ツイキャス 初心者。 ツイキャスをPCで配信をするやり方を図解付きで詳しく解説

PCでツイキャス~PC画面とBGMの配信方法

ツイキャス 初心者

Contents• ツイキャスとは何?どんなもの? まずはここから始めましょう、ツイキャスとは何なのか。 公式サイトではこのように書かれています。 ツイキャスはPC、スマートフォン、タブレットなどで 動画配信ができるサービスです。 (公式文より一部抜粋) 簡潔で分かりやすいですが、けっこう大切な部分が抜けてしまっていますね。 ツイキャスは 株式会社モイが運営する、 完全無料で動画配信(生放送)ができるサービスです。 ニコニコ生放送のように有料登録をしなくても配信者になれるという点で、当時はニコ生よりも利用するユーザーは多かったように思います。 (詳しくは『ツイキャスと他の動画配信サービスと違い』の項目をご覧ください) さらに、Twitterと連携しつつ視聴もできるので、気に入れられればそのままTwitterのフォロワーになってくれる可能性も大きいのです。 徐々に人気を得ていくにはピッタリの機能といえますね。 ツイキャスの特徴や機能について それでは、ツイキャスのサービス内容を挙げていきましょう。 ツイキャスの特徴はそれぞれこのようになっています。 ・利用は基本無料 ・PC、スマホ、タブレットなどで利用可能 ・配信中にリアルタイムでコメント・リアクションを送れる ・配信者を応援する為のポイントは一定まで毎日チャージされる ・配信を盛り上げるアイテムはポイントを使用して使う ・チャージ以上のポイントはお金で買うことができる ・動画配信が開始されたときにプッシュ通知などを受け取れる(見逃し防止機能) どれも現在の動画配信サービスでは当たり前の機能ばかりです。 やはり当時のニコ生の存在は大きかったので「無料でコレが出来るのは素晴らしい!」と大勢のネットユーザー達に貢献していました。 ツイキャスに待望の新機能が追加!? オワコン、とまで言われてしまうほど利用するユーザーが激減してしまったツイキャス。 その背景には他の動画配信サービスの存在が大きく関わってきますが、過疎化が進んでいたツイキャスにも、ついに配信者向けの機能が2018年2月28日に追加されたのです。 これは人気復活の架け橋となるような気配がしますね。 その注目の新機能の名前は『 ツイキャス・キートス』。 キートスは、ライブ配信者が企画をつくり、その企画を応援したいリスナーがスポンサーとして支援することができる機能です。 (公式サイトより引用) これまでツイキャスでは、一切の金銭的な収入行為は禁止とされてきました。 (MLMなどの勧誘、アフィリエイト、商用利用、口座などの公開禁止など) ツイキャスが好きだと言う人の中には、上のような乞食システムが無かったから利用していた人も多く、それが魅力だとも言われていたのです。 ですが今回追加されたのはどう見ても 配信者の 収入になりうる機能。 つまり、働かずに視聴者の支援だけで生活することも十分に可能な機能です。 配信者にとって嬉しい機能は、これまで今一歩が踏み出せなかった視聴者にとっても嬉しい機能になることを祈るばかりですね。 さて、話しを戻してツイキャス・キートスの機能内容はこのようになっています。 ・企画の応援として直接、配信者の収入に繋がる投げ銭が行える ・投げ銭は匿名でも可能 ・投げ銭の目標金額は配信者が決められる(1000円から可能) ・視聴者が投げ銭できる最低金額は300円 ここ数年でググッと有名になったクラウドファンディングに似た機能、と言っても間違いではありません。 くれぐれも視聴者の方は、投げ銭に本気を出しすぎないようご注意くださいね。 ツイキャスの年齢層と性別について 上の見出しでも少し触れていましたが、ツイキャスが劇的に流行っていた頃の利用ユーザーの年齢層は、中高生が約7割を占めていました。 では性別はというと、配信者・視聴者ともに女性の割合がとても多く、一部ではアイドル並みの人気を獲得したユーザーまで出現するほどだったのです。 また、2017年8月頃にはツイキャスの登録ユーザー数が2000万人を突破しており、この頃すでに「オワコン化してきている」と言われつつも登録者は伸び続けていました。 ちなみに、なぜ女子中高生の間で人気が爆発していたのか。 なぜツイキャスがどこよりも選ばれ使われていたのか、ココも気になりますよね。 やはり1番大きいのは 無料で利用できるサービスという点です。 大人になってもお金の管理は大変ですが、安定した収入のない中高生ならなおさら。 タダに勝るものはありませんよね。 次にスマホさえあれば他に用意する機材が必要ない お手軽さが人気の理由に挙げられます。 ツイキャスが流行りだした頃、すでに動画配信サービスのジャンルで名を馳せていたニコ生やUSTREAM。 さらに使うパソコンによっては、マイクやカメラ等も用意しなければいけないので、準備するだけでも多くの手間とお金がかかってしまいます。 しかし、ツイキャスは女子中高生ならほとんどの人が持っている スマホさえあれば、当時ジャンルとして盛り上がっていた生放送ができる、というのですから飛びつかないわけがありません。 ツイキャスと他の動画配信サービスの違いは? では次に、ツイキャスのライバルと言える他社のサービスについても触れていきましょう。 今や多くの会社が基本無料で提供しているサービスになったライブ配信(生放送、ストリーミング配信)ですが、あなたが配信者になるなら何を求めますか? 多くの視聴者、使いやすさ、盛り上がり、画質…色々と考えは巡りますよね。 これからライブ配信に手を出しみようかな、と考えている方はかなり参考になる見出しだと思いますのでぜひどうぞ! 生放送の元祖といえば「ニコニコ動画」 ライブ配信、生放送、生中継といったリアルタイムの配信ができるサービスと言えば、やはりニコニコ動画(niconico)のサービスの1つ、 ニコニコ生放送(通称:ニコ生)です。 また無料で登録している一般会員は、放送の視聴こそできるもののプレミアム会員がその放送に多く押し寄せた場合、放送画面から強制的に追い出されて視聴できなくなるデメリットがあります。 ・配信者として利用するには有料登録が必要 ・PC、スマホ、タブレットなどで利用可能 ・放送するにはコミュニティというグループを作る必要がある ・配信者にリアルタイムで流れる形式のコメントを送れる ・配信した映像などは残すことができる ・コミュニティにプレミアム会員登録者が多いほどレベルが上がる ・レベルが上がると割り引きなどの放送時のメリットが増える ・配信は基本的に30分間で終了する ・時間を延長して配信するにはポイントやチケットなどが必要(課金要素あり) ネットでの生放送の元祖と言われるだけあって、現在の他サービスで使われている機能が多くありますね。 機能の上から3番目「コミュニティにプレミアム会員登録者が多いほどレベルが上がる」は、ニコ生全盛期ですら登録者を増やすのはとても大変でした。 その点ツイキャスはかなり良心的な条件なので、もしかしたらニコ生のデメリットをあえて突いたのでは、と筆者は思います。 このプレミアム会員だけの特権として打ち出されたニコ生ですが、多くのサービスが無料化を辿っているにも関わらず現在もこの体制に変化はありません。 それを表すかのように着々とプレミアム会員が減っているニコニコ動画の未来は、あまり明るくないように思いますね…。 YouTuberの相棒「YouTube Live」 2011年4月11日に、チャンネル登録者数による制限の付いたライブストリーミング機能のサービスが開始。 その後、2013年12月にすべてのユーザーへと公開されてから現在に至るまで、もっともYouTuber達に愛され、今も人気なのが YouTube Live(YouTubeライブ)です。 ・利用は基本無料 ・PC、スマホ、タブレットなどで利用可能 ・放送するにはチャンネルを作る必要がある ・配信者にリアルタイムでチャット形式のコメントを送れる ・配信した映像などは残すことができる ・ライブの画質や音質は配信者次第でどのようにもなれる ・ライブ配信時間に制限がない ・2017年1月からスーパーチャット(投げ銭)が可能になった もともと画質や音質にこだわる動画投稿者やライブ配信者は少なくありません。 それは視聴する側も同じで、テレビやゲームでも同じ現象が起きています。 まさに 高画質・ 高音質は当たり前の世の中になってきました。 YouTube Liveでは、ライブ配信中の画質・音質は配信者の使うPCなどのスペック以外の制限は一切ナシ。 しかもその機能は完全に無料、というのですから恐ろしい時代です。 さらに、YouTube Liveもついに2017年1月から投げ銭機能が追加。 動画の再生回数による収益化が難しいYouTuberにも、熱心なファンが1人でもいれば収入を得ることが可能になったのです。 チャンネル登録者数が多くなければ動画投稿をしているメリットがない、という行き詰まった状況を打開する嬉しい機能と言えますね。 芸能人も利用している「LINEライブ」 日本でも浸透率80%以上と言われている「LINE」。 それを運営するLINE株式会社が、2015年12月10日に一部のユーザーに向けてサービスを開始したのが LINE LIVE LINEライブ です。 それから約1年後、2016年8月10日に一般ユーザーへライブ配信機能が実装されています。 ・利用は基本無料 ・PC、スマホ、タブレットなどで利用可能 ・配信にはチャンネルの作成が必要(チャンネルでは偽名登録も可能) ・専用のラインスタンプやフィルターが使える ・自分のラインアカウントと連携もできる ・配信者にリアルタイムでコメントやハート(いいね)を送れる ・配信者に有料の「ギフトアイテム」が送れる ・ライブ動画はLINE LIVE側が自動で録画してくれる ・ライブ配信はアプリでは1時間、PCでは3時間まで可能 ・コメント数やハート、ギフトアイテムの数で配信者は収入が得られる 2016年あたりからニコ生よりも利用者数が多いとされている、LINE LIVE。 サービス開始時は公式や芸能人のみが利用できるものだったので、特定のファン以外が盛り上がることはありませんでした。 ですが一般公開されるとジワジワ認知度が高まり、ライブ配信中に使える機能のおかげか爆発的な人気を獲得したのです。 LINE LIVEを若者の間で人気にさせた機能、それは LINE LIVE専用のラインスタンプでした。 顔の動きや表情で勝手に合成されるLINE LIVE専用のラインスタンプは、中高生に人気の顔認証システムを利用した、半自動的な加工・合成加工アプリ「SNOW」と似ている機能です。 LINE LIVEではおちゃめなスタンプ機能は今も人気で、女性の配信者が圧倒的に多いのが特徴。 (まるで過去のツイキャスと同じ現象ですね、ニーズは常に変わるものだと分かります) ちなみに、LINE LIVEの配信者は LINEライバー(ラインライバー)と呼ばれています。 ポイントで稼げちゃう「ふわっち」 2015年9月29日にリリースし、密かな人気を獲得している ふわっち。 まずはじめに、ふわっちはあまり有名なサービスではないということを先にお伝えします。 他の動画配信サービスとは少し違い、ポイントを稼ぐことでAmazonギフト券が手に入る(収入になる)のが特徴です。 ・利用は基本無料 ・PC、スマホ、タブレットなどで利用可能 ・配信には登録が必要 ・高画質で配信が可能 ・自分のTwitterアカウントと連携できる ・配信者にリアルタイムでコメントを送れる ・配信者に有料の「アイテム」が送れる ・ランキング上位に入る、アイテムプレゼントなどで収入が得られる あまり有名ではない、と書きましたがその理由に「特徴が薄い」ということ。 そして評判がどのサービスよりも若干厳しめ、という点にあります。 ふわっちのコンセプトは『生配信で稼ごう!』。 配信者から見れば嬉しいコンセプトですが、視聴者側から見るとこのコンセプトはあまり喜ばしいものではありません。 例えるなら、ストリートパフォーマンスをしている人への おひねりと似たようなもの、と言えば分かりやすいでしょうか。 もちろん、ふわっちは利用するだけなら配信者も視聴者も無料です。 ですが掲げているコンセプトのせいで、視聴する側から「金稼ぎのためにやっている」と見られがちで、これがふわっちの人気が爆発しない原因となっています。 逆を言えば、利用している人が多くないからこそランキング上位を狙えるということ。 決してダメダメなサービスではないので、一度お試ししてみるのも面白いですよ。 ツイキャスを楽しむには? 次は、ツイキャスの楽しみ方についてです。 みなさんはツイキャスについて、ここまででご紹介した基本的な機能やサービス内容からほとんどを知っている状態ですよね。 だからこそ、「どうすれば楽しめるのか」という疑問が浮かんでいるはず。 生きるために、仕事として配信する人もいます。 ですがYouTuberのように頻繁に動画を投稿し、再生数や評価、会社からの提供コラボといった、完全な収益化を目的として動くユーザーばかりではありません。 シンプルに言えば、「私を(俺を)見てくれ!どや!」とアピールする場所。 そこには自分をよく見せたい、評価して欲しいという願望もあるとは思います。 しかし楽しいと感じるポイントは、人それぞれ。 規約や犯罪にならない範囲なら、配信者は画面の向こう側にいる不特定多数の誰かに自由な自分を表現できるのです。 筆者から言える楽しむためのコツはただひとつ。 「嫌々やる配信ほど楽しくないものはない」ということ! 人にはその時その時で熱中するものが変わりますから、ライブ配信をすることが使命感にかられてやるものなら、いっそやらない方がストレスフリーです。 趣味なら尚更、ツイキャスを楽しむには「まず自分から」でいきましょう。 ツイキャスでは多くのユーザーが カラオケ配信なるものをしていますよね。 ですがこのカラオケ配信、実は 違法 行為になる 可能性大なんです…! 公式ではツイキャス利用ユーザーの間違った解釈の拡散防止のため、以下のような注意喚起が行われています。 上の画像の文章をまとめると、 ・カラオケ配信をする時は、歌う曲の著作権をもつ権利者に自分で許可を取ること ・ カラオケ配信で既存の曲を歌う場合、自分ですべて演奏・作成した音源・アカペラならOK このようなります。 ツイキャスで定められているルールを守らず、「みんなやってることだし平気」だと勝手に解釈している人がとても多いので、運営に見つかってしまったら注意やアカウント停止は覚悟したほうがいいでしょう。 最悪の場合、もっと大事になる可能性もあります…怖いですよ。 自分で演奏するならセーフ、とのことなのでツイキャスデビューと同時にキーボードやギターなど始めてみるのも面白いと思います。 ツイキャスで使われる基本用語まとめ 次はツイキャスでよく使われている、基本用語についてお伝えしていきます。 配信中に必ずどれか1つは見たり聞いたりする用語なので、覚えておいて損はありません。 用語 意味 モイ ツイキャス=モイ、と言われるほど有名になった挨拶ですね。 CAS主(キャス主) ツイキャスで配信をしている人(配信者)のことを指す言葉です。 キャスを付けずに、「主」とだけ呼ぶこともありますよ。 リスナー ライブ配信を視聴しているユーザーのことで、聴取者の意味です。 一般的には、ラジオでもよく使われる言葉ですね。 (ライブ配信は音声だけではないので、使い方が違うとの意見も) 初見 しょけん、と読みます。 が、中にはあえて平仮名で「はつみ~」という人も。 基本的には初めて視聴するキャス主の配信やコメントをする際に使う言葉です。 888888 数字で打ちますが、読み方は「パチパチパチ」と拍手を意味する用語です。 8を打つ数は特に決まりがないものの、たくさん打つとそれだけ大きい音という扱いですね。 囲い そのまま、かこいと読みます。 意味としてはあまり良いものではなく、「主を自分 達 だけのもの」にしたい過激派なリスナーを指す用語です。 独占欲が強い迷惑なユーザーとも言えますが、時には囲いがアンチから主を守ることもあるといいます。 イケボ 「イケメンボイス」の略。 この用語は、実際の本人の容姿は一切含んでいません。 凸 「とつ」と読み、意味は「突撃」。 電話やスカイプといった手段で相手にコンタクトするという用語です。 (近い意味だと「突撃! 隣の晩ごはん」ですね) アンチ 直接の接点がなくても、放送主や有名なユーザーを嫌ったり妬んだりして批判をするユーザーのこと。 有名になればなるほど、アンチは増えていく傾向があります。 ツイキャスの機能のひとつ、コラボ配信とは? 次は、キャス主とリスナーに大きく関わってくる機能「 コラボ配信」についてです。 現在ツイキャスが公開しているコラボ配信のモードは、全部で4つ。 (以下のモード説明は公式より引用)• コラボ・ペア : コラボのゲストは同時に1人だけ、参加する人は動画かラジオ(音声と画像)かを選べます。 コラボ6 : コラボのゲストは同時に5人まで、参加する人は動画かラジオかを選べます。 主催する人のレベルが18以上の時に利用できます。 ラジオコラボ6 : コラボのゲストは同時に5人まで、主催する人も参加する人もラジオのみです。 (主催する人のレベル制限はありません)• 誰でもコラボ : 誰でもコラボを選択したキャス主さん同士がランダムに繋がるモードです。 現在お試し期間中でありラジオのみとなります。 また現在はスマートフォンでのみ利用可能です。 動画でも言えることですが、多くの人で盛り上がることのできるコラボは、ある意味諸刃の剣ともいえます。 というのも、お互い同意の上のコラボとはいえ、それぞれのユーザーにファンがいますよね。 主催もコラボ相手もリスナーが好印象なら関係ありませんが、苦手や嫌いな人だった場合は残念ながらわずかでも不満が出てきます。 たかがコラボ1回、ですがそれがキッカケでリスナーをやめる人もいるのです。 キャス主で特に注意したいのは、リスナーがイラッとしやすい異性とのコラボです。 値踏みしろ、とは言いませんがメリットだけでなくデメリットも存在することを、決して忘れてはいけません。 ツイキャスについてのまとめ では最後に、ツイキャスについて箇条書きでまとめていきましょう。 ググッと縮めてみましたので、長い文章が嫌だ!という人はココを見てから戻っても間に合います! ・TwitCasting「通称:ツイキャス」は基本無料のライブ配信サービス。 ・配信中はリアルタイムでコメントやリアクションが送れる。 ・配信した映像は任意で残すことが可能。 ・配信回数やリスナーが多ければどんどんレベルが上がりキャス主のメリットが増える。 ・2018年2月28日から、投げ銭機能「ツイキャス・キートス」が追加された。 ・ツイキャスは過去、中高生の間で爆発的な人気があった。 ・ニコ生一強の時代に、無料とお手軽さでその名を轟かせていた。 ・ツイキャスを楽しむには「まず自分から」がオススメ。 ・カラオケ配信は自分で演奏するか、アカペラ、自作の音源でやること。 ・ツイキャス用語は他のライブ配信サービスでも通用する(キャス主以外)。 ・コラボ配信はメリット・デメリットがあり、中にはレベル制限がある。 以上、ツイキャスのあれこれをお伝えしました! テレビの視聴率が落ちてきている現代で、静かに視聴率が伸び続けているのは凄いことですよね。

次の

【初心者必見】ツイキャスとは?いまさら聞けない基本用語と使い方解説!

ツイキャス 初心者

こんにちは。 『ペコ』です。 本日のテーマはこちらについて。 『ツイキャスの合言葉の付け方や入力方法を詳しくご紹介!相手に通知されバレるか検証』 ツイキャスには ライブ配信にパスワードで制限をかけられる 『合言葉』という機能がついています。 ちょっとした限定配信のようで 合言葉がついている配信をしていると 気になってしまいますよね。 でもこの合言葉配信ってどうやってるの??? 実はとっても 簡単に設定できるんです! ということで今回は ツイキャスの合言葉の付け方は? 合言葉が設定されている配信の見方は? 合言葉配信をチェックすると相手にバレるのか? などなど… 合言葉配信にまつわるアレコレを 調査&検証してみました。 配信者の方も視聴者の方も必見です! スポンサーリンク 目次• ツイキャスの合言葉ってなに? ツイキャスの配信を視聴しようとしたら こんな画面が表示されたことはありませんか? こちらの画面はツイキャスの『合言葉』が 設定されている配信で 最初に表示される画面です。 合言葉というのは 簡単に言うと『 パスワード』のこと。 合言葉を知っている人だけに向けて 配信を行いたい時に便利な機能です。 ツイキャスの合言葉の設定方法を詳しくご紹介 限定配信というだけで 特別な配信に早変わりする合言葉。 そんな 合言葉の設定方法をご紹介します。 合言葉の設定は配信前に行います。 配信前の画面で 右下の『設定』をタップしましょう。 設定画面を開いたら 『アクセス権の設定』にある 『プライベート配信』をタップします。 好きな合言葉を入力したら 最後に『OK』をタップして 合言葉を設定します。 設定が完了しました! 先程入力した合言葉が設定されていますね。 設定が完了したらバックボタンで 配信画面に戻り 左下の『ライブ』ボタンをタップして ライブ配信を開始しましょう。 合言葉を使った配信の注意点 合言葉が設定してある配信は 『プライベート配信』という項目の通り ツイキャスの キャス一覧には表示されません。 カテゴリを設定していたとしても カテゴリの一覧には表示されません。 たくさんの人に視聴してもらいたい 通りすがりの人にも気軽に視聴してもらいたい など、 視聴者を集めたい時は使わないようにしましょう どんな時に使えばいいの? 合言葉を使ったプライベート配信の魅力は 限定された人しか視聴できないという所。 例えば• メルマガ会員限定• LINE友達限定• Twitterフォロワー限定 などの 特定の仲間に向けた配信を行う場合がおすすめです。 合言葉を知らないと視聴できないということは… 誰にも教えなければ自分(配信者)だけの 配信ルームになるということでもあります。 ツイキャスに慣れるための操作練習や 配信の練習をしたい時などにも 活用できそうですね。 スポンサーリンク 合言葉が設定されているツイキャスの視聴はどうすればいいの? 合言葉が設定されているツイキャスの場合 最初に合言葉を入力するように求められます。 合言葉を入力したら 『了解』をタップすると 配信ルームに移動できますよ。 ツイキャスの合言葉を間違えると相手に通知されて閲覧がバレる? 特定の人たちに向けて 限定配信をするのに便利な合言葉配信。 好きな配信者さんが利用していると やっぱり気になってしまいますよね。 合言葉を忘れてしまった… そもそも合言葉を知らないけれど なんとかして配信をチェックしたい! なんてこともあるはず。 しかし 合言葉の入力を間違えたことや なんども挑戦していることがバレたら 恥ずかしすぎる…! そんな方、安心して下さい! 合言葉に何を入力したのか、 何度入力したかは 配信者への通知は一切ありません。 『合言葉』は単純に視聴者に向けた制限を かけるだけの機能なので あまり深く考えず 配信を見るのにはパスワードが必要なんだなー というくらいに考えていればOKです。 まとめ 限定した人に向けて配信ができる 『合言葉』を使ったプライベート配信の 使い方はおわかりいただけたでしょうか。 簡単に設定ができるので 便利に活用してみてくださいね。

次の

【ツイキャス】ついに1080p対応!超高画質配信のやり方と、OBSの設定方法

ツイキャス 初心者

必要なもの 棒読みちゃん は、文章を音声合成で読み上げるためのソフトです。 ライブ配信で機械のような声を聞いたことがあると思いますが、その正体です。 ツイキャスコメントビューアー ツイキャスコメントビューアー(以下コメビュ)は、視聴者が書き込んだコメントを閲覧するためのソフトです。 棒読みちゃんとコメビュが連携することで、コメントを読み上げることができるようになる、と思ってください。 棒読みちゃんを入れよう まずは、棒読みちゃんのダウンロードです。 にアクセスする。 「棒読みちゃん Ver0. zip」をダウンロードする。 つぎに、棒読みちゃんをインストールします。 ダウンロードしたZIPファイルを解凍する。 できあがったフォルダを任意の場所に移動する。 ツイキャスコメントビューアーを入れよう コメビュをダウンロードします。 にアクセスする。 「新APIに対応したバージョンを公開しました」と書かれてある部分から、最新バージョンのコメビュをダウンロードする。 インストールも簡単です。 ダウンロードしたZIPファイルを解凍する。 できあがったフォルダを任意の場所に移動する。 棒読みちゃんの設定を変更しよう クリップボード監視プラグインを有効にする 棒読みちゃんを起動しましょう。 「BouyomiChan. exe」または「BouyomiChan」と表記されています。 初めて棒読みちゃんを起動すると、ウィンドウが表示されます。 基本的に「いいえ」でよいのですが、2番めに クリップボード監視プラグインを有効にするか聞かれたときだけ「はい」を選択してください。 もし、まちがえて設定しても心配いりません。 以下のように設定します。 「その他」タブの「プラグイン」タブを開く。 「 クリップボード監視」にチェックを入れる。 クリップボード監視を有効にする 「音声合成」タブを開いて 書類のアイコンをクリックしましょう。 ここもONになっていないと、棒読みちゃんでコメントを読み上げることができません。 アイコンをクリックするのは忘れやすいところです。 (1)クリップボード監視プラグインを有効にしたうえで、(2)アイコンをクリックします。 念のため、「音量」の部分で音量を下げておいてください。 初期設定では100になっており、大音量で棒読みちゃんの音声が再生されます。 コメビュの設定を変更しよう つぎはコメビュを起動します。 初回起動時のみ、アクセストークンというものを設定する必要があります。 ウィンドウに表示されたURLをクリックする。 表示されたページで、「連携アプリを許可」をクリックする。 文字列が表示されるので、これをコメビュの「アクセストークン」の部分にコピー&ペーストする。 「OK」をクリックする。 実際にやってみよう では、実際にやってみましょう。 ツイキャスの放送ページを開いて、 URLの横にある鍵アイコンをコメビュにドラッグ&ドロップします。 すると、コメビュにコメントが表示されます。 また、棒読みちゃんがそのコメントを読み上げてくれます。 棒読みちゃんの音声は、 配信にも流れています。 の設定を変更する必要はありません。 BGMやゲーム音が視聴者に聞こえている状態であれば、棒読みちゃんの音声も視聴者に聞こえています。 もし配信に乗せたくない場合は、棒読みちゃんの設定を変更しましょう(後述)。 棒読みちゃんの音量を調整しよう 音量調整の方法 棒読みちゃんの 音量は、「音声合成」タブの「音量」で調整できます。 ここを調整することで、自分および視聴者に聞こえる棒読みちゃんの音量が変化します。 視聴者に聞こえないようにする方法 自分は棒読みちゃんの音声を聞きつつ、その音声を配信で流したくない、配信では消したいという場合は、 棒読みちゃんの音声出力デバイスを変更しましょう。 「音声合成」タブのスパナアイコンをクリックする。 「システム」の「 音声出力デバイス」を選択する。 任意の再生デバイスを選択する。 「OK」をクリックする。 棒読みちゃんを再起動する。 表示される項目はPC環境によって異なります。 このように設定すると、選択した再生デバイスから棒読みちゃんの音声が出力されます。 配信ソフト側の設定も正しければ、配信に棒読みちゃんの音声は乗りません。 「音声出力デバイス」は、、またはなどの仮想オーディオデバイスをインストールすると増やせます。 滑らかな声にしたい、VOICEROIDを使いたい 棒読みちゃんの声を人間のような声に変えることもできます。 棒読みちゃんとコメビュ以外で必要なものは、以下のとおりです。 (無料)• 文章読み上げソフト 文章読み上げソフトとしては、 VOICEROIDシリーズが有名です。 具体的なやり方については、下記ページをご覧ください。 最近のコメント• に 管理人 より• に けんじ より• に newmomizi より• に 管理人 より• に いずく より• に 管理人 より• に 管理人 より• に goyoushine より• に オムレツ より• に 匿名 より アーカイブ•

次の