犬 も 歩け ば 棒 に当たる ネプリーグ。 「犬も歩けば棒に当たる」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

【江戸】犬、論より、破れ【上方】仏、論語、笑う【尾張】一、習わぬ、炒り豆

犬 も 歩け ば 棒 に当たる ネプリーグ

犬も歩けば棒に当たるの意味とは 犬も歩けば棒に当たるとは、出歩いていて思わぬ幸運にであうことの意味で使われます。 また、何かものごとをしようとする者は、災難にあうことが多いという意味で用いられることもあります。 犬も歩けば棒に当たるの由来 犬も歩けば棒に当たるの由来は、江戸いろはがるただと言われています。 いろはがるたの一番はじめのことわざということで、聞きなじみがある方も多いのではないでしょうか。 江戸いろはがるたに含まれていることからもわかるように、このことわざは江戸時代にできたもののようです。 犬も歩けば棒に当たるの「棒に当たる」とは本来、犬がほっつき歩いていると、人間に棒で叩かれる様子を表しています。 江戸時代は現代と違って、野良犬が多かったことからこのようなことわざが生まれたのかもしれませんね。 犬も歩けば棒に当たるの文章・例文 例文1. 犬も歩けば棒に当たるというが、私は先日の宝くじで1万円が当たったよ。 例文2. 今日は散歩をしている途中で、きれいな虹を見かけたよ。 犬も歩けば棒に当たるというのは、あながち間違いではないようだ。 例文3. 犬も歩けば棒に当たるというので、軒並み営業してみたら、一件契約を取ることができた。 例文4. 人事部のA君は、この間の騒動で他の課へ移動になったようだ。 犬も歩けば棒に当たるというから、やはり大人しくしているのが吉のようだ。 例文5. 昇給のためにプロジェクトに立候補してみたら、メンバーが散々で続きの毎日だ。 犬も歩けば棒に当たるとはこのことか。 例文1、2、3はいい意味、例文4、5は悪い意味で使われています。 「犬も歩けば棒に当たる」を使う時には、いい意味なのか悪い意味なのかを意識することが大切ですね。

次の

「犬も歩けば棒に当たる」、間違って覚えていた!

犬 も 歩け ば 棒 に当たる ネプリーグ

犬にかかわる最も有名なことわざ・慣用句と言えば 最近の子供、若い人もそうなのかわかりませんが、僕らの世代で犬にかかわる最も有名なことわざ、慣用句と言えば、「犬も歩けば棒に当たる」ではないでしょう。 もともとことわざとかは、あまりよく知っている方ではありませんが、これは子供のころからなぜか知っています。 最初にどこで誰に教えてもらったのかは覚えていませんが、そのくらい昔からしっているということでしょう。 が、しかし、最近このサイトでも、「」という記事を書きましたが、その時に、改めて調べてみて初めてこのことわざの意味を間違えていた、ということを知らされました。 単に僕がおバカなだけかもしれませんが、もしかしたら同じように勘違いしている人もいるのではないでしょうか。 それを説明する前に、もうひとつ今回初めて知ったことがあります。 犬とはあまり関係ありませんが。 「犬も歩けば棒に当たる」と言えば、「いろはかるた」のいろはの「い」という、昔はほとんどの人が子供のころには自然に覚えるようなものだと思います。 僕は「いろはかるた」の世代ではありませんが。 しかしそれは、東京地方、というか江戸の「いろはかるた」だけの話だったようです。 地方によって、いろはのいは違うんですね。 例えば、京都では「一寸先は闇」、大阪や名古屋では「一を聞いて十を知る」がいろはの「い」なんですね。 これも初めて知りました。 余計なことですが。 「犬も歩けば棒に当たる」の意味を勘違いしていた! 恥ずかしながら僕は「犬も歩けば棒に当たる」は、例えば「猿も木から落ちる」、「弘法も筆の誤り」というのと同じように、歩き回っている犬でも棒に当たることがある、つまり得意なことでも失敗することがある、というような意味である、と思っていました。 ところがこれは違っていたのです。 現在の、「犬も歩けば棒に当たる」の意味は次の通りなのです。 何かをしようとすれば思ってもいなかったような災難に会うことがある。 何か行動を起こせば思いもよらない幸運に巡り合うこともある。 1は、出しゃばるとろくなことにならない、というような意味でもあるようですが、要するに何かをしようとすると災いに会う的な、どちらかというとネガティブな意味合いですね。 これが、本来の意味のようです。 しかし、最近は全く逆のポジティブな意味を持つようになっているようなのです。 それが2の意味です。 災いではなく、幸運に出会う、という意味なのです。 何かをすれば、災難に会う、と幸運に会う、では全く逆ですよね。 1の意味は、すんなり理解できますが、2の意味は、すこしばかり意外、に感じてしまいました。 なんで棒に当たるが幸運になる、なのだろうか、と。 要するに「当たる」、という言葉自体が、くじに当たる、などの意味にとらえられてポジティブな言葉として解釈され、その結果、幸運に当たる、という意味に解釈されるようになったようです。 従って、この2の幸運に当たる、という意味は比較的最近使われるようになったようです。 はっきりといつから使われるようになったのかは調べたかぎりではわかりませんでしたが。 それとも、それも僕の勘違いで昔からそういう意味もあったのでしょうか? 最近の言葉は知らないうちに、僕らが使っていたのとは全く反対の意味で使われるようになっていることがあります。 例えば、「やばい」。 僕らが昔使っていた「やばい」は、「まずいことになった」とか「失敗した」というようなネガティブな意味で使っていました。 しかし最近は、「やばい」という言葉は、「思いもよらず感動してしまった」というようなポジティブな意味で使われることがほとんどのように思います。 また、いろいろな言葉や慣用句などが、間違った使い方をされているなどと言われることがありますが、言葉というのは時代によって、その意味を変えていくものなのかもしれません。 ま、言葉は生き物だ、ということですね。 「犬も歩けば棒に当たる」の由来、そして今後は・・・ 棒に当たる、とは棒にぶつかるという意味ではなく、棒で叩かれる、ということらしいです。 もともと侍の時代は、まだまだ犬は野良犬が多かったでしょう。 子供たちに棒で叩かれたり、また食べ物を盗んで叩かれたり、など、犬が叩かれることが珍しくなかったのかもしれません。 そういった背景から、犬がふらふらとで歩いていると、そういったことに遭遇してしまうよ、ということから、用もないのに何かをしようとしたり、よけいなことに出しゃばると災難に会う、というような意味で使われるようになったそうです。 つまり当たる=叩かれる、ですからどう考えても、本来の意味に幸運に出会う、というような意味には本来ならならないような気がしますが・・・。 というようなことを言っていると、これだから年寄は、と言われそうだからやめておきましょう。 由来はネガティブなものでも、要するに、何かをしようとすれば、良いこと悪いこと、何に遭遇するかわからない、逆に言えば、何もしなければ何も変わらないよ、ということだと理解したいと思います。 何も変えたくなければ、何もしない方がいいし、何かを変えたければ、何らかの行動を起こさなければいけない、ということですね。 そう理解すると、「犬も歩けば棒に当たる」、このことわざを今後はポジティブにとらえて行く必要がありますね。 僕は現状を変えたくないとは全く思っていません。 むしろもっと変えていきたいと思っているので、今後は「犬も歩けば棒に当たる」の精神で行動していきたいと思います。

次の

「犬も歩けば棒に当たる」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

犬 も 歩け ば 棒 に当たる ネプリーグ

「犬も歩けば棒に当たる」意味と由来 早速ですが、「犬も歩けば棒に当たる」の正しい意味と言葉の由来について解説します。 「犬も歩けば棒に当たる」2つの意味 「犬も歩けば棒に当たる」には2つの意味があります。 一つ目は「あまり出しゃばった行動をすると、思わぬ災難に会う」、二つ目は「何か行動を起こせば、思ってもいないような幸運に巡り合える」です。 もともとは一つ目の意味で「でしゃばることへの戒め」として使われていましたが、現在は「行動を起こすことのメリット」として使われています。 「当たる」とは幸運のこと? 「犬も歩けば棒に当たる」の「棒に当たる」は棒で殴られるという意味があり、ことわざ全体で捉えると「犬も歩いていれば、人に棒で殴られることがある」となります。 犬が歩いている時に、どれだけのチャンスで人に殴られことがあるのでしょうか?これこそ「思ってもみない災難」です。 また、「当たる=幸運」という捉え方をして意味を変化させたのが「何かをしていれば、幸運に巡り合える」という2つ目の解釈です。 つまり「幸運に巡り合うためにも、行動を起こそう」というプラスの意味に転換しているのです。 由来は「江戸いろはかるた」 「犬も歩けば棒に当たる」の由来は「江戸いろはかるた」です。 もちろん、「いろはにほへと…」となるため、江戸いろはかるたの第一句となります。 ちなみに、第二句は「論より証拠」、第三句は「花より団子」、第四句は「憎まれっ子世にはばかる」、第五句は「骨折り損のくたびれ儲け」と続きます。 小学生の時に間違って解釈? 「犬も歩けば棒に当たる」は小学生に入ってから初めに習うことわざの一つです。 しかし、小学校で習った時に、このことわざの意味を「反射神経の良い犬でも、歩いていれば棒にぶつかってしまう」というように間違えて理解してしまっていることがあるようなのです。 「猿も木から落ちる」とは違う意味 前述した意味で解釈すると「犬も歩けば棒に当たる」は「河童の川流れ」や「猿も木から落ちる」などと同義語となってしまい、間違いとなります。 正しい意味は「何かをしていれば、思いがけない幸運が起こる」です。 しっかり正しい意味を理解しておきましょう。 「犬も歩けば棒に当たる」使い方例文 続いて「犬も歩けば棒に当たる」の正しい使い方とわかりやすい例文を挙げてみましょう。 「積極的に」プラスの意味で使う 一般的に「犬も歩けば棒に当たる」を使う時は、「でしゃばり過ぎると、思わぬ災難が降り注ぐ」という意味で使うことは少ないです。 どちらかといえば「行動を起こせば、思ってもみないような良いことが起こる」というプラスの意味で使われることがほとんどとなります。 「犬も歩けば棒に当たる」は相手に行動を起こすことを促す意図で使うと良いでしょう。 「犬も歩けば棒に当たる」3つの例文• 「犬も歩けば棒に当たる」を信じて、婚活パーティに参加してみない?• 無理だと思い過ごす前に「犬も歩けば棒に当たる」で飛び込み営業してみるよ。 「犬も歩けば棒に当たる」というように、やっと就職先が見つかった。 「犬も歩けば棒に当たる」の類義語は? それでは「犬も歩けば棒に当たる」の類義語を挙げてみましょう。 類義語「歩く足には泥がつく」 「犬も歩けば棒に当たる」の類義語は「歩く足には泥がつく」「歩く足には棒あたる」「犬も歩けば棒に合う」などがあります。 どれも「行動を起こせば、思いも寄らない幸運がある」という意味で使われる言葉です。 類語を使った例文• 積極的に行動していこう。 「歩く足には泥がつく」というでしょう。 「歩く足には棒あたる」というが、休みに外に出るのも案外気持ちがいいものだ。 とにかく名刺をできるだけ多く配ることだ。 「犬も歩けば棒に合う」の精神で頑張ろう。 「犬も歩けば棒に当たる」の外国語 最後に「犬も歩けば棒に当たる」の英語と中国語でのフレーズについて紹介します。 英語では少しニュアンスを変えて 「犬も歩けば棒に当たる」には2つの意味がありますが、「何かをしている時に、思わぬ幸運が起きること」の意味で英語表現するなら「Nothing ventured, nothing gained=冒険しなければ、何も起こらない」が適語になります。 また、「Nothing will ever change if you do nothing=何もしなければ、何も変わらない」でも良いでしょう。 好みのフレーズを使いこなして、国際的なシーンで上手に使ってみて下さい。 まとめ 「犬も歩けば棒に当たる」は「出しゃばり過ぎると、思わぬ災難が降りかかる」という戒めの意味で使われていたことわざですが、現在は「何かをしていれば、思わぬ幸運が訪れる」という反対の意味で使われるのがほとんどです。 また、「犬も歩けば棒に当たる」は職場なら積極的な行動が必須である「営業」や、時として奇抜なアイデアを必要とする「販売促進」などで意味を成す言葉として使えるかもしれません。 何事も「行動あるのみ」です。

次の