オボロ ティガ ウォック。 【デッキ】オボロティガウォック

クソデッキ考察 〜オボロティガウォック編〜|ブライトン|note

オボロ ティガ ウォック

はい、久々にブログ書きます。 ま、見たところふつうに見えますね 謎の解釈 とりあえず事前に個人的なオボロティガウォックに対して欲しいカードの条件を言わせていただくと ・ まず入れる多色に基本的に水が入ること ・採用するパーツが7コス以下できれば6コスであること ・山札はよっぽどのことがない限りシャッフルするカードは避ける 以上になりますね。 では踏まえた上で各種パーツ解説 ・オボロカゲロウ 4 このデッキの核 4枚確定 必ず盾に1枚あるカード ・ティガウォック 4 デッキの核 その2 強い ・未来設計図 1 必須パーツだと個人的には思っています。 何故かというとオボロティガウォックのどちらかを引き込まないといけないこのデッキに置いて設計図は確定でピンでも入れるべきカードです。 新弾のガガンジョーカーズでもいいのですが見れる枚数、トリガーゆえこっちです。 マナ回収の後を考えればセイレーンコンチェルトでもいいんですけどもちょっと緑単色が欲しかったんでこっちになりました。 ・サイバーダイスベガス 4 まぁ、入るカードになります。 青単色そして このデッキのコンセプト的に通常5cコンでよくあるベガスから打つ札がないという状態が少なくなるのでかなり強い札だと思います。 ・ガロウズホール 1 ・英知と追撃の宝剣 1 2枚とも簡単な話 ベガス最強の札 色も良し 完璧 ・ GWD 2 最近流行りの赤白ミッツァイルのために増量されたカード 一言 バーナインを必ず処理ましょう。 ドープが入って轟轟轟が抜けた方ならバーナインを処理できれば相手の動きがそうとう鈍くなります。 設計図で回収したい札の1つ ・天使と悪魔の墳墓 2 初心者に絶対投げちゃいけないカードNo1 僕は友人にデュエマを始めた一週間後に墳墓専用デッキによって人生を変えられました。 4投も多いので採用 ・ テック団の破壊go 3 色良し、やること良し、コスト良し 完璧 ・2nd 1 細かい所に手を届かせるカード 握ればわかるんですけども、取り合えず軽く殴ってきたカードを倒すための札になります。 ラス打点生成も行うのでかなりいいカード ・ジャックス 1 強いよ、まじこの4コス以下破壊 スレイヤーゆえの次ターン含めればの二面処理 赤黒とかいう神色 よって確定 ・ ハムカツ団の爆砕go 1 とりあえず今の環境のGR破壊させるパワーラインは低くて3000です。 つまり確定 あとマナに送れるのが強すぎる。 ・炎槍と水剣の裁き 1 前述しましたが3000というパワーラインは今の環境にとっての一線だと思ってます。 そして赤青という色も完璧 ただ最近はこの枠を2nd増量に割くべきかもしれません。 GWDが強すぎる ・オリオティスジャッジ 1 強いんですけど、味方巻き込んだりでまぁ環境も踏み倒ししまくってくる環境な感じも少ないし手打ちもなんか最近刺さらないゆえに減量 ・ジ・エンドオブエックス 1 現環境強いカード コマンド減った関係で刺さり易すぎるただ二枚入れても手打ちをやたらめったらしたくないので1枚 ・クローチェフォーコ 1 墓地リセカード このデッキブロッカーを建てたいデッキだから尚更強い ・ホワイトグリーンホール 1 マナ回収カードその2 盾埋め、色、コスト やはり殿堂 ・ブルーホワイトホール 1 色に青入ってる多色ゆえにやっぱり入っちゃうカードになります ・サイゾウミスト 2 色、やること 全てがやばすぎるカードの1つ ・ 単騎マグナム 1 ・音精ラフルル 1 夫婦 強すぎる ・ 魔天降臨 1 マナ回収カードその3 これないとビマナ系のデッキを完全に見切れないんや許してほすぃ、あと強い ・滅亡ルーレット 1 多分みんなが困惑したカードだと思います。 とりあえず効果書いときますね。 自分の手札を相手に見せ、その中から選んだ数字と同じコストのカードをすべて捨てる。 その後、相手は自分自身の手札を見せ、その中から選んだ数字と同じコストのカードをすべて捨てる。 まぁつまり革命チェンジで帰ったものだったりサーチしたカード落としたり、ロストマインドじゃ無理なシノビとかを軒並落としたりします。 序盤ならめんどくさいカードを指定することでないかの確認。 あと魔天降臨した後ならほぼ手札把握してるんで中盤後半も割とやります。 なんだろう剣が生きてたら環境に入ってた気もするカードですかね、ロストマインドは刺さり悪くて入ってません。 ロストソウルはマナをそこまで伸ばしたくないです。 あとこちらのハンドを見せる行為がアド損になりかねないと感じるでしょうが、次ターンにオボロ起動できれば一瞬で手札を謎めいたことにすることが可能です。 ニコルボーラスはそのために3枠も開けたくなかったんで入りません。 ・ミッツァイル 1 GR召喚最強のカード 何故かといえば、オボロティガウォックで最悪ジャスキルを瞬時に組み上げたい場合こいつはまじで神兵器、オボロティガは割と並ぶんでピン刺ししとくとプランの1つとして考慮するに値するカードです。 ・マル 1 お守り やっぱり殿堂だよ、このカード 超次元 ・生姜 1 いつもの ・プリンプリン 2 かわいい ・メリーヤン 1 ブロッカー ・ヴァルグサンダー 1 やっぱり入れる ・ガンヴィート 1 ガロウズホール ・ 1 オボロのお陰で覚醒します ・ 1 墓地にいったオボロ蘇生 GRカード ・フォーユー 2 ミッツァイルだと横並びするのでこのカードはドドドより強くなります。 ・オクタン 2 クソ強カード 見切れました、すみません。 採用枚数の調整についてはですが、とりあえず条件としてオボロティガウォックは採用したカードが2枚あれば 引けるカードになります。 つまりよっぽどのことがない限り3枚以上は入れなくても引き込めると思います。 これがオボロティガウォックの醍醐味みたいなところで2枚入れれば4枚入れたのと同じかそれ以上な感覚になります。 やばくない? つまりオボロティガウォックパッケージで8枚残り32枚に対して最低16種類のメタやフィニッシャーが入るデッキ強くない? それ故にヒラメキボーラスはあれだけで3枠取られたので不採用になったのですけども... だから基本的に好きなコンセプトでやれるデッキになります。 今後入れたいパーツ キリモミスラッシュ ジャスキル生成 今回はミッツァイルですけども 一応交換枠 メガマナロックドラゴン 母数が増えたら入れるよう割く枠は滅亡ルーレット リバイヴホール 言わずと知れた強いホール、まぁ特に割きたい枠ないのできついですがやはり強い ヴォズレック ミラーの時にオボロカゲロウを叩き落とすのに使う札 オボロが叩き落ちるとめちゃんこきついです。 とりあえずこんな感じですかね? ちなみに対面不利は圧倒的にドロマーと緑黒ゲドンなどのとメタクリーチャーをきっちりしてくるデッキはきついです。 とりあえずGWDが先に一枚殴っているので大体こんな感じになります。 だからやっぱり2ndは2枚になりそうです。 これを成立するのを目指し1つ1つ準備をしていくのがこのオボロティガウォックになります。 やっていけばいずれ慣れます。 環境に順次対応していくデッキですので自分は最近ならこれというだけです。 以上で前編 受けるオボロティガウォックでした。 kaizouya1234.

次の

クソデッキ考察 〜オボロティガウォック編〜|ブライトン|note

オボロ ティガ ウォック

絶海の虎将 ティガウォック SR 水文明 7 クリーチャー:ムートピア 6000 このクリーチャの召喚コストを、このターン自分が引いたカード1枚につき1少なくしてもよい。 ただし、コストは0以下にならない。 ブロッカー W・ブレイカー このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを3枚まで引く。 で登場した。 する前に引いていたの枚数だけしてでき、さらに登場時に3もできる攻撃可能。 召喚コストの軽減はターンの最初にドローしたことを含め、最低でも1マナ軽減できる。 の枚数が多いため、速攻による息切れの心配がない。 また、も持っているので、自身の守る壁としても使える。 このクリーチャーを出した後にもう一枚の《ティガウォック》を引き当てれば、そののはさらに少なくできるので、が十分に残っていれば、更なる召喚とが可能。 効果判明当初からとの相性の良さが指摘されており、実際を利用すれば3ターン目に簡単にに出すことが可能である。 2ターン目までしてする場合であっても、3ターン目にととこのカードとで5打点を形成することができ、そのまま3ターン目のにでを入れてから、4ターン目に総攻撃してダイレクトアタックを加えることができる。 そうでなくとも増えた手札を活かして軽量を並べて盤面を整えつつ相手を妨害することが可能なので、システムクリーチャーを集めたデッキであるオボロセカンドの戦略と一致している。 自前のによるでに出た場合はのによる規制を受けない。 さらに、パワーラインの都合上《オニカマス》のを活かしたもシャットアウトでき、やによるにも引っ掛からない。 登場時点の環境的に見ても恵まれたカードといえよう。 このカードによって増えた手札を活かして脇に立たせた水か光のクリーチャーをに革命チェンジすると詰めの性能が格段と高まる。 《ラフルル》はこのカードの登場から間もなく2018年3月1日に殿堂入りに指定されたが、《ラフルル》が殿堂入りしたからこそこのような早期に利用可能な手札補充手段が登場したとも取れる。 ではこのカードの登場以降、これとを連打し、それらととを複合することによって自然な形でデッキ内のカードすべてに干渉することが容易になった。 このように《ラフルル》と一緒に殿堂入りとなった共々強引に引っ張ることが可能であり、さらにで盾落ちをケアすればこの2つのがそれほどのハンデにならない。 程無くしてがに発展的解消するあたり、このカードの影響力が分かるだろう。 との並びでは、パワーラインの関係上のから自身を守れる。 の猛攻から自身のでを守り、手札が切れてジリ貧になった側を増えた手札からキャストした2枚目以降のこのカードやでブロッカー化したなどによって制圧することも不可能ではない。 そうなるとの封印は怖いが、やはり増えた手札で用意したで返せば問題ない。 モデルは大型の肉食淡水魚「ゴライアス・タイガーフィッシュ」だと思われる。 名前には「鏡の国のアリス」において語られる怪物、も含まれていると思われる。 収録セット [ ]• illus. 参考 [ ]•

次の

オボロティガウォックにハマって頭が悪くなった話 後編

オボロ ティガ ウォック

デッキリストがぐちゃぐちゃでおもちゃとして見られがちなデッキですが、僕自身の個人成績としては、7月のモルトNEXT期から現在にかけて2回優勝し、数回ベスト8以上の成績を獲得することができています。 一般的なイメージとは裏腹に、意外と環境に勝負できるデッキなのです。 好きなカードを何種類でも採用でき、しかもちゃんとプレイすることができる。 ターン開始時のドローと 《月光電人オボロカゲロウ》のドロー効果で、 《絶海の虎将 ティガウォック》のコストを最大6軽減することができます。 これによって、 《絶海の虎将 ティガウォック》を最低1コストで召喚し、3枚ドローしてデッキを回していきます。 基本的には、4ターン目に水マナ2枚を含む4文明を用意し、 《月光電人オボロカゲロウ》を召喚。 残り2マナで、ターン開始時のドローと 《月光電人オボロカゲロウ》の4ドローで5コスト軽減された 《絶海の虎将 ティガウォック》を2マナで出して3枚ドローを目標に動きます。 この一連の行動によって、1ターンに合計8枚のカードをドローすることができます。 ドローしたカードすべてを手札に加えることはできませんが、自分の山札を掘り進めることができて、相手のデッキに対応したカードを手札に残し、使わないカードを山札の下に戻すことができます。 このコンボを決めることで、その次のターンも同様のコンボを決めやすくなり、再びデッキの中身と手札を整えながら盤面を作ることができるのです。 非常にデッキの回転が速く、中盤にはデッキが一周して、何が山札に残っているかすべて把握することができる上に、欲しいカードを手札に引き込むといった展開が簡単にできるデッキです。 なので、特定のデッキをメタするような採用枚数が少ないカードでも、明確に使いたいタイミングで使うことができるので、様々な対面に対応できるよう、採用するカードを散らしていることが多いです。 デッキリストは不思議な形になりがちですが、それこそが【オボロティガウォック】の強みで、 採用カードを散らすことが肯定されるという、他のデッキにはない珍しい長所なのです。 コンセプトを決める オボロティガウォックには無数の型が存在します。 ひとまとめに【オボロティガウォック】といっても、ビルダーそれぞれに違ったコンセプトがあるので紹介しきれません。 オボロティガウォックのエンジンでどんなカードでも引き込むことができるので、使いたいカードやコンボ、どんなものであってもデッキコンセプトにできるのです。 超GRゾーン、超次元ゾーンどちらも使いこなすことができますし、城やクロスギア、D2フィールドなど、多種多様なカードをデッキに採用することができます。 コピーして デッキを作成する• 今回は光抜き4色でカードパワーを引き出す構築にしました。 オボロティガウォックのギミックで手札リソースを確保し、GR召喚を連打することを意識しています。 序盤~中盤は、 《天災 デドダム》や 《超GR・チャージャー》、 《月光電人オボロカゲロウ》+ 《絶海の虎将 ティガウォック》を使ってマナと手札のリソースを確保し、 《解罪 ジェ霊ニー》を無月の大罪で召喚して相手を妨害。 中盤~終盤に差し掛かったら、増えたリソースを使って 《MEGATOON・ドッカンデイヤー》で大量にGR召喚し、GRクリーチャーを出し切ります。 以降、 《ヨミジ 丁-二式》で墓地に落としておいた 《解罪 ジェ霊ニー》を蘇生し、 《ヨミジ 丁-二式》をGR召喚。 再び自身を破壊して、 《解罪 ジェ霊ニー》を蘇生。 これを繰り返しループさせて、 《解罪 ジェ霊ニー》の効果で相手の手札をすべて捨てさせます。 《ヨミジ 丁-二式》で 《破壊の儀》と 《復活の儀》を達成し、 《MEGATOON・ドッカンデイヤー》で捨てた手札で 《墓地の儀》を達成。 《解罪 ジェ霊ニー》で相手の手札をすべて捨てさせ、 《手札の儀》を達成。 《マリゴルドIII》や《クリスマIII》の効果で、 《単騎連射 マグナム》と 《奇天烈 シャッフ》にアクセスし、相手のトリガーを阻止する手段を持っておきます。 ターンをまたいで殴り勝つデッキです。 》のような強力な受けも搭載されているので、ヘンテコなデッキに見えて意外としっかりしています。 文明配分も、自然12枚、闇12枚、火10枚、水22枚となっており、3ターン目に 《天災 デドダム》を出しやすくするほか、オボロティガウォックのコンボに必要な水マナの確保も容易になっています。 このように、オボロティガウォックというコンボには無限の可能性が秘められています。 僕自身かなり色んなカードを認識して、色んなギミックを考えて、所謂クソデッキといわれるデッキをたくさん作ってきましたが、まだまだ知らないコンボがたくさんあると思います。 試してみるのはいいことです。 失敗は必ず次のデッキ製作に活かされます。

次の