ターニャ フォン デグレチャフ。 ターニャ・デグレチャフとは (ターニャデグレチャフとは) [単語記事]

【幼女戦記】ターニャ・デグレチャフの怖すぎる悪魔的表情、企み顔、焦り顔画像まとめ

ターニャ フォン デグレチャフ

ターニャ・デグレチャフとは、『』のである。 統一1年生まれ。 はくらいと年齢相応のの軍官。 8歳にして士官にし、時点で准尉任官。 その時の年齢は9歳。 その獅子奮の活躍ぶりからで「 」のを下賜され、後にその戦いぶりの苛さから血に塗れた「 錆」と揶揄されるようになる。 その前世は、現代のに勤めていたである。 学に属し、自身をでも才でもない、性格のまくったの塊の様なであると評している、規範と職務(人事の首切り役)に忠実な男。 勤務態度の社員にを勧告したある日の、そのの逆恨みによってのから突き落とされ命を落とすこととなる。 その際、「創造」を自称する「存在X(による仮称)」と、のあげくその性の狂いと信仰心のなさを 「ので、男で、を知らず、追いつめられていないから」とに断じられてしまう。 そして如何様にすれば現代人の信仰心を覚せられるか、という難題に対するとして、その全く 逆のへ 「 非的なで、女に生まれ、を知り、追いつめられるがよい!!! 」 というで前世の記憶を残したまま転生させられてしまう。 かくしては飲み子となり、「」の孤児院でターニャ・デグレチャフとして。 両親に捨てられたとして、混迷する情勢の中成長していく。 ある日の診断で自身の適性が発覚し、自身の進路がに定まったと判断したターニャは、弱冠8歳にして軍士官へするを選び、官として9歳で任官。 の警備にあたるターニャのの前で協商連合の領土侵攻に端を発するが勃発。 これを機に、安全な後方での勤務とで文化的な生活を渇望する、の長く過酷な戦いが始まった。 人物像(軍事面) 極端なまでの効率義者で、自称・文明人の義者で個人義者。 殺すのも殺されるのも嫌い、非生産的なも嫌いと言するだが、軍人としてを犯すことにいはなく、出世と身の安全と休暇の為に敵対するは容赦なく殺傷する。 自己保身のための労を厭わず、や戦時協定などを自軍に有利なように解釈することにも長ける。 部下は具とみなして使えると判断すればり権限を与えするが、であればなくに出来る合理義者。 特に抗命行為を嫌っており、命を遵守出来ない者をとして扱い排除する。 しかし、同時に部下を駄に失うこともキャにく(ついでにいざというときのを失う)と考えているため、手に掛けて育てた直属の部下達を失うことを忌避している。 またを心底嫌悪しており、勢が相手取ったでは単なる以上の情熱を見せる。 果たして、その辺りはでは放映できるのか 転生以前より・戦史・際等に関する深い教養が有り、関連する知識は非常に豊富で幅広い。 や口といった言葉をで使っているあたり、某のにでも出入りしていたのかもしれない。 の体ながらとしての技術や揮は一流で、一・部のいずれの時期にいても抜きんでた戦果を挙げただけでなく、軍・軍においても戦術・戦略・といった各方面で卓越した知識を披露したため、一部の上層部からは相当にをかけられている。 一方、あまりに突き抜けたその感性故か、『自分の発言が周囲の(常人)にどのように解釈され、どのような人格と認識されるか』という一点では頻繁に的を大きく外した思考を披露する。 そのため、本人はあくまで自らの立身出世と保身のために「後方での軍務に繋がりそうな、軍人として上官に評価されるような」行動を心がけているに過ぎないのだが、前世のの思考と軍人の思考の差異に加え、これまた複雑な事情が噛み合って、周りからは『理想的な軍人像を体現し、いなく最前線に身をせる稀有な存在』だとか、『合理的かつにとらわれず、あらゆる手段でもって的を達成する生の屋』だとか、『のを前にし、いかなるや利も通用しない狂信的者たるの信仰者』などといった方向性で捉えられている。 これにより『出世して安全な後方での勤務』を望むターニャの意思に反し、は過酷な前線にばかり送り出されることとなる。 人物像(その他)• 前世のとしてのを強く引き継いでおり、外見相応の「」としての行動を強いられるでは多大なを受けていることが伺える。 の経験群から「存在X」や、創造といった存在に強い忌避感を抱く。 効かないとは理解していても、いつでも弾を込めるようにと軍在校時は移動中を常にするほど。 前世が現代ということもあり、この時代の「」のにしては舌が肥えている。 その為味気ない食はあまり好まず、栄養素やを悉く台しにする参謀本部のについては「某と食事の最を争っている」とまで酷評する。 好物は。 美味しいを淹れるや、代用品ではない本物のを仕入れて差し入れてくれるレルゲンやに対しとして好印を抱いている。 沙汰に関してはを持たず、劇中で他人に慕する描写は。 自身の将来の伴侶としてどちらにすべきか、ちらりと思慮を巡らせる程度である。 前世から者であり、当然ながらの身である現代においてもの煙は苦手であり、上官達とのの打ち合わせに赴く際、所と化している室に赴く度に溜息を吐いている。 物語序盤の来歴 孤児院の診断で素質を認められ、士官に「他にはない」と、弱冠8歳で(なお、資質の程度については各で差がある)。 また、の 「戦域機動における」は部から絶賛を受けている。 ノルデンで官として警備に着任した直後、協商連合の大規模な越行動により紛争が発生。 「08」として前線観測任務につき、線を掻い潜って襲撃を試みた中隊規模の敵を一人で相手取る羽に陥る。 全体的な味方の優勢の中で、自身のみがしてキャに傷がつくのを恐れたは全で抗戦しその突破を。 の重傷を負いながらも事生還し、の誉れたる突撃章とともに「」のを下賜された。 傷をたターニャに伝達されたのは、戦技教導隊への内示と総監部付き技術員としての出向要請。 次なる、対「共和」戦線でも底した効率義と出世安泰至上義に由来する苛さと果断さをもって戦功(確認撃墜、実際には以上)をあげ、名実ともに・・となったは、11歳にしてに昇進するとともに軍に。 人中十二位の成績で。 軍の誉れたる十二の一を占め、新規叙爵を受け「ターニャ・ フォン・デグャフ」を名乗る。 また就学中、で偶然出会ったゼートゥーアの問いかけに、前世の知識を基にした戦況予測の提唱したことをきっかけとして、試験編成の即応大隊である 第二〇三大隊を任されることになる。 ファン・公式からの扱い からの称は版時代からも使用している「 デグさん」、「 デグ」、を経てやの間で呼ばれ始めた「 ターニャ」など。 所謂、「」を経たとして見ればを皮ったかのような人物。 作品のにあまりされていないだけを読んだようなからは、本人のであるため「中身が」と揶揄されることがあるものの、劇中での発言や振る舞いでそれらしいものがなことや、版の転生前の描画等がどう見ても一般的なのものではないことからただの「」ではない独特の像をしている。 ()としてみても、の(の「」記事参照)の大半をし、そもそも媒体だと外見の描写が入ると「 あ、この人だったね」とがたまにすでしていない。 更に言うとがを使う、すなわち だということを大半のが忘れている。 ちなみに、版では部下のが戦勝記念を開く為に、とあるを部隊で貸し切ったのだが、その店はだった為にターニャだけが外につまみ出された事があった。 版の版権絵が色々な意味で媚を売らず、をブン投げてている代物であるなど、昨今のとは一線を画する。 これらをして、は「デグさんにるも少なからずいる」とでっていたが、ターニャの外見を常時映す必要のある・版ではそのギャップのある姿や墓掘り芸などでにとみなす人たちも増えてきている模様。 特に版では多な表現が用いられたターニャ像やターニャ像が拝めるので、一般的なのに対する要素を期待するならこちらを購読するのが良いかもしれない。 余談 名前元ネタ 名前のは版における が名はターニャ・デグレチャフ。 命名は、信じるならば、と称する存在Xによる行。 うん、この前ターニャさんなる人物、、デグちゃんに撃ち抜かれてましたよね? いや、さすがに中二は、嗜んだ程度なので、はっきりとは覚えてませんが。 というを感じるのですが。 というくだりから、おそらく「ターニャ・ア」()およびを射殺した「デグチャレフPT11」であると思われる。 他作品への出演 の者である、氏がを執筆した戦略『』にて、として登場。 自のによって累積される「死者の魂」を消費し発動する「禁呪」により召喚することが出来、以後自軍としてその辣腕を振るう。 (・さんだって、疲れているからね。 by ) なお、同作品はターニャが元居たよりも前の時代(~19世紀)がだが、長射撃や高などとしてのはそのままされている。 またの別作品では、某 人類に敵対的な外起種によってされるで奮闘するの姿があるとか。 関連動画 関連商品 関連項目• 正社員•

次の

ターニャ

ターニャ フォン デグレチャフ

,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア.. 《 ( 0 ),! ィ ,ノ". 八 i. 乂 /ィi:i:i:i:i:i:i:i:7,! コンテンツ [] 概要 主人公。 物語開始時 九歳。 味方からは「白銀」として敬われ、敵からはネームド「ラインの悪魔」として恐れられる 軍人。 徹底した合理主義的思考の持ち主であった現代日本のエリートサラリーマンを前世に持つ見目麗しい少女。 人事課において非常に素晴らしい働きぶりを見せていたが、リストラの対象になった社員に逆恨みされ駅のホームから突き落される。 気が付けば神を自称する存在Xに謁見、神を神とも思わぬ不遜な態度が存在Xの不興を買い、前世の記憶を持った状態で戦争中のヨーロッパに似た異世界に孤児の幼女として転生させられた。 転生先の祖国が戦争不可避な国際情勢であり、魔導師適性があるせいで将来的に確実に徴兵がくる身の上だったので、それならば自分から志願してキャリアを積み、最終的に後方勤務のできる官僚を目指した方が建設的と判断した彼女は、士官学校へ志願する。 しかし士官学校の実地訓練として北方の国境部隊に派遣された直後、協商連合(現実世界のノルウェーとスウェーデン)の大規模な越境行動により国境紛争が勃発。 初陣で、敵国の精鋭魔導小隊(4名)の決死の特攻に対し、単騎での600秒の遅滞戦闘を貫徹。 その上で撃墜確実1に不明2という大戦果を挙げてしまった為、戦争初期の最功を挙げた者として柏付銀翼突撃章を授与され、また「白銀」という二つ名を得たことで一躍時の人となった。 軍大学の成績上位12人に授与される「十二騎士」に選抜されたため、以後は「フォン」を名乗れるようになる。 戦時中の真実を追う者達からは「十一番目の女神」とあだ名されている。 性格(能力) 与えられた役割を貫徹することを最重視する性格で、目的の為ならばどんな手段をも厭わない合理的かつ柔軟な思考力と決断力を持つ。 逆に、役割を全う出来ない無能として見做されることを病的なまでに嫌っている。 モットーは、「過不足なく、与えられた給金に見合う仕事をこなすこと」。 また、規律や組織における上下関係を非常に重視しており、上からの指示に反抗する無能は実力での排除も全く躊躇しないかなり過激な性格。 欠点として、 他者からの評判に非常に疎い点が挙げられる。 前世での生活に特に不満を持っていた訳でもなく、求めてもいないのに無理矢理転生させられた身の上を心の中で嘆いており、元凶たる存在Xを蛇蝎の如く憎んでいる。 魔導師としての適性のせいで前線に送られているブラックと言って差し支えない現状も良く思っておらず、できることなら後方任務に回ってのんべんだらりと暮らしたいと感じており、時折それを愚痴として周囲に零している。 が、性格が災いし、周囲の人間からは 狂信的な愛国者、 産まれながらの戦争狂としか見られておらず、後方任務云々もただの冗談としか思われていない。 口数もあまり多くないためか、この誤解を更に加速させているが、本人はそれを全く気が付いていない(さらに戦意の低い無能と思われないための積極的な態度や言動が、後方勤務ではなく前線を望んでいるとさらに誤解させている)。 ある種の勘違い系主人公と言える 特に漫画版などの演出では勘違いの描写が強調されている。 生前の彼が重度の軍事マニアだったらしく、現代に至るまでの数多くの戦場の流れ、そしてそれに伴う政治上のいざこざにかなり詳しい。 転生先が「第一次世界大戦が勃発しなかった1920年代のドイツに酷似した国」なのだが、「世界大戦」という概念が産まれなかった世界において、総力戦に至る過程や軍事上の重要な要素に法律の抜け穴等、世界大戦を通じて人々が学ぶ筈のモノを最初から熟知してしまっている。 言ってしまえばカンニングに近いが、軍人の中でもエリートと呼ばれる人々が多大なる犠牲を元に捻りだす筈だった「血塗られた解答」をあっさりと提出してしまう為、彼女の事を内心で吸血鬼やイカレタ化け物の様だと恐れ厭う輩も多い。 好物はコーヒーで、よく飲んでいる。 美味しいコーヒーを淹れる人や、本物のコーヒー豆を仕入れて差し入れしてくれる人に対しては人間として好印象を抱いている。 主な作品• - 西住流ドイツ支部の責任者。 ビスマルクのせいで人手不足に陥ったドイツから逃げたい一心で来日してくる。 - 本人として登場。 - 執行部の代表。 - の娘。 勇者達とは別の方法で転生させられた前世持ちの少女。 色々とぶっ飛んではいるが、親子間の仲は良好。 - とある事情のせいで妙に人間不信がヒドい擦れた奈々子役。 - 主人公。 後世では最も偉大な提督と呼ばれている。 - 主人公。 にTS転生した元男。 結婚に血眼になる他の女生徒達を尻目に、平穏を手に入れるべく奮闘する。 - やる夫のクラスメートの一人で、不本意ながら参謀的なポジションに着く。 たまにやらかす。 これは士官学校入学の年齢制限に下限がないと言う不備を突いたもの。 なお、学制上下位に当たる幼年学校には制限がある。 帝国の軍制にはこう言った不備や半ば死文化された古い制度が多く残されており、若年のターニャを引き上げるための舞台装置として度々利用されている。 WEB版では『DARKER THAN BLACK』を視聴しているような描写があったり、モノローグでは某掲示板での用語を使用していたりする。 史実ドイツでも二度の大戦時はコーヒー豆の供給が断たれ、タンポポやチコリと呼ばれる野菜を利用した代用品のコーヒーが流通していた。 試飲した人の感想によれば「濃い麦茶」「漢方薬みたい」であり何よりカフェインがないため、不味くはないが嗜好品としてはイマイチだった模様。 関連項目• - 『』の主人公。 漫画家・野上武志は幼女戦記を「新城直衛が幼女になって空飛んできた」と評した。

次の

ターニャ・デグレチャフとは (ターニャデグレチャフとは) [単語記事]

ターニャ フォン デグレチャフ

実在の人名 [ ]• - 元衆議院議員の実娘。 - スイスのスノーボーダー。 - ブルガリアの歌手。 - セルビアのターボ・フォーク歌手。 - オーストラリアの歌手、モデル、女優。 - ベラルーシ出身のファッションモデル。 - レニングラード包囲戦の渦中において『日記』を残した少女。 - エストニアの歌手。 架空の人名 [ ]• - 漫画『』の登場人物。 ターニャ - ジョバンニの島• ターニャ - 漫画『』の登場人物。 ターニャ・アクロウ - テレビアニメ『』の登場人物。 ターニャ(・フォン)・デグレチャフ - 『』及び、その書籍化、コミカライズ、アニメ化された作品の登場人物。 作中で名前にvon (フォン)が付くようになる。 ターニャ・ヤナーチェク - 漫画『』の登場人物。 その他 [ ]• - 小惑星帯に位置する小惑星。 関連項目 [ ]• このページは 人名(人物)のです。 同名の人物に関する複数の記事の水先案内のために、同じ人名を持つ人物を一覧にしてあります。 お探しの人物の記事を選んでください。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えてください。

次の