松原 照子 2020。 松原照子の予言的中がスゴイ!コロナやオリンピック中止が的中?

2020東京オリンピックはない予言的中、松原照子氏│気になる情報

松原 照子 2020

アメリカ大統領選 ヒラリー氏断然有利の中で、アメリカ大統領選でトランプ氏が決定してしまいました。 ヒラリー氏公約のUFO機密情報を公開してくれるということを期待していたのですが、叶いませんでした。 2017年はロズウェル事件、アーノルド事件から70年です。 空飛ぶ円盤70周年という節目の年なわけです。 (ロズウェル事件は、1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収されたとして有名になった事件。 ロズウェルUFO事件とも呼ばれる) ( ケネス・アーノルド事件 とは、1947年6月24日にアメリカ合衆国ワシントン州で起こったUFO遭遇事件である。 この事件により「空飛ぶ円盤 フライングソーサー 」というイメージ・呼称が世間に定着した) それに合わせてヒラリー氏がUFO情報を公開してくれるに違いないと誰もが思っていました。 大世見者 大世見者の松原照子氏は、トランプ氏が大統領になることを世見していました。 (ここでは予見ではなく世見を使用します)あの世というか不思議な住人の方から誰が大統領になるかが聞こえてきたというのです。 アメリカの女性大統領はならないと世見していました。 なるのは男性であり、他にも一人男性の候補者がいましたが、事実上有力なのは、トランプ氏しか他に選択肢がありませんでした。 霊能力の発揮の仕方 松原氏の場合は、霊能力の発揮の仕方が他とは違っています。 松原氏は、ワープロなどはできません。 そのためいつも手書きなのです。 見えてきたこと聞こえてきたことを書いてファックスして、それを受け取ったアシスタントの方が文字起こししてそれをブログとしてアップする方法なのです。 最初の原稿の中には、トランプ氏と書いてありました。 しかしながら、あまりにも状況がヒラリー氏の勢いが強かったために名前は出せず、女性はならないと記入に留めたようなのです。 世間ではヒラリー氏で決まりと言われるほどでした。 トランプ氏が大統領になると言っていたのは、木村太郎ジャーナリストとフリーメイソンの高須クリニック院長です。 松原氏は、東日本大震災を世見していたとして、一躍有名になりました。 ビジョンとして見える、聞こえるだけではなく、不思議な世界の住人、違う次元、違う世界のかつてこの地上で肉体を持って活躍していた人々から直接聞かされるパターンが多いそうです。 取材する人が普通に松原氏の部屋に行って、コンタクトする人が「そこにおるやん」と言われるようです。 本人には見えていますが、感覚的に厚みがないそうです。 横にしたらペラペラなのではないかと思います。 東日本大震災の時の予知の仕方というのは、地図だったのです。 結構地図を使って世見するらしいのです。 中学生、高校生の時に使っている地図帳を開いて、手をなぞっていくと何か異変があるところが暖かく感じるというのです。 地震の時は、すごく熱く感じたらしいのです。 陸前高田という言葉が響いてきたというのです。 陸前高田という言葉がピンポイントで出てくるものでしょうか。 広範囲に揺れる 詳しいメカニズムはわからないのですが、広範囲に揺れることを感じたのは2011年2月10日だったのです。 例により手書きで書いて、それをファックスで送ったのです。 その時の手書きの原稿を見せてもらった人がいて、日付から内容がまさにその通り記載されていました。 未来だけではなく未解決な歴史にも教えてくれるらしいのです。 瞑想的に心を落ち着かせていると聞こえて来ます。 声というか頭に響いてくるというか、聞き取れなかったりします。 例えば、マヤの末裔でラカンドンという人がいます。 その場合、歯抜けになったようにラ・ンド・という感じです。 メモしておいて後で調べてみるという作業をします。 一方的に聞かされて歴史の真相がわかるのです。 本人はその歴史の知識がないので、メモした内容を読んでいる方がびっくりするそうです。 過去の歴史の謎解きをしてくれます。 東京オリンピックはない われわれが最も気になるのは未来です。 これから日本はどうなっていくのか。 最も注目を集めている予見は「2020年東京オリンピックは開かれない」です。 東京オリンピック招致の関係者からの質問に対して、即答で「東京オリンピックはない」とのことでした。 確かに東京オリンピックが決まりましたが競技場のデザインとか、エンブレムだとか、予算が当初の倍になったとか、デザインは白紙で公募になったり、ちゃぶ台返しが続いているのです。 ボートの競技場、バレーボールの競技場で揉めていました。 東京オリンピックは、前例では日中戦争が起こり中止になったことがありました。 他国では、戦争中でもオリンピックは開かれていたことはありましたが。 「オリンピックを開いている場合じゃないぞ」というとんでもないことに陥る可能性があるみたいです。 どのような状況かというと、関東大震災、富士山大爆発などでしょうか。 自然災害を含めて何かが起こるのでしょうか。 原因が何かは具体的には述べられていません。 見えて分かっているのかもしれませんが。 気になるのは、イルミナティーカード の時計台の崩壊カードです。 予言というよりシナリオみたいなカードですから誰が意図的に行わないといいのですが。 幸運を引き寄せるためにある呪文を唱えることが勧められています。 「ガバジャラミタ」という呪文を唱えるとラッキーなことが起きるというのですが、最も効果的な時間帯は午前4時だそうです。 まとめ ビジョンとして見える、聞こえるだけではなく、不思議な世界の住人、違う次元、違う世界のかつてこの地上で肉体を持って活躍していた人々から直接聞かされるパターンが多い Amazonの紹介欄(商品リンク)•

次の

【東京オリンピック】中止を予言のひろゆき・松原照子とアキラが話題!|はぴかみん

松原 照子 2020

アメリカ大統領選 ヒラリー氏断然有利の中で、アメリカ大統領選でトランプ氏が決定してしまいました。 ヒラリー氏公約のUFO機密情報を公開してくれるということを期待していたのですが、叶いませんでした。 2017年はロズウェル事件、アーノルド事件から70年です。 空飛ぶ円盤70周年という節目の年なわけです。 (ロズウェル事件は、1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収されたとして有名になった事件。 ロズウェルUFO事件とも呼ばれる) ( ケネス・アーノルド事件 とは、1947年6月24日にアメリカ合衆国ワシントン州で起こったUFO遭遇事件である。 この事件により「空飛ぶ円盤 フライングソーサー 」というイメージ・呼称が世間に定着した) それに合わせてヒラリー氏がUFO情報を公開してくれるに違いないと誰もが思っていました。 大世見者 大世見者の松原照子氏は、トランプ氏が大統領になることを世見していました。 (ここでは予見ではなく世見を使用します)あの世というか不思議な住人の方から誰が大統領になるかが聞こえてきたというのです。 アメリカの女性大統領はならないと世見していました。 なるのは男性であり、他にも一人男性の候補者がいましたが、事実上有力なのは、トランプ氏しか他に選択肢がありませんでした。 霊能力の発揮の仕方 松原氏の場合は、霊能力の発揮の仕方が他とは違っています。 松原氏は、ワープロなどはできません。 そのためいつも手書きなのです。 見えてきたこと聞こえてきたことを書いてファックスして、それを受け取ったアシスタントの方が文字起こししてそれをブログとしてアップする方法なのです。 最初の原稿の中には、トランプ氏と書いてありました。 しかしながら、あまりにも状況がヒラリー氏の勢いが強かったために名前は出せず、女性はならないと記入に留めたようなのです。 世間ではヒラリー氏で決まりと言われるほどでした。 トランプ氏が大統領になると言っていたのは、木村太郎ジャーナリストとフリーメイソンの高須クリニック院長です。 松原氏は、東日本大震災を世見していたとして、一躍有名になりました。 ビジョンとして見える、聞こえるだけではなく、不思議な世界の住人、違う次元、違う世界のかつてこの地上で肉体を持って活躍していた人々から直接聞かされるパターンが多いそうです。 取材する人が普通に松原氏の部屋に行って、コンタクトする人が「そこにおるやん」と言われるようです。 本人には見えていますが、感覚的に厚みがないそうです。 横にしたらペラペラなのではないかと思います。 東日本大震災の時の予知の仕方というのは、地図だったのです。 結構地図を使って世見するらしいのです。 中学生、高校生の時に使っている地図帳を開いて、手をなぞっていくと何か異変があるところが暖かく感じるというのです。 地震の時は、すごく熱く感じたらしいのです。 陸前高田という言葉が響いてきたというのです。 陸前高田という言葉がピンポイントで出てくるものでしょうか。 広範囲に揺れる 詳しいメカニズムはわからないのですが、広範囲に揺れることを感じたのは2011年2月10日だったのです。 例により手書きで書いて、それをファックスで送ったのです。 その時の手書きの原稿を見せてもらった人がいて、日付から内容がまさにその通り記載されていました。 未来だけではなく未解決な歴史にも教えてくれるらしいのです。 瞑想的に心を落ち着かせていると聞こえて来ます。 声というか頭に響いてくるというか、聞き取れなかったりします。 例えば、マヤの末裔でラカンドンという人がいます。 その場合、歯抜けになったようにラ・ンド・という感じです。 メモしておいて後で調べてみるという作業をします。 一方的に聞かされて歴史の真相がわかるのです。 本人はその歴史の知識がないので、メモした内容を読んでいる方がびっくりするそうです。 過去の歴史の謎解きをしてくれます。 東京オリンピックはない われわれが最も気になるのは未来です。 これから日本はどうなっていくのか。 最も注目を集めている予見は「2020年東京オリンピックは開かれない」です。 東京オリンピック招致の関係者からの質問に対して、即答で「東京オリンピックはない」とのことでした。 確かに東京オリンピックが決まりましたが競技場のデザインとか、エンブレムだとか、予算が当初の倍になったとか、デザインは白紙で公募になったり、ちゃぶ台返しが続いているのです。 ボートの競技場、バレーボールの競技場で揉めていました。 東京オリンピックは、前例では日中戦争が起こり中止になったことがありました。 他国では、戦争中でもオリンピックは開かれていたことはありましたが。 「オリンピックを開いている場合じゃないぞ」というとんでもないことに陥る可能性があるみたいです。 どのような状況かというと、関東大震災、富士山大爆発などでしょうか。 自然災害を含めて何かが起こるのでしょうか。 原因が何かは具体的には述べられていません。 見えて分かっているのかもしれませんが。 気になるのは、イルミナティーカード の時計台の崩壊カードです。 予言というよりシナリオみたいなカードですから誰が意図的に行わないといいのですが。 幸運を引き寄せるためにある呪文を唱えることが勧められています。 「ガバジャラミタ」という呪文を唱えるとラッキーなことが起きるというのですが、最も効果的な時間帯は午前4時だそうです。 まとめ ビジョンとして見える、聞こえるだけではなく、不思議な世界の住人、違う次元、違う世界のかつてこの地上で肉体を持って活躍していた人々から直接聞かされるパターンが多い Amazonの紹介欄(商品リンク)•

次の

松原照子の予言!東京オリンピックは○○○で中止か【意味深】

松原 照子 2020

松原照子氏は、2011年に日本を襲った東日本大震災の約1か月前に、自身のブログ「幸福への近道」で大地震を予言し、見事に的中させたことで世界中に名をとどろかせた。 松原氏は、幼いころから視える力を持ち、「不思議な世界の方々」がいつもそばにいたという。 松原氏はこれまで歴史的大災害や大事件を予言的中させており、今、最も注目される大予言者であろう。 予言研究家である白神じゅりこによる、「大予言者・松原照子インタビュー」第3回目である。 今回は、松原氏の衝撃予言「東京オリンピックが開催されない」の真相や、巨大地震など日本の未来について語ってもらう。 松原 まだオリンピックが東京開催に決まっていない時のこと、私はあるお集まりの席にお呼ばれされたんです。 その時、「東京でオリンピックは開催されますか?」と質問された時、私は間髪入れずに「ない」と答えました。 その場にたまたまオリンピックの招致委員会の方がいたものですから、びっくりされて大騒ぎして話が大きくなってしまったんです。 それで今、「東京でオリンピックは開催されない」と断言していることが独り歩きしている状態なのです。 私としてはその時見えたことをお話ししているだけなのですが、あの時なぜ、そんなふうに答えてしまったのか。 巨額工事費用が批判された新国立競技場の建設問題、エンブレムの盗用疑惑、招致を巡る贈賄問題が発覚するなど次々とトラブルが起きて、「呪われた東京オリンピック」などと言われています。 なので、もしかするとこれから大災害か大事件が起こって、東京オリンピックが中止になるのではとも考えてしまいます。 松原 確かに今はオリンピックが中止になるのではないかと思われるようなことがことが目立ちますね。 無事に開催されることを願ってますが。 というのも、未来は無数の可能性がある世界線に分かれているじゃないですか。 松原さんが見た時の世界線の流れだと、東京オリンピックは開催されない未来だった。 けれど、松原さんが「ない」と発信されたことで、みんなの集合無意識が影響して未来が変わる場合もあるんじゃないかなと思います。 松原 その事についてはどうなのかわかりませんね。 東京オリンピックについて触れた松原氏の世見(予言)原稿.

次の