早い対応 敬語。 「早急なご対応」の意味と使い方・類語と例文4つ・敬語表現

【1分でわかる】迅速な対応の意味と敬語表現!ビジネスメールでの使い方や例文も

早い対応 敬語

早々 そうそう の意味• 急ぐさま。 はやばや。 まもなく。 その状態になってまだ間がないこと。 急いで物事をするさま。 さっさと。 簡略なさま。 手短なさま。 急なために対応やもてなしが不十分であるさま。 粗末なさま。 あわただしいさま。 急いで書き記したことをわびる意で手紙文の末尾に添えるあいさつの語• 急いで次の行動に移る様子• その事が実現したばかりなのに、早くも次の事が起こる様子。 こちらは、 急いでる感じがありますね~。 さて、「早々」にはもう一つの読み方があります。 すなわち、「はやばや」ですね。 早々 はやばや の意味 ここでは早々のもう一つの読み方、 「 はやばや」の意味をみてみましょう。 迅速な対応ありがとうございます• 迅速な処理• 迅速に行動する• 迅速果敢 ちなみに迅速も、目上の方や先輩、上司にも使うことができます。 まとめ 「そうそう」という言葉を音で聞くと、 敬語のように思えるのですが、実はそうではありません。 日本語というのは本当に難しく、 一つ間違えればとても失礼なことになってしまいます。 先輩や目上の方、上司に使える「早速」「迅速」。 後輩や同僚、自分自身に対して使える「早々 そうそう 」「早々 はやばや 」。 ちょっとしたニュアンスの違いですが、 上手に言葉を使い分けられるようになりたいものですね。 今回は以上です。 ご参考になりましたら幸いです。

次の

早い対応のお礼を敬語で表すと?早速と早々と迅速の違いは?|ドクモバ!

早い対応 敬語

2 ともに、日本語の「対応」という言葉を具体的に「訂正すること」としたほうが相手に伝わりやすくなります。 また非が相手に会ったとしてもeメールの場合、将来どこに転送されてだれの目に留まるかコントロールできませんので文章に品位を保つようにしたほうがよいでしょう。 英文メールでのやり取りと設定しています。 1.改まったフォーマルな表現。 相手に対して be highly appreciated (とてもありがたい)と丁寧さを保ちながらも早期に訂正することを促す言い方 2.標準的な丁寧さ すぐに訂正に取りかかっていただけるとありがたいです。 work on (とりかかる) shortly (すぐに) miyanagaさんへ 5月のご質問への回答となり、大変恐縮ですが 少しでも参考になればと思い、紹介致します。 immediately は、without delay「遅れることなく」 という意味で、 Please solve the problem immediately. は 「早急に問題解決をお願いしたい」 というニュアンスです。 (というより、使わざるを得ない、という感じでしょうか) ・・・少しでもお役に立てますと幸いです。 miyanaga さんの英語学習の成功を、心より願っております。 LLD外語学院 学院長 前川 未知雄.

次の

「なるべく」の敬語表現は?ビジネスで使える言い換え・類語も

早い対応 敬語

A ベストアンサー このような場合には、急ぐ理由を明記するのが良いでしょう。 理由をはっきり書くと、相手も事情を察してくれるはずです。 たとえば、 「承知いたしました。 ただ、恐縮ですが、[社内の検討に時間がかかりそうなので]、可能な限り早めにご連絡いただきますと非常に助かります。 身勝手なお願いとは存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます」 のようにします。 []の部分は適当に置き換えてください。 : 「仕事をしていることに関しては」察することができる、という意図で、「で」よりも「は」を使うほうが自然です。 「一生懸命仕事をしていることに関しては察することができるのだが、催促はしたい」という意図を表わすことができます。 「彼が貧乏なのは知っているが、わたしも金持ちではないので援助はできない」という表現と同じです。 また、「こと」が重複する場合、主格としての「こと」は「の」に置き換えることができます。 (重複してなくても置き換えることはできますが、「こと」のほうが自然な場合もあります) 「お母さんの手伝いをすることは良いことです」を、「お母さんの手伝いをするのは良いことです」とすると日本語らしい自然な表現になります。 2. >あまりにも催促するのは申し訳ないと思うのですが、気持ちとしては早いほうが希望だということを伝えたいと思います。 : 「あまりにも」は形容動詞扱いになるため「申し訳ない」に係ります。 「非常に申し訳ないと思う」という意味になってしまうので、おそらくですが意図した文意とは異なることでしょう。 「催促する」に係るためには、副詞として「あまり」を使う必要があります。 goo. 理由をはっきり書くと、相手も事情を察してくれるはずです。 たとえば、 「承知いたしました。 ただ、恐縮ですが、[社内の検討に時間がかかりそうなので]、可能な限り早めにご連絡いただきますと非常に助かります。 身勝手なお願いとは存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます」 のようにします。 []の部分は適当に置き換えてください。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」... A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。

次の