たけのこ あく抜きしない。 あく抜きしない お手軽たけのこ 淡竹(はちく)

たけのこが大きい 鍋に入らないときの切り方や下処理の方法まとめ♪

たけのこ あく抜きしない

竹かんむりに旬と書く「筍(たけのこ)」は、4~5月の旬の時期に食べるのが、最もおいしいといわれる春の風物詩。 でも、生のたけのこを手に入れたとき、どうやって調理したらいいか困った経験はありませんか?そこで、料理研究家の高城順子先生に、アク抜き方法と保存のポイントを<基本編>と<時短編>で教えていただきました。 手に入れたたけのこはすぐに茹でる たけのこは収穫直後からアクが増していきます。 そのため、手に入れたらすぐに丸ごと茹でましょう。 茹でるには、高さ(幅)のある鍋が必要です。 たけのこの穂先を切り落とし、残りの身がすっぽり入るサイズのものを用意します。 米ぬか:一握り• 赤唐辛子:1本• たけのこがかぶる量の水 たけのこの切り方 根元の固い部分(ついていない場合もある)と、穂先5~6cmを切り落とし、縦に2~3cm深さの切れ目を入れる。 根元部分が残っている場合は、生長にしたがってイボが大きく紫色になり、繊維も密になるので、茹でる前に削るようにむいて落とす。 湯止めの目的は、たけのこからアクを出しきること。 流水で冷やしてしまうと、アクがしっかり抜けません。 たけのこの皮のむき方 たけのこが完全に冷めたら、水洗いしてぬかをきれいに取り除き、縦に入れた切れ目から指先を入れて皮をむく。 穂先の皮「姫皮(写真2枚目右の内側部分)」はやわらかくておいしいので、残しておく。 たけのこを調理するときの切り方と保存方法 穂先から真ん中の部分は縦に切り(下の写真で切っている最中のもの)、根元は横に切る(写真手前)。 保存するときは、フタつきの深めの保存容器に水を入れ、たけのこが完全にひたるようにした状態で、フタをして冷蔵庫で保存する。 時々水を替えながら、しっかり水に浸けておけば、1週間程度は保存可能。 memo 多くて食べきれない場合は、あらかじめ保存食にするのもおすすめ。 刻んで薄味で下煮しておくと、日持ちするだけでなく、さまざまな料理にアレンジできて便利です。 たけのこのアク抜き方法<時短編> 大きな鍋がないときや、時間がないときは、2~3等分など適度な大きさにカットしてから茹でると時間を短縮できます。 この場合、米ぬかは身の隙間に入って取り除きづらいので、ここでは重曹を使ったテクニックをご紹介します。 用意するもの• 重曹:水1リットルに対し小さじ1が目安•

次の

あく抜きしない お手軽たけのこ 淡竹(はちく)

たけのこ あく抜きしない

日本には旬折々の野菜がありますが、 「たけのこ」というと、多くの 春野菜の中でも1番春らしさを感じることができるのではないのでしょうか。 たけのこご飯や、 土佐煮や若竹煮などの煮物、 きんぴらなど、美味しく大人から子供まで世代を問わず人気なメニューが食卓に並ぶ機会も多いですね。 そんな、季節を感じることができる「たけのこ」ですが、新鮮な皮付きの「生」のたけのこから自宅で調理することで、より美味しく味わうことができます。 しかし、 皮付きのたけのこは、下処理として「あく抜き」しないといけないので、なんだか手間がかかって大変そう!と感じる方も多いかと思います。 でもこの「あく抜き」、実は意外と簡単にできてしまうのです!。 また、 たけのこをあく抜きとする方法といえば、「米ぬか」が一般的ですが、米ぬかがない場合でも、それ以外の簡単なあく抜き方法がいくつかあるのです。 そもそも 皮付きのたけのこって、どうしてあく抜きが必要なのでしょうか。 あく抜きをしないと、何が違ってくるのか気になってきますね。 今回は、 米ぬかがない時でもできる簡単なたけのこをあく抜きする方法や、あく抜きする理由などについてお伝えいたします!。 たけのこのあく抜きが必要な理由!あく抜きしないとどうなるの? 皮付きのたけのこを購入したら、なるべく早くあく抜きをしないといけないということを知っていても、どうしてすぐにたけのこをあく抜きする必要があるのか?、あく抜きしないとたけのこはどうなってしまうのか?など色々な疑問が出てきますね。 その答えは、たけのこから出てくる 「えぐみ」にあるようです。 たけのこをあく抜きしないと出続ける「えぐみ」 たけのこは、切り取られてから、すぐに 「えぐみ」と呼ばれる、 強い苦みが発生する原因ともなる「アク」が出始めてしまい、「アク」は1度出始めてしまうと、止まることがないので、 時間がたてばたつほど、どんどん強まってしまうのです。 なので、たけのこを購入したらなるべく早く「あく抜き」する必要があるんですね。 また、たけのこの「えぐみ」の正体は 「シュウ酸」と呼ばれる成分が原因となっていて、この「シュウ酸」に作用するのが、米ぬかに含まれる 「カルシウム」なのです!。 「カルシウム」が、たけのこのえぐみを感じさせない成分へと変えてくれるのです。 こういった点から、 たけのこをあく抜きするときに 「米ぬか」を使うのが一般的になったようです。 さらに、「米ぬか」を使った方法であく抜きを行うことで、 米ぬかの甘みと風味がたけのこにプラスされ、より旨味が増すという嬉しい働きもあります!。 「米ぬか」は、たけのこをあく抜きするときの万能アイテムとも呼べますね。 たけのこをあく抜きする簡単な方法とは?米ぬかがない場合はどうする? 先ほどお伝えしたとおり、基本的には、たけのこをあく抜きをするのに利用するのは 「米ぬか」が良いとされています。 でも「米ぬか」って、いつでも・どこの家庭にも必ずあるっていうものではないですよね。 大丈夫!。 米ぬかがない場合でも、簡単にたけのこをあく抜きする方法があります。 つまり、 「米ぬか」に変わる万能アイテム があるのです。 米ぬかを使わなくても、たけのこのあく抜きができる方法をいくつかお伝えいたえしますね!。 まずは一般的な、「米ぬか」を使ったあく抜き方法から見ていきましょう! 米ぬかを使ったあく抜き方法 米ぬかであく抜きするときに必要な物は、 「米ぬか」と 「唐辛子」です。 1.たけのこを流水で洗い、土をしっかりと洗い落とします。 2.たけのこのあく抜きをしやすいように、たけのこに切り込みを入れます。 実を切り落とさないように、先端から5分の1を目安に斜めに切り落とします。 3.切り落とした所に、1~2㎝垂直に切り込みを入れます。 4.たけのこが余裕持って入るような大きめの鍋に、たけのこ、たけのこがかぶるくらいの水(1リットル程度)、米ぬか1つかみ分、唐辛子1本を入れて火にかけ沸騰させます。 5.沸騰したら、落とし蓋をして弱火にし、50分~70分程度煮込みます。 6.たけのこに竹串を刺してみて、すっと入ったら火を止めます。 7.お湯が冷めるまで待ち、冷めたら皮をむいてあく抜きが完了です。 湯がいた茹で汁は、後に紹介する「たけのこの保存方法」で使うので、絶対に流して捨てたりしないでくださいね。 1. 1~3までは、「米ぬか」を使ってたけのこをあく抜きする方法と同様の下準備をします。 2.大きめの鍋を用意して、水1リットルに対して、小さじ1の重曹をお鍋の中に入れます。 3.お鍋を火にかけて沸騰したら、下準備して切ったたけのこを中に入れます。 4.火を弱火にして、30分程度煮込んでいきます。 (煮込み中に水が減ってきたら、都度足していきます) 5.火を止めて、たけのこが冷めるまでそのまま放置します。 たけのこのあく抜きで時間短縮に便利な圧力鍋! たけのこをあく抜きするのは、思っていたよりとても簡単で、さらに米ぬかがない場合でも、お米や重曹で代用することがわかりましたね。 さらに、たけのこをあく抜きするときに 「圧力鍋」 を使うことで、 時間をかなり短縮することができるので、より簡単に行うことが出来ます。 ただし、 圧力鍋を使ってたけのこをあく抜きする場合は、「米ぬか」で行うと圧力鍋のふたの部分に詰まってしまうおそれがあります。 たけのこのあく抜きを圧力鍋でする場合は、米のとぎ汁を使うのがオススメです。 通常のお鍋であく抜きすると40分程度たけのこを煮込む必要がありますが、 圧力鍋の場合だと、たった15分煮込むだけでたけのこをあく抜きすることができますよ!。 とっておきの時短テクニックですね。 スポンサーリンク たけのこを長持ちさせる保存方法 自宅で、生のたけのこから愛情込めて「あく抜き」をしたたけのこです。 折角ですから、数日間にかけて、色々なお料理でたけのこを味わいたいですよね。 たけのこを長持ちさせる保存方法をしっかりチェックしておけば、 あく抜きをしてから4~5日は冷蔵庫で保存が可能になりますよ!。 あく抜きした後のたけのこの保存方法! その保存方法は、とっても簡単です。 お鍋で茹でてあく抜きをして、冷ましたたけのこを、 茹で汁ごと大きめのタッパーなどの保存容器に移し替えて、蓋をして冷蔵庫に入れるだけ!。 これだけでOK!。 たけのこを、ひたひたの茹で汁に浸かった状態でそのまま保存することで、長持ちさせることが出来るのです。 また、皮をむいた後のたけのこが残った場合も同じで、茹で汁ごと保存すれば良いのです。 あく抜きをした後のたけのこの保存方法は、 あく抜きの茹で汁と一緒に冷蔵庫!。 簡単ですよね?。 必ず、あく抜きのゆで汁は捨てずに!保存に利用して下さいね。 2日目以降は、茹で汁を捨ててお水を毎日取り替えることもポイントです。 これも、お忘れずに行ってください。 まとめ 今まで、あく抜きなどなんだか面倒くさそうに感じて、買うのを躊躇してしまうことも多かった 皮付きの生の「たけのこ」でしたが、実は意外にも、 誰でも簡単にたけのこをあく抜きすることが出来ることがわかったと思います。 また、 米ぬかがないご家庭でも、 「お米のとぎ汁」や 「重曹」といった手軽に用意できるものを代用する方法で、たけのこをあく抜きすることができるので、より気軽に、美味しいたけのこを食べることが可能ですね。 たけのこをあく抜きしないと 「えぐみ」が出てしまって、せっかく美味しいたけのこの味も半減してしまいます。 たけのこを購入したら、できるだけ早くあく抜きすることがとても重要でしたね。 今回の記事を参考にしていただき、正しい方法であく抜きをして、たけのこ本来の甘さや香りをご家庭で楽しみ、色々なたけのこ料理を作って下さればと思います!。

次の

たけのこのアク抜きやえぐみって何?唐辛子を入れる理由と白いブツブツって何?

たけのこ あく抜きしない

日本には旬折々の野菜がありますが、 「たけのこ」というと、多くの 春野菜の中でも1番春らしさを感じることができるのではないのでしょうか。 たけのこご飯や、 土佐煮や若竹煮などの煮物、 きんぴらなど、美味しく大人から子供まで世代を問わず人気なメニューが食卓に並ぶ機会も多いですね。 そんな、季節を感じることができる「たけのこ」ですが、新鮮な皮付きの「生」のたけのこから自宅で調理することで、より美味しく味わうことができます。 しかし、 皮付きのたけのこは、下処理として「あく抜き」しないといけないので、なんだか手間がかかって大変そう!と感じる方も多いかと思います。 でもこの「あく抜き」、実は意外と簡単にできてしまうのです!。 また、 たけのこをあく抜きとする方法といえば、「米ぬか」が一般的ですが、米ぬかがない場合でも、それ以外の簡単なあく抜き方法がいくつかあるのです。 そもそも 皮付きのたけのこって、どうしてあく抜きが必要なのでしょうか。 あく抜きをしないと、何が違ってくるのか気になってきますね。 今回は、 米ぬかがない時でもできる簡単なたけのこをあく抜きする方法や、あく抜きする理由などについてお伝えいたします!。 たけのこのあく抜きが必要な理由!あく抜きしないとどうなるの? 皮付きのたけのこを購入したら、なるべく早くあく抜きをしないといけないということを知っていても、どうしてすぐにたけのこをあく抜きする必要があるのか?、あく抜きしないとたけのこはどうなってしまうのか?など色々な疑問が出てきますね。 その答えは、たけのこから出てくる 「えぐみ」にあるようです。 たけのこをあく抜きしないと出続ける「えぐみ」 たけのこは、切り取られてから、すぐに 「えぐみ」と呼ばれる、 強い苦みが発生する原因ともなる「アク」が出始めてしまい、「アク」は1度出始めてしまうと、止まることがないので、 時間がたてばたつほど、どんどん強まってしまうのです。 なので、たけのこを購入したらなるべく早く「あく抜き」する必要があるんですね。 また、たけのこの「えぐみ」の正体は 「シュウ酸」と呼ばれる成分が原因となっていて、この「シュウ酸」に作用するのが、米ぬかに含まれる 「カルシウム」なのです!。 「カルシウム」が、たけのこのえぐみを感じさせない成分へと変えてくれるのです。 こういった点から、 たけのこをあく抜きするときに 「米ぬか」を使うのが一般的になったようです。 さらに、「米ぬか」を使った方法であく抜きを行うことで、 米ぬかの甘みと風味がたけのこにプラスされ、より旨味が増すという嬉しい働きもあります!。 「米ぬか」は、たけのこをあく抜きするときの万能アイテムとも呼べますね。 たけのこをあく抜きする簡単な方法とは?米ぬかがない場合はどうする? 先ほどお伝えしたとおり、基本的には、たけのこをあく抜きをするのに利用するのは 「米ぬか」が良いとされています。 でも「米ぬか」って、いつでも・どこの家庭にも必ずあるっていうものではないですよね。 大丈夫!。 米ぬかがない場合でも、簡単にたけのこをあく抜きする方法があります。 つまり、 「米ぬか」に変わる万能アイテム があるのです。 米ぬかを使わなくても、たけのこのあく抜きができる方法をいくつかお伝えいたえしますね!。 まずは一般的な、「米ぬか」を使ったあく抜き方法から見ていきましょう! 米ぬかを使ったあく抜き方法 米ぬかであく抜きするときに必要な物は、 「米ぬか」と 「唐辛子」です。 1.たけのこを流水で洗い、土をしっかりと洗い落とします。 2.たけのこのあく抜きをしやすいように、たけのこに切り込みを入れます。 実を切り落とさないように、先端から5分の1を目安に斜めに切り落とします。 3.切り落とした所に、1~2㎝垂直に切り込みを入れます。 4.たけのこが余裕持って入るような大きめの鍋に、たけのこ、たけのこがかぶるくらいの水(1リットル程度)、米ぬか1つかみ分、唐辛子1本を入れて火にかけ沸騰させます。 5.沸騰したら、落とし蓋をして弱火にし、50分~70分程度煮込みます。 6.たけのこに竹串を刺してみて、すっと入ったら火を止めます。 7.お湯が冷めるまで待ち、冷めたら皮をむいてあく抜きが完了です。 湯がいた茹で汁は、後に紹介する「たけのこの保存方法」で使うので、絶対に流して捨てたりしないでくださいね。 1. 1~3までは、「米ぬか」を使ってたけのこをあく抜きする方法と同様の下準備をします。 2.大きめの鍋を用意して、水1リットルに対して、小さじ1の重曹をお鍋の中に入れます。 3.お鍋を火にかけて沸騰したら、下準備して切ったたけのこを中に入れます。 4.火を弱火にして、30分程度煮込んでいきます。 (煮込み中に水が減ってきたら、都度足していきます) 5.火を止めて、たけのこが冷めるまでそのまま放置します。 たけのこのあく抜きで時間短縮に便利な圧力鍋! たけのこをあく抜きするのは、思っていたよりとても簡単で、さらに米ぬかがない場合でも、お米や重曹で代用することがわかりましたね。 さらに、たけのこをあく抜きするときに 「圧力鍋」 を使うことで、 時間をかなり短縮することができるので、より簡単に行うことが出来ます。 ただし、 圧力鍋を使ってたけのこをあく抜きする場合は、「米ぬか」で行うと圧力鍋のふたの部分に詰まってしまうおそれがあります。 たけのこのあく抜きを圧力鍋でする場合は、米のとぎ汁を使うのがオススメです。 通常のお鍋であく抜きすると40分程度たけのこを煮込む必要がありますが、 圧力鍋の場合だと、たった15分煮込むだけでたけのこをあく抜きすることができますよ!。 とっておきの時短テクニックですね。 スポンサーリンク たけのこを長持ちさせる保存方法 自宅で、生のたけのこから愛情込めて「あく抜き」をしたたけのこです。 折角ですから、数日間にかけて、色々なお料理でたけのこを味わいたいですよね。 たけのこを長持ちさせる保存方法をしっかりチェックしておけば、 あく抜きをしてから4~5日は冷蔵庫で保存が可能になりますよ!。 あく抜きした後のたけのこの保存方法! その保存方法は、とっても簡単です。 お鍋で茹でてあく抜きをして、冷ましたたけのこを、 茹で汁ごと大きめのタッパーなどの保存容器に移し替えて、蓋をして冷蔵庫に入れるだけ!。 これだけでOK!。 たけのこを、ひたひたの茹で汁に浸かった状態でそのまま保存することで、長持ちさせることが出来るのです。 また、皮をむいた後のたけのこが残った場合も同じで、茹で汁ごと保存すれば良いのです。 あく抜きをした後のたけのこの保存方法は、 あく抜きの茹で汁と一緒に冷蔵庫!。 簡単ですよね?。 必ず、あく抜きのゆで汁は捨てずに!保存に利用して下さいね。 2日目以降は、茹で汁を捨ててお水を毎日取り替えることもポイントです。 これも、お忘れずに行ってください。 まとめ 今まで、あく抜きなどなんだか面倒くさそうに感じて、買うのを躊躇してしまうことも多かった 皮付きの生の「たけのこ」でしたが、実は意外にも、 誰でも簡単にたけのこをあく抜きすることが出来ることがわかったと思います。 また、 米ぬかがないご家庭でも、 「お米のとぎ汁」や 「重曹」といった手軽に用意できるものを代用する方法で、たけのこをあく抜きすることができるので、より気軽に、美味しいたけのこを食べることが可能ですね。 たけのこをあく抜きしないと 「えぐみ」が出てしまって、せっかく美味しいたけのこの味も半減してしまいます。 たけのこを購入したら、できるだけ早くあく抜きすることがとても重要でしたね。 今回の記事を参考にしていただき、正しい方法であく抜きをして、たけのこ本来の甘さや香りをご家庭で楽しみ、色々なたけのこ料理を作って下さればと思います!。

次の