イミテーション レイン sixtones。 【SixTONES/Imitation Rain】歌詞(和訳)の意味を徹底解釈!正体は亡くなった友へ送る鎮魂曲?

SixTONES「Imitation Rain」インプレッション――「デビュー曲の魔法」との戦い

イミテーション レイン sixtones

Snow Man vs SixTONES 史上初!ジャニーズアーティスト、2グループ同時デビュー! Snow Man vs SixTONES デビュー曲 「D. 単独東京ドーム公演でサプライズ発表されたSnow ManとSixTONESの2グループ同時デビュー!そのデビューシングルが満を持して発売となります。 全ての形態でSnow Man, SixTONES両グループの表題楽曲を収録。 今回特別盤として発売される【with SixTONES盤】ではここでしか見られない映像コンテンツが収録!どの形態を手に取っていただいてもそれぞれ楽しめる内容となっております。 Snow Man vs SixTONES同時デビュー記念「スペシャルイベント+ハイタッチ会」 開催決定! 1月22日(水)リリースのSnow ManとSixTONESそれぞれのデビューシングルをお買い上げの方から 抽選でSnow Man ・SixTONESの2組による「スペシャルイベント+ハイタッチ会」にご招待! CD封入のシリアルコード でご応募いただけます。 CD封入のシリアルコード より、形態別全3種類の動画がそれぞれご覧いただけます。 Snow Manデビュー曲 02. Snow ManとSixTONESがチームにわかれて絆度チェック!シンクロBINGO! 02. クリアした数だけビンゴの穴が空き、空いた列の数を両グループで競います。 結果はまさかの超絶かぶり!?奇跡の連続ビンゴ!?試される絆度!両グループのシンクロ率はいかに...... SixTONESがSnow Manのメンバー個人個人との思い出やこれまでの印象、そしてお互いのグループの将来について語ります。 実はこのインタビュー映像を、後日Snow Manが見るという仕掛け。 面と向かってでないからこそ見せるSixTONESの意外な一面を、Snow Manは知ることとなります。

次の

ストーンズの歌が上手い!歌唱力はジャニーズ最高だが口パク疑惑!? | SandoraNEWS

イミテーション レイン sixtones

『Imitation Rain』に感じた色気 そもそも自分はジャニーズについて詳しいわけではない。 知らない曲もたくさんあるし、メンバーの顔も名前も知らないグループがたくさんある。 それでもジャニーズグループのデビュー曲は印象に残っている曲が多い。 デビュー時は特にプッシュされることが多いからだろうか。 ポップな曲や明るい曲が多いように感じる。 アイドルが歌うからこそ輝く曲が多いと思う。 SixTONESというグループが『Imitation Rain』という曲でデビューした。 この曲が個人的に好きだ。 良い曲だと思う。 カッコいい曲だと思う。 それに今までのジャニーズグループのデビュー曲とは違う印象を感じた。 それが新鮮に思った。 新人としての初々しさを感じなかったのだ。 まるでベテランのような色気を歌やダンスから感じる。 それに自分は魅力を感じた。 Say! 基本的にはアップテンポの曲もしくはポップで明るい曲が多い。 アイドルだからこそ歌えるような内容の歌詞が中心。 グループのコンセプトやキャラクターが伝わるような楽曲も多い。 NEWSやSexy Zoneは歌詞にグループ名が出てくる。 それに対してSixTONESの『Imitation Rain』はスローテンポのバラード。 音は重厚なロック。 明るい曲でもない。 むしろ暗い曲。 グループのコンセプトやキャラクターが伝わるような曲でもない。 でも魅力的なのだ。 ただただカッコいいのだ。 YOSHIKIの提供曲 『Imitation Rain』はX JAPANのYOSHIKIが作詞作曲を手がけている。 『Rusty Nail』や『JADE』を組み合わせたようなのようなX JAPANのミドルテンポの楽曲に近い雰囲気がある。 松田聖子• J-Pop• provided courtesy of iTunes YOSHIKIはバンドマンであり、作曲家やプロデューサーとしても一流なのだ。 提供先の魅力をしっかりと引き出す。 しかしSixTONESの『Imitation Rain』ではYOSHIKI自身の個性が際立っている。 提供先の個性を潰してしまうのではと危惧するほどに。 YOSHIKIは滝沢氏の熱心な思いと海外での活動を視野に入れたSixTONESの目標や思い描く夢に共感し、オファーを受けた。 引用: どうやらあえてYOSHIKIの個性を詰め込んだようだ。 これは危険でもある。 作曲家にとっては得意な方法で得意な方向性の楽曲を作ることができるので作りやすいかもしれない。 名曲も生まれやすいとは思う。 だが提供先の個性や魅力を潰してしまうかもしれない。 しかし『Imitation Rain』からはSixTONESにしか歌えないと思わせるような工夫もされている。 そしてYOSHIKIの個性が詰め込まれた楽曲で、自分たちの個性を出すことが難しい楽曲だからこそ、SixTONESの魅力も引き立っているようにも思う。 SixTONESとYOSHIKIの組み合わせで化学反応が起こる X JAPANの雰囲気は感じる曲だ。 しかしX JAPANとは違う魅力も含まれている。 いや、SixTONESが歌うことで違う魅力が生まれている。 X JAPANはTOSHIのハイトーンボイスが魅力の1つ。 しかし『Imitation Rain』はX JAPANの曲と比べるとキーが低い。 低い声で響かせるように歌っている。 それに色気や艶を感じる。 サビはメンバーがユニゾンで歌っている。 声が重なることにより美しいハーモニーになる。 メンバー全員歌が上手い。 だからこそ感じる美しさだ。 ソロのパートも印象に残る。 声質は全員違うが、歌唱方法は曲の雰囲気に合わせて統一されている。 違う声が順番に歌うことで新鮮な気持ちになる。 それでも歌唱方法は統一されているので違和感はない。 X JAPANの歌はTOSHIハイトーンボイスの迫力に圧倒させられる。 SixTONESにはそのような魅力はない。 その代わり艶や色気がある。 複数人数で歌うことによるハーモニーの美しさがある。 先見の明を持つ滝沢さんのもと、メンバー個々の魅力に加え、高度な歌唱力とパフォーマンス力を持つ「SixTONES」という素晴らしいグループが今後どのように進化していくのか、とても楽しみです。 YOSHIKIは最初からわかっていたのだ。 自分の個性を詰め込んだ曲を提供したとしても、新しい魅力を楽曲にSixTONESが吹き込んでくれることを。 実力があるからこその「このデビュー曲」 『Imitation Rain』を聴けばわかるが、SixTONESは全員歌が上手い。 デビューしたばかりとは思えない。 基本的に低く艶のある歌声で楽曲は展開されていく。 それだけでも魅力的なのだが、中盤でハイトーンでサビを歌う部分がある。 そこで歌唱力の高さを特に感じる。 MVでいうと2分頃の部分だ。 1人のメンバーのソロパートなのだが、ハイトーンで歌う透き通った声が美しい。 裏声も綺麗だ。 ボーカリストとしての実力も感じる。 歌いこなすこともできるし、楽曲に新しい魅力を吹き込んでくれると信頼したのだと思う。 楽曲自体もYOSHIKIの個性が詰め込まれてはいるが、SixTONESが歌うからこそ引き立つような展開一部ある。 ハイトーンのソロでのサビが終わった後は転調し低いキーでユニゾンのサビになる。 艶のあるユニゾンの低音が心地よい。 このような転調はソロボーカリストの曲では滅多にない。 複数のボーカリストがいるからできる曲展開だ。 そのような工夫を取り入れるYOSHIKIの作曲家としてのセンスも見事に思うし、その期待にしっかり応えるSixTONESも流石だと思う。 『Imitation Rain』と同じようにSixTONESは異質な存在になるかもしれない 『Imitation Rain』は名曲だと思う。 しかしジャニーズグループのデビュー曲としては異質だともおもう。 重い音でミドルテンポのロックバラード。 歌いこなすことも簡単ではないと思う。 SixTONESの実力を認めたからこそ提供された異質な曲だとは思うが、SixTONES自体も異質な存在なのかもしれない。 それは良い意味での話だ。 滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また「SixTONES」が海外での J-POP のイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせて頂きました。 最初から海外での活躍を期待され、それに向けた楽曲を用意することは異質ではと思う。 他のグループとは違う意味での期待もされているように思う。 「海外でのJ-POPのイメージを一新させる」 それは簡単なことではない。 今のSixTONESが海外に出てすぐに実現できる目標だとも思えない。 しかし期待をしてしまうのもわかる。 現時点でも実力はあると思うが、まだ伸び代がありそうな予感もする。 他のジャンルの楽曲に挑戦する姿も観てみたい。 それも魅力的な音楽になる予感がする。 異質であることは強みでもあり魅力でもある。 そんな異質な魅力でSixTONESが海外での J-POP のイメージを一新させる姿を観てみたい。 それは、遠い未来ではないような気もする。

次の

Imitation Rain/D.D.

イミテーション レイン sixtones

Imitationは、「模倣」という意味。 作詞作曲はX JAPANのYOSHIKIさんです。 個人的な感想「デビュー曲っぽくないけどめっちゃカッコいい」 音楽に詳しくない一個人の感想ですが、めちゃくちゃカッコいいと思いました…。 既にリピートしてます。 ジャニーズのキラキラ感は無く、明るくも無く、キメ顔やセリフも無いのでデビュー曲感はかなり薄い気がします。 (キンプリやセクゾと比べると特に) とても神聖な雰囲気で、落ち着いてて、大人っぽくて、カッコよかった。 10代には歌えない雰囲気の曲。 SixTONESの年齢と空気感だからこそハマる曲だと思いました。 あとは、イントロや伴奏の感じからして、 X JAPANっぽいです。 YOSHIKIさん作曲なのも納得。 作詞作曲がYOSHIKIさんだと言われなくても、気づくレベル。 歌詞も「紅」が入ってて、X JAPAN感を感じた。 とにかく 「ジャニーズのデビュー曲っぽくないけど、めっちゃカッコいい」です。 ファンの人の感想 SNSやYouTubeのコメントをちらっとみた感じ、次のような意見が多い印象でした。 ジャニーズっぽくない• X JAPANっぽい• これを歌いこなすのはすごい• デビュー曲はJAPONICA STYLEで良かった気がする• もっとオラオラな方がSixTONESっぽい• 何年経っても歌える曲で良い• おしゃれ• ジャニーズ好きじゃないけどこの曲は好き• 想像と違った• 新しい• 勝負に出たなって感じ• いい意味で裏切られた 良くも悪くも 「THEジャニーズのデビュー曲」ではない、のが伝わってくる感想。 ソロパートが多いのは京本大我さん 京本さんパートがかなり多めな印象でした。 出だし:ジェシー• サビ:全員 ではあるけども、京本さんが圧倒的に多かった。 歌い上げる感じのパートが多い。 特に、サビとサビの間の「戻れない〜〜〜」という部分が、完全に京本さんフューチャー。 音程はかなり高い。 が、 「Imitation Rain」はBメロが無かった。 Bメロがありませんでした。 (AメロがBメロっぽかった) この構成によって、幻想的というか、急に盛り上がるというか、静かに2回盛り上がるというか、そんな雰囲気に仕上がってると思われます。 雰囲気が似てる曲は? 音楽に疎いので、似てる曲が思い浮かばないです。 ただ、なんとなく2000年前後の曲っぽい雰囲気に感じました。 ドラムのリズムの取り方のせいなのだろうか。 素人なのに音楽ツウみたいに語っててなんか気持ち悪いのだけど、 J-POPのよくある曲のサビって、1小説の中にドラムの目立つリズムが4つ(8つ?)入ってるのが基本だと思う。 でも「Imitation Rain」のサビは、1小説の中にドラムの目立つリズムが2つ(4つ)しか入ってない。 とにかく、刻み方が大きい感じ。 上手く言えないけど。 それが幻想的な雰囲気と、2000年前後の雰囲気を出してる気がした。 衣装は黒 衣装は全体的に黒っぽかったです。 「紅」は歌詞にも出てきます。 髪型はいつものイメージ ベストアーティストの髪型は次の感じ。 高地くん:いつもの高地くんで安心• 京本さん:フワフワ金髪で可愛い• 北斗くん:おでこ出してるいつものイケメンなやつ• 樹くん:たぶん赤髪(照明が赤くてよく見えない)• ジェシー:赤髪で前髪あり• 森本さん:前髪ありで優しい感じ MVは「水しぶき」「炎」「空」(追記:2019年12月30日) みんな目がウルウルしてて、こっちまで泣きそうになる。 SixTONESのデビューシングルは2020年1月22日(水)発売 SixTONESの デビュー日は2020年1月22日(水)です。 デビュー発表の流れは下記の通りでした。 2019年8月8日:2020年SixTONESとSnow Manの同時デビュー発表(東京ドームコンサート内にて)• 2019年10月24日:デビュー日発表(YouTube内にて)• 2019年11月27日:デビュー曲初披露(日本テレビ「ベストアーティスト」内にて)• 2019年12月25日:MV解禁(SixTONESのYouTubeチャンネルにて) 発売の形態:3形態ある• 初回盤• withSnow Man盤• 通常盤 の3形態で発売されます。 それぞれの収録内容は次の通りです。 初回盤 CD• SixTONESデビュー曲「Imitation Rain」• Snow Manデビュー曲「D. 」 DVD• SixTONESデビュー曲「Imitation Rain」MV• SixTONESデビュー曲「Imitation Rain」MV メイキング• ライブ映像 withSnow Man盤 CD• SixTONESデビュー曲「Imitation Rain」• Snow Manデビュー曲「D. 」 DVD• 撮り下ろし特典映像A• 撮り下ろし特典映像B 通常盤 CD• SixTONESデビュー曲「Imitation Rain」• Snow Manデビュー曲「D. SixTONESデビュー曲「Imitation Rain」カラオケver. トーク(ソニーver. ) DVD• なし 内容が微妙に違うので、ファンなら全部買わざるを得ない感じになっています。 DVD盤:1,760円(税込)• CDのみの通常盤:1,100円(税込) SixTONES版を3枚すべて購入すると、4,620円。 SixTONESとSnow Manの6枚すべて購入すると、9,240円。 学生さんはお年玉で買えちゃう感じの金額感&日程。 上手いな…。 ちなみにKAT-TUNのデビュー曲は「ソロバージョン」が発売されたんだよな。 2006年を思い出します。 (当時11歳のジャニオタでした) SixTONESのデビュー曲をピアノで耳コピしてみた 耳コピしてみました!.

次の