サプリ 筋肉。 筋肉痛におすすめのサプリメント4選!早く回復させる方法や必要な栄養を解説!

【HMB・BCAAはもう古い!?】プロトレーナーが語る本当に効く筋肉増強サプリとは?

サプリ 筋肉

「筋肉がついて引き締まった体になりたい」「出来るだけ効率良く肉体改造がしたい」といった悩みを持つ方に、最近「筋肉サプリ」と呼ばれる商品が売られています。 筋肉サプリは筋肉増強やダイエットを助けるために効果的な成分が多数含まれています。 筋肉トレーニングをしている人の大半は、今でも「筋トレ=プロテイン」という認識を持っています。 その為に、様々なプロテインが売られています。 しかし、 実際のところはプロテインだけでは効率よく筋肉をつけ、体を引き締めることは出来ません。 言い換えればプロテインだけでは十分ではありません。 ボディビルダーや格闘家の方々の多くのプロアスリートは、プロテイン以外にサプリを上手く活用しているようです。 しかし、サプリの種類には様々なものがあり、 筋肉増強に役立つサプリと言っても、その数は多数に上ります。 効果を期待して一度に多くのサプリを購入して、使用することは経済的に厳しいですし、どれをどのくらいの組み合わせで飲めばいいのかを一般の方々が理解し、決定することは非常に難しい現状があります。 その為に、筋肉サプリが登場しました。 筋肉サプリであれば、最初から筋肉トレーニング・ダイエットのための様々な成分がまとめて取れる様に配合してあるのでので、1種類を飲むだけでいいのです。 経済的にも、実用的にも非常に目的にかなった商品と言えます。 筋肉サプリはどんな人におすすめ? 筋肉サプリは、• 「筋肉がついて引き締まった体になりたい」• 「出来るだけ効率良く肉体改造がしたい」 といった悩みを持つユーザーで筋肉トレーニングやダイエットを行っている人にはお薦めです。 特に、 ウエイトトレーニングを実施している人にとって非常に有用と言えるでしょう。 その理由は筋肉がどの様に成長するかを理解すればわかります。 まず、 筋肉がより太く強靱に生まれ変わることを「超回復」と言います。 超回復とは、筋肉トレーニングによって筋肉の繊維が傷付いた状態、傷のない状態に戻ることを言います。 筋肉が成長するときは、この「超回復」によって起こることを先ず理解しなければなりません。 筋肉は傷ついた状態から、元の常態に戻るまでに通常48~72時間かかると言います。 元の常態に戻る前に、再度筋繊維を傷付けてしまうと、いわゆる過負荷の状態になって体にとって好ましくありません。 その為に筋繊維が十分に回復した後に、再度筋繊維を傷つけるようなトレーニングを繰り返すことが理想と言えます。 一般的には2~3日おきに筋トレを行うと最も効果的と言われる所以です。 つまり、この様に筋繊維を傷付ける様なトレーニングを行う人にとって筋肉サプリは最も効果的と言えます。 飲むタイミングは? 上記で述べた様に、 筋肉は「超回復」によって成長します。 筋肉トレーニングを行った後に、 その後、筋肉が成長する為の栄養を吸収しやすいゴールデンタイムがあります。 それは筋肉トレーニング後の30分です。 この時間帯で筋肉サプリを摂取することが最も効果的です。 数時間後や数日後でも効果がないとは言えませんが、運動後の筋繊維が傷ついた瞬間から時間が経過する程、その効果は低くなることを覚えておきましょう。 そのベストなタイミングが、繰り返しになりますが運動後30分です。 その際に摂取の形態は問いませんが、水に溶かしたものが一般的だと思います。 筋肉トレー二ングによって汗をかき、体内の水分が枯渇している為に水分補給も兼ね、水で飲むことがお薦めです。 この際に、炭水化物を一緒に摂取することが理想です。 何故なら、筋肉トレーニングによって、グリコーゲン値の値も低下している為に、その状態を元に戻すことが目的です。 ここで、グリコーゲン値が低いままでは筋肉サプリの効果を十分に引き出せません。 HMBって何? HMBはトレーニング後の筋肉の分解を抑え、回復を促すことで、筋力アップ効果が期待される成分です。 特に、筋肉サプリと言えばHMBと言われるくらい普及しています。 海外の研究結果では、特にトレーニング初心者に対しての効果が高いと言われています。 何故効果があるかと言うと、筋肉は常に分解と合成が競り合っています• 筋肉トレーニング後にしっかり栄養を取って休息することも、筋肉の合成を促進するのが目的です。 HMBは摂取することで、分解と合成のバランスをより筋肉がつく方向【分解<<合成】へコントロールするのが出来ます。 BCAAとはどの様な成分? 人間が生きていく上で必ず摂取しなければいけない、アミノ酸を必須アミノ酸と言います。 必須アミノ酸は9種類ありますが、そのなかでも、バリン・ロイシン・イソロイシンと呼ばれる3種類のアミノ酸は筋肉のエネルギー代謝や合成などに深く関わります。 このバリン・ロイシン・イソロイシンの3種類は、アミノ酸の化学構造が枝分かれした構造を持つことから、BCAA Branched Chain Amino Acidの略)と呼ばれます。 運動をすると、まず始めに筋肉に蓄えられている糖質 グリコーゲン が分解されてエネルギーとして使われます。 しかし、その糖質が足りなくなると筋肉のたんぱく質を分解し、BCAAをエネルギー源として使います。 特に長時間運動するランニングやウォーキングでは、筋肉の分解が進みやすいので、運動前にBCAAを摂取しておくことが理想です。 BCAAには、筋肉を合成する働きがあり、BCAAの中でも特に、ロイシンは筋肉の合成スイッチに強く影響を与えます。 したがって、 筋肉をつけたい人にはBCAAが多く含まれているたんぱく質を摂るのがお薦めで、BCAAが多く含まれているたんぱく質の代表は、ホエイです。 ホエイとは牛乳から乳脂肪分やカゼインなどを除いた水溶液であり、チーズを作る際に固形物と分離された副産物として大量に作られます。 ホエイ以外のタンパク質として、• 乳製品• 大豆製品 などにも多く含まれます。 BCAAサプリの選び方は? 上記で上げた様に食品での摂取も可能ですが、BCAAはサプリメントを利用しながら積極的に取っていくことが好ましいと思います。 BCAAのサプリは含有量や価格に幅があり、どれを選んでいいのか分からない方も多いと思います。 そこでBCAAサプリの選び方を紹介します。 主には以下の3つの観点が重要です。 BCAAの配合比率 BCAAはバリン・ロイシン・イソロイシンと呼ばれる3種類のアミノ酸のことですが、その配合比率が非常に重要です。 特に筋肉の成長にはロイシンが最も重要である為、バリン:ロイシン:イソロイシン=1:2:1の比率で含まれているものを選ぶことが重要です。 BCAAの水への溶けやすさ BCAAは運動前だけでなく、 運動中にも飲むことがお薦めです。 その為、毎回水に溶かして準備しなければなりません。 商品によって溶け具合が異なる為、なるべく水に溶けやすいものを選びましょう。 飲みやすさ BCAAは苦みがあり、加工されていないと非常に飲みにくい成分です。 フレーバーの味をつけたものなども出回っている為、自分の飲みやすい味のものを選びましょう。 スポンサーリンク クレアチンとは? クレアチンはアミノ酸の一種で、体内で合成されています。 クレアチンは消費されたエネルギーを補い、素早くエネルギー源として復活する効果を期待できるため、高強度なトレーニングの持続にもつながります。 クレアチンには、• 身体能力• 運動パフォーマンス向上• 筋肥大効果• 除脂肪体重増加• 脳の疲労軽減 などさまざまな効果が期待できます。 例えば、クレアチンは筋収縮のエネルギーを供給するため、高強度・反復性の運動に対して特に効果が見られます。 挙上重量増加、筋トレやコンタクトスポーツにおいての瞬発的なパワーを供給するのに加えて、 バイク・スイム・陸上などの反復性運動においてもピーク時のパワーが持続、タイム短縮などの研究結果が認められています。 尚、クレアチンの摂取により最大強度の運動を積み重ねるトレーニングが可能となるため、 結果的に筋肥大を促進する効果を期待できます。 筋肉の合成を促すプロテインとBCAAに対して、クレアチンはエネルギーを作り出し筋力増強作用を促します。 トレーニングと合わせて摂取することで強度の高い運動を続けるパワーを作り出すことができます。 クレアチンサプリの選び方 クレアチンはサプリメントを利用しながら積極的に取っていくことが好ましいと思います。 クレアチンのサプリは含有量や価格に幅があり、どれを選んでいいのか分からない方も多いと思います。 そこでクレアチンサプリの選び方を紹介します。 主には以下の観点が重要です。 クレアチンの種類 最初のポイントはクレアチンの種類です。 クレアチンにはいくつか種類があり、それぞれ特徴が異なりますクレアチンの種類は大別すると2種類に分けられます。 「クレアチンモノハイドレート」と「クレアチンモノハイドレートを加工した物」です。 クレアチンモノハイドレートが、最もベーシックで、最も安価なクレアチンです。 最も研究が盛んなクレアチンでもあり、優れた効果が期待できるクレアチンです。 クレアチンの形状 クレアチンと言えば粉状が最も一般的ですが、持ち運びに不便であり、水に溶けにくい性質がある為、飲みにくいという点がネックです。 その為、タブレットやカプセルのクレアチン製品も多く展開されています。 おすすめは溶けにくさの問題はありますが粉状のクレアチンです。 なぜなら、パウダータイプのクレアチンは価格が安く、効果が実証されているからです。 アルギニンとは? 体を作るタンパク質は20種のアミノ酸から出来ています。 そのうち9種類は必須アミノ酸といわれ、体内で作り出せないため必ず食べ物から取り入れなくてはなりません。 一方、体内で作り出せる11種類は、非必須アミノ酸といわれます。 アルギニンは非必須アミノ酸ですが体内で作り出せる量は少なく、不足した分を食事で補う必要があるため、準必須アミノ酸と呼ばれることもあります。 アルギニンは老若男女を問わず、幅広い効果が期待されており、欠かすことのできない栄養素の一つです。 その効果として成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。 脳下垂体から分泌される成長ホルモンは病気にかかりにくい体を作ったり、傷の治りをスムーズにしたりする効果が期待されています。 また成長ホルモンには食欲を抑える働きがあると考えられ、食欲抑制剤にもアルギニンが加えられています。 さらに脂肪の代謝を促して筋肉を強化する効果も期待でき、引き締まったプロポーション作りの役に立つと言われています。 アルギニンサプリの選び方 アルギニンサプリを選ぶ時のポイントは以下です。 国産を選ぶ アルギニンには安全な摂取量が決められています。 その基準は体重1キロあたり「0. 4g程度」です。 例えば、50kgの子供の場合、1日に摂取できる限度の量は「20,000mg」です。 この目安は注意するべきところですが、 日本で販売されているアルギニンサプリメントで1日20,000mgを超えて摂取できるサプリメントは販売されていません。 ただし、海外のサプリメントは違います。 摂取量が限度となる量を大きく超える製品もあり、下痢や腹痛、頭痛などの副作用が生じる可能性もあります。 その為、日本で販売しているものを選びましょう。 他の成分の配合 アルギニンは強いアルカリ性なので、そのまま摂取すると「胸やけ」や「胃痛」を引き起こします。 その為、中和できる成分が含まれていることが重要です。 中和するために使われる「酸」に関しても安全性が高いものが配合されていることが重要です。 特に安全性が高いと言われているのが「クエン酸」です。 「クエン酸」が配合されているかも確認しましょう。 以上、筋肉サプリとしてはBCAA、クレアチン、アルギニンがあります。 いずれも記事で記載した様に筋肉増強の効果がある為、それぞれの特性に応じて運動時前・中・後に利用することが好ましいでしょう。 筋肉サプリで効果的に基礎代謝アップダイエット!【HMBとは?】のまとめ ダイエットを行う時には筋トレをして筋肉を増やし基礎代謝をあげ太りにくい体作りというものリバウンド防止の観点からとても重要ですので、効率よく筋肉を増やしたいなら筋肉サプリを使ってみると良いかもしれませんね。

次の

【検証】おすすめHMBサプリ11選|筋トレ効果のあるおすすめHMBサプリランキング

サプリ 筋肉

筋肉を増やしたい、細マッチョな体を目指したい…でも筋トレの効果をいまひとつ感じることができない。 そんな時には筋肉増強サプリを試してみてはいかがでしょうか?サプリメント自体に筋肉増強の効果・効能が認められた商品は存在しませんが、良質のタンパク質やアミノ酸が配合された商品が多数発売されています。 今やアスリートだけではなく、筋トレをしている人の多くが積極的に取り入れています。 そんな筋トレサポートサプリですが、通販サイトなどで探してみるといろいろなメーカーからいろいろな成分のサプリが出ているので、どれを選んでいいのか分からなくなってしまいますよね。 そこで今回は 筋トレサポートサプリの選び方と、おすすめの市販筋トレサポートサプリをランキング形式でご紹介します。 筋肉を効率的に増やす成分として「アナボリックステロイド」という筋肉増強剤がよく挙げられますが、 筋肉増強剤と筋トレサポートサプリは全く違うものであるということをしっかり認識しておきましょう。 筋肉増強剤は男性ホルモンに働きかけて筋肉を作り出す成分で、筋肉を作る補助的な役割を果たすサプリメントに比べて効果がはるかに高く、筋肉を増やすのに手軽な手段として選ばれます。 しかし、 アナボリックステロイドは薬事法によって管理される医薬品です。 効果が高い分、さまざまな副作用を伴うので、自己判断での使用は大変危険です。 アナボリックステロイドはインターネット上でも入手可能と言われていますが、副作用もなく安全性の高い筋トレサポートサプリを間違えずに選ぶようにしましょう。 筋肉を構成する約80%がタンパク質であることは広く知られていますよね。 筋トレをして筋肉を太くするには良質な タンパク質の摂取が必須です。 タンパク質は体内で分解されてアミノ酸となり、新たな筋肉を合成するのに使われたり、エネルギーとして利用されたりします。 筋トレと聞いてまず思い浮かぶプロテインも、タンパク質です。 EAAとは体内では作られず、食事などで外から摂取しなければならない9種類の必須アミノ酸の総称です。 タンパク質をそのまま摂るよりも、 アミノ酸の状態になった成分を摂取することで、効率よく体内に吸収させて筋肉の合成などに働かせることができます。 また9種類の必須アミノ酸のうち、特に筋トレでダメージを受けた際の筋肉の分解を防いでくれたり、筋肉の超回復を促進してくれたりなど、筋肉作りに大きく関与しているバリン・ロイシン・イソロイシンの3種類を「BCAA」と呼びます。 筋トレサポートサプリには主に粉末のものと錠剤のものがあります。 粉末タイプの方が成分の体への吸収率が高そうに思えますが、昨今の製造技術の進歩により、吸収率は粉末タイプも錠剤タイプも実は変わらないというデータも。 BCAAやHMBなどのアミノ酸系サプリは、たんぱく質特有の風味があります。 粉末のサプリは味がダイレクトに口に広がるので好みが分かれるところです。 また水に溶かしたり何かに混ぜたりする必要があるので外出先で飲み辛い場合もあります。 飲みやすさで言えば錠剤タイプのほうが便利です。 しかし粉末タイプは錠剤にするためのコストがかからないため、錠剤に比べて安価でコスパに優れるというメリットもあります。 また 錠剤タイプに比べると同じ量でも各成分の純度を高くすることができるので、少ない量でも多くの有効成分を摂取できるということも特長です。 外出先でのトレーニング後に飲むことが多い場合は錠剤タイプを、家で飲む場合には粉末タイプをと使い分けても良いでしょう。 アールスタイル 商品名 BULKEY HMB POWER BOOST 360粒 BULKEY HMB90000m クレアチン60000mg POWERBOOST 450粒 鍛神 HMB サプリメント HMB-Ca サプリメント タブレッドタイプ HMB MAX pro 432粒 HMBカルシウム HMB EX ダイエットサプリメント 360粒 BCAA HMB ダイエット サプリ HAGANE HMB プレミアムマッスル ボディア 270粒 特徴 1日12粒程度で必要なHMBを摂取可能!ハードなトレー... HMBとクレアチンをバランスよく配合したサプリ!カロリ... 独自製法でボディメイクをサポート!女性にもおすすめのサプリ HMBだけでなくビタミンやカルニチンなども配合。 1日9... 自分の理想とする肉体に効率よく近づけるサプリメント トップクラスのHMB含有量なのに低価格でコスパが高い 必須アミノ酸9種類を配合。 女性にもおすすめ 大容量だが1日あたりの摂取量が多め トレーニングの負荷具合で摂取量を変更 体づくりに必要な成分を多数配合 最安値.

次の

筋肉増強におすすめのサプリ人気ランキング10選

サプリ 筋肉

あなたは今まで頑張って筋トレしてきたけど、全然筋肉がつかなかった経験はありませんか? 周りにガリガリだとバカにされて、周囲の冷ややかな視線が気になったことはありませんか? 情けない身体がコンプレックスで女性に積極的になれず、モテなかった経験はありませんか? あばらが浮き出て、骨と皮だけのヒョロヒョロ体型。 周りの人からは女性よりも細いとバカにされるミジメな毎日。 自分の体型にコンプレックスがあると、周りの人からクスクス笑われているんじゃないか、バカにされているんじゃないかと常に周囲の視線が気になって、ビクビクしながら過ごさなきゃいけませんよね… 実は僕もそうでした。 僕は中学の時から柔道を始め、トレーニングも同時期から始めました。 柔道を始めた頃は身体も小さく、ガリガリでヒョロヒョロだった僕は、毎日ボコボコにされてツラい日々を送っていました。 練習はかなりキツいし、全然強くなれないし、毎日「辞めよう…逃げよう…」と情けない状態でした。 強くなるために筋トレを頑張っているのに、筋肉も全然つかずにずっとガリガリのままでした。 しかし、先生のある一言をきっかけに僕の人生は変わり始めました! 「おい!お前プロテインは飲んでるのか!?プロテイン飲まなきゃ筋肉つかないぞ!」 この言葉に僕はハッとしました。 僕は筋トレしてもプロテインを飲んでいなかったのです。 そこで両親にお願いしてプロテインを買ってもらった僕は、毎日プロテインを飲み始めました。 すると今までピクリとも成長しなかった僕の筋肉が段々と大きく成長してきたのです! 初めての筋肉の成長を目の当たりにした僕はとても嬉しくなって、柔道も筋トレもなおさら頑張るようになりました! 加えて、筋肉の成長には栄養が不可欠だと知った僕は、栄養学の勉強も始め、プロテインだけではなく、クレアチンやBCAA、グルタミン、HMBなど様々な筋肉増強サプリを取り入れました! このような努力が実り、大学生の時には全国大会で優勝することができ、今まで頑張って練習してきたことや勉強してきたことは間違っていなかったのだと確信しました。 タンパク質は多くの過多がご存知のように、筋肉を作る源になるので、とても重要な栄養素です。 プロテインのメリットは、水ですぐ飲めることと吸収が早いことです。 タンパク質はお肉やお魚にも含まれているので通常の食事でも摂取出来るのですが、大量に摂取しようと思ったら食事ではお腹がいっぱいになってしまいます。 そこで、液体で飲めるプロテインは食欲がない時でもタンパク質を摂取することができます! また、固形の食事でタンパク質を摂取すると、消化に時間がかかるので吸収が遅くなります。 それに対して液体のプロテインは消化に時間がかからないのですぐに吸収できます! これは、トレーニング後のゴールデンタイムと呼ばれるタンパク質の吸収が高まる時間に、プロテインを飲むことですぐにタンパク質を補給出来るというメリットがあります! プロテインのデメリットとしては、メリットの裏返しで通常の食事でも摂取出来るという点です。 通常の食事でも摂取出来るのなら、サプリとしてお金をかけてまでタンパク質を摂取する必要はないと考えています。 また、クレアチンが筋肉内に蓄積されると、その濃度を薄めようと筋肉内に水分が入ってくるので、結果的に筋肉がパンプアップし、見た目も分厚い筋肉に変わります! 僕がクレアチンを使う時は、その時々によって使い方が変わるのですが、大学生の時には、柔道の試合前に『クレアチンローディング』という試合の約2週間前ほどからクレアチンを摂取し始めて、筋肉内のクレアチン濃度を徐々に高めていく方法を行っていました。 こうすることで、試合の時には筋肉内のクレアチン濃度がかなり高まっていて、筋肉の瞬発力が極限まで引き上げられたコンディションで試合をすることができました! 試合の結果は、先ほどもお伝えしたように全国大会で優勝出来て、クレアチンの力も感じました! 最近のクレアチンの使い方は、後でお伝えするHMBという成分とクレアチンが一緒に入っているサプリを日常的に飲んでいます。 というのも、 クレアチンとHMBは同時に摂取すると効果が上がるという実験結果があります。 HMBは、クレアチンと併用することで効果が上がります。 これは、Steven L. Nissen教授も参加した、ポーランドでの実験で判明しました。 論文は、2001年に医学誌「Nutrition」に掲載されてます。 実験では、次の4つのグループの除脂肪体重(LBM)と筋力の向上を計測しています。 ・偽薬を摂取 ・クレアチン(CR)のみ摂取 ・HMBのみ摂取 ・クレアチンとHMBを同時摂取 その結果、 クレアチンとHMBを同時摂取したグループが、最も顕著に除脂肪体重(筋肉量)が増加し、筋力も向上しました。 HMBとクレアチンだけを、それぞれ摂取したグループも、偽薬よりポジティブな結果となりましたが、どうせなら、同時摂取するのが一番です。 HMBだけで効果を実感できない人は、クレアチンも同時摂取してみるといいでしょう。 95 USDで有料公開されているので、興味がある方は確認するといいでしょう。 html) ですので、僕は日常的にクレアチンとHMBを摂取して、トレーニングの効果を上げるようにしています。 クレアチンは肉や魚などにも含まれていますが、1日に必要なクレアチン5gを摂取するには、例えば牛肉だと1kgも食べなければいけません。 200gステーキだと5皿分です。。。 僕がBCAAを使う時は、トレーニングの前や最中に飲んで、トレーニング時に筋肉が分解されるのを防ぐ役割で使うことが多いです。 BCAAはアミノ酸なので、タンパク質を補給すればある程度は摂取することが出来ますが、必要量を摂取しようとしたら、通常の食事では困難です。 グルタミンは筋トレの効果アップよりも、体調管理を良くする側面の方が強いって印象があります。 僕がグルタミンを使う時は、ハードなトレーニングをすると大量を消耗してしまい、一時的に免疫力が低下して風邪を引きやすくなってしまうので、グルタミンを摂取して免疫力を高めるといった使い方をします。 グルタミンは体内でも生成可能な非必須アミノ酸で、プロテインを飲んでいたり、高タンパクな食事を心がけていれば比較的必要量の摂取が可能な成分です。 要は、筋肉をつきやすくする成分ということですね! 僕がHMBを使う時は、先ほどもお伝えしたようなクレアチンとHMBに加えてBCAAとグルタミンも一緒になっているサプリを、筋トレの前・最中・後の3回に分けて飲んでいます! 筋トレ前と最中に飲むことで筋肉の分解を抑制して、筋トレの後に飲むことで、筋肉の合成を促進させる狙いがあります! また、HMBは通常の食事での摂取は難しい成分です。 というのも、タンパク質が消化されてアミノ酸に変化し、そのアミノ酸が消化されたものの一部がロイシンに変化して、そのロイシンが消化されたもののたった5%しかHMBにならないのです。 僕はこの工程を始めて知ったとき、「どんだけ過酷な道のりなんだよ…(汗)」って思いました(笑) しかも、効果を出すために必要なHMBの摂取量は1日に1000mg〜3000mgと厚生労働省が定めているのですが、必要量のHMBを摂取しようとすれば、プロテイン20杯以上のタンパク質を摂取しなければなりません。 プロテインを毎日20杯とか、金銭的にも胃袋的にも無理ゲーですね(笑) 筋肉増強サプリは何がおすすめ?優先順位は? 5種類の成分の効果を理解して頂いたところで、これらの筋肉増強サプリの中からどの成分を優先して摂取していけば良いのでしょうか? もちろん金銭的に余裕のある方は全てのサプリを摂取した方が、肉体改造の効果や効率は高まるでしょうが、ここではそれぞれの成分の役割を考えた上で、実際に全てのサプリメントを使ったことのある僕が優先順位を考えてみました! 筋肉増強サプリ優先順位1位:HMB まず筋肉増強サプリを何か1つだけ買うとしたら、迷わずHMBを買うべきでしょう。 先ほどもお伝えしたように、HMBは他の成分に比べて、食事での摂取が一番困難な成分です。 メタルマッスルHMB 【関連記事】 筋肉増強サプリ優先順位2位:クレアチン クレアチンもHMBほどではないですが、食事での摂取が難しい成分です。 毎日1キロの牛肉ステーキ食えって言われたら、金銭的にキツいですよね…(僕はお肉大好きなので嬉しいですが!笑) しかし、筋トレの効果を高めるためには必須な成分なので、HMBよりも優先度は劣りますが、HMBを既に摂取しているという方は、次はクレアチンを買ってみると良いと思います! 筋肉増強サプリ優先順位3位:BCAA BCAAもHMBやクレアチンほどではないですが、食事での摂取が難しい成分です。 ですので、既にHMBとクレアチンを摂取しているよーという、結構意識高い素晴らしいトレーニーの方は、次はBCAAの購入を考えると良いでしょう! 筋肉増強サプリ優先順位4位:プロテイン ここで、やっとプロテインの登場です! プロテインは、確かに素早くタンパク質を摂取出来るというメリットはあるのですが、トレーニング後にHMBを摂取する方が効果が高いです。 それにタンパク質自体は通常の食事からでも十分に摂取が可能なので、HMBを持っていればプロテインの必要性はかなり低くなってしまいます。 実際に僕は先ほど紹介したとプロテインを併用しているのでプロテインも飲んでいますが、あくまでも他の成分と比較すると優先順位は下がってしまうと考えていますし、自分としてもその意識でプロテインを使っています。 ですので通常の食事でも、タンパク質と炭水化物と脂質の量を計算して食事メニューを考え、1日に必要な各栄養素をしっかりと補給出来るように計画しています。 もしも要望がありましたら、別記事で僕の食事メニューも公開しようと思いますので、気になった方はコメントかお問い合わせから連絡して下さい! 筋肉増強サプリ優先順位5位:グルタミン 一番摂取しなくても良いと考えているのはグルタミンです。 グルタミンは通常の食事をバランスよく取っていたり、プロテインを飲んでいれば、必要量は摂取出来てしまう成分です。 しかも、ここまでしっかりと栄養管理をしていれば免疫力も全然落ちませんし、僕はほとんど風邪を引きません。 しかしメタルマッスルHMBの場合は、iphone5の一回り大きいくらいのサイズで持ち運びがとてもラクです!(iphoneが古くてすみません…笑) 出先でもサッと摂取出来るので、ホントにお手軽に使うことが出来ます! サプリの大きさは、他のHMBサプリに比べ小さく、飲みやすいです! 中身はこんな感じです! 臭いは特に無く、口に入れてサプリが舌に触れると独特の苦みがしますが、すぐに水で飲んでしまうので特に気になりません。 あなたもメタルマッスルHMBを飲むことで人生が変わる! あなたもメタルマッスルHMBを飲むことでコンプレックスだった肉体を変えて、今までとは全然違う人生を歩むことが出来るでしょう! 筋肉がついて、男らしい身体になれる! 今までいくら頑張っても筋肉がつかないと悩んでいた人でも、驚くくらい筋肉がつきやすくなって、男らしく自慢出来る身体に! 女性に積極的になれて、モテモテに! 今まで見た目がコンプレックスで、女性に話しかけれなかった人でも、男らしい体型に変わることで女性に積極的になり、モテモテの人生に! メタルマッスルHMBの口コミは? 先ほどお伝えしたように、僕はメタルマッスルHMBを飲むことで効果を感じられたのですが、他の方はどうなのでしょうか? Twitterで口コミをリサーチしてきました! メタルマッスルHMB飲んで筋トレを1ヶ月ちょっと続けてきた。 目に見えて脇など、上半身でも上の方が引き締まった 特に大胸筋がいい感じに育ってきてる。 — リーゼル Riezelgouf 40min AEROBIKE メタルマッスル摂取してやったら、いつもより心拍数が上がるのも早いし、140以上になる時間が多かったな。 結構いいかも。 — kazuAxU kazu0410 僕以外にもメタルマッスルHMBで効果を感じている方もいるみたいですね!! おすすめの筋肉増強サプリまとめ! 以上をまとめると、摂取する優先順位が高い成分は、 HMB、クレアチン、BCAAの3種類です。 この中でも、 特にHMBは食事での摂取の難易度が高いです。 ですので、1種類だけ筋肉増強サプリを摂取するとしたら、 『クレアチンとBCAAを含んだHMBサプリ』がベストの結論だと考えています。 もちろん僕が愛用しているメタルマッスルHMBはクレアチンもBCAAもグルタミンも含んでいるHMBサプリで、他の有効成分も数多く入っている総合的に見てNo. 1の筋肉増強サプリです! しかも、メタルマッスルHMBは30日間の全額返金保証がついているので、万が一効果が出なかった場合やあなたの身体に合わなかった場合でも、お支払いしたお金を返金してもらうことができます! つまり、No. 1筋肉増強サプリをリスク無しでお試しすることができるのです! メタルマッスルHMBは僕の身体には合いましたが、あなたの身体に合うかは最終的には自分で試してみなければ分かりません。 あなたに合えばぜひ使い続けて頂いて、理想の肉体を目指して頂きたいですし、もしも合わなければ全額返金してもらえるのでお金を無駄にすることはありません。 僕はメタルマッスルHMBを含めた筋肉増強サプリに出会って人生が変わりました! 次に人生を変えるのはあなたの番です。 あなたの人生が光り輝くのを祈っています! Daido@筋トレで愛を広めたい 【自己紹介】 みなさん、初めまして! 『全力で男らしさを追求する男達のためのWebマガジン-豪道-』管理人のDaidoです。 私は中学、高校、大学、社会人と現在進行形で 14年間以上柔道を続けていて、大学時には 全国大会で優勝することが出来ました! 現在はブラジリアン柔術の試合にも参戦し、年末の大会でも 優勝することが出来ました! しかし社会人になってからは、激務や人間関係のストレスで暴飲暴食を繰り返し 15キロも太ってしまいました。 周りの人からはデブキャラ扱いをされ、ミジメで情けなくツラい毎日でした。 そんな情けない自分から脱したいと一念発起しますが、仕事の忙しさや疲れでなかなかダイエットは上手くいきませんでした… しかし、試行錯誤をして自分でダイエット法を考えたり、筋トレグッズやサプリメントを試しながら自分に合うダイエット法を見つけ、その方法を実践したら 1ヶ月で8キロ、3ヶ月で15キロのダイエットに成功しました! 現在でもリバウンドせず、さらに筋肉質な体型に変わってきています。

次の