キット チャンネル えい と。 「キットチャンネル」原英翔、DV発覚で逮捕報道…「暴力の連鎖を感じる」と同情の声も

キットカット オーシャンソルト

キット チャンネル えい と

【2018年7月10日追記】 動画コメントに関して炎上しているのを見て、思ったことをまとめてみました。 追記おわり はい、どもです。 最近協力隊の同期が「キットチャンネルおもしろい」って言って見てるのを知って、びっくりこいた私です。 あ、あれノンケ(ストレート)のシスジェンダーも見るんだ…っていう。 まぁそりゃそうか。 笑 というかノンケ(ストレート)のシスジェンダーだからこそ見てて面白いんかな? キットチャンネルは 原英翔さんと木本奏太さんという「元女子」、つまりはFTMの二人のYoutubeチャンネルで、チャンネル登録者数も14万人を超える割と大規模なチャンネルです。 お二人とも僕と同い年の26歳ですね。 そのキットチャンネルですが、FTM界隈ではあまり良く思われていないようです。 今回はその辺のとこを考えてみました。 ちなみに僕はキットチャンネル否定派ではないです。 むしろ応援してます。 そこんとこよろしくね。 理想と現実の矛盾 結論から言えば、キットチャンネルにFTM当事者やその関係者のアンチが湧くのは、 「キットチャンネルが良しとしている理想的な社会と現状の日本社会におけるFTMの状況にギャップがありすぎる」から。 これに尽きるんじゃないでしょうか? キットチャンネルの原英翔さんは「女だと思っていた時期を恥だと思っていない。 自分の一部。 だから隠さない。 」と言います。 彼らがYoutubeに出てくることによって 「こういった特徴があると元女子である」という、「痕跡探しのための根拠」が一般に広く流布してしまう。 それによってFTMが生きづらくなるからやめろ、というのが埋没FTMの意見だというわけですね。 ご覧の通り、これって解決しない問題なんですよね。 英翔さんは 「元女子であることも含めて自分だから隠さない」というスタンス、そして埋没組は 何が何でも元女子であることはばれたくない。 考え方が違いすぎて相容れないわけです。 僕も、ベストはそこだと思っています。 ただ現状を鑑みるとそれは あまりにも理想的だと言わざるを得ない。 だからアウティングを恐れて「キレる」当事者の気持ちも全く分からないわけではないんですね。 一理あると思うよ。 でもじゃあなぜ僕が否定派ではないのか? 変革者は必要だし必然 僕のスタンスは?って話なんですが、僕は普段 「隠しもしないしひけらかしもしない」というスタンスです。 つまりキットチャンネルが言うように「元女子であるところも含めて自分」だとは思っているけれど(ちなみに元女子ではなく戸籍上女子のままよ!)、 いちいちそれを表に出す必要もない、と思っている。 性別に対して、A型、うお座、青年海外協力隊、鹿児島生まれ、カメオタク、心理学好き…そういった 僕を構成するこまごまとした要素の中の一つくらいにしか思っていないから、わざわざ言わないだけ。 血液型も星座も聞かれれば答えるけど、「ども!うお座のコウシロウことコウちゃんでっす!」とは言わないですから、そんな感じね。 前記事で書いた モリタジュンタロウさんなんかはそれこそこのタイプだと思う。 そこをウリにはしないっていう。 埋没組はそこんとこにも、「元女子っていうセクシャリティで目立とうとするな!」と怒るのかもしれませんね。 キットチャンネルの知名度とFTMのアウティングは相関してない そして 埋没組が言うほど世の中に対して悲観的でもないし、恐れもない。 言っても分かってくれない人もいれば、分かってくれる人だってたくさんいる。 僕が隠していないからこそ本音で話せることもあるし、僕にとってはそれが居心地がいい。 もちろん 何か聞かれたり、相手が不信感を持っているようであれば正直に説明するし、それで文句や悪口を言われても、それが僕だからしょうがないじゃんね、バイバーイというわけです。 そもそも僕は来るもの拒まず去る者追わずで、人への関心が薄いタイプです。 歳のせいもあるんでしょうが、人からはどう思われてもいいや、と割り切れるようになってきています。 タイに来て色々あってからなおさらそう。 もう、めんどくせえの。 笑 ただそれなりに僕なりに、 より生きやすい社会になってほしいとは思っているので、人前に出ることもあるし、当事者自身にもっと変わってほしいとも思っています。 それは以前書いた通りね。 そして世の中を変えるにはキットチャンネルのような理想的な革新派が必要なのは事実。 指をくわえて耐えていたって、世の中は変わりませんからね。 目標があるんだったら、その方向に向けて努力しなきゃ、1センチだって達成に近づいたりはしない。 いい子にしたって、誰もおもちゃを靴下に入れてはくれないのさ。 — パワポケ名言bot pokemeigen そして彼らのような人間が出てくるのも必然的な流れとも言えます。 仮に彼らがもう活動しませんと言っても、似たようなことをする人はどこかからまた出てくる。 大きな変化が起ころうとしているとき、彼らのような人々は出てくるものであって、それはもう周りがどうやったって止まるもんではないんですよ。 僕は2人のことは好きだし応援してるけど、同じようなことをやろうとは思わないし、「それは違うんじゃないの?やりすぎじゃない?」と思う点もある。 当り前です。 違う人間なんだから。 だからアンチのように必要以上に叩かないし、僕は自分がやりたいことを僕のやり方でやる。 色んなことに目くじら立てるほどヒマじゃないんさね。 まぁこれで本当にキットチャンネルを見た人から「お前も元女子なんだろwwww」って言ってからかわれた…みたいなのがどんどん出てきたら問題かもしれません。 ただ、かと言ってそのくらいでへこたれないでください。 世間の目はもっと厳しいし、でもたまにとっても優しいです。 いじめられたら逃げれば良し。 まぁよほど相手も自分もおかしくなければその要素だけで叩かれません。 人として相手を見れない人間は終わってるので切り捨てて良し。 というか、 キットチャンネルの知名度とFTMがアウティングを受けることに相関があるのかも疑問。 あるんかな?だれか統計出してくれ。 ないと思うけどね。 実際の影響 それに事実僕の同期のノンケ(ストレート)のシスジェンダー達が「キットチャンネルおもしろい!」って言って楽しそうに見てるので、ポジティブな視聴者をこの目で見ているわけですからね。 僕がいるから耐性もあるかもしれないけど、僕はあの二人みたいに爽やかイケメンではありませんから。 彼女たちはアンチの方がキットチャンネルファンとして描いているような「頭空っぽの女子中高生」ではなく、とても思慮深くて優しい人大人の女たちですよ。 だからええじゃないか(上から)。 ネット上の個人像なんて鯛焼きの外側です。 中身が詰まってるかどうかなんて、その実、話して見なきゃわからんもんですよ。 安易に人を非難するのは無駄な労力です。 と、最近考えたことのまとめでした。 この記事の所感は様々だと思いますが、ただ一つ言える確実なことは、 僕がキットチャンネルの知名度を利用してブログを多くの人に読んでもらおうとしているクズ系FTMだということです。 ごめーんね! おわり! 【2020年3月27日追記】 暴力沙汰になっていたようで…解散しちゃいましたね。 関連記事:•

次の

私がキットチャンネルスタッフになったキッカケ

キット チャンネル えい と

容疑は相方への暴行トラブルといったものになります。 記事を見ていると精神的にも肉体的にも支配下に置いてあったのかと思われます。 2017年ごろからルームシェアをしていた2人でしたが、チャンネルが人気になるにつれて日常的に奏太(相方)に対して暴言を浴びせるようになるなど、英翔の性格はだんだん暴力的になっていったと言われております。 事実上、1月31日より少し前に「奏太がいなくなりました。 」という動画を更新しておりそこからは事実上の解散状態にありました。 この時、自分の起こした問題などに関しては全く述べず 自身のYouTuberとしての今後を気にする内容にあったことから 当時から色々疑問視はされていたみたいですが、今回の逮捕で真相が判明したということですね。 性転換はホルモンの関係で情緒不安定がちな面も 色々とご心配をお掛けしてしまい 誠に申し訳ございません。 今後についてお話ししてます。 ホルモンの状態が不安定になって 情緒不安定になりやすいって 本人たちが言ってました。 自分の望む性別になれても いろいろと大変みたいです。 引用:ヤフコメ 性転換をして、不安定になる人も多いみたいです。 そんな所から今回の事件に繋がったともいえますのでなんとも言えない リスクみたいなのを持っているのかもしれませんね。 彼女や他の近しい人の関係は? キットチャンネルとよくコラボしていたビックエンジェル達は大丈夫なのかな??えいとにおデブおデブ言われてて、キャラだったとしても見てて気持ち良くはなかったもんなあ。 性転換して今の彼女がいるのか? という事で調べてみましたが特に特定には至りませんでした。 顔立ちも悪くないのでイケる女子もいてモテそうですがどうなんでしょうかね。 なにか分かれば追記していきます。

次の

キットチャンネルが嫌いの声が多いのはなぜ?炎上理由や事務所もチェック!

キット チャンネル えい と

原英翔が傷害罪で逮捕! 週刊新潮がキットチャンネルを運営している原英翔さんが相方・木本奏太さんに暴行を加え、傷害罪で逮捕されるという事を伝えました。 逮捕容疑は共演者の木本奏太氏(28)に対する傷害罪• 動画による収益が、エリートサラリーマンの年俸を超えるような額に達すると、次第に原容疑者の人格が変わっていった• 木本氏が編集した動画をチェックする際、罵声を浴びせることが常態化• 「スタッフはお前の能力が低いことに呆れている」「「お前は何もできない」、「お前の代わりなんて誰でもいる」、「お前は金を生み出せない」などの罵倒• 悪口雑言の後は「自分は怒りたくて怒っているわけではない。 動画の収益は原容疑者が管理• 小遣い程度しか木本氏はもらっていなかった• 木本氏の携帯やSNSのパスワードを把握、内容をチェック、部屋には監視カメラ設置で常に束縛状態• スタッフの目の前で木本氏に暴力を振るう• 木本氏が反論したら激昂した原容疑者に胸ぐらを掴まれ全治2週間の怪我を負った 置き手紙に家を出た理由を書いたという事ですが、 原容疑者が公開した動画では一切明かされていませんでした。 また事実が異なる部分があり、適切な手続きをして行くとコメントしています。 週刊新潮では木本奏多さんが家を出た理由を伝えています。 【言葉の暴力・暴行】 「お前は何もできない」、「お前の代わりなんて誰でもいる」、「お前は金を生み出せない」など日常的に罵声を浴びせていた。 言葉で暴力を振るった後は一転して優しくなる。 編集の動画のクオリティが悪いと「正座しろ。 反省文を書け」と命じることもあった。 【束縛】 動画で得た収益は原容疑者が管理し、木本奏太さんにはお小遣い程度しか渡していなかった。 木本奏太さんの携帯電話やSNSのパスワードを把握、内容をチェックしていた 【監視】 自宅内に作られた編集室には監視カメラが設置され、木本奏太さんの作業を見張っていた。 原容疑者は自身の携帯に玄関ドアの開閉を知らせるアプリをダウンロード。 休憩時間とは異なる時間帯に、木本奏太さんがドアが開けると、原容疑者の携帯に通知が表示された。 【2週間の怪我を負う暴力】 今年1月、動画を見た原容疑者がいつものように罵声を浴びせたので木本奏太さんが反論したところ、激昂した原容疑者に胸ぐらを掴まれ、全治2週間の怪我を負った。 週刊新潮によりこのような内容が明らかになりました。 木本奏太さんは一種の洗脳状態に陥り、「自分は能力がない」、「スタッフは全員、自分を馬鹿にしている」と思い込み原容疑者の指示に従っていたようです。 逃げ出すことが出来て本当に良かったです。 『キットチャンネル』は解散か?今後はどうなる? 週刊新潮の取材に対し、木本奏太さんは次のように答えています。 「僕にとって、昔も今も、家族も同然の存在であるのは間違いありません。 警察の捜査を受けるというのは非常に残念な気持ちで一杯ですが、これをきっかけに反省し、彼の今後の人生が幸せなものになることを心から祈ってやみません。 もう一緒に活動することはできませんが、僕自身は新しいチャンネルで動画の配信を再開したいと考えており、そのための準備も進めています」 出典元:週刊新潮) これまでひどいことをされてきたにもかかわらず、原容疑者の幸せを祈るとしています。 そして、今後は一緒に活動することはないとしているので、『キットチャンネル』は解散となるのでしょう。 木本奏太さんは新しいチャンネルを運営するために現在準備中とコメントしています。 原英翔のプロフィール 名前 原英翔(はらえいと) 生年月日 1991年8月27日 年齢 28歳(逮捕時) 出身地 中国黒竜江省生まれ、長野県育ち 女性だったころの名前は『英子』というようです。 また、中国で生まれている原さんはクォーターのようです。 両親が小さいころに離婚しており、親戚の家で引き取られた原さん。 その後、父親と過ごすことになるのですが、父親から虐待を受けていたようです。 中学3年生の時、警察に保護され養護施設で育ったという辛い過去があることを告白していました。 木本奏太のプロフィール 名前 木本奏太(きもとかなた) 生年月日 1991年10月21日 年齢 28歳(2020年3月時点) 出身地 大阪 女性だったときの名前は「里奈」という名前だったようです。 木本さんは両親と弟がいるようですが、両親は耳が不自由なため、手話で会話をするようです。 原さんと木本さんが出会ったのは、2014年。 性転換手術を考えていた木本さんは、相談依頼が可能なアテンドサービスを申し込み、その担当者が原さんだったといいます。 当初は顧客と担当者という関係だったが、 意気投合し仲が良くなったといいます。

次の