従兄弟は結婚できる。 はとことは?いとこの子供って何て呼ぶの?はとこ同士は結婚できるの?

【1437】55歳、統合失調症の従兄弟は自立できるか

従兄弟は結婚できる

一般的な基準では「経済開発協力機構 OECD 」の発表している「開発援助の受け取りリスト」に掲載されていない国、ということになりますが、いささか196国から膨大な国数を引き算して……というのも大変。 網羅して表にしてしまったところで、スマートフォンではとても見れたものでは無いでしょう。 ということで、この記事では日本も属している「G7諸国」を対象に、結婚条件を比較してみました。 一部以外のヨーロッパがEUとして扱われていたり、思うところが無い訳ではありませんが…… いとこ婚はアメリカからすると珍しい 「珍しい」とされている従兄弟間の結婚ですが、法律からすれば別に珍しくは無い様子。 法だけで言うならば、ドイツではさらに近しい伯父姪間などでも結婚できますし、フランスでも「重大な理由」があれば大統領の許可を通して3親等婚が可能とのこと。 ただ、ネット上での一大コミュニティとも言えるアメリカだけは、差はあれどいとこ同士の結婚ができない州は多いらしく。 また、欧州各国では、法的には問題ないけど国民感情的に好ましいとは言えない……というような場合もあるようでした。 同姓で結婚できる国は多い G7を見ると、同姓で結婚できる国は非常に多いです。 日本・イギリス以外は「国として」全土での同姓婚を認めているほか、イギリスも州によっては同姓婚が可能。 日本では一部自治体で「パートナーシップ制度」を実施してはいるものの、未だ同姓婚は認められていません。 まさにアメリカの方が「いとこ婚は珍しい」と言っているような状況が、日本の同姓婚でも起こっているように見えます。 16歳で結婚できる国も多い G7所属国でも、16歳で結婚できる国は多いようでした。 カナダやイギリスの法律では最低婚姻年齢を16歳と定めているほか、イタリアでも裁判所で認められれば特例として16歳から結婚可能。 ただ、カナダでは自治体の条例で、改めて結婚を18歳とする州もありました。 とはいえ、国の法で男女の年齢差があるのは日本だけ。 同姓婚の条件も含め、まだまだ日本は「性別」を重要視しすぎているのかもしれませんね。 先進国に一夫多妻制を認めている国は少ない 調べる前からなんとなく把握はしていましたが、一夫多妻制を認めている国は、G7諸国にはありませんでした。 そもそも一夫多妻制は、男尊女卑が根付いている国か、経典に従うイスラム教徒の方々が主だって行うもの。 先進国では、男女権利の平等化・宗教の自由化を積極的に行う傾向がありますから、当然と言えば当然でしょうか。 4親等の関係一覧 近親婚を避けるために使われる「親等」というのは、家系図を何回辿るかを表した値。 親であれば1回なので1親等、祖父母であれば2回なので2親等……とわかりやすい計算。 いとこ同士 4親等の結婚として、一般的なのはやはり「いとこ」関係でしょう。 祖父母まで上に2回、いとこまで下に2回辿るので合計4親等です。 概ね各国が「近親婚ではない」とするのがこのあたりで、必然的に年代が重なりやすいため、恋愛結婚へ繋がりやすいのも特徴。 大叔父・大叔母 祖父母の兄弟である、大叔父や大叔母も4親等関係にあたります。 25歳程度で1世代と仮定すると、およそ50歳差程度でしょうか。 血の繋がり自体は濃く、直系に近い関係ではありますが、法律上は問題なく結婚が可能です。 高祖父母と玄孫 もちろん、4親等分真上に延ばした高祖父母 こうそふぼ・ひいひい祖父母 と玄孫 げんそん・やしゃご も結婚が可能。 とはいえそれぞれの世代が20歳で子をなしても16歳と96歳ですし、縁起でもないことを言うならば、老い先短いにも程がある関係。 どちらかというと、遺産相続システムの穴として使われそうですね。 スポンサードリンク.

次の

いとこ婚

従兄弟は結婚できる

そうですね、身近に実際のイトコがいるとピンと来ませんよね、分かります。 では同じ両親から生まれた兄妹がいると想定して下さい。 兄は小さい頃外国に養子にだされ、青い目で金髪の子供が産まれたとしましょう。 貴方は妹の子供、こてこての日本人です。 爺婆の事情で突然、母親の兄に会うことになりました、やっぱり日本人です、その妻は外国人。 その子供もハーフながら外国人にしか見えないあなたのイトコです。 貴方とそのイトコが恋愛し結婚するとお互いの決意が出来たら、法律は認めます。 同じ爺婆の孫ではありますが、親が兄妹で他の配偶者の血の入ったイトコですから結婚出来ます。 血が濃い場合は法律は結婚出来ない「理由」にします、兄妹や異母兄弟は結婚は無理ですね。 でもイトコですから問題ない「何故結婚できるか?」の問いには「血が濃くないから」が答えですね。

次の

従兄弟はなぜ結婚できるのですか?

従兄弟は結婚できる

そうですね、身近に実際のイトコがいるとピンと来ませんよね、分かります。 では同じ両親から生まれた兄妹がいると想定して下さい。 兄は小さい頃外国に養子にだされ、青い目で金髪の子供が産まれたとしましょう。 貴方は妹の子供、こてこての日本人です。 爺婆の事情で突然、母親の兄に会うことになりました、やっぱり日本人です、その妻は外国人。 その子供もハーフながら外国人にしか見えないあなたのイトコです。 貴方とそのイトコが恋愛し結婚するとお互いの決意が出来たら、法律は認めます。 同じ爺婆の孫ではありますが、親が兄妹で他の配偶者の血の入ったイトコですから結婚出来ます。 血が濃い場合は法律は結婚出来ない「理由」にします、兄妹や異母兄弟は結婚は無理ですね。 でもイトコですから問題ない「何故結婚できるか?」の問いには「血が濃くないから」が答えですね。

次の