私 の 決断。 決断力がある人とない人の9つの特徴と決断力を鍛える方法3選!

幸せになるために決断を下す — こころの探検

私 の 決断

私達は、意識的にも無意識的にも絶えず決断を下しています。 その時に見たい映画のようなよりありふれた出来事から、信条や仕事、教育、などのより現実的な問題まで 私達がする選択によって進む道が方向付けられていきます。 しかし、こうした私達が下す決断はどの程度まで自分に自覚があるのでしょうか? 私達はあまりに多くのあまり、しまいには、決断が既に自動的になってしまっており、そのほとんどを自覚しなくなっています。 これは脳がエネルギーを節約しようとしているからであり、日々の些細な決断を下す時、その節約が直観的に素早い形で作動します。 決断を下す時に頭脳がどのようにはたらくかというこの理論の分析において、 心理学者のは人の理性的で直観的な行動を調査することで 2002年に経済分野でノーベル賞を受賞するに至りました。 カーネマンは、脳には決断を下すのに2通りの方法があることを示しました。 早い方法は直観的で感情的(私達が通常使うもの)で、もう一つはもっとゆっくりな方法で、努力を必要とし理性的なものです。 どちらにせよ、 私達は自分の決断の責任を担っており、それは無視できないことです。 「選択をしなければならない時に選択しないことは、それもまた選択である。 また、 私達は多数の要因に影響を受けており、自分の行動を決定づけています。 この瞬間に、自分にとって最善の選択を自由にしていると思いますか? 私達がする選択のほとんどは自分の経験と得た知識に基づいています。 とっさに直観的に流されてしまっている時、その時点では自分にとって最善のことを、実は考慮していないのです。 現時点で、私達は下してきた決断の産物です。 ある行動を選んだり選ばなかったりすることで、私達はこの瞬間、今ここで、自分という人間を決める一連の経験や癖を身に付けてきているのです。 私達はこれに伴う責任を否定することはできません。 「人類の生活においてルールとして下す偉大な決断は、意志や合理性といった感覚よりも、本能と他の不思議な無意識による要因と関係するところがずっと大きい。 結果に対して無関心を貫くことは無益なことです。 なぜなら、いずれにせよ、その結果は私達に影響を及ぼすからです。 私達は自分の経験の主役になるか、ただの観客になるかを選んでいるのです。 自分の決断を示唆するものや決断が招く結果を自覚することは、どのように自分の存在の手綱を取るかということです。 例え決断を避けることを選択しても、そういう決断を下してしまっているのです。 何も行動せず、経験することをやめ、無関心を装い、状況になされるままにしていたりします。 自分が送っている生活について文句を言い、自分の不幸について文句を言い、身の上にふりかかる不運について文句を言ったりします。 を使って理解できないことを解決しようとしたり、欲しい物を得ようとしたりするために他人を操作したりしています。 私達は自分の生活を自らの手で作り出した監獄にしてしまっているのです。 私達は別の生活を送る決断をすることができるのです。 恐怖や不安、不確かさや罪悪感に侵されながらも、 各状況でどのように振る舞うかを選び、結果に対して責任を持つことで、 ルールを設けた別の生活です。 自分の弱点全てと闘うことができたなら、私達は悔やむことなく、自分の欲しい生活を確かに手に入れることができるでしょう。 「あらゆるものを人から奪うことができる。 最後の人間の自由を除いては。 それは与えられた一連の状況の中で取る態度を選ぶという自由、自分の進む道を選ぶ自由。 我々はその状況を変えられないだろうか?自分に痛みを引き起こす状況を変える力が自分の手中にないのなら、その苦しみに向き合える態度を選ぶことは常にできる。 」 -ヴィクトル・フランクル 私は幸せになることを選びます。 自分の恐怖に向き合います。 できる範囲で自分の間違いを認め、受け入れ、正します。 自分の不安定さを理解し、自分の要求を理解し、自分の苦痛を理解し、自分の不快感を理解します。 そうしたことが全て自分の一部であることを拒否したりしません。 で自分自身と付き合い続け、自分の悲しみを解放します。 私は状況の被疑者になることを避ける決断を下します。 こうして私は幸せが宿る平和を獲得するのです。

次の

『女医フォスター 夫の情事、私の決断』シーズン1のネタバレあらすじと感想。嫉妬にかられた女性の豹変をリアルに描く!

私 の 決断

【白川優子】さんインタビュー 医療では戦争を止められない。 それでも、そばにいるだけで傷ついた人の希望になれる「看護の力」を信じる 国境なき医師団(MSF)に入りたい。 7歳のころから抱えていたその思いが募っていた20代半ば。 夢はあれど、英語という大きな壁を前に、乗り越えられるのか否か迷っていました。 看護師としては中堅の域に入り、年齢を考えれば新しい道へ踏み出すには勇気がいります。 今のままがラクかもしれないとも思っていました。 その姿を見ていた母が「10年たっても思いは変わらないんだから、行きなさい」とポンと背中を押してくれた。 もしその言葉がなければ、「夢は叶わないんだ」とくじけていたかもしれません。 「人生のピークは40歳あたりに見なさい」とも言われましたね。 それまでは20代が最高でなくちゃいけないと思っていたし、40代なんて余生…くらいの思い込みがあったので、すごく新しい考え方だなと。 焦りがちな私が、しっかり準備して40代で人道支援のプロになれたらいいと思えたきっかけでした(白川優子さん) 留学資金を貯めるために3年間産婦人科で働いた後、29歳でオーストラリアへ。 移民の多い国で、さまざまな民族衣装の人が混在して、差別も偏見もなく共存している。 世界にはこんなところがあるんだと驚きました。 まずは語学学校で学んでから大学に入学しましたが、私には「英語で看護を学び直す」ということに意味があったんですね。 当時は貧乏生活で、たった3ドルのコーヒーを買うか悩む日々。 2年目は少し余裕ができて訪問介護のアルバイトを始め、毎日コーヒーが買えるようになりました 笑。 人には寛容ですが成績には厳しく、留学生6人中、卒業できたのは私ひとり。 後がない…という必死さはだれよりもあったのかもしれません。 就職した後も含めて、オーストラリアでの7年間をひと言で表すなら「愛」。 思い出すだけでも感動で涙してしまうほど、周囲の人に支えられました。 憧れのロイヤル・メルボルン病院で働けるようになっても、英語コンプレックスが消えなくて毎日泣いていた私。 「みんなの迷惑になるから辞めます」と話したら、看護部長が「あなたは英語のハンデがあるかもしれないけれど、私は患者さんへの態度をすごく評価している。 どんなに勉強しても培われないものを持っているの」と。 さらには自分より10歳も年下の同僚が「どんなにバカな質問でもいいから、いつでもなんでも聞いて」と言ってくれて。 「Yukoは俺の英語よりうまいよ!」と笑わせてくれたネイティブの同僚もいました。 できないことを批判するのではなく、私を経験ある看護師として尊重し、得意なところを引き出そうとしてくれていたんですね。 愛あるサポートで働き続けることができ、プロジェクトリーダーを任せてもらえるようにもなりました。 7年目。 ずっとここにいたいと思ったし、オーストラリアに永住する道もありながら、虚無感を感じ始めていました。 こんなに恵まれた環境で満足できないのはなぜかと考えたら、「とき」が来たんだなと。 いよいよMSFへ行く時期だ、と採用面接を受けるべく日本に帰国しました。 36歳でした。 人生のピークは、40歳から。 20代で叶わない夢が、40代で叶うことがある MSF活動を始めて8年。 この1年は4回派遣され、イスラム国(IS)に占拠されていたイラクのモスル、シリアのラッカにも行きました。 安全面には十分配慮した場所を拠点にしますが、ときには病院の間近に攻撃が迫ることがあります。 不思議なもので、空爆や銃撃の音は避難をくり返しているうちに慣れてしまう。 怖さにマヒした者はどんな命取りな行動をとるかわからないため、真っ先に帰国しなさいと言われます。 いちばん苦しかったのは、ラッカの支援のときでしょうか。 7年間も戦争をしている地域で、現地の医療者も疲弊している。 私たちが技術を教えなくてはいけないのに、あっちでもこっちでも人が死にそうで、オペ室をふたつ用意して手術を同時進行するにも人が全然足りない。 ほとんど眠れず体は限界を超え、思考能力がなくなっていて。 休まないと危ないのはわかっていたのですが、休む間もないほどの暴力が発生していたんですね。 ギリギリの私に気づいて、支えてくれた温かな仲間がいなければ、乗り切れませんでした。 どこの紛争地に行っても感じるのは、泣いているのはまったく戦争に加担していない一般市民だということ。 みんな平和を願っていて、私たち日本人となんら変わらない。 ただ普通に暮らしているところに爆弾が落ちてきただけなんです。 なんとか戦争を止めたくて、看護師という夢を捨ててでもこの現実を伝えなくてはと、ジャーナリストになろうと本気で考えたこともあります。 結局今も看護師を続けているのは、シリアのある少女との出会いがあったから。 空爆で足を奪われた彼女は、ずっとふさぎ込んで心を閉ざしてしまっていたのですが、毎日手を握って言葉をかけるうち、帰国直前についに満面の笑顔を見せてくれた。 看護師だったからこそ、彼女の笑顔が見られたと気づいたんです。 私たちはジャーナリストでさえ入れない地帯に行けます。 施設や物資は万全ではないし理想の医療はできないけれど、そこにいるというだけで患者さんやその家族の希望につながるかもしれない。 看護の力をあらためて知り、戦争を止められないというジレンマに苦しむことはなくなりました。 日本で看護師をしていたときは、年功序列でしたし、やはり私自身、日々の業務に追われてしまっていた気がします。 そうすると、失敗しないため、怒られないための看護になっていく。 でも、痛み止めを何度も投与するより、患者さんに寄り添って手を握るほうが痛みを和らげられることがあります。 たとえ自分たちがどんなに忙しくても、紛争地であっても、看護師として絶対に忘れてはいけないこと。 極限での任務で、原点に帰った気がします。 心身ともに過酷な活動ですが、派遣されるときはお肌の基礎化粧品だけは忘れません。 空爆時の避難バッグにも真っ先に入れるくらい 笑。 東京に帰ってくれば、スカートやハイヒールをはいてオフィスで仕事をしたり、友達と食事やお酒を楽しんだり。 平穏で安定した日常があります。 それでも、世界ではこの21世紀にいまだに戦争をして、人間同士がいがみあっている。 空爆が続く限り、私はその空の下で苦しむ人たちのそばにいようと思っています。 そして、今後は自分の経験を伝えていくことにも尽力したいですね。 20 代で叶わない夢があったとしても、40代で叶うことがある。 何か、後輩や将来に迷っている人たちの役に立てたらうれしいです。 白川優子さんの本 世界が知るべき悲しみ、憎しみ、恐怖。 『紛争地の看護師』 紛争地の現場にいた白川さんだからこそ書くことができた、生と死のドキュメントを一冊に。 ジャーナリストが立ち入れない「現場」ではいったい何が起こっているのか。 私たちと変わらぬ人々が今なお抱える痛みに触れ、戦場は決して遠くの世界ではないと気づかされる。 ¥1,400/小学館 Oggi10月号「The Turning Point〜私が『決断』したとき」より 撮影/石田祥平 デザイン/Permanent Yellow Orange 構成/佐藤久美子 再構成/Oggi. jp編集部.

次の

【私が決断したとき】壁にぶつかるのは前に進んでいる証|キャスター・小西美穂さん

私 の 決断

こんにちは。 スギムーです。 () 今から100年近く前のアメリカで当時、2番目の大富豪だった鉄鋼王「アンドリュー・カーネギー」という人物がいます。 この人物に、当時、貧乏だった学生記者が取材をした時、「ある提案」をされました。 「私は君に、これから億万長者になると見込んだ500人を紹介しよう。 彼らの共通点をまとめて成功哲学としてまとめて欲しい。 期限は20年。 」 さらに、こう付け加えました。 「しかし、資金の援助は一切ない。 」 つまり、無給で20年間働くということ。 これに対して、なんと答えますか? 青年は、これに対して「イエス」と答えました。 君が答えを出すために29秒かかった。 私は1分を超えたら 君を見込みのないただの人間としてあきらめるつもりだった。 これによってこの青年、ナポレオン・ヒル博士は近代の成功哲学をまとめ、自分自身も大富豪になったわけです。 Contents• 決断をすれば変化が訪れ、 決断しなければ今のままがずっと維持される。 と考えての決断をしないという決定ですが、 そんなわけがないのです。 決断をしないということは、決断を先延ばしにする という意味では現状が維持されます。 しかし、 現状が維持されることはありません。 例えば、付き合っている彼女が「そろそろ結婚して欲しい」と言っているけれど、男が結婚を決断しないとして、それは結婚するかどうかの返事を先延ばしにしているだけですよね。 でも、その恋人の状態が永遠に維持されますか? といえば、無理なのです。 彼女に愛想をつかされたり、どこかで決断しなければならなくなります。 目の前のラーメンを食べなければ、すぐにのびます。 だから、決断をしないというのは「現状維持」ではないのです。 「現状悪化」でしかないのです。 決断をすれば、「成功」あるいは「失敗」にしろ、 何かしらの結果が出ます。 その 「結果」という未来を失うことが、決断していない状態です。 誰もが失敗したくないから、なかなか決めないわけです。 逆に、どんな良い条件の、どんな名誉ある仕事だろうと、興味がなかったり自分のスタイルに合わなければ即答で断ります。 仕事に関してだけは決断が早いです。 早く決めたものは、早く結果がわかりますから、失敗しても修正が効きます。 逆に、起業したいけどできない人、などの決断できない例ですが、 あるビジネスがあって、月商150万くらいのウェブサイトだったのですが、やりたい人がいなくなったので、周囲の人に「誰かやる?」と言ったら、誰も返事をしなかったので、そのビジネスを潰したことがあります。 また、先日も「誰か社長やってくれないかな?」という案件がありましたが、周囲にふれる人がいなかったので話は流れました。 他にも、いろんなチャンスがあって、その度に、例えばビジネスの話なら起業したい人に話を振ったりしますが、ほとんどそういう人は決断をしません。 やる人はとっとと自分でやっていますからね。 情報を持っている人の近くにいれば、多くの機会を得られますが、決断力がなければ、チャンスをものにすることはないということです。 「信頼」を失うわけです。 カーネギーはこう言いました。 「私は1分を超えたら 君を見込みのないただの人間としてあきらめるつもりだった。 」 その人にとって大きな機会を正当な理由もなく決断できなければ、 「見込みのない人間」として相手からの信頼は失われます。 もう二度とその人に機会を与えようとは思わなくなるでしょう。 それが一番の問題です。 決断しなければ、• 現状は維持できない• 結果という未来が手にできない• 信頼を失う可能性がある• 他者に貢献できるかもしれない という広範囲に物事を見れないからこそ、 今と自分だけを見て「やれないかも」「難しいかも」「大変かも」「心配」と言った感じで、とりあえず判断を保留しようとするわけです。 例えば、ナポレオン青年の話で言えば、無給とは言え、多くの成功者に会える機会を得ることで、自分自身が勉強になり成功に近づくことは想像できますし、そこから価値を生み出すこともできそうだから、やると答えられたわけですよね。 それは時間軸や、他者、自分の成長の可能性など、広範囲に物事を見れたからこそ、判断ができたわけです。 (2)情報が足りないから それを決断することによって得られるメリット・デメリットをはっきりさせていれば、多くの情報の中で、判断ができます。 「考える」ということは、調べること、情報を集めることによって集まったパーツを組み立てることに過ぎないので、情報がなければ組み立てること(この場合、決断すること)ができなくて当然。 しかし、情報が少なく、考える枠組みも持っていなければ、何がメリットで何がリスクなのか?ということすら分かりません。 決断力が低い人は、情報を集めることをあまりしません。 具体的には• 質問をしない• 勉強をしない• 本を読まない• 情報を持っている人の近くにいない ということが言えます。 (3)目的がないから なぜ情報も集めず、視野を広く持てないのかと言えば、そもそも 主体的な目的がないからです。 「これこれこういうことのために、こういうことが必要だ」ということを理解していれば、その目的に対して視野を広く物事を見て、アンテナを張り、主体的に情報を集め、有益なものを採用する決断を日々行えるわけです。 ゴールを持たないということは自分の人生のリーダーシップを自分でとっていないということ。 目的を最初に理解することで、その判断に必要な情報を集めて、組み立てて、決断をし、行動をするという、「考える」ことができます。 (4)信念体系が誤っている ではなぜに主体性の欠けた状態なのかと言えば、なん度も書いていますが、 「信じているもの」が自分を不幸にするものを信じているから。 「思い込み」「偏見」「プライド」と言った論理的な思考の欠如は、信じているものそのものを変えなければいけません。 論理で捉えられないから、自分の人生を他人に預けてしまい、主体性が欠如し、目的を持てず、視野が狭くなり、情報を集めるモチベーションもなく、決断が鈍ります。 例えば、「決断したら失敗するかも」と言った思考は、「失敗」という言葉の定義が、イコールで挫折のようなイメージを持たれているからですよね。 しかし、挫折するほど状態が悪くなるまで問題を放置しなければいいだけであって、まず決断して、ここまでやってみてダメなら違う決断にしよう、でもいいわけですよね。 これは 「失敗の向こうにしか成功がない」ということがわかっておらず、イメージで失敗=全てを失う、みたいなことを恐れているから起きている現象です。 主体的な目的を持ち• 視野を広く持ち• 情報を集めることによって• 決断ができる ということ。 よく決断力のある人は自信がある、と言いますが、 自信がある状態というのは上記のことをしているから、確信を持って判断、行動ができるだけなんです。 最初から、「勝てるゲーム」だとわかっているとか、 最初から、「やめ時」を決めているからとか、 そういう思考が裏側にあるから自信を持って決断ができるだけです。 「自信家」という性格が決断力を決めているわけではなく、自信を持って決断ができるくらいの、「目的」「情報」があるということ。 ここで言っているように、 抽象度で人間力は決まるでしょう。 勉強ができるできない、能力があるとかないとかではなく、抽象度が高いかどうか? これが人間の基礎の全てです。 「自分」を抽象的に捉えれば「自分=人類」です。 そうなれば、人類にプラスになるように考えるという視野がもてる。 こうした視点が視野の広さというものです。 「時間」も抽象的に捉えれば、「時間=人生」です。 そうなれば、今現在、中途半端なことはできませんよね。 「ビジネス」も抽象的の捉えれば、「ビジネス=資産」です。 こうして抽象的に捉えれば、「自分はアパレルは関係ないから」と最初から情報を切り捨てることはしないはずです。 メリットやリスクや、自分の今の状況を考えて判断できます。 例えばこのように、あらゆることを抽象的に捉えれば、本質に近づきます。 本質に近づくからこそ、「思い込み」や「プライド」などを捨てて、決断力が上がるわけです。 無鉄砲に決断したものは、「リスク」なんかではなく、ただの間抜けがすること。 リスク以前に最初から良い結果は出ません。 決断の早さは、持っている目的と情報量によって変化します。 なぜ決断ができないのか?という原因を取り除いて、一つずつ潰すようにしましょう。

次の