ヘラジカ。 ヘラジカ様のかわいい!!グルメレース!! (sm34451804) [動画記事]

ヘラジカ|大きなヘラのような角を持つシカ | 動物図鑑

ヘラジカ

スポンサードリンク ヘラジカの最大記録が巨大すぎ!! ヘラジカはロシア、北欧、カナダ、北アメリカといった寒い地方に住む巨大なシカである。 <出典:> 体長3メートル以上、体高2メートル以上、体重は800キロを超える。 ツノだけでも2メートル。 その巨体は陸上動物ではゾウの次に大きいという。 ノルウェーとかあっちの方の国では、 「森の王」とも呼ばれ畏怖されている。 さすが世界最大のシカ。 小柄のトナカイのゆうに2倍はあろうかと。 中でも、最大を記録したヘラジカのサイズは 体高2.3メートル、体重816キロ。 これはもう、アレだ。 完全にコイツだ。 ズオオ… 冬場はこんなのが10頭も群れを作ったりするもんだから、これはもうヤバイ。 しかも性格もけっこう攻撃的で、強力なキックにツノを使った突進などで捕食者を返り討ちにする。 このヘラジカ、何気にかなり昔から存在してて、紀元前6000〜1万年以上前の石器時代には既におったと。 古来から生物の生存競争に打ち勝ってきた強さはダテじゃなく、 あの武井壮をもってしても「やべぇやべぇ」と、 まるでどこかのリアクション芸人のようにビビらせてしまうほどなのだ。 なんでも武井壮はこの一件を機に、 野生の血に目覚めたらしい。 そんなヘラジカと、ハンターとの戦い(?)を収めた動画がこちらだ。 ボーガンのようなもので巨大なヘラジカをロックオンするハンターのオッサン。 しかし… ヘラジカ「!?」 オッサン「!?」 ・・・・・・・・・。 オッサン「何も言えねぇ」 「オエッフ、オフッ」と酔っぱらいオヤジのようなうなり声をあげる巨大ヘラジカに矢を放つオッサン。 その瞬間、ヘラジカは猛スピードで走り去り、「オエッフ」という声を残して姿を消したのであった。 その気になればコイツらは 時速50キロでダッシュすることも可能なんだそうだ。 ヘラジカがメインのはずなんだが、オッサンのリアクションが完全にヘラジカを食っている。 と、このようにヘラジカはスゴイのである。 スポンサードリンク ヘラジカにぶつかると死ぬ 北国では、ヘラジカと車が衝突する事故がたびたび起きている。 その衝突事故のせいで、 年間250もの人間が命を落とすという。 ヘラジカを轢いて、逆に人間が死ぬだと…。 どーいう状況かを説明すると、ヘラジカはデカイために脚も長い。 ゆえに、車が衝突するのは高さ的にヘラジカの脚である。 すると、ぶつかった衝撃でヘラジカは車のほうへ倒れこんでくるわけだが、巨体ゆえに フロントガラスをぶち破り、車の天井部を破壊するほどのダメージなのだ。 エアバッグが発動したとしても、ヘラジカの巨体を受け止めることコレかなわず。 ドライバー「でっけぇシカを轢いたと思ったら、オレの車がメコメコになってたんだ…」 てことで、ボルボとかベンツは安全基準の中にヘラジカ耐久性能まで設けているのだ。 ヘラジカが相手なら耐久テストをせざるを得ない。 スポンサードリンク リンゴを食って酔っ払うヘラジカ ヘラジカの武勇伝はそれだけではない。 なんと 発酵したリンゴを食うと酔っ払うという。 <出典:> なんだコレ…w 発酵リンゴを食って酔っ払い、その調子で木に登ったらずり落ちて枝に挟まって身動きがとれなくなったという。 消防隊員によって木の枝が切断され、無事救助されたものの その場で爆睡するという体たらく。 ただただ、 非常に迷惑なだけである。 はい以上ででで。 轢いても酔っ払っても大迷惑。 こいつぁまさしく大自然の脅威なんだぜ。

次の

遭遇したら気絶しかねないほど巨大な生き物たちの写真いろいろ:らばQ

ヘラジカ

最大は? 出典:123rf 平均的なオスで体高210センチくらいなのですが、写真で確認できる最大の体高はというと・・・ 240cmといわれています。 もしかしたら2.6メートルくらいはあるかもしれませんが・・・ 木の高さがおかしく感じますよね。 最初見た時は「合成だろ!」くらいの衝撃でした。 山奥にも生息する生き物なので、もしかしたら人間が発見したことのないもっと大きいものもいるかもしれません。 寿命 15年〜20年です。 (もちろん10年くらいの個体もいます。 ) 野生だと最長寿命は22年ほど。 デカイわりには以外と平均的な動物の寿命くらいでした。 食生活、餌 草食です。 葉っぱや木の実を餌として食べますが、水の中に生えている水草も食べるみたいです。 樹皮さえも食べるらしい。 生息地 ユーラシア大陸北部から、北アメリカ大陸北部にかけての針葉樹林周辺に生息しています。 日本よりちょっと高めの緯度のところに生息していますね。 そこらへんの地域を旅行することになったら気をつけてください! 特徴 出典:PIXTA デカイのが一番の特徴かもしれませんが、意外な特徴もあるのです。 足が速い 先ほどの動画にもありましたが、かなり早いですよね。 時速に換算して、約50キロのスピードで走るらしい。 泳げる 足が早いだけでなく、泳げます。 しかも超得意。 なんと、数キロも泳げます。 さらには30秒ほど潜り続けることもできるとか。 群れを作る 夏は主に単独で行動するのですが、冬になると10頭ほどで群れを作るそうです。 遭遇したらかなりやばめ。 ツノはオスだけ生える&毎年生え変わる 出典:PIXTA 以外と知らないのですが、鹿の角は毎年生え変わります。 そして、オスだけ生えます。 基本的に冬になるともげるらしい。 ここまででは、最強に思えますよね。 天敵はいるでしょうか? 天敵 どでかいですが、 クマやトラ、そして集団でくるオオカミなどにはかなわないようです。 今は絶滅の心配はないのですが、今後もどでかい姿のまま生き延びて行って欲しいものです。 まとめ 出典:shutterstock 最大体高が2. 4mもある巨大生物でした。 ヘラジカは武井壮の百獣の王を目指すきっかけになった生き物でもあり、国のシンボルとしても描かれているかっこいい動物です。 アメリカやカナダ、北欧などに旅行して、 「見たことがないからいつか見たい!」と思った今回の記事でした。

次の

ヘラジカ

ヘラジカ

スポンサードリンク ヘラジカの最大記録が巨大すぎ!! ヘラジカはロシア、北欧、カナダ、北アメリカといった寒い地方に住む巨大なシカである。 <出典:> 体長3メートル以上、体高2メートル以上、体重は800キロを超える。 ツノだけでも2メートル。 その巨体は陸上動物ではゾウの次に大きいという。 ノルウェーとかあっちの方の国では、 「森の王」とも呼ばれ畏怖されている。 さすが世界最大のシカ。 小柄のトナカイのゆうに2倍はあろうかと。 中でも、最大を記録したヘラジカのサイズは 体高2.3メートル、体重816キロ。 これはもう、アレだ。 完全にコイツだ。 ズオオ… 冬場はこんなのが10頭も群れを作ったりするもんだから、これはもうヤバイ。 しかも性格もけっこう攻撃的で、強力なキックにツノを使った突進などで捕食者を返り討ちにする。 このヘラジカ、何気にかなり昔から存在してて、紀元前6000〜1万年以上前の石器時代には既におったと。 古来から生物の生存競争に打ち勝ってきた強さはダテじゃなく、 あの武井壮をもってしても「やべぇやべぇ」と、 まるでどこかのリアクション芸人のようにビビらせてしまうほどなのだ。 なんでも武井壮はこの一件を機に、 野生の血に目覚めたらしい。 そんなヘラジカと、ハンターとの戦い(?)を収めた動画がこちらだ。 ボーガンのようなもので巨大なヘラジカをロックオンするハンターのオッサン。 しかし… ヘラジカ「!?」 オッサン「!?」 ・・・・・・・・・。 オッサン「何も言えねぇ」 「オエッフ、オフッ」と酔っぱらいオヤジのようなうなり声をあげる巨大ヘラジカに矢を放つオッサン。 その瞬間、ヘラジカは猛スピードで走り去り、「オエッフ」という声を残して姿を消したのであった。 その気になればコイツらは 時速50キロでダッシュすることも可能なんだそうだ。 ヘラジカがメインのはずなんだが、オッサンのリアクションが完全にヘラジカを食っている。 と、このようにヘラジカはスゴイのである。 スポンサードリンク ヘラジカにぶつかると死ぬ 北国では、ヘラジカと車が衝突する事故がたびたび起きている。 その衝突事故のせいで、 年間250もの人間が命を落とすという。 ヘラジカを轢いて、逆に人間が死ぬだと…。 どーいう状況かを説明すると、ヘラジカはデカイために脚も長い。 ゆえに、車が衝突するのは高さ的にヘラジカの脚である。 すると、ぶつかった衝撃でヘラジカは車のほうへ倒れこんでくるわけだが、巨体ゆえに フロントガラスをぶち破り、車の天井部を破壊するほどのダメージなのだ。 エアバッグが発動したとしても、ヘラジカの巨体を受け止めることコレかなわず。 ドライバー「でっけぇシカを轢いたと思ったら、オレの車がメコメコになってたんだ…」 てことで、ボルボとかベンツは安全基準の中にヘラジカ耐久性能まで設けているのだ。 ヘラジカが相手なら耐久テストをせざるを得ない。 スポンサードリンク リンゴを食って酔っ払うヘラジカ ヘラジカの武勇伝はそれだけではない。 なんと 発酵したリンゴを食うと酔っ払うという。 <出典:> なんだコレ…w 発酵リンゴを食って酔っ払い、その調子で木に登ったらずり落ちて枝に挟まって身動きがとれなくなったという。 消防隊員によって木の枝が切断され、無事救助されたものの その場で爆睡するという体たらく。 ただただ、 非常に迷惑なだけである。 はい以上ででで。 轢いても酔っ払っても大迷惑。 こいつぁまさしく大自然の脅威なんだぜ。

次の