インスタ アカウント 停止。 Instagramが突然停止される不具合について

【2019年最新】インスタアカウントの削除方法。注意点も一緒に確認!【Instagram】

インスタ アカウント 停止

今や殆どの人が利用してるインスタグラム(Instagram)。 しかし、フォロワーを増やそうと「いいね」や「フォロー」「フォローバック」を短期間にし過ぎると、インスタから利用制限が掛かってしまう場合もあります。 「インスタが見れない…」 ある日突然インスタが閲覧できなくなったとしたら、一時的な利用制限がかかっているのかもしれません。 そこで今回は、インスタの利用制限について考えて行きたいと思います。 制限されるのはどんなときなのか、また制限解除の方法はあるのでしょうか。 本記事を読んで頂くと、もしもあなたのインスタに利用制限がかかったとしても、冷静に対処していただけるでしょう。 今後のアップデートにより、画面が異なる可能性があります。 「機能の一時停止」の表示は利用制限の合図 インスタでフォロワーを増やす際、 様々なユーザーの画像を「いいね」したり、相手をフォローしたりして、「相手に興味を持ってもらって自分をフォローしてもらう」というやり方が一般的でしょう。 芸能人や、有名インスタグラマーでもない限り、「拡散」によってフォロワーを増やすのは、至難の業と言えます。 ゆえに、「いいね」や「フォロー」を一定時間に一定数以上したり、メッセージを送ったりすると、「インスタの利用制限」がかかり、一時停止することがあります(詳しくは2章で説明していきます)。 こんな感じに、多くの人がインスタの利用制限を受けた経験があって、「 機能の一時停止」というハッシュタグもあるほど。 制限をうけてしまうと、普通に画像を見る事はできますが、 「いいね」等のアクションが一時的にできなくなってしまいます。 また、「いいねが出来なくなる」といった、同じトラブルとして「アクションがブロックされています。 インスタの利用制限と一時停止の原因5つ では、インスタでどんなアクションを、どれくらいの数したら「利用制限」がかかり、一時停止が起こるのでしょうか? 2-1. 「いいね」は24時間で1,000以上 2-2. 「フォロー数」は1時間に200フォロー以上 2-3. 「ハッシュタグ」は1投稿30個以上 2-4. その他の禁止事項による一時停止 主に上記の5つのアクションに分類されます。 では見ていきましょう。 2-1. 「いいね」は24時間で1,000以上 インスタの「いいね」を短時間で多く押しすぎると、利用が制限されます。 その数は 24時間で1,000以上が目安となります。 時間間隔をとっていいねしても、 1日累計で1,000以上してしまうと利用制限がかかる確率が上がります。 「さすがに1日1,000もいいね出来ないでしょ…」と思われるかもしれませんが、1時間換算にすれば約42いいねですので、難しくはありませんね。 2-2. 「フォロー数」は1時間200フォロー以上 インスタの「フォロー」を短時間で多くしすぎると、利用が制限されます。 その制限数は 1時間に200フォロー以上が目安となります。 インスタを始めたばかりの頃は連続フォローをしてしまいがちですが、アカウントの内容をしっかり吟味しつつフォローすれば引っかかりはしないはずです。 がポイントとなります。 また、近年フォロワーを購入するアプリも蔓延していますが、これらを使いフォロワーを増やした場合も、高い確率でアカウントにロックがかかってしまいます。 フォロワーやいいねの購入は信用を一気に失いますので、やるべきではありません。 2-3. 「ハッシュタグ」は1投稿30個以上 インスタのハッシュタグの設定は 1投稿30個までです。 それ以上つけて投稿すると、全文が自動的に消えて投稿されてしまいますので注意しましょう。 ハッシュタグは多い方がいいともよくいいますが、多ければ多いほどいい訳ではありません。 2-4. 「コメント」は1時間15個以上 インスタの「フォロー」を短時間で多くしすぎると、利用が制限されます。 その制限は 1時間で12〜14コメントまでが目安となります。 2-5. 特に、「商標の無断使用」や「ステマ目的」「ポルノ違反」は、退会処分などを受ける場合もあります。 ブロックされて閲覧制限される場合もある 他のユーザーの閲覧に制限がかかった場合は、 あなたのアカウントがブロックされた可能性が高いです。 あるいはあなたからブロックをしても相手のアカウントは閲覧できなくなります。 削除されたアカウントと、ブロックされたアカウントの画面表示は一見同じように見えます。 しかしブロックされた場合は、投稿数とフォロー&フォロワー数がわかるようになっているので判別できるようになっています。 ブロックの解除はアカウント運営者に頼むしかありませんが、相手が非公開アカウントでない場合、別アカウントを作成してしまえば閲覧は可能ではあります。 インスタが一時停止した場合の解除方法 では、もしも利用制限がかかってしまった場合、どうすれば制限を解除することが出来るのでしょうか。 3-1. 解除されるまで待機 3-2. インスタにメッセージを送る の2つに分類することが可能です。 では見ていきましょう。 4-1. 解除されるまで待機 解除されるまで待機するのがベストです。 基本的には24時間経過した後で解除されます。 (一部、24時間以上の制限がかかる例もあります) 最悪の違反行為 わいせつ画像投稿や では、最大5日間のロックや退会処分を受けることになります。 4-2. インスタにメッセージを送る インスタに 「わたしは機械ではありません」という旨を伝えて解除してもらう方法があります。 この場合 「機能の一時停止 この機能の使用ペースが早過ぎるため〜 以下略 」や「アクションはブロックされています」の画面が出た時に、「OK」ではなく、「問題を報告」や「ご意見ご感想」のボタンをタップしましょう。 そのあと、「自分はスパム・機械ではない」旨を記述し、送信します。 ただし一度報告したからといって、今後はどんなに同じペースでアクションをしてもロックがかからないという訳ではありません。 今まで通りにアクションを続けていたら、再度ロックがかかってしまうことでしょう。 自分の「フォロワー」も増えてくる迄は、「いいね」や「フォロー」のペース(回数)を見直してみて、減らすようにした方が無難と言えそうです。 …のように、自分がスパムではない事をアピールするようにしてみて下さい。 まとめ 今回は、インスタの利用制限による一時停止ついて、一時停止が起こるののはどんなときなのか、また制限解除の方法はあるかについて考えてきました。 をポイントに抑えておくと、インスタの利用制限にかかるリスクを、最小限に抑えることが出来るでしょう。 スパム扱いされてアカウントが完全に停止・凍結されてしまわないように、全てのアクションをあまりやりすぎず、ある程度時間をかけてインスタを楽しむことがとても重要ですね。

次の

Instagramのアカウントが停止・削除される原因は?利用規約から抜粋

インスタ アカウント 停止

プライバシーに関する心配• フォローしたい人が見つからない• 利用開始時に問題が発生した• 削除したいコンテンツがある• 一時的に停止したい• 広告が多すぎる• 2つ目のアカウントを作成した• 一時停止したアカウントを再開する方法 一時停止したアカウントはアプリもしくはブラウザ版インスタグラムにログインするだけで再開することができます。 ユーザーネームやパスワードなどのログイン情報を入力してログインしてください。 注意点としてはアカウントの一時停止は一週間に一回しか行うことができないので、 一週間以内に再開してしまうと期日まで再び一時停止できなくなってしまいます。 インスタを一時停止したら相手からはどう見える? 冒頭で簡単に取り上げましたが、ここからは一時停止中の相手からの見え方をより詳しくご紹介いたします。 相手と相互フォローの場合は相手のフォロー欄・フォロワー欄から、こちらのアカウントは消え、表示されている人数が一人減少します。 相手がユーザーネームや名前で検索しても一時停止中のアカウントは表示されません。 ただし、以前にDMでやり取りをしている場合はDM欄から、こちらのプロフィールページを開くことができます。 しかし、ユーザーネームはインスタグラマーという名称に変わり「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されます。 また、これまでの投稿は全て非表示状態となり「投稿がまだありません」と表示されます。 Twitterなど他のSNSに投稿をシェアしていた場合はURLにアクセスしても「このページはご利用いただけません」と表示され、投稿を見ることはできません。 その他の見え方としては、ご自分が相手のストーリーを閲覧して足跡をつけてしまったとしてもアカウントを一時停止すると閲覧者から消える仕様になっています。

次の

Instagramが突然停止される不具合について

インスタ アカウント 停止

左:相手が投稿のURLをブラウザで開いたとき。 一時停止前 右:一時停止後 インスタグラムの投稿にはURLがありますが、これをブラウザで開いた場合でも、一時停止後はページが無効になっています。 リンクが無効になっている、または削除の可能性があると表示される仕組みです。 Instagramアカウントを一時停止する方法 インスタグラムのアカウント一時停止は、 アプリ版からはできません。 SafariやChromeなどのブラウザからWeb版インスタグラムにアクセスし、設定をおこなっていきます。 ブラウザでインスタにアクセスしてログイン SafariやChromeなどのブラウザからにアクセス。 ログイン情報入力画面が表示されたら、ユーザーネーム(電話番号・メールアドレス)とパスワードを入力し、[ログイン]をタップします。 2段階認証を設定している場合、次の画面でセキュリティコードが求められます。 電話番号などでコードを取得し、2段階認証をおこなってください。 プロフィール編集画面から一時停止ボタンをタップする ログインすると、自分のプロフィールページが表示されます。 [プロフィールを編集]を開き、画面をスクロールして[アカウントを一時的に停止する]をタップします。 画面表示に従って一時停止設定を完了させる アカウントを停止する理由を、下に表示されるフォームから1つ選び、一時停止するアカウントのパスワードを入力後、[アカウントの一時的な停止]をタップします。 一時停止についてもう一度確認されるので[はい]を選ぶと、Web版インスタグラムのログイン画面に戻ります。 これで、アカウントの一時停止は完了です。 なお、 アカウントの一時停止は1週間に1回しかできません。 アプリ版インスタグラムを開くと、ログアウトした状態の画面になっています。 アカウントの一時停止では相手だけでなく自分も、自身のアカウントが見られなくなります。 一時停止からインスタアカウントを再開させる方法 一時停止中のInstagramアカウントの再開は、アプリ版インスタグラムからでも簡単におこなえます。 もちろん、PCからWeb版インスタグラムで復活させることも可能です。 すぐに自分のアカウントが再開され、一時停止前の元の状態に戻っているはずです。

次の