チェンソー マン マキマ。 【チェンソーマン】74話のネタバレ【マキマの正体、新能力が明らかに!?】|サブかる

【チェンソーマン】74話のネタバレ【マキマの正体、新能力が明らかに!?】|サブかる

チェンソー マン マキマ

2020年6月27日 土 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定のチェンソーマン本誌75話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 で、天使の悪魔の病室を訪れた早川。 両腕を失った天使の悪魔のことを心配し、キツネの悪魔のように公安と契約することを勧めます。 自分の死を覚悟した早川に対し、死を回避するためにマキマに助言を求めようという天使の悪魔。 海にいるというマキマに会いに行った二人ですが、早川はマキマに自分と契約するように命令されます。 果たして早川はどうなってしまうのでしょうか? 今後のチェンソーマンの展開も気になりますね。 今回は「【チェンソーマンネタバレ75話最新話本誌確定速報】マキマの正体が明かされ銃の悪魔は復活!」と題し紹介していきます。 チェンソーマン75話ネタバレ考察 やっぱマキマさんがラスボスかな。 今後どうなるのでしょうか? 考えられる展開を紹介していきたいと思います。 チェンソーマン75話ネタバレ考察|マキマは人間ではない? 今回の話から、マキマは人間ではない可能性が高くなりました。 どんな悪魔でも、どんな契約でもいいという早川に対し、自分と契約するように命令していることから、マキマ=悪魔である可能性が非常に高いと考えられます。 しかし、マキマは相手に命令することはできますが、最終的に相手が「契約する」と言わないと力を発揮できない模様。 と言っても、「命令です」と一言付け加えれば相手を意のまま操ることも出来そうですよね。 パワーのような魔人といった感じでもないようですし、やはり何かしらの悪魔だと仮定したほうがよさそう。 もし、マキマが悪魔だとしたら何の悪魔になるのでしょうか? 夜の悪魔? 天使の悪魔と契約した際、あたりは真っ暗になっていました。 このことから、夜の悪魔と考えることができます。 しかし、夜の悪魔となるとどんな能力があるのか見当もつきません。 また、契約するときに夜になる=夜の悪魔だと安直すぎますよね。 そのため、夜の悪魔である可能性は低そうです。 もし洗脳の悪魔だとしたら、早川やデンジが無条件にマキマのことを好きになっているのも納得できます。 しかし、デンジと同じようにマキマの特別監視下にあるパワーがマキマに好意を抱いていないのが気になります。 洗脳の悪魔だとしたらパワーのことも扱いやすいように洗脳するはずなので、マキマ=洗脳の悪魔という可能性は低いでしょう。 ほかにも輪廻、女、生死の悪魔など考えてみましたが、あまりピンときませんでした。 いずれにせよ、マキマ=何らかの悪魔ということで間違いないので、その正体が明かされるのを期待して待ちましょう。 チェンソーマン75話ネタバレ考察|早川は銃の悪魔と契約? デンジとパワーによってぐちゃぐちゃに殺される早川。 今の3人の関係性から考えると、早川vsデンジ、パワーとなるのが考えられません。 もし早川がデンジ、パワーと対立するのであれば、早川が敵側に回った時しか考えられません。 となると、マキマと契約したというよりも、マキマによって銃の悪魔と契約することを契約させられた? ややこしいですが、もしそうなれば早川はデンジとパワーにとって敵となり、デンジとパワーが早川を殺す展開も妥当。 しかし、マキマによって早川が銃の悪魔と契約してしまった場合、マキマはすべての黒幕ということになります。 デンジたちがどのことを知らずに早川を殺し、実はマキマが黒幕だと気づいたとき、デンジやパワーはひどく後悔するでしょう。 チェンソーマン75話への感想・予想ツイート マキマさんラスボス説はずっとあるよな だって作中で1番怖い存在だもん こんな得体のしれない女性を好きになってはならない、、 — おれんぢ wanin0204 以下がチェンソーマン74話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。 — 不毛『unhair』 アンデラアンデッドアンラック undying69452757 マキマさん悪魔説、本当だったのか…。 何の悪魔なんでしょうね。 神の悪魔とか人の悪魔とか死の悪魔とかその辺のヤバめの奴だと思うんだけど…。 でも「命令」がキーワードっぽくもあるんですよね。 いや、殺されはしないと思うけど。 使い捨てられるだけで。 しかし、天使の攻撃は失敗し、逆に天使の悪魔の全てをマキマに捧げるように命令されてしまいます。 さらに、マキマは早川を洗脳することに成功。 このような事態になってしまったことを謝罪するマキマは、現在の世界の状況について語り始めました。 銃の悪魔をめぐる戦い 現在、世界中のいたるところにある銃。 銃の悪魔をめぐる戦いが起こることは避けられないことであり、すでに各国がそのことに気付いているとのこと。 そんなことを語るマキマのもとに、マキマが海で待っていたであろう相手がやってきました。 そして、やってきた相手に対し、おいでと手を差し伸べるマキマ。 そんなマキマの後ろにいる天使の悪魔と早川は、生気のない人形のような表情をしています。 マキマの正体が明かされる 一方、アメリカ大統領は、今すぐマキマを殺さなければ人類は滅亡してしまうだろうと述べてました。 他の国は諦めているようですが、アメリカだけは銃の悪魔を使ってマキマを殺す計画を立てているというのです。 その証拠に、アメリカの全国民からそれぞれ1年分の寿命を徴収したと…。 これにより銃の悪魔が復活してしまいます。 1997年9月12日午後3時18分21秒、秋田県にかほ市沖合より、12秒間だけ銃の悪魔が出現。 これから殺すリストを発表した銃の悪魔の挙動とは!? まとめ チェンソーマンのでは、死期を悟った早川が天使の悪魔のもとを訪れ、自分の死期が近いことを伝えました。 その話を聞いた天使の悪魔は、自分が武器としてきた人間が夢に出てくること、早川もそうならないようにマキマに死を回避する方法を聞きに行こうと提案。 海で誰かを待っていた様子のマキマに対し、どんな悪魔でも、どんな契約でもいいから力を貸してほしいとお願いする早川。 その途端、忘れていた記憶を取り戻した天使の悪魔は危機感を覚えます。 そして最新話確定速報としてチェンソーマン75話のネタバレを紹介してきました。 ついにマキマの正体が明かされ、銃の悪魔も動き出しました。 すでに銃の悪魔は倒されているといっていましたが、このような形で復活するとは思ってもみなかったですね。 また、生気のない早川と天使の悪魔はどうなるのでしょうか? デンジとパワーがどのように動くのかも気になりますね。 76話のチェンソーマンではどうなっていくのでしょうか? 以上、「【チェンソーマンネタバレ75話最新話本誌確定速報】マキマの正体が明かされ銃の悪魔は復活!」と題しお届けしました。

次の

チェンソーマン74話のネタバレ!マキマが本性を現す!?|漫画市民

チェンソー マン マキマ

より引用 現在連載されている週刊少年ジャンプにて、『毎週毎週目が離せない』と私が推しているのがチェンソーマンという作品です。 最近はたった1話掲載されただけで衝撃が走るくらいハイスピードなシナリオの進み具合で、もうそろそろ最終回が近いのではないかとハラハラしながら追っています。 2020年6月22日発売のジャンプに掲載された今週のチェンソーマンでは、一環として目的不明であるヒロインのマキマが早川アキに契約を持ち掛けるという、本物の悪魔なのではないかという不穏な空気が醸し出されました。 マキマ黒幕説が段々と現実味を帯びてきて、読者的にも苦しい展開が繰り広げられてしまいそうなチェンソーマン本編。 今回は、そんなチェンソーマンのヒロインであるマキマについての目的や黒幕説などの考察をしていきたいと思います。 マキマは人間なのか? マキマはチェンソーマン本編の中で、幾度も人間とは思えない不可解な現象が起きています。 その中でも1番印象に残るのは、やはり3巻にて射殺されておきながらしれっと復活して、返り血すら浴びていないシーンではないでしょうか。 キン肉マンやドラゴンボールの作品であったならば、亡くなったキャラクターの復活には全く気にも止めない出来事ですが、チェンソーマンは基本的に人間は死んだら終わりという現実世界の理と同じ世界観です。 そんな世界観にて、どう見ても射殺された出来事すら消えているという恐ろしい現象が起きています。 私はこの時点で 人類の味方側であるが、少なくても人間ではないという予想を立てていました。 人間っぽいのは、ビジュアルだけのキャラクターに思えてきました。 マキマは悪魔なのか? そして、今週のチェンソーマン 74話 にて目的は不明ながらも、メインキャラクターである早川アキに対して、マキマは悪魔の様な口振りで契約という単語を出してきます。 それどころか、「これは命令です」「契約するといいなさい」と、強要に近い口振りでした。 味方であるアキに対しても、この狙いすましたかの様な口振りは、もう人類の敵側なんじゃないかと思わせます。 集英社 週刊少年ジャンプ チェンソーマン74話より引用 『黒幕説がより濃厚になってしまった』と、言われても仕方のない黒さです。 また、マキマはやりたい放題で、アキに対して本人には惚れた記憶がないのにも関わらず好意を抱かせるという好感度を弄っていたということまで判明しました。 主人公である、デンジも現在マキマに絶賛惚れているわけですが、もしかしたらこれもマキマによって作られた好意とも解釈出来そうです。 公安でありながら、悪魔という信憑性だけが増していくばかりです。 マキマの目的は? マキマの目的はなんなのでしょうか? 先週の73話までは、黒幕を装いながらも人類最強の味方だと思っていました。 しかし、今週の74話を読んだことで、もしかしたらマジで黒幕なんじゃないかという疑いが私にも出てきました。 マキマの目的は全体を通して『悪魔や魔人を探しているのかな?』という印象が強いです。 1話にてデンジの前に現れたのは『ゾンビの悪魔が目的』だったという説は正しい気がします。 マキマはデビルハンターなので、『ゾンビの悪魔を討伐』しにきたとも取れますが、もしかしたら『ゾンビの悪魔の捕獲』という目的もあった様に思えます。 1話でやられた敵とはいえ、ゾンビの悪魔もかなり強敵な部類に入ります。 そんなゾンビの悪魔がマキマの手に渡ったとなると、とても恐ろしいですね。 今週の天使の悪魔に対する描写にて、マキマが無理矢理に天使の悪魔を手中に収めた描写がありました。 サムライソード、レゼ、クァンシという戦力もマキマの手中にあるといっても過言ではありません。 きたるべき戦いの戦力集めなのか、人類に反旗を翻す為の戦力集めなのかはわかりませんが、戦力を多く集めている様に思えます。 黒幕として、今後敵になりそうな予感がヒシヒシと伝わります。 マキマの正体は? もし、マキマが悪魔なのだとしたら何の悪魔になるのでしょうか? 可能性がありそうなもの、予想が挙げられやすいものをまとめてみます。 日々、議論の的になっていますね! 悪魔の悪魔説 マキマが全ての悪魔の頂点に立つ、というまんま黒幕の様な正体説。 『トマトの悪魔』や『ゾンビの悪魔』という名前があった時点で、チェンソーマン本編のどこかでいつか出そうだなと思っていた悪魔の予想。 ラスボス黒幕候補から実は捕獲されてましたと、かなり格を落としてしまった銃の悪魔よりも恐ろしい闇の悪魔を追い払った時点で、勝てそうな悪魔となるとやはり悪魔そのものなのではないでしょうか? 動物の悪魔説 マキマがネズミやカラスを通して、何故か遠い位置に居ながらも会話を盗み聞きしているという現象から動物の悪魔ときたもの。 もしかしたら、悪魔ではなくて契約している程度のものかもしれません。 しかし、動物の悪魔だとなんか格好悪いので、個人的にはあんまり好きでは説になります。 銃の悪魔説 これも度々黒幕としてのマキマでよく挙がっていた説でが、最近は割りと否定的になりつつある銃の悪魔説。 マキマ自身が、銃の悪魔は既に捕獲されていたと語っていた為に、私もあまり可能性としては低いと思っています。 ただ、アキをデビルハンターにする目的の為に銃の悪魔の災害を引き起こしていたとしたらそれはそれでヤバいと思うけど、かなり盛り上がりそうではあります。 サリエル説 2020年6月22日のチェンソーマンスレで書かれてあったサリエル説。 『「神の命令」という名の大天使(アークエンジェル)で、死を司る』という存在らしい。 ここまでくると、もうよくわからない存在である。 命令を強制させたりした描写が複数あるので、あながち間違いじゃなさそうというマキマさんの恐ろしさ……。

次の

【チェンソーマン】74話のネタバレ【マキマの正体、新能力が明らかに!?】|サブかる

チェンソー マン マキマ

チェンソーマン74話のネタバレ マキマの元へ アキは両腕を失い病院にいるに会いに来ていた。 そして、未来の悪魔に自分とパワーがデンジに殺されることを告げると、天使の悪魔に自分が死んだ後の話をする。 両腕が失くなった公安デビルハンターは退職勧告を受けるが、悪魔の場合は最悪処分されることになる。 そうなった場合はダメ元でも封筒を出すよう伝える。 それはアキと岸辺の推薦状で、これでキツネや未来の悪魔のように公安と契約することで生き永らえることができるかもしれないからだ。 アキはそれを伝えるとその場を去ろうとするが、アキの優しさに触れ「このままキミが死んだらキミまで夢に出てきそうだ」「だからできるだけ僕もキミが生きる事に協力したい」と言う。 そして、アキの死を回避する方法を探るため2人でに会いに行くことにする。 マキマの正体 アキと天使の悪魔はマキマに会いに海に来ていた。 天使の悪魔はアキに「公安をやめて遥か遠くへ逃げればチェンソー君に殺されない」と伝えるが、「ここにはデンジもパワーもマキマさんもいる」とアキは公安を離れる意志はないことを伝える。 天使の悪魔に「キミ、マキマの事好きだろ?」言われると、アキは「まあな」と返すが、なぜマキマのことを好きになったのかは思い出せずにいた。 海辺にいたマキマの元にたどり着くアキと天使の悪魔。 マキマは海でなにかを待っていた様子。 アキは未来の悪魔と話し自身の死期が近いことをマキマに告げ、「デンジとパワーだけは生きて幸せになってほしい」と伝える。 そして、「どんな悪魔とどんな契約でもします」「俺に力を貸してください」と言う。 すると、マキマは「それじゃあ私と契約しようか」「早川君のすべてをくれるなら私が力をあげる」と返す。 マキマの発言に驚きを隠せないアキだったが、「これは命令です」「契約するといいなさい」とマキマは言う。 そして、天使の悪魔は昔のことを思い出していた。 天使の悪魔が暮らしていた村のこと。 忘れるはずはないのだが、天使の悪魔は昔のことをなぜか忘れてしまっていた。 マキマが村にいる天使の悪魔に近づき、「キミの力を私に見せて」と言う。 自身の力は死を呼んでしまうので断るが、マキマが「キミの力を私に見せて」「これは命令です」と言うと、天使の悪魔は記憶が飛んでいる様子で気づけば自身の能力で村の人間を殺してしまっていたのであった。 マキマの言葉を聞いたアキは「契約する」と言い、マキマと契約してしまうのであった。 チェンソーマン74話の感想 最近のチェンソーマンは衝撃的展開ばかりでしたが、今回もやばかったですね!!ついに怪しかったマキマの正体が垣間見えました。 「私と契約しなさい」と言っていたので、これでマキマが悪魔なのは確定ですね。 どんな悪魔なのか、どんな能力なのかはまだ明らかになっていないので非常に気になるところです。

次の