マツダ サーティー。 マツダ新型SUV「MAZDA CX

マツダ アテンザワゴン 2.2 XD プロアクティブ ディーゼルターボ 4WD 2015年 4.8万キロ (長野県) サーティー THIRTY長野・佐久インター 4WD専門店

マツダ サーティー

法定整備 法定整備別 費用:39,800円 当店で請負います。 費用は諸費用に含まれます。 ・当社の陸運局認証整備工場で法定12ヶ月又は24ヶ月の点検整備を実施致します。 ・点検記録簿を発行します。 ・お見積支払総額に法定整備費用は含まれておりませんので別途必要となります。 保証 保証無 有償保証あり 有償保証となり費用は諸費用に含まれます。 詳細は販売店にご確認ください。 ・当店はワイド保証(有料)をご用意しております! 第三者保証会社による最長5年間、距離無制限、Sプラン73項目、Mプラン103項目、Lプラン237項目の保証範囲をカバー。 万が一の故障時もお近くの陸運局認証整備工場で対応可能です。 パワステ• パワーウィンドウ• Wエアコン• キーレス• スマートキー• TV: -• 後席モニター• ミュージックプレイヤー接続可• ETC• ベンチシート• 3列シート• ウォークスルー• 電動シート• シートエアコン• シートヒーター• フルフラットシート• オットマン• 本革シート• アイドリングストップ• 障害物センサー• クルーズコントロール• ABS• 横滑り防止装置• 盗難防止装置• 衝突被害軽減ブレーキ• パーキングアシスト• LEDヘッドライト• ディスチャージドランプ• 電動リアゲート• サンルーフ• フルエアロ• アルミホイール• ローダウン• リフトアップ• 寒冷地仕様• 過給機設定モデル• スライドドア -.

次の

マツダ・CX

マツダ サーティー

CX-30の内装カラーは2種類 エントリーモデルでも装備は充実 高級感に満ちたCX-30 リッチブラウンの内装カラー スタイリッシュなCX-30 ネイビーブルーの内装カラー マツダCX-30の内装カラーは「リッチブラウン」と「ネイビーブルー」の2種類がグレード別に設定されています。 高級感あふれるリッチブラウンは最上級グレードの「L Package」に、洗練された印象のネイビーブルーはその他グレードに標準装備。 ドアトリムはL Packageが合成皮革、その他グレードにはクロス素材を採用しています。 デコレーションパネルやエアコンダイヤル、インナードアハンドル、ステアリングスポークベセルなど随所にプラチナサテンのパーツをあしらうことで、より上質感のある内装に仕上げています。 L Packageの場合、エンジンスタートスイッチリングにもプラチナサテンが採用されます。 先進感満載の7インチマルチスピードメーターとアクティブ・ドライビング・ディスプレイ TFTカラーの7インチマルチスピードメーターはハイコントラストで視認性に優れています。 アクティブ・ドライビング・ディスプレイはCX-30に全車標準装備されており、フロントガラスに照射して車速を表示します。 花粉除去フィルター付きフルオートエアコンも標準装備され、運転席と助手席で独立して室温をコントロールできます。 後部座席には風向調整式のリアベンチレーターを標準搭載し、どの席に座っても快適な空調の中で過ごすことができます。 本革巻で質感の高いCX-30のステアリングホイールとシフトレバーは全グレードに標準装備される ステアリングホイールやシフトレバーにはスムースレザーを採用し、本革巻としています。 ステアリングヒーターはS20を除く全車に標準またはメーカーオプションで装備されます。 [1]フロントカップホルダー [2]ボトルホルダー付ドアポケット [3]アームレスト付コンソールボックス [4]助手席シートバックポケット [5]リアシート センターアームレスト 収納スペースもフロント・リアともに充実。 フロントカップホルダーは20Sのみリッドなしですが、その他の装備は全グレードに標準装備されています。 ドリンクのほか、ちょっとした小物類の収納にも便利です。 PROACTIVE Touring SelectionとPROACTIVEはクロス素材のシートが標準装備で「ブラック」または「グレージュ」のいずれかを選択することができます。 エントリーモデルである20Sは「ブラック」のクロスシートのみが設定されます。 新型CX-30の荷室スペースは広くて使いやすい!パワーリフトゲート搭載で開閉操作も楽々 MAZDA CX-30のラゲッジルームは実用的な作り 人間特性に基づいて地上高を設計し、荷物を積み下ろししやすいよう開口部を大きくしたマツダCX-30の荷室。 全員が乗車した場合でも430Lの荷室容量が確保されます。 20Sを除くCX-30全車にパワーリフトゲートを装備しており、開閉操作が楽に行えます。 CX-30の室内ではハイレベルな静粛性を実現 マツダCX-30に搭載されるオーディオシステム 静粛性をとことん追求した新型CX-30は、車内での音の聞こえ方ひとつでも他モデルと差別化されています。 ラゲッジスペースやチャンバー周りの防音対策も万全で、ロードノイズを最小限にとどめています。 マツダCX-30には標準装備で「マツダ・ハーモニック・アコースティックス+8スピーカー」を設定。 さらに上質なサウンドを求める方には「ボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+12スピーカー」も用意されています(20S以外の全車にメーカーセットオプション)。 スターターパッケージ• MAZDAフロアマット(プレミアムまたはスポーツ)• ナビゲーション用SDカードアドバンス• [パナソニック]ETC2. 0車載器(光ビーコン付き)• ナンバープレートホルダーフロント・リア共用タイプ(ダーククローム)• ナンバープレートロックボルト CX-30 SIGNATURE STYLEは2020年春に発売予定 なお、以上の純正アクセサリーパッケージのほか、2020年春には「CX-30 SIGNATURE STYLE」が発売を予定しています。 SIGNATURE STYLEはMAZDA3にも設定されているパッケージで、MAZDA3ではフロントアンダースカートやリアルーフスポイラー、サイドアンダースカート、リアアンダースカート、BBS製鍛造アルミホイール、ドアミラーガーニッシュなどがセットに。 CX-30についても同等の内容となる可能性が高いでしょう(マッドフラップとノーマルルーフ用システムキャリアベースとの同時装着は不可) CX-30は被害軽減ブレーキをはじめ様々な先進安全装備を用意 新型CX-30は安全性能面においても充実度の高いモデルです。 スマートブレーキサポートや誤発進抑制制御、車線逸脱警報、マツダ・レーダー・クルーズ・コントロールなどの安全装備を全車に標準装備し、事故のリスク低減から万が一の衝突時に備えた高い安全性能を有しています。 また、これらの装備により、CX-30の全グレードがサポカーS・ワイドに該当し、その安全性が国によって認められています。 マツダの新型クロスオーバーSUV・CX-30の内装はベースグレードでも満足度の高いデザイン MAZDAが手掛ける新型CX-30はどのグレードも質感の高い内装デザインで、多くのユーザーに親しまれる一台となっています。 デザイン面ではもちろんのこと、アクティブ・ドライビング・ディスプレイや運転席・助手席独立式フルオートエアコンなど、通常であればオプション扱いとなる装備を標準搭載している点も非常に魅力的です。 また、純正アクセサリーやお得なパッケージセットも豊富にラインナップしているマツダCX-30。 社外アイテムと組み合わせて自分好みの一台へと近づけていく楽しみも味わえます。

次の

マツダ新型SUV「MAZDA CX

マツダ サーティー

マツダのSUVは4兄弟に 2019年9月20日に発売開始となったマツダの新型「CX-30(サーティー)」。 これで、国内発売されるマツダのSUVは4兄弟になりました。 CX-30はCX-3とCX-5の間に位置します。 本記事では、新型CX-30とCX-3、CX-5を比較しながら、CX-30のパッケージングについてお伝えします。 まずは、外観の違いからご確認ください。 新型CX-30 新型Mazda3で追加となった新色「ポリメタルグレーメタリック」がCX-30にも。 グレードは、20S PROACTIVE Turing Selection(プロアクティブ ツーリングセレクション)。 CX-3 最新「CX-3」中古車情報 ボディサイズを比較「CX-3は立駐に入る」 マツダ広報資料より抜粋 新型CX-30の開発のスタートは、全長4,400mmに抑えること、CX-3では狭くCX-5では大きいユーザーをターゲットにしたとのこと。 また、立体駐車場に入ることも考えれてボディサイズが決められたとのことです。 全長、全幅ともにCX-5ともにCX-3の間の4,395mm、全高はCX-30がCX-3より10mm低い1,540mm(ルーフパネルで計測。 CX-30はシャークフィンアンテナがルーフにあるためこの分を除いた全高)となります。 シャークフィンアンテナを入れても立駐に駐車することができます。 ちなみに、立体駐車場の高さに規格はありませんが、全国的な平均高さは1,550mあたりです。 手抜きと言わないでください。 お願いします。 ) マツダ広報資料 運転席は「人馬一体」となるべく設計。 この点は下記の記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。 マツダ広報資料 CX-30の開発担当との談笑時、「CX-3をディーラーに買いに来たお客さんが実車を見て『狭い』と感じ、販売員がCX-5を勧めると『大きすぎ』と言われ、他のメーカーのSUVへと流れていってしまう」との話を聞きました。 実際にCX-5、CX-3の後部座席に座ったことがある筆者も、それはなるほど同感でした。 CX-30の後部座席は、CX-3では窮屈さが否めなかった筆者ですが、CX-30では余裕でした。 上の画像は、新型マツダCX-30のメディア向け事前取材会で撮影。 都合により乗車した状態での撮影ができませんでしたが、CX-3では乗車状態での撮影を別日に行ないました。 ちなみに筆者の身長は180cm。 天井に頭は付きませんが、拳は入りません。 前席と膝の位置も近く余裕がありません。 (足が短く胴が長いのだろう、というご指摘は承知の上執筆) 参考までに。 CX-5では車中泊もできる室内空間。 CX-30は「コミュケーションが取れる室内空間」 CX-30とCX-3とCX-5の室内空間の違いもマツダさんの資料がわかりやす過ぎるので、文章での説明は割愛させていただきます。 マツダ広報資料 マツダ広報資料 マツダ広報資料 マツダ広報資料 乗車する人皆とのコミュケーションもしっかりと取れるのは、ロングドライブの楽しさもアップしそうです。 さらに、シートの角度や姿勢にまで配慮されています。 マツダ広報資料 CX-30の荷室空間はスペックよりも「使える荷室」の思想で設計 マツダ広報資料 CX-30の荷室容積は、数値的にはそこまで大きくはありません。 全長4,400mmを切るコンパクトサイズのSUVで、かっこよく見せる傾斜した風のデザインは、荷室空間が犠牲になるのが普通です。 しかし、CX-30は工夫をしてリアのデザインを美しくしながら、荷室空間の形状を変えることで、実際に荷物が詰めるようになりました。 マツダ広報資料 マツダ広報資料 マツダ広報資料 ベビーカーも積めます マツダ広報資料 マツダ広報資料 マツダ広報資料 CX-30・CX-3・CX-5のエンジン マツダ CX-30 20S エンジンルーム CX-30・CX-3・CX-5の3車に共通して搭載されるエンジンは、2. 0L自然吸気ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2. 8L「SKYACTIV-D 1. 8」はCX-3 とCX-30に搭載。 CX-5のは、2. 2L「SKYACTIV-D 2. 2」になります。 また、CX-5はガソリンエンジンに、2. 5L自然吸気ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2. 5」とこれにターボが付いた「SKYACTIV-G 2. 5T」のラインナップとなります。 新車価格を比較 税込価格。 これは筆者作成。 ご覧のとおりです。 思っていた以上に価格帯が被っているとは思いませんか? マツダはCX-5に次に売れるNo. 2の座がCX-30と言っていました。

次の