グローム マネジメント。 グローム・ホールディングス株式会社の法人情報

グローム・ホールディングス

グローム マネジメント

決算情報 グローム・ホールディングス 8938 の決算発表情報。 前期実績・前々期実績と比較して増益・減益など企業の業績をわかりやすくお知らせします。 直近決算期:2020年3月期 連 【売上高】8,288百万円【当期純利益】-2,227百万円【自己資本比率】22. 00 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

グローム・ホールディングス

グローム マネジメント

東京都港区南麻布4丁目13番5号麻布矢野ビル1F• 東京都港区赤坂2丁目10番5号税理士法人赤坂国際会計事務所内• 東京都港区西麻布3丁目17番14号• 東京都港区虎ノ門4丁目3番1号城山トラストタワー32階• 東京都港区浜松町2丁目2番15号• 東京都港区浜松町2丁目2番15号浜松町ダイヤビル2階• 東京都港区芝公園1丁目1番12号芝公園電気ビルディング7F• 東京都港区六本木3丁目17番12号• 東京都港区赤坂2丁目11番7号ATT新館11階マザージャパン株式会社内• 東京都港区西麻布1丁目8番12号• 東京都港区三田1丁目4番28号三田国際ビル24階• 東京都港区西新橋3丁目7番1号• 東京都港区芝大門1丁目12番15号• 東京都港区北青山3丁目5番30号• 東京都港区新橋6丁目17番21号住友不動産御成門駅前ビル10階• 東京都港区南青山2丁目2番8号DFビル7階• 東京都港区東新橋1丁目9番1号• 東京都港区北青山2丁目7番13号• 東京都港区高輪3丁目19番22号品川タワーレジデンス2403.

次の

グロームHDが大幅反落、20年3月期業績は計画下振れし無配へ

グローム マネジメント

2005年3月3日上場 本社所在地 赤坂1-12-32 アーク森ビル22F・24F 設立 (昭和62年) (株式会社フォルザインターナショナル) 事業内容 持株会社 代表者 代表取締役社長 金子修 資本金 11億9,929万円(2016年3月31日現在) 売上高 連結:137億7427万5000円 (2018年3月期) 営業利益 連結:15億408万9000円 (2018年3月期) 純利益 連結:4億4976万4000円 (2018年3月期) 純資産 連結:52億2876万円 (2018年3月31日現在) 総資産 連結:313億444万9000円 (2018年3月31日現在) 従業員数 連結:50人 単独:22人 (2016年3月31日現在) 決算期 主要株主 普済堂株式会社 31. )はに本社を置く。 沿革 [ ]• (昭和62年)6月 - 株式会社フォルザインターナショナルを設立。 (平成4年)7月 - 商号を本荘エステート株式会社に変更し、株式会社本荘(現株式会社エステート開発)より営業譲渡を受け、を開始。 (平成7年)7月 - 商号を 株式会社ロジコムに変更。 (平成17年)3月 - 市場(現・)に株式を上場。 (平成28年)3月 - と不動産ファンド事業等において資本・業務提携契約を締結。 2016年(平成28年)6月 - 連結子会社だったロジコムリアルエステート株式会社を株式会社ダヴィンチ・ホールディングス傘下の株式会社リータへ全株式を譲渡した。 2016年(平成28年)10月 - 持株会社体制へ移行。 事業をロジコム分割準備株式会社に会社分割し、商号を LCホールディングス株式会社に変更。 ロジコム分割準備株式会社が商号を株式会社ロジコム(2代)に変更。 2018年(平成30年)12月 - 連結子会社だった株式会社ロジコムの全株式を株式会社へ譲渡した。 2019年(令和元年)10月 - 商号を グローム・ホールディングス株式会社に変更。 2020年(令和2年)5月 - 連結子会社だった株式会社LCパートナーズの全株式を株式会社へ譲渡した。 連結子会社 [ ]• LCホールディングスは同年6月11日に、LCホールディングスの業務の遂行に支障を来し、グループ全体の事業戦略に大きな影響を与えると判断し、この事実を公表した。 代表取締役社長Aは同年4月4日に退任した他、取締役Bも同年6月11日までに退任した。 証券取引等監視委員会は2018年11月13日に、元代表取締役社長A、元取締役B、Bの息子であるCを違反(インサイダー取引)の嫌疑でへ告発した。 対象となった犯則事実は、2016年1月中旬頃、Aがロジコムのを実施することや、ロジコムとダヴィンチ・ホールディングスとの業務提携を行うことを知りながら、同年1月下旬から2月中旬頃にかけて、Bに対し、法定の除外事由がないにも関らず、証券会社を介して東京証券取引所にてロジコム株式を買い付けを行っていたいた疑い。 LCホールディングスは、東京地方検察庁の調査に協力するとしている。 元代表取締役社長A、元取締役B、Bの息子であるCは同年11月16日に東京地方検察庁から在宅起訴された。 脚注 [ ] [].

次の