ウィンドウ 閉じる ショートカット。 Outlook のキーボード ショートカット

サクラエディタの使い方や機能がわかるショートカットキー全まとめ一覧【初心者こそ必見】

ウィンドウ 閉じる ショートカット

はじめに 今回は『ウィンドウの切り替え』ショートカットをご紹介します。 この技、使いこなすと かなり便利な上に、これを知らない人がみるとものすごく作業が早くてカッコよく見えるお得なワザとなっています。 是非マスターしてください。 『ウィンドウの切り替え』とは? それでは今回扱うウィンドウの切り替えとはどんなものでしょうか? まずは実際にやってみるのがわかりやすいと思います。 いくつかウィンドウを開いた上で次のショートカットを試してください。 ショートカットキーは 『 Alt 』+『 Tab 』です。 『Alt』キーを押しっぱなしにしながら『Tab』キーを ちょこん と押す形です。 2つのウィンドウを行き来しよう 先ほどの操作を行うと、 開かれている(最小化されているものも含む)ウィンドウが、順々に入れ替わっていくことになります。 このように『Alt』キーを押しながら『ちょこん」と軽く『Tab』キーを押すと、2つのウィンドウを行き来することができます。 上手に見えるコツとしては操作をすばやく行うことです。 なお、この方法は 2 つのウィンドウを行き来するときの方法になります。 すると このような画面が見えると思います。 この状態(=『Alt』キーは押したまま)で『Tab』キーを何度か押してみてください。 ウィンドウが切り替わる様子がよくわかると思います。 次に開いているウィンドウの数を増やしてみるとこういうことになります。 4つのウィンドウが開いている場合、『Alt』+『Tab』で上の切り替えビューを表示させたのち、 『 Alt 』キーは押したままにして『 Tab 』キーを複数回押すと図のようにアクティブが切り替わっていく様子が見られると思います。 このように『Alt』キーを押したまま『Tab』キーを任意の回数押すことで、特定のウィンドウをアクティブにすることが可能です。 なお、『Tab』キーを押すところを 『 Shift 』+『 Tab 』キーを押すことで図の矢印の逆向きに進むことも可能です。 ( 『 Shift 』キーはよく逆向き操作を行う場合に使用しますね) これらの操作をスムーズに行うことができるようになれば、ずいぶんとスマートなPC操作に見えますよ! 活用場面 ではどんな時に使うかを考えてみましょう。 とはいえ、単純に『高速でアクティブウィンドウを切り替えられる』わけですからその価値はわかってもらえると思います。 『いかにキーボードから手を放さずに作業できるか』が大事ですからね。 マウスをもってそのウィンドウを触りにいく行為こそが無駄なわけです。 簡単な例では『Excelで作成したグラフをWord文書に貼り付けしたい』というシチュエーションなどが想定できます。 コピーした後に最小化してあるWordのアイコンを触るためにマウスを持つな、ということです。 この記事を見ている方ならば大丈夫だとは思いますが、コピーは『Ctrl』+『C』、貼り付けは『Ctrl』+『V』ですね。 最後までマウスに触る必要はありません。 もしコピーや貼り付けのショートカットを知らない方は下の記事をチェックしておくべきですね。 このように2つ(以上)のウィンドウを対象として操作するような場合にマウスを持たず、高速で切り替えられることで作業がスムーズにできる、そんなショートカットです。 おわりに 今回は『Alt』+『Tab』で行える高速アクティブウィンドウ切り替え術を紹介しました。 使い始めて慣れだすとこの重要さに気付ける、そんなショートカットです。 ご存じなかった方はぜひ今日から使っていってくださいね。

次の

Windowsのウインドウ操作が超快適!便利ショートカットキー12選

ウィンドウ 閉じる ショートカット

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらにがあります。 多くのユーザーが、Windows で Outlook のキーボード ショートカットを操作できる外部キーボードを使用すると、より効率的に作業できると感じています。 運動機能障碍または視覚障碍を伴うユーザーの場合、キーボード ショートカットはタッチスクリーンを使用するよりも簡単であり、マウスの基本的な代替手段です。 この記事では、Windows の Outlook のキーボード ショートカットを箇条書きで説明します。 この記事の内容• これには、ヘッダー、完全なアイテム、指定したフォルダー、特定のサイズ未満のアイテム、またはユーザー定義の任意の組み合わせを含めることができます。 基本的なナビゲーション 操作内容 キー メールに切り替える。 前のメッセージに切り替える メッセージを開いたまま。 Tab Outlook ウィンドウ、[ ナビゲーション ウィンドウ] の小さなウィンドウ、[ 閲覧ウィンドウ]、[ To Do バー] のセクションの間を移動し、Outlook リボンにアクセス キーを表示する。 F6 [ ナビゲーション ウィンドウ] または開いているメッセージ内で、メッセージのヘッダー行の間を移動する。 方向キー 別のフォルダーに移動する。 Space [ 閲覧ウィンドウ] 内で 1 ページ上のテキストに移動する。 Esc 使用しているビューに応じて、検索対象を [ すべてのメール アイテム]、[ すべての予定表アイテム]、または [ すべての連絡先アイテム] に拡大する。 F4 テキスト、記号、一部の書式設定コマンドを検索して置換する。 開いているアイテムの [ 閲覧ウィンドウ] で機能します。 F12 元に戻す。 F7 フラグを設定する。 F2 テキストの左揃えを実行する。 Insert [ フラグを設定] ダイアログ ボックスを表示する。 F4 次を検索する。 開いている予定または会議にパターンを設定する。 F5 別のフォルダーに移動する。 連絡先を検索する。 F11 連絡先を閉じる。 Esc 選択した連絡先に FAX を送信する。 Insert テキストの書式を設定する 操作内容 キー [ 書式] メニューを表示する。 貼り付ける。 Ctrl キーを押しながら、クリックする。 ハイパーリンクを挿入する。 これには、ヘッダー、完全なアイテム、指定したフォルダー、特定のサイズ未満のアイテム、またはユーザー定義の任意の組み合わせを含めることができます。 F9 現在のフォルダーに対して、すべてのアイテム ヘッダー、アイテム、任意の添付ファイル を取得する送受信を開始する。 Microsoft InfoPath フォームを選択する。 Enter すべてのアイテムを選びます。 PageDown キー 画面の一番上のアイテムに移動する。 PageUp キー 選択しているアイテムを 1 つずつ増減する。 Home 最後のグループを選択する。 End 展開されているグループの画面上の最初のアイテム、または画面に表示されていない右側の部分の最初のアイテムを選択する。 Home 稼働日の終了時刻を選択する。 End 前の時間のブロックを選択する。 PageUp キー 1 画面下の時間のブロックを選択する。 PageDown キー 選択している時間を増やしたり減らしたりする。 Home 選択した日の稼働時間の最後に移動する。 End 選択した日の 1 ページ分上の表示に移動する。 PageUp キー 選択した日の 1 ページ分下の表示に移動する。 PageDown キー 選択している期間を変更する。 Home 前のページの同じ曜日に移動する。 PageUp キー 次のページの同じ曜日に移動する。 PageDown キー カレンダー ナビゲーター 操作内容 キー 現在の週の最初の曜日に移動する。 カードのファイリングに使用した名前、または並べ替えに使用したフィールドの名前の先頭の 1 文字以上 前のカードを選択する。 Home 一覧の最後のカードを選択する。 End 現在のページの最初のカードを選択する。 PageUp キー 次のページの最初のカードを選択する。 PageDown キー 次の列で最も近いカードを選択する。 起点より後のカードが選択されている場合は、選択済みのカードを非選択にする。 起点より前のカードが選択されている場合は、選択済みのカードを非選択にする。 選択されているカードのフィールドを選択するには、目的のフィールドをクリックします。 操作内容 キー 次のフィールドとコントロールに移動する。 Tab 前のフィールドとコントロールに移動する。 Enter フィールドの文字間を移動する 以下のキーを使用する前に、カード内のフィールドを選択します。 選択されているカードのフィールドを選択するには、目的のフィールドをクリックします。 操作内容 キー 複数行のフィールドに行を追加する。 Enter 行の先頭に移動します。 Home 行の末尾に移動します。 End 複数行のフィールドでフィールドの先頭に移動する。 PageUp キー 複数行のフィールドでフィールドの末尾に移動する。 PageDown キー 複数行のフィールドで前の行に移動する。 Enter アイテムがグループ化されていない場合は タイムラインの最初のアイテム、またはグループ内の最初のアイテムを選択する。 Home アイテムがグループ化されていない場合は タイムラインの最後のアイテム、またはグループ内の最後のアイテムを選択する。 End アイテムがグループ化されていない場合は タイムラインの最初のアイテム、またはグループ内の最初のアイテムを 選択せずに 表示する。 Home タイムラインで最後のグループを選択する。 End 展開されているグループの画面上の最初のアイテム、または画面に表示されていない右側の部分の最初のアイテムを選択する。 基本的なナビゲーション 操作内容 キー メールに切り替える。 前のメッセージに切り替える メッセージを開いたまま。 Tab [ ナビゲーション ウィンドウ] 内を移動する。 方向キー 別のフォルダーに移動する。 Space [ 閲覧ウィンドウ] 内で 1 ページ上のテキストに移動する。 Esc 使用しているモジュールに応じて、検索対象を [ すべてのメール アイテム]、[ すべての予定表アイテム]、または [ すべての連絡先アイテム] に拡大する。 F4 メッセージまたはその他のアイテム内のテキストを検索中に次を検索する。 開いているアイテムの [ 閲覧ウィンドウ] で機能します。 F12 元に戻す。 F7 フラグを設定する。 F2 テキストの左揃えを実行する。 Insert [ フラグを設定] ダイアログ ボックスを表示する。 F4 次を検索する。 予定またはタスクにパターンを設定する。 F11 連絡先の表形式ビューまたは一覧ビューで、特定の文字で始まる最初の連絡先に移動する。 F5 別のフォルダーに移動する。 連絡先を閉じる。 Esc 選択した連絡先の Web ページを開く 含まれている場合。 Insert テキストの書式を設定する 操作内容 キー [ 書式] メニューを表示する。 貼り付ける。 Ctrl キーを押しながら、マウス ボタンをクリックする。 Web ブラウザーを指定する。 Shift キーを押しながら、マウス ボタンをクリックする。 ハイパーリンクを挿入する。 これには、ヘッダー、完全なアイテム、指定したフォルダー、特定のサイズ未満のアイテム、またはユーザー定義の任意の組み合わせを含めることができます。 F9 現在のフォルダーに対して、すべてのアイテム ヘッダー、アイテム、任意の添付ファイル を取得する送受信を開始する。 ビュー 表形式ビュー 一般的な用途 操作内容 キー アイテムを開く。 Enter すべてのアイテムを選びます。 PageDown キー 画面の一番上のアイテムに移動する。 PageUp キー 選択しているアイテムを 1 つずつ増減する。 F5 グループが選択されている場合 操作内容 キー すべてのグループを展開する。 - 負符号 前のグループを選択する。 Home 最後のグループを選択する。 End 展開されているグループの画面上の最初のアイテム、または画面に表示されていない右側の部分の最初のアイテムを選択する。 Home 稼働日の終了時刻を選択する。 End 前の時間のブロックを選択する。 PageUp キー 1 画面下の時間のブロックを選択する。 PageDown キー 選択している時間を増やしたり減らしたりする。 Home 選択した日の稼働時間の最後に移動する。 End 選択した日の 1 ページ分上の表示に移動する。 PageUp キー 選択した日の 1 ページ分下の表示に移動する。 PageDown キー 予定を上、下、左、または右に移動する。 Home 前のページの同じ曜日に移動する。 PageUp キー 次のページの同じ曜日に移動する。 PageDown キー カレンダー ナビゲーター 操作内容 キー 現在の週の最初の曜日に移動する。 カードのファイリングに使用した名前、または並べ替えに使用したフィールドの名前の先頭の 1 文字以上 前のカードを選択する。 Home 一覧の最後のカードを選択する。 End 現在のページの最初のカードを選択する。 PageUp キー 次のページの最初のカードを選択する。 PageDown キー 次の列で最も近いカードを選択する。 起点より後のカードが選択されている場合は、選択済みのカードを非選択にする。 起点より前のカードが選択されている場合は、選択済みのカードを非選択にする。 選択されているカードのフィールドを選択するには、目的のフィールドをクリックするか、F2 キーを押します。 操作内容 キー 次のフィールドに移動する。 カードの最後のフィールドからは、次のカードの最初のフィールドに移動する。 Tab 前のフィールドに移動する。 カードの最初のフィールドからは、前のカードの最後のフィールドに移動する。 Enter アクティブなカードから離れることなく、前のフィールドに移動する。 F2 フィールドの文字間を移動する 以下のキーを使用するには、カード内のフィールドが選択されていることを確認します。 選択されているカードのフィールドを選択するには、目的のフィールドをクリックするか、F2 キーを押します。 操作内容 キー 複数行のフィールドに行を追加する。 Enter 行の先頭に移動します。 Home 行の末尾に移動します。 End 複数行のフィールドでフィールドの先頭に移動する。 PageUp キー 複数行のフィールドでフィールドの末尾に移動する。 PageDown キー 複数行のフィールドで前の行に移動する。 Enter 画面上のアイテムの 1 画面上にあるアイテムを表示する。 PageUp キー 画面上のアイテムの 1 画面下にあるアイテムを表示する。 PageDown キー アイテムがグループ化されていない場合は タイムラインの最初のアイテム、またはグループ内の最初のアイテムを選択する。 Home アイテムがグループ化されていない場合は タイムラインの最後のアイテム、またはグループ内の最後のアイテムを選択する。 End アイテムがグループ化されていない場合は タイムラインの最初のアイテム、またはグループ内の最初のアイテムを 選択せずに 表示する。 Home タイムラインで最後のグループを選択する。 End 展開されているグループの画面上の最初のアイテム、または画面に表示されていない右側の部分の最初のアイテムを選択する。 Tab 下側のタイム スケールが選択されている場合に、画面上の最初のアイテムを選択し、アイテムがグループ化されている場合は画面上の最初のグループを選択する。 Tab 関連項目 障碍のある方向けのテクニカル サポート Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、 までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。 政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、 までお問い合わせください。

次の

【Windows10】ウィンドウを閉じるショートカットキーはこちら

ウィンドウ 閉じる ショートカット

A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。 A ベストアンサー CtrlキーとPのキーを同時に押すと「印刷」ダイアログが呼び出せます。 その状態でAltキーとWのキーを同時に押すと「印刷プレビュー」が表示されますので、印刷のイメージがつかめます(必ずしもプレビュー通りには印刷されませんが) 印刷プレビュー画面の上にある、設定のボタンを押してあげれば、余白を少なくしたり、拡大縮小印刷をパーセンテージを指定しておこなえたりします。 いずれにせよ、プレビューで確認しながら拡大率を決めていけばいいと思います。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3?

次の