古川 未 鈴。 古川未鈴とは (フルカワミリンとは) [単語記事]

古川未鈴

古川 未 鈴

古川 未鈴(ふるかわ・みりん) 生年月日:9月19日 出身:香川県 血液型:A型 でんぱ組. incのメンバーで、同グループではセンターを務める。 愛称はみりんちゃん。 でんぱ組. incでのキャッチフレーズは「歌って踊れるゲーマーアイドル」、担当色は赤。 2人姉妹の長女として出生。 父親がいわゆる「転勤族」であり、出生後3ヶ月から小学校までは和歌山県、大阪府、愛知県名古屋市など「いつ何処にいたという記憶がほぼ無い」ほど短期間で転居を繰り返していた。 小学校時代の転校は「人間関係が悪くなっても毎回リセットできるので好きだった」と述懐する一方で、「地元の思い出」「地元の友達」というものが存在しないことや、自ら友達を作れるタイプではなかったことから、「地元の友達」という単語が憧れであると述べている。 小学校時代は仮病で保健室に行くことが多かったとしているほか、「バカにされることでコミュニケーションを保つ」ことを覚えてしまったと述懐しており、少しおちゃらけて周囲から構ってもらう、いわゆる「いじられキャラ」のような行動を無意識のうちに取っていた旨を述べている[12]。 また、小学校低学年から教科書の文章をローマ字入力でパソコンに打ち込む練習を始めていたという。 小中学校時代には上手く周囲と馴染めずいじめを受けた経験があり、特に転校する機会のなかった中学校時代がいじめの全盛期であったとしている。 このエピソードはでんぱ組. incの楽曲『W. D』の歌詞の中でも触れられている。 ただし、「いじめは巡り巡って来るものである」という自覚があったほか、部活にだけは絶対行きたいという気持ちもあって不登校にはならず、むしろ「学校に行ってやろう」という気持ちが生まれたとしている。 また、当時はチャットに熱中していた時期でもあり「学校に居場所がなくてもネットに居場所がある」という考えも持っていたという。 工業高校中退後、秋葉原のゲームセンターへ通い詰めるようになり、そこで知り合った友人を通じてメイド喫茶の存在を知り、メイド喫茶で働くようになる。 当時、吉河順央が同じメイド喫茶で働いており、後に吉河が秋葉原ディアステージの立ち上げに携わった際に入店の誘いを受け、勤務を始める。 ・アイドルとして 当時のディアステージは歌われる楽曲がアニソン主流であったほか、「アーティスト指向」の強い人間が多くアイドル向きの場ではなかったが、「アイドルになりたい」という古川本人の強い希望を福嶋麻衣子(もふくちゃん)が聞き入れる形で、2008年にでんぱ組. incの前身となるアイドルユニット「でんぱ組」を結成。 初期は古川未鈴と小和田あかり(2010年卒業)による2名のユニットで、当初ゲーム主題歌を歌うユニットとして組まれたため長期的な活動を行う予定は無かったという。 結成当初のでんぱ組については「特に何も活動しなかった」「思っていたアイドル像とは程遠いものがあった」「最初の人気の無さは凄かった」と後に述懐している。 なお、2015年現在の6人体制としては唯一結成当初から在籍しているオリジナルメンバーである。 でんぱ組. incがブレイクしたターニングポイントとして2012年春に開催された「アイドル横丁杯」での優勝と、振付師としてYumikoを迎え入れたことの2点を挙げている。 元々古川からプロデューサーの福嶋に「振付師を入れて欲しい」との要望が出されていたが、「振付師を雇う予算は今のでんぱ組. incには無い」として断られていた。 それに対し古川は「私がイベントを打って稼ぐから、それで雇って欲しい」と表明し、ディアステージでブルマ姿になってイベントを開催。 そこで「未鈴の本気を受け取った」としてYumikoが正式に迎え入れられた、というエピソードがある。 自他共に認めるゲームマニアで、単独での仕事はゲーム関連がその多くを占める。 また「グルーヴコースターEX」(タイトー)、「ボーダーブレイク」(セガ〈後のセガ・インタラクティブ〉)ではキャンペーンガールも務めた。 2015年4月より、テレビ東京系列「おはスタ」木曜レギュラー(2016年3月卒業)、およびTOKYO FM「でんぱCh. 2015年8月13日、さぬき高松まつりにでんぱ組. incとしてステージイベントに出演し、ライブ前には自身の出身地である香川県高松市の観光大使に同日付より委嘱された。 アド街ック天国 (2010年9月4日、テレビ東京系列) - 秋葉原特集VTR内で紹介 全力坂 (2013年10月3日、テレビ朝日系列) おはスタ (2015年4月9日 - 2016年3月31日、テレビ東京系列) - 木曜レギュラー ・ラジオ 「でんぱCh. 』 2010年、Ustream 「萌えろ!! エンジェルちゃん」ニコニコ本社チャンネル(2012年4月 - 7月、ニコニコ生放送) - 夢眠ねむと共にメインMC 水鏡レポート『ブラウザ三国志』『ブラウザ キングダムライジング』(2013年、ニコニコ生放送) 『萌えろ エンジェルちゃん』(2014年7月 - 10月、SHOWROOM) - 夢眠ねむと共にメインMC 「ニコニコゲーム実況チャンネル(NGC)」(2015年4月 - 、ニコニコ生放送) - 火曜日担当レギュラーパーソナリティー 「ファントム オブ キル」公式ニコ生『ファンキルベース』(2015年6月 - 、ニコニコ生放送) - メインMC ・その他の活動 BEAMS 「あそべるTシャツ(ASOBERU-T)」夢眠ねむと共にコンセプトビジュアルに起用 タイトー音楽ゲーム「グルーヴコースターEX」公式応援メンバー(ポスター、プロモーション映像出演) セガアーケード用シューティングゲーム「ボーダーブレイク」公式ボーダーブレイクガール 音楽ユニットfripSideライヴ(ダンサー参加)。 15」「モンハン日記ぽかぽかアイルー村」インタビュー(2010年9月) 「MARQUEE Vol. 」 吉田豪連載「ぶらり豪」インタビュー (2013年1月) 「読むアイドルマガジン IDOL AND READ 001」(2014年3月26日、シンコーミュージック・エンタテイメント) - インタビュー「マイナスからのスタート」 「読むアイドルマガジン IDOL AND READ 009」(2016年12月21日、シンコーミュージック・エンタテイメント) - インタビュー ・連載 「古川未鈴とアイデアプロトタイピング! 」(2014年1月号 - 11月号、ロボコンマガジン) 「Depper でんぱのヲススメ」(2013年8月号 - 、Zipper) 「でんぱ組. incのDDだっていいじゃないっ!! 」(2015年1月号 - 、デジモノステーション) ・写真集 でんぱ組. incアートブックコレクション(2)「irotoridori」(2017年1月6日、小学館、撮影:阿部ちづる) 出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License. 8 人気のキーワード•

次の

でんぱ組.inc古川未鈴、漫画家・麻生周一氏と結婚 活動は継続【コメント全文】

古川 未 鈴

古川 未鈴(ふるかわ・みりん) 生年月日:9月19日 出身:香川県 血液型:A型 でんぱ組. incのメンバーで、同グループではセンターを務める。 愛称はみりんちゃん。 でんぱ組. incでのキャッチフレーズは「歌って踊れるゲーマーアイドル」、担当色は赤。 2人姉妹の長女として出生。 父親がいわゆる「転勤族」であり、出生後3ヶ月から小学校までは和歌山県、大阪府、愛知県名古屋市など「いつ何処にいたという記憶がほぼ無い」ほど短期間で転居を繰り返していた。 小学校時代の転校は「人間関係が悪くなっても毎回リセットできるので好きだった」と述懐する一方で、「地元の思い出」「地元の友達」というものが存在しないことや、自ら友達を作れるタイプではなかったことから、「地元の友達」という単語が憧れであると述べている。 小学校時代は仮病で保健室に行くことが多かったとしているほか、「バカにされることでコミュニケーションを保つ」ことを覚えてしまったと述懐しており、少しおちゃらけて周囲から構ってもらう、いわゆる「いじられキャラ」のような行動を無意識のうちに取っていた旨を述べている[12]。 また、小学校低学年から教科書の文章をローマ字入力でパソコンに打ち込む練習を始めていたという。 小中学校時代には上手く周囲と馴染めずいじめを受けた経験があり、特に転校する機会のなかった中学校時代がいじめの全盛期であったとしている。 このエピソードはでんぱ組. incの楽曲『W. D』の歌詞の中でも触れられている。 ただし、「いじめは巡り巡って来るものである」という自覚があったほか、部活にだけは絶対行きたいという気持ちもあって不登校にはならず、むしろ「学校に行ってやろう」という気持ちが生まれたとしている。 また、当時はチャットに熱中していた時期でもあり「学校に居場所がなくてもネットに居場所がある」という考えも持っていたという。 工業高校中退後、秋葉原のゲームセンターへ通い詰めるようになり、そこで知り合った友人を通じてメイド喫茶の存在を知り、メイド喫茶で働くようになる。 当時、吉河順央が同じメイド喫茶で働いており、後に吉河が秋葉原ディアステージの立ち上げに携わった際に入店の誘いを受け、勤務を始める。 ・アイドルとして 当時のディアステージは歌われる楽曲がアニソン主流であったほか、「アーティスト指向」の強い人間が多くアイドル向きの場ではなかったが、「アイドルになりたい」という古川本人の強い希望を福嶋麻衣子(もふくちゃん)が聞き入れる形で、2008年にでんぱ組. incの前身となるアイドルユニット「でんぱ組」を結成。 初期は古川未鈴と小和田あかり(2010年卒業)による2名のユニットで、当初ゲーム主題歌を歌うユニットとして組まれたため長期的な活動を行う予定は無かったという。 結成当初のでんぱ組については「特に何も活動しなかった」「思っていたアイドル像とは程遠いものがあった」「最初の人気の無さは凄かった」と後に述懐している。 なお、2015年現在の6人体制としては唯一結成当初から在籍しているオリジナルメンバーである。 でんぱ組. incがブレイクしたターニングポイントとして2012年春に開催された「アイドル横丁杯」での優勝と、振付師としてYumikoを迎え入れたことの2点を挙げている。 元々古川からプロデューサーの福嶋に「振付師を入れて欲しい」との要望が出されていたが、「振付師を雇う予算は今のでんぱ組. incには無い」として断られていた。 それに対し古川は「私がイベントを打って稼ぐから、それで雇って欲しい」と表明し、ディアステージでブルマ姿になってイベントを開催。 そこで「未鈴の本気を受け取った」としてYumikoが正式に迎え入れられた、というエピソードがある。 自他共に認めるゲームマニアで、単独での仕事はゲーム関連がその多くを占める。 また「グルーヴコースターEX」(タイトー)、「ボーダーブレイク」(セガ〈後のセガ・インタラクティブ〉)ではキャンペーンガールも務めた。 2015年4月より、テレビ東京系列「おはスタ」木曜レギュラー(2016年3月卒業)、およびTOKYO FM「でんぱCh. 2015年8月13日、さぬき高松まつりにでんぱ組. incとしてステージイベントに出演し、ライブ前には自身の出身地である香川県高松市の観光大使に同日付より委嘱された。 アド街ック天国 (2010年9月4日、テレビ東京系列) - 秋葉原特集VTR内で紹介 全力坂 (2013年10月3日、テレビ朝日系列) おはスタ (2015年4月9日 - 2016年3月31日、テレビ東京系列) - 木曜レギュラー ・ラジオ 「でんぱCh. 』 2010年、Ustream 「萌えろ!! エンジェルちゃん」ニコニコ本社チャンネル(2012年4月 - 7月、ニコニコ生放送) - 夢眠ねむと共にメインMC 水鏡レポート『ブラウザ三国志』『ブラウザ キングダムライジング』(2013年、ニコニコ生放送) 『萌えろ エンジェルちゃん』(2014年7月 - 10月、SHOWROOM) - 夢眠ねむと共にメインMC 「ニコニコゲーム実況チャンネル(NGC)」(2015年4月 - 、ニコニコ生放送) - 火曜日担当レギュラーパーソナリティー 「ファントム オブ キル」公式ニコ生『ファンキルベース』(2015年6月 - 、ニコニコ生放送) - メインMC ・その他の活動 BEAMS 「あそべるTシャツ(ASOBERU-T)」夢眠ねむと共にコンセプトビジュアルに起用 タイトー音楽ゲーム「グルーヴコースターEX」公式応援メンバー(ポスター、プロモーション映像出演) セガアーケード用シューティングゲーム「ボーダーブレイク」公式ボーダーブレイクガール 音楽ユニットfripSideライヴ(ダンサー参加)。 15」「モンハン日記ぽかぽかアイルー村」インタビュー(2010年9月) 「MARQUEE Vol. 」 吉田豪連載「ぶらり豪」インタビュー (2013年1月) 「読むアイドルマガジン IDOL AND READ 001」(2014年3月26日、シンコーミュージック・エンタテイメント) - インタビュー「マイナスからのスタート」 「読むアイドルマガジン IDOL AND READ 009」(2016年12月21日、シンコーミュージック・エンタテイメント) - インタビュー ・連載 「古川未鈴とアイデアプロトタイピング! 」(2014年1月号 - 11月号、ロボコンマガジン) 「Depper でんぱのヲススメ」(2013年8月号 - 、Zipper) 「でんぱ組. incのDDだっていいじゃないっ!! 」(2015年1月号 - 、デジモノステーション) ・写真集 でんぱ組. incアートブックコレクション(2)「irotoridori」(2017年1月6日、小学館、撮影:阿部ちづる) 出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License. 8 人気のキーワード•

次の

でんぱ組.incの古川未鈴の現年齢について。でんぱ組.incのゲーマーな赤の古川未...

古川 未 鈴

》mirindaichiさん SPEED 1992~、現名義での活動は1995~ やモーニング娘。 しかし、この二者は現在も活動しており、かつ出始め当時から人気なので、いつの時代の女の子でも、触れるきっかけさえすれば、何時憧れても不思議ではありません。 あるタレントのブレーク期間と、そのファンの年齢世代は必ずしも同軌しないので、ちょっと弱いと思えます。 「年齢非公開」の自覚の無い子達だな! 2007年の成人式は、1986年4月2日~1987年4月1日生まれが対象だから、1986年9月19日生まれで確定ってことかね? 私は1988年生まれですが、でんぱ組メンバー達がいろんなところで話す「昔好きだった漫画」トークを聞くと、私が小学生だった時期にちょうど人気だった作品タイトルがよく出てくるので、漠然と「年齢非公開だけど、同年代だな」ということを思ってました。 ところで、wikipediaを調べたということは、みりんちゃんが2005年10月のAKB48第1期生オーディションの落選者ということもご存じでしょう。 AKB48公式10年史『涙は句読点』に載る第1期~のメンバー一覧を参照すると、当時の合格メンバーは、最年長が1984年12月6日生まれ、最年少は1994年2月10日生まれの20名。 特に1988年生まれと1991年生まれ 17歳、14歳 が多く合格していたようです。 当時14~18歳と仮定して、1987~1991年生まれが自然か、と。 あと、単純に画面に映ったときの表情の転がり方とかキャラなんか見ると、そんなに歳行っている印象を感じないんです。 少なくとも僕には、自分より歳上には見えないですね。 以上の事から、1989~1991年生まれ(現在24~26歳)じゃねえかなと私は思っていましたが…….

次の