいのはペトラ人である妃。 父も名目だけで寵愛は望んでおらず。 ベルタとてお飾りのまま居るつもりはなく、将 王土南部、交易の拠点を押さえる領主カシャ一族。 嫡女ベルタは父から王家への輿入れを命じられる。 王が欲しいのはペトラ人である妃。 父も名目だけで寵愛は望んでおらず。 ベルタとてお飾りのまま居るつもりはなく、将来的には呼び戻す事を条件に嫁ぐ。 正妃を愛しているが子が居ない王は、苦肉の策で第二王妃を迎えた。 三日間通って途絶えた交流。 しかしベルタは懐妊、王子を産む。 『正統な血筋』に拘るあまり狂気を深くしてゆく正妃の策略。 権力争いに巻き込まれてゆく人々。 『政略結婚に必要なのは同盟と信頼』某漫画のセリフを思い出してしまった。

次の

王妃ベルタの肖像 (富士見L文庫)

王妃ベルタの肖像 ネタバレ

原住民の大富豪出身の第二妃ベルタは妻にはなったけれど、適当なところで後宮を辞して自分の人生を歩いていくつもりでした。 国王ハロルドは政略の都合でベルタを妻にしましたが、すぐに子どもを作ることは考えていませんでした。 彼が愛する正妃の間には近親婚を繰り返した血統ゆえに子どもに恵まれず、しかしそこに原住民の血筋をひく子どもが入内後すぐに産まれたことで、ベルタの立場、ハロルドの治世、国の行く末は劇的に変化していきます。 ベルタもハロルドも秀才ですが天才ではなく。 カリスマと努力の才には恵まれていますがチートはなく。 完璧な人間はおらず、誰もがどこかしら欠点を抱えています。 なろうの小説ではありますが、比較的よくみられる手軽なファストフードのように味わえるタイプの小説とは異なります。 それゆえに、ハンバーガーのような気楽でパンチの効いたわかりやすい美味しさを求める人には物足りないと思いますが、そういうものに飽きたり、静かに噛みしめていくうちに旨味が出るビターチョコレートのような小説を求めている方には大変オススメできます。 ベルタとハロルドは夫婦としての最初の一歩は最悪とはいかないまでも冷然としていて非常に危うく、そこに産まれたルイによってどうにかつながっています。 簡単にはお互いに内心を打ち明けられず、煉瓦を一つずつ積み上げ、風雨を受けて崩れた箇所を補修し、また積み上げてひとつの家を作っていく……そこにあるのは気の遠くなる時間と対話を繰り返し繰り返し重ね重ねて家族になっていく過程です。 地に足がついている描写ゆえに華やかさはなく、事件が起きて解決してそれで大団円ではなく、むしろそれがスタートラインである……という、しみじみとした小説です。 でもそれが良いんですよね。 加筆されている部分も、省かれていた箇所の解像度を上げるような感じでして、読んでいて新鮮さを感じました。 この本は第一部で、「小説家になろう」のほうでは次の章を執筆されています。 間合いをはかりながら少しずつ距離を縮めていく二人の姿は気さくな家族というにはほど遠いものですが、世界に完璧な人間などおらず、完璧な家族もないということを身に染みて感じることができます。 第二王妃が主人公ですが国王とのロマンスは皆無です。 最終的にはこのヒロインが正妃の立場になるものの国王に特別愛されるようになるわけではなくヒロインも特に国王を慕うわけではありません。 要は生まれと境遇により政略結婚した夫婦が各々の立場に沿って動くうちに本人たちも意図せず夫婦としてお互いを見出すようになるお話しでした。 「なろう」で連載中の作品で思った以上にしっかりしたドラマになっていたので書籍版をきちんと購入して読み終えることにしたところ、あるヨーロッパの中世のころの王家の話に似てるなと思っていたら、あとがきにモデルとして使ったとのことでなっとくでした。 異世界も魔法も転生も無い作品ですが落ち着いて読むことができた良い作品でした。 おすすめに出てきた表紙が歴史小説かハイファンタジーのようで、とても素敵だったのでまず興味を惹かれました。 で、知らない作家さんだったためググったら、なろう連載の小説で、サブタイトルが ~うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~だったのでビックリしました。 このタイトルでなろう系のキャピキャピした表紙だったら絶対に読まなかったと思うので、作者さんと編集の作戦勝ち感を感じます。 内容はファンタジーですが、特殊能力などは一切なくマイルドな歴史小説といった感じで読みやすかったです。 政略結婚して、子供が生まれてからお互いを知っていくという距離感や、実際の歴史スペイン・ハプスブルク朝を元にしたキャラクターの背景や宗教観にも違和感なく物語に入っていけました。 久々に続巻が楽しみな作品でした.

次の