いとや旅館。 糸魚川市内の宿一覧

いとや旅館の宿泊予約なら【フォートラベル】の格安料金比較

いとや旅館

家族経営のこじんまりとした旅館です。 ロビーには大きなソファーがあって本やキッズスペースがあってくつろげる雰囲気。 館内は至る所にヒーターが設置されていました。 お部屋は綺麗で、エアコンがついていて暖かく、布団には電気毛布も敷かれていました。 トイレは共同ですがウォシュレットつきです。 お風呂は温泉ではありませんが、貸切にできて家族でゆったり入れました。 夜ご飯はお隣の居酒屋で食べます。 日本酒のラインナップが素晴らしく、ご主人も詳しくて色々教えていただきました。 食事も山形風芋煮など地元の食材を使った美味しいごはんで大満足でした。 朝食会場では給仕のおばあさんと楽しく会話しながら、ガス炊きの美味しいつや姫のごはんを食べました。 全体的に暖かい雰囲気の宿で1泊2食付きの価格もお安く、ぜひまた宿泊したいと思う旅館でした。

次の

白鳥町 石徹白地区でのお泊まり

いとや旅館

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2016年8月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2016年8月) 旅館(りょかん)とは、宿泊料を受けて人を宿泊させるためので、通常は和式の構造及び設備を主とする宿泊施設のことを指す。 日本旅館ともいう。 旅館の種類には、利用や行楽利用主体の旅館や旅館、割烹旅館(旅館)などのほか、都市部にあるや利用主体の商人宿(など)がある。 一般には中〜大規模の施設から個人・家族的な小規模で行われているものまである。 このうち、個人のと同じような構造のものや、宿主が他の産業を主体とした兼業の場合は、と名乗ることがある。 旅館のロビー 旅館営業の施設の構造設備の基準については、旅館業法施行令で次のように定められている(旅館業法施行令1条2項)。 客室の数は、5室以上であること。 和式の構造設備による客室の床面積は、それぞれ7平方メートル以上であること。 洋式の構造設備による客室は、前項第2号に該当するものであること(ホテル営業における洋式の構造設備による客室の基準を満たすものであること)。 宿泊しようとする者との面接に適する玄関その他これに類する設備を有すること。 適当な、、、及びの設備を有すること。 当該施設に近接してがある等入浴に支障をきたさないと認められる場合を除き、宿泊者の需要を満たすことができる適当な規模の入浴設備を有すること。 宿泊者の需要を満たすことができる適当な規模の洗面設備を有すること。 適当な数のを有すること。 当該施設の設置場所が等の敷地の周囲おおむね100メートルの区域内にある場合には、当該学校等から客室又は客に若しくは射幸心をそそるおそれがある遊技をさせるホールその他の設備の内部を見とおすことをさえぎることができる設備を有すること。 その他都道府県がで定める構造設備の基準に適合すること。 営業施設の名称 [ ] 旅館業を経営しようとする者は、(保健所を設置する市又は特別区では市長又は区長)の許可を受けなければならない(旅館業法3条1項)。 この際には申請書に営業の種別(旅館業法上のホテル営業、旅館営業、簡易宿所営業、下宿営業の種別)を記載しなければならないが、これとは別に営業施設の名称も記載することとなっている(旅館業法施行規則1条)。 したがって、営業の種別については旅館営業として申請している場合であっても、営業施設の名称については「旅館」、「民宿」、「」、「」など経営者の設定に委ねられている為、実際には各個のイメージ戦略などから規模の大小、経営形態に関わらず自由に名乗っているのが実情でもある。 そのため、「旅館」、「民宿」、「ホテル」、「ペンション」などの線引きは曖昧である。 なお、許可の際の構造設備の基準など法令の適用については、営業施設の名称ではなく経営者の申請した営業の種別にしたがってなされることになる。 洋式のホテルと和式の旅館が混在しているという意味も含めて、独特のと考えられる。 特徴 [ ] 要件ではなく、例外もある。 日本において和の風雅を感じさせてくれる場所として貴重な存在といえる。 にある料理玉半の伝統的な朝食。 焼き、関西風、、紙鍋の湯 ? をコンロを付け、その側にはととが味付けの為に添えられる。 さらにとと酢漬けの白瓜の、。 黒い椀の中は。 客室 客室が畳敷きの和室であり、一部屋二人以上の設定である。 商人宿と呼ばれる比較的低価格のビジネス利用主体の旅館(いわゆるビジネス旅館)では、古くから1人1部屋利用が比較的多いが、観光旅館や温泉旅館では(とくに高級旅館の場合)、1部屋を2人以上で利用することを前提とした運営となっているところが多く、1人での宿泊を認めない場合も多い。 泊まれたとしても1部屋の1人利用は大幅に割高にならざるを得ないのが現状である。 ただし、原則2人以上での宿泊のみを認めている観光旅館や温泉旅館でも、が旅館と契約して行なっている一人旅向けの宿泊プランで予約すれば、1人1部屋の宿泊ができるが、やや割高の感は否めない。 一方、ホテルの場合1人で利用する客も多く、シングルルームの利用やツインルームの空室をシングルユースすることもある。 客室のには茶筒に入ったや、、の上または座卓上に湯の入ったまたはが用意され、利用者がを入れて飲むことができる。 茶筒・急須・湯呑茶碗はに収納されている。 さらにはも座卓上に用意されている場合が多い。 同様のサービスは民宿でも行なっているところがある。 和室の宴会場 団体客の場合、夕食の宴会はつき物といえる。 共同浴室中心 ないし室内大浴場を備える。 最近では、高級旅館を中心に部屋の普及が進み、露天風呂付きの客室を売り物にする旅館もみられるようになってきた。 ただ、温泉旅館の場合、から供給される湯量に制限があり、客室付きの露天風呂が実際に「」であるかは確認が必要である。 また、歴史の古い木造旅館では部屋風呂の設置が構造上困難な場合もある。 部屋着として浴衣の使用 旅館では一般に、利用者に貸し出すであるを客室内に用意している。 ただし、商人宿では浴衣を用意していないところも少なくない。 寒い時期には、上着として(気軽にはおれ丈が短い)や(防寒性が高く丈が長い)が添えられる。 や宴会場など、館内で着用可であるのはもちろん、温泉街では浴衣で外出することも可能。 かつては宿に内風呂が無く、入浴には共同浴場に通うような湯治場もある。 温泉街では一般的にみられる傾向である。 また現在では旅館のPRにもなるうえ、温泉地の湯の町情緒の向上にも一役買っている。 一歩部屋を出るにも外出に相応しいであることを要求されるホテルとは異なる点である。 温泉街の旅館では、浴衣を着て外出する宿泊客のために、やも貸し出している。 接客 接客係は、部屋への案内のほか、布団の上げ下げや食事の提供などを客室で行う。 その際には客の要望を聞き注文を受けるなど、きめ細かいサービスを行うのが特徴である。 旅館の管理者である、 女将(おかみ)が客へのサービスや営業上重要な役割を担っている場合が多い。 ただ、これは地域によって流儀が異なる。 大概女将は、経営者の妻または女性経営者である。 接客の際はであるのが通例である。 また、高級旅館あるいは伝統を重んじる方針の旅館では、女性接客係である (なかい)が各部屋での接客を担当する。 服装は女将同様に和装であることが多い。 一泊二食付きの料金設定 前述のとおり客室が和室であるが、通常は宿泊料金が代込みとなっており、多くは夕食・朝食ともに込み(一泊二食付き)の設定となっている。 これに対しホテルの場合、食事の有無は選択できることが多い。 しかし、素泊まり(食事なし)や夕食のみ、朝食のみでの宿泊を認めている旅館もある。 ビジネス客主体の商人宿(駅前旅館など)、今日のビジネス旅館では食事なしの「素泊まり」又は朝食のみの設定のことも多い。 食事 食事のメニューはあらかじめ旅館側が決定しているが、客の体質に合わせてメニューを調整する旅館もある。 最近では、数種類の食事プランが用意されて、宿泊客が選択できる旅館もある。 料理旅館のみならず、観光旅館や温泉旅館でも、や地元名産のを用いた料理など、食事の質の高さをセールスポイントとしている旅館が多い。 配膳は、仲居が客室内まで運んでで供する(あるいは座卓上に配置する)、いわゆる「部屋食(へやしょく)」が本来の形式であるが、省力化や多様な献立を提供するためなどの理由から、平成以降は特に館内の大広間やで供するところが増えた。 原則部屋食の旅館でも、多人数の団体には客室でなく宴会場などの大広間で供する場合が多い。 サービス利用時間の制限 食事の時間や共同浴場利用の時間帯が指定されることが多い。 営業システム・予約システム・インターネットでの情報提供 等の直接予約のほか、旅行代理店や観光案内所を通じた予約もできる。 インターネットでの空室情報の確認、やなどの旅行サイトを通じて予約できる施設も増えてきた。 宴会における芸者・コンパニオン 宴会に・を呼ぶことがある。 等には昔は芸者、現在ではコンパニオン派遣業者があり、需要に応えてきた。 現状 [ ] ターゲットを外国人に切り替えた旅館 宴会ブームの崩壊で、都心に近い観光地の高級旅館、ホテルは経営が苦しくなっているといわれ、ブームの最中に建設された施設の中にはや閉店に追い込まれた施設も出ている。 部の旅館も、ビジネス客のへのシフトや、によるの減少やホテルへのシフトによって経営の苦しい施設が多く、ビジネスホテルに転じた施設が多い。 反面、宴会を主としない固定客を持つ者も多く、これらの多くはバブル期以前に建設された物が殆どである。 安定した入り客があるため経営状態も安定している。 固定客が多い為、大々的なを出さずとも経営の成り立っている旅館も多々ある。 古くからの旅館によっては経営者のが進み、少子化の影響で後継者ができず、次世代の代替わりが行えない業者も出ている。 収支面では経営が成り立っていても、後継者問題で閉店になるケースも見受けられる。 特殊なケースでは、和室の低価格宿泊施設(いわば)を売りにやを主なターゲットに切り替え、成功を収めたところもある。 自炊旅館 [ ] かつて湯治宿では自炊が基本であったが、次々に観光旅館へと姿を変えた()。 温泉街には通常の旅館の他に、 自炊旅館が存在する。 これは、宿泊場所を提供するだけでその他のサービスを省くことにより、のために長期滞在できる旅館のことである。 「湯治」目的を除けば、外国でのコンドミニアム、あるいは日本のに似ている。 温泉街には歓楽的なものと古くからの湯治場と二つの場所があり、湯治場にはや自炊旅館がある。 自炊専用旅館でなくても、普通の旅館に「自炊部」を設けている旅館もある。 自炊旅館は旅館部屋を賃貸のように貸し出すが、1泊単位で宿泊料金が決まっている。 宿泊期間は個人差があるが、大抵1週間以上から長くて2ヶ月程度である。 入浴料と電気代は宿泊料金に含まれているが、それ以外の貸し出し料(布団持込の場合は不要)、冬季なら、などの暖房器具貸し出し料、炊事用に利用のためのガス代を徴収される。 滞在中の部屋の掃除は行われないので、宿泊者自身で行う。 洗濯は館内にあるコイン式を利用する。 旅館には館内に売店があり、調味料や缶詰などの食料類や石鹸や洗濯洗剤がおいてある。 肉・魚・豆腐などの生鮮食料品は外部の業者がに来るのを利用する。 の「鉄輪(かんなわ)温泉」では「貸間旅館」と称し、一般の旅館に近い部屋やサービスがある例があり、また低価格の公衆浴場を利用することや、「」という温泉の蒸気で食物を蒸す名物料理が楽しまれている。 老若男女に親しまれているシステムである。 的といえるようになり、雰囲気作りに重要なアイテムがあることで成功した部分がある。 更には浴衣の再評価にまでつながり副次的効果も出た。 城崎温泉自体はに近くさほど不利ではないが、努力が文化まで動かした例である。 温泉旅館は変動もあり、もともと高収益な事業構造ではないが、施設・設備の更新競争・大型化のため、借入を重ねてきた。 エージェントもそれを推奨してきた。 また、も地域の有力なとして貸し込んできた。 このため、一般に借入過剰となっている。 旅館をメインにした作品 [ ]• - 1989年• - 1994年~• - 1995年• - 1999年〜2005年• - 1999年• - 2001年• - 2003年• - 2003年• - 2005年• - 2007年• - 2007年• - 2008年• - 2010・2011・2014・2015年• - 2011年 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 日本の旅館施設の環境衛生等に関する規定• - 創業西暦705年 慶雲2年 の世界で最も歴史のある旅館 世界で最も古い企業でもある 外部リンク [ ]• 春秋堂, 1902.

次の

いとや旅館の宿泊予約なら【フォートラベル】の格安料金比較

いとや旅館

家族経営のこじんまりとした旅館です。 ロビーには大きなソファーがあって本やキッズスペースがあってくつろげる雰囲気。 館内は至る所にヒーターが設置されていました。 お部屋は綺麗で、エアコンがついていて暖かく、布団には電気毛布も敷かれていました。 トイレは共同ですがウォシュレットつきです。 お風呂は温泉ではありませんが、貸切にできて家族でゆったり入れました。 夜ご飯はお隣の居酒屋で食べます。 日本酒のラインナップが素晴らしく、ご主人も詳しくて色々教えていただきました。 食事も山形風芋煮など地元の食材を使った美味しいごはんで大満足でした。 朝食会場では給仕のおばあさんと楽しく会話しながら、ガス炊きの美味しいつや姫のごはんを食べました。 全体的に暖かい雰囲気の宿で1泊2食付きの価格もお安く、ぜひまた宿泊したいと思う旅館でした。

次の