著作 権 侵害 の 申し立て。 YouTubeから「コンテンツに対して著作権侵害の申し立てが行われました」通知が届いた時の対処方法

Youtubeで音楽の著作権に引っかからないように回避する方法とは?

著作 権 侵害 の 申し立て

著作権保護されたコンテンツが含まれています 「」というソフトで行える「自動作曲」機能「ソングメーカー」の記事に掲載した動画 (YouTubeに掲載)の音楽に対し、「 著作権侵害の申し立て」を受けました。 関連記事 簡単に言うと、私の動画の音楽が、著作権を有する誰かのモノだ、というのです。 肝心のYouTube側の名称がフラフラしているため分かり難いことになっていますが、「 著作権侵害の警告」と「 Content ID の申し立て」があり、私が受けたのは後者です。 ですので、ここで言う 「著作権侵害の申し立て」は「Content ID の申し立て」とイコールとお考えください。 YouTubeヘルプ Content ID の申し立てとは 著作権侵害の警告に関する基礎知識 動画をYouTubeにアップしたのが2017年8月21日。 「Content ID の申し立て」を受けたのが11月17日です。 条件に同意する場合は、何もする必要はありません。 と書かれていますが、嫌です、同意できません(笑) 第一、このままでは私が収益化できませんからね! (してませんが) このような申し立てを受けているかどうかは、YouTubeの クリエイターツールで確認できます。 申し立てを受けている場合は、このようになります。 「 収益受け取り」にも2種類あり、コンテンツの権利を有すると主張する側に広告収入が流れるパターンと、単に動画をアップした人が動画を収益化できないパターンとに分かれます。 話が逸れますが、私がなぜ上記動画を放ってあるかというと、申立人がThe Bottomという曲を作ったJosh Woodward本人だからです。 正当な相手に広告収入が渡るのはいいかな、と思いまして……。 ただし! BnSの映像は「非営利に限り利用可能」です。 このへんどうなるのかな~、というけっこうグレーゾーンな動画なのですけれどもね(汗) ま、今回はこれは置いておきます。 ソースネクストからの回答 実は「 著作権侵害の申し立て」を受けるのは3,4回目。 以前もどこかで書いた気がしますが、この手の揉め事が嫌いなので、ロイヤリティフリーの音楽しか使いません。 ですので、いずれも身に覚えのないものばかりです。 別ブログの記事ですが、以前の経緯は以下になります。 実際に著作権を侵害されているケースも多いでしょうが、 虚偽の著作権侵害の申し立てをされているケースもそれは多いです。 中には、作曲者本人が申し立てを受けて、しかもその相手が自分の代理を勝手に名乗っていた、という笑えないケースまであります。 ですので、このようなこともあろうかと、動画を上げる前に Music Makerの販売元であるソースネクストにあらかじめ問い合わせをしてありました! ソースネクスト・カスタマーセンターから得た回答は、以下の通りです。 お客様が上記コンテンツを作品の一部としてご利用いただいた上で作成された新たなオリジナル作品を配布いただくことについては特に制限はございません。 作成された作品自体の有償販売や、営利目的のコンテンツの一部 宣伝動画等のBGM として作品をご利用いただくことも可能です。 MAGIX Music Maker Premiumで作曲した音楽はロイヤリティフリー、商用利用可です。 これが販売元の「 正式な回答」です。 最新情報を現在確認中です。 ループを使わずミュージックメーカーの楽器のみ使用の場合はこの限りではありません。 これに対しては、ちょっと心もとない回答がありました(笑) お問い合わせいただいた件につきまして、担当部署にて確認いたしましたところ、Youtube側で曲調などを自動認識され、著作権の申し立てなどが誤ってされてしまう場合があるとのことでございました。 Youtube側の仕様のため、大変お手数ではございますが、Youtubeにお問い合わせいただけますでしょうか。 「 えぇ~……個人でYouTubeに問い合わせるの? そんでYouTubeが動くワケないじゃん」と思いましたがね(笑) 「異議申し立て」をしました でもまぁ、上記回答を受けまして、私が送った「 異議申し立て」内容は以下のような感じ。 異議申し立ての理由: 著作権所有者の許可を得て使用している ・同コンテンツはMAGIX Music Maker Premiumで作曲したものである ・MAGIX日本販売代理店ソースネクスト社より、同コンテンツはロイヤリティフリーであり、商用利用可能であると回答を得ている ・同社より、今回の著作権侵害の申し立てはYouTube側の仕様による誤りであり、YouTubeに問い合わせするように、との回答も得ている これを送信したのが、11月19日の19時3分。 そして「著作権侵害の申し立て」が 撤回されたのが同日20時48分です。 なんというか、やはり「 企業名は効くなあ」という印象ではありますね。 YouTubeヘルプ 「異議申し立て」をする前に 今回、すんなり撤回に至りましたが、中には「 自分に権利がある」と主張して譲らないケースもあります。 最近の印象として、「一致している」と主張する音源の題名が「検索しても引っかからないような一般的な単語」であることも多く、「〇〇の代理」と記載されて著作権所有者が誰か分かり難くしている、という感じ。 要するに「 そんなもの本当に実在するの?」です。 「著作権侵害の申し立て」に対する「異議申し立て」では、建前上「YouTube」は関与しないということになっています。 「建前上」と書いたのは、実際のところどうだか分からないからですが、一応YouTube側は「 当人同士で解決して」というスタンスです。 その割には、「再審査を請求」しようとすると「情報は全部相手に渡すよ!」「裁判になるかもね」「アカウントを停止するかも」「法的な根拠」みたいな怖い文言がずらっと出てくるのですけれどもね(笑) どうするか迷った場合は、YouTubeには公式フォーラムなるものがあるので、そこで質問してもいいかもしれません。 ユーザー同士のフォーラムですから、望むような解答が得られないこともありえますが……。 中には「異議申し立ては英語でなくてはならない」という人もいますが、日本語の動画に対していちゃもんをつけておいて【英語で】とは馬鹿げた話です。 で、この「異議申し立て」には署名欄があります。 相手にメールで送りつけることになりますので、こちらのメールアドレスも相手側に渡ります。 この署名は本名でなくてはいけないのか? ここは、おそらく誰しも迷うところ。 あくまで「 個人の見解」としてご覧頂きたいのですが、過去の私の例から言いますと、本名であってもなくても (この時点では)大差ありません。 ただ、考えてみてください。 最初に「著作権侵害の申し立て」があった時、相手の名前は「個人の本名でしたか?」 違いますよね。 会社名だったり、芸名だったりです。 しかもこちらは相手のメールアドレスさえ知ることができません。 そういう状態で、こちらばかりが実際のメールアドレスや本名の情報を相手に渡さなくてはならない合理的な理由は何もありません。 「 間違ったことをしていないのだから、堂々とすればいい」と言う方もいます。 その気持ちはよくわかります。 「同じ土俵まで下がりたくない」と思いますよね。 でも! 以下のような記事をご存知でしょうか。 こちらの記事は3年前2014年のもので、今はある程度なんからの手段も講じられているだろうと思います。 が、現にこうして身に覚えのない「著作権侵害の申し立て」が届くのですから、違う相手によって似たようなことが今も行われていないという保証はありません。 万が一のこともありますから、差し当たってはYouTubeで使っている名前でいい、と思います。 それだって嘘ではないのですからね。 今回は以上です。 それでは。 (ソースネクスト).

次の

YouTubeから「コンテンツに対して著作権侵害の申し立てが行われました」通知が届いた時の対処方法

著作 権 侵害 の 申し立て

YouTubeから著作権侵害の連絡がきた まず、著作権侵害の申し立てがある場合は、YouTubeスタジオ内の動画管理ページにある制限の欄に表示がされます。 また、YouTubeチャンネルに登録しているメールアドレスにも連絡が届く場合がありますが、今回のケースはメールでの通知はありませんでした。 「詳細を表示」をクリックして、申し立てによるチャンネルや動画への影響を確認します。 「著作権の概要とステータス」ページで影響を確認する 「著作権の概要とステータス」ページによると、今回の申し立てによってチャンネルが削除されたり、動画が見れなくなるということはなさそうです。 収益化の項目だけ利用不可となっており、代わりに著作権者に収益が入るようです。 対象となっている著作権物は動画内で使っている楽曲です。 また、著作権者は楽曲を購入したサイト「Epidemic Sound」となっています。 指摘されている楽曲はきちんとお金を支払って購入した楽曲ですが、サイト側で僕が使用するYouTubeチャンネルの設定をしていなかったために、著作権の侵害と見なされてしまったようです。 「異議申し立て」を進める 楽曲サイトで設定をした後に「操作を選択」から異議申し立てを進めて、YouTubeによる制限を解除していきます。 著作権の侵害の申し立てに対する対策としては• セグメントをカット• 他の曲に換える• 曲を見ようとする という方法もありますが、今回は楽曲をYouTubeに利用する権利を購入していますので「異議申し立て」を行います。 次のページで、異議申し立てをする正当な理由かどうかの確認があります。 CDやDVDの購入、収益を得ていない、クレジットを表示しているなどはいずれも楽曲をYouTube上で商用利用して良い理由にはならないという告知がされています。 「異議申し立ては上記のいずれの理由にも基づいていません」を選択して、次のページに進みます。 今回の場合、異議申し立てをする理由は「ライセンス」です。 最後に、ライセンスに関する詳細を記載し、誓約に関するチェックをして、署名をすれば異議申し立ては完了です。 実際に掲載したライセンス情報は下記になります。 担当者様 ご指摘いただいた楽曲(40 Love)に関しては、Epidemic Soundにて購入済みの楽曲となります。 Epidemic SoundのIDは「XXXXX」です。 Epidemic Sound側にこちらのYouTubeチャンネルを登録しているため、規約上の問題はないかと存じますが、ご確認のほどよろしくお願い致します。 著作権侵害の連絡はYouTubeから届いてますが、実際に異議申し立てを審査するのは著作権を保有している申立人のようです。 30日以内に確認されると掲載されていますので、申し立てが受領されるのか待ちます。 再び「著作権の概要とステータス」ページを見ると、「操作」の項目が「異議申し立ては審査中です」に変わりました。 また、YouTubeチャンネルに登録しているメールアドレス宛にYouTubeから異議申し立てを受け取ったと言う旨のメールが届いていました。 これで異議申し立ては完了したことが分かったので、待ちましょう。 24時間で著作権の侵害が撤回されました! ちょうど24時間後にYouTubeから「著作権者が著作権侵害に対する申し立てを撤回した」とのメールが届いていました。 YouTubeスタジオで動画の制限を確認すると、メールの通り著作権侵害の申し立てがなくなりました。 これで無事に動画から収益が受け取れます。 よかった! YouTubeで著作権侵害に対して「異議申し立て」をする手順 まとめ 記事は以上です。 いきなりのYouTubeからの警告に近い連絡は驚きますが、きちんと著作権に配慮した動画であれば問題なく制限を解除できます。 今回は「楽曲サイトへのYouTubeチャンネル登録ミス」が原因でしたが、場合によっては「オリジナル音源を別の楽曲と間違えられて著作権侵害の連絡がきた」というケースもあるようです。 いずれの場合でも、自分に間違いがなければ、まずは「異議申し立て」です。 自分の間違いを見つけた時も、「楽曲の差し替え」や「楽曲のミュート」をすれば、動画自体を削除しなくても良い場合があるので、できるだけのことをして動画自体は存続させましょう。

次の

Youtubeの著作権侵害の申し立て(ContentIDの申し立て)に対応する | Mac Tips

著作 権 侵害 の 申し立て

フリーダウンロード&youtubeなどで自由に使ってね!という記載があるので、ありがたく使わせていただいたのですが、アップが完了して確認すると・・・ 「著作権侵害の申し立て」の表示が・・・ 調べてみると、全然関係ない団体がフリー音源の著作権、Content IDを登録しているようで、youtube側で自動的に著作権侵害を検出したようです。 これについてどうのこうの言うつもりはありませんが(言いたいですけど)、楽曲の作成者がフリーです、自由に使ってください、と明確に述べている場合は、 Youtubeに著作権侵害の異議申し立てをすれば、著作権侵害の申し立ては取り下げられます。 自分の場合はそうでした。 以下のような感じでした。 これはひどいですね。 こんなことなら楽曲を提供してくれた人に収益をあげたほうが遙かによいですよね・・。 しかし、現実としてこのような状況なので、もしそのような楽曲に当たってしまった場合は、辛抱強く待つしかありません。 これを防ぐには、あまり新しくアップされた音楽は使用しない方がよいかもしれません。 先ほど述べた曲は、かなり新しい曲でした。 それ以外に使用させていただいた曲については、著作権侵害の申し立てはされませんでした。 なお、自動で取り下げられた後、 同じ曲を使って試しに動画をアップしてみたところ、また著作権侵害の申し立てをされてしまいましたので、1個人が異議申し立てをしたところでなにも状況はかわらないのかもしれません。 楽曲の作成者が異議申し立てをしたら何かが変わるのかもしれませんが・・(この辺は不明です) 4. 「異議申し立ては上記の理由にも基づいていません。 それでも、このContent IDの申し立てに対し異議申し立てを行います。 」のチェックボックスに、臆せずチェックを入れ、「次へ」をクリック 5. 次の画面では 「ライセンス」を選択します。 楽曲作成者が使っていいよと言ってくれているので、使う権利は持っています。 ラジオボタンをクリックして、「次へ」をクリックします。 まだいろいろ書いてありますが、それでも 「著作権者からコンテンツの使用許可を得ています。 」のチェックボックスに、臆せずチェック入れて次に進みます。 最後の画面です。 まず「ライセンス情報を以下に入力してください。 」とあります。 ここには、自分の場合、• You can use my music in your youtube videos and monetize it , podcast, facebook videos. Just leave my Soundcloud or Youtube Link in your description. を記載の上、 「上記により本動画に当該音源を使用することは可能です。 指示通り動画の説明にリンクを表示しています。 」 などと簡潔に説明を追加しました。 そして、チェックボックスにすべてチェックを入れ、最後に自分の名前を記入し、「次へ」をクリックします。 すると以下のように送信済みのポップアップウィンドウが表示されるので、「閉じる」をクリックして完了です。 閉じると以下のような画面になります。 そして、以下のようなメールも届きます。 そして、30日間待つわけですが、30日経ってもyoutubeからは何の連絡もなく、 単に「著作権侵害の申し立て」の表示が動画から消えるだけでした。 なんかもやもやが残りましたが、とりあえず申し立ては消えたのでよしとします。 以上、申し立ての流れでした。 異議申し立ての前にいろいろ文言が表示されるのでちょっと迷ってしまいますが、上記の方法であれば申し立てが自動消滅しましたので、同じようにお困りの方は是非お試しいただければと思います。 ただ、今回は外国の楽曲ですので、もしかしたら日本のフリー音源を使うなどした場合はまた異なる話になるのかもしれません。 もし追加情報があればこちらに記載していこうと思います。

次の