引越し業者 見積もり。 引越し 見積もり注意点およびアドバイス

引越し一括見積もりサイトってヤバイ?失敗した人がいるってほんと?

引越し業者 見積もり

単身向けのお引越 迷ったらコレ!お得で便利なアートのパックをご利用ください 多くのお客さまのお引越しをお手伝いしてきた、アート引越センターの知識と経験から生まれた引越しパックです。 お引越しの大型家具などの梱包からセッティングまでの 基本作業をまとめた標準的なお引越しコースです。 荷造り・荷解きをお客さまに行っていただくかどうかで、コースが分かれます。 学生の方のためのお得なプランです。 入学にも就職にも帰郷にもぴったりのお手軽なパックです。 「女性の声から生まれたレディースパックなら、安心してまかせられる」と好評です。 女性スタッフだけでおこなう、これまでにない女性のための、女性によるお引越しです。 60歳以上のお客さまのお引越しには「暮しの整理士」が お客さまのご相談内容にもとづいて整理・整頓などをアドバイスいたします。 また、お部屋の模様替え、インテリアのご相談などについてもアドバイスいたします。 ご家族向けのお引越 二人以上のお引越しならこちら!お客さまにぴったりなパックをお選びください 条件別のパックで迷うなら、まずは「おまかせパック」を確認してみてください• お引越しの大型家具などの梱包からセッティングまでの 基本作業をまとめた標準的なお引越しコースです。 荷造り・荷解きをお客さまに行っていただくかどうかで、コースが分かれます。 60歳以上のお客さまのお引越しには「暮しの整理士」が お客さまのご相談内容にもとづいて整理・整頓などをアドバイスいたします。 また、お部屋の模様替え、インテリアのご相談などについてもアドバイスいたします。 2020年6月 グループ情報 2020年6月 グループ情報 2020年6月 グループ情報 2020年5月 グループ情報 2020年5月 グループ情報 2020年2月 CM・タイアップ 2020年2月 お知らせ 2020年2月 アニメーション 2020年2月 アニメーション 2019年12月 グループ情報 2019年12月 グループ情報 2019年10月 お知らせ 2019年10月 お知らせ 2019年10月 CM・タイアップ 2019年8月 グループ情報 2019年7月 キャンペーン デザインリニューアル!ご成約でもれなくもらえる!ミッキーマウス90周年記念デザイン アートオリジナルボトルをプレゼントは、ご好評のうちに終了いたしました! 2019年5月 グループ情報 2019年4月 キャンペーン 大好評につき第3弾!ご成約でもれなくもらえる!ミッキーマウス90周年記念デザイン アートオリジナルボトルをプレゼントは、ご好評のうちに終了いたしました! 2019年3月 キャンペーン 第2弾!ミッキーマウス90周年記念デザイン アートオリジナルボトルプレゼントは、ご好評のうちに終了いたしました! 2019年2月 CM・タイアップ 2019年2月 お知らせ 2019年2月 アニメーション 2019年2月 お知らせ 2018年12月 グループ情報 2018年12月 お知らせ 2018年10月 CM・タイアップ 2018年10月 お知らせ 2018年10月 お知らせ 2018年4月 キャンペーン 2017年9月 CM・タイアップ 2017年8月 CM・タイアップ 2017年6月 CM・タイアップ 2016年12月 グループ情報 2016年9月 グループ情報.

次の

結局、安い引越し業者はどこなの?【2020年7月版】

引越し業者 見積もり

引越しの見積もりを取るにはそれなりに時間がかかります。 新居の鍵渡しの日が分かって、引越し日を決めたらなるべく早く引越し業者から見積もりを取りましょう。 自分の引越しに引越し業者の訪問見積もりが必要かを見極める 引越し業者から引越しの見積もりを取る際、引越し業者が家に来て引越し荷物となる家財を見て見積もりを出すという手法が一般的です。 この引越し業者のには、引越し業者一社に付き1時間程度の時間がかかります。 この引越し業者の、実は引越しをするすべてのユーザーに必要なわけではありません。 自分の引越しに引越し業者のが必要かどうかを見極めて、引越しの見積もりを効率よく取りましょう。 荷物が少ないユーザーは訪問見積もりは必要ない ワンルームにお住まいの一人暮らしで荷物が少なめのユーザーはが必要ありません。 一人暮らしのワンルームや1Kといった間取りのお部屋の場合、一般的には「20平米〜25平米」のものがほとんどです。 その生活空間にある家具、家電は引越し荷物のリストにするのも容易で、その点数も少ないでしょう。 また、一人暮らしのワンルームや1Kのお部屋から引越しをする場合、荷造りに必要なダンボールは10箱程度です。 引越しの荷物の総量がわかっていれば、は必要ありません。 引越しの最安値を引き出せるのは訪問見積もり まずは引越し業者を呼んで見積もりをしてもらいましょう。 引越しの最安値、引越しの底値を引き出したいなら引越し業者の無料サービス「」をお勧めします。 荷物の少ない単身、一人暮らしの方でもを依頼したほうが引越しの料金が安くなります。 電話の聞き取りだけで見積もりを取ると、引越し業者は実際の荷物より多めに見積もっています。 引越しの荷物を多めに見積もるということは、当然、引越しに使用するトラックも大きくなってしまいます。 引越し当日、荷物の積み残しなどが出ないようにするためです。 必要以上の大きさのトラックを使用することで、引越し料金も割高になってしまいます。 引越し業者のを利用すると、引越し荷物の総量に応じたちょうどよいサイズのトラックでの引越しが可能になります。 他にも引越し業者に訪問してもらって見積もりを出してもらうとダンボールが無料でもらえます。 これも引越し業者にをしてもらう得点です。 時間の許す限り引越し業者にを依頼して、実際に荷物を見てもらって見積もりを出してもらいましょう。 午前中に全て終わらせるつもりで見積もりの時間を調整する 引っ越し業者に見積もり依頼するときには、見積もりの時間をこちらから誘導する 引越しの見積もりは引越し業者一社につき1時間くらい時間がかかってしまいます。 大事なお休みを一日つぶしてしまうのはもったいないことです。 電話で引越し業者にを依頼するときは、見積もりの時間をこちらから誘導しましょう。 の時間は引越し業者一社につき1時間くらいずつずらして時間の調整するとスムーズに事が運びます。 うまく時間を調整すれば3時間ほどで複数の引越し業者から見積もりを取ることができます。 引越しの一括見積もりサイト「」なら、見積もりをお願いする引越し業者を自分で選ぶことができます。 引越し業者から電話をもらう時間帯や、を取る日時も指定できて、時間の節約になります。 引越しの見積もりだからって部屋の中を片付ける必要なし 訪問見積もりに来る引越し業者の営業マンは、通常の生活空間を頭の中で荷造りしてトラックの大きさを測っています。 「引越し前だから散らかってるのは当然!」とも、考えていますから部屋を片付ける必要はありません。 荷造りは見積もりが終わって引越し業者を決めてから始めましょう よくの際に半ば荷造りを始めているユーザーがいます。 見積もり前に荷造りを始めるのは無駄になってしまうことがあります。 荷造りを始めるのはサービスを依頼する引越し業者が決まって、ダンボールを貰ってからで遅くありません。 各引越し業者によって荷造りの仕方の指示に違いがあります。 タンスの中の衣類を全て出して、ダンボールに詰めるように指示してくる引越し業者もあれば、タンスの中の衣類はそのままで運ぶ引越し業者もあります。 荷造りの仕方によっては、せっかくダンボールに詰めたのにまた詰めなおさなければならないこともあるのです。 見積もりまでに荷造りはしなくてよいですが、引越しを期に捨てるようなものがあれば、見積もりの前に捨てておきましょう。 見積もりの日までに捨てておいたほうが、正確で安い見積もりが出るでしょう。 見積もりの時はどの業者にも引越し当日の打ち合わせのつもりで話をする 引越し業者は訪問見積もり以降、引越し当日までユーザー宅に伺うことはありません。 伺ったとしても引越し作業員がダンボール配達に来るくらいで話をする暇などありませんし、ダンボール配達に来る引越し作業員はユーザーの引越しについて何も知りません。 基本的に引越し業者は見積もり以降、引越し当日までユーザーの家に行かないのです。 つまり、の時に引越しに関するすべての打ち合わせをしてしまうのです。 見積もりが終わって引越し業者が帰った後、引越し業者の担当営業マンに電話していろいろ聞きたくても外出しっぱなしでなかなかつかまりません。 これでは引越し当日まで不安になってしまいます。 面倒でも全ての引越し業者にのタイミングでこちらの要望をすべて言いましょう。 引越しの見積もりは引越し当日を含む引越しまでの打ち合わせでもあすのです。 引越しの見積もりは引越しまでの準備と引越し当日の打ち合わせでもある 引越し業者の訪問見積もりでは一社ごとに結論を出す 引越しは定価がありませんから、同じユーザーに対する見積もりでも引越し業者によって引越し料金が違います。 ですから、引越し業者一社だけの見積もりでは、その引越し料金が適正な価格かわかりません。 そこで、複数の引越し業者から見積もりを取るが一般的になっているのです。 引越し業者に訪問見積もりを予約する際、初めは2社だけにしておく 引越し業者一社に付き1時間もかかってしまうを1日のうちに4社も5社も予約するユーザーがいます。 ユーザーの引越しの見積もりをまとめて取りたいという気持ちもわかります。 しかし、結果的にはどの引越し業者も同じような引越し料金を提示して帰ることになるのです。 そこで、結果的に2番めにをした引越し業者に決めたとしたら、3番目と4番目と5番目の訪問見積もりの時間は無駄になってしまいます。 引越しというサービスでは定価がないためが必要なのですが、2社の引越し業者から見積もりをとっただけでも適正な引越し料金かを調べるというの目的は果たされています。 2社の引越し業者のうちどちらにするかよく考えて判断し、どちらの引越し業者とも納得いかないときに初めて3番めの引越し業者にの予約を入れましょう。 これで引越しのにかかる時間がかなり短縮されます。 たくさん取った見積書がどの引越し業者のものだったか解らなくなる 1日のうちに4社も5社も引越し業者のを取ると、どの見積もりがどの引越し業者だったかわからなくなってしまいます。 結果的にどの引越し業者に依頼するかの大事な判断材料が曖昧になってしまうのです。 例えば、処分品を引き取る引越し業者が3社、処分品は引き取らない引き取らない引越し業者が2社だったのに、どの引越し業者が処分品を引き取るのだっかわからなくなってしまったり、タンスの中身を出して運ぶ引越し業者と、タンスの中身が入ったまま運ぶ引越し業者があったが、どの引越し業者かわからなくなったなど、引越し業者を決めるのに大事な事柄が曖昧になってしまいます。 訪問見積もりの時に引越し当日の打ち合わせができてなくてうまくいかないことも 複数の引越し業者から一気に見積もりを取ると、引越し業者一社ごとの印象が薄れてしまいます。 引越し業者の営業マンはどの引越し業者もみんなスーツを着ていて物腰の柔らかい印象です。 に来た営業マンの印象を引越し業者別に覚えておくことだって大変なのです。 引越し当日、のときに引越し業者の営業マンが言ったこととサービスの内容が違うとユーザーが訴え、担当した営業マンが引越しの現場に駆けつけると、ユーザーが他社の営業マンと勘違いしていたことが分かったなんてことも多々あります。 は引越し当日の打ち合わせでもあるのです。 引越し業者のを複数取る場合、引越し業者一社のが終わるたびにその引越し業者に依頼するかしないかを判断し、その引越し業者には依頼しないと決めてから次の引越し業者に訪問見積もりの依頼するようにして引越しの見積もり自体にかかる時間を短縮しましょう。 引越しの一括見積もりは電話攻撃の的になることも・・・ インターネットによくある「一括見積もり」。 何かと便利そうな気がしますが、実際には「申し込んだらすぐに多数の引越し業者から電話が来て困った」という話を聞きます。 誰がいつ引っ越すかなんて、引っ越す本人と不動産屋さんくらいしか知らないのです。 その情報をインターネットから各引越し業者に流すわけですから、多くの引越し業者が電話したくなるのは無理もない話です。 引越し業者はいつも、ひたすら電話を待っているのですから。 一括見積もりを利用する際に連絡が取れる時間帯を指定するなどしておけば、ある程度効果があります。 見積もりに呼んだ引越し業者の数だけ断りが必要です 見積もりに来るのは営業マンです。 食い下がりますし、粘りも相当なものです。 断りを言うのもひと苦労です。 やみくもに引越し業者をたくさん見積もりに呼んでも、断るのが面倒になるだけです。 「見積もりを10件呼んでます」なんてお宅は、引越し業者の営業マンも「この引越し受けちゃまずいんじゃないか」「このお宅、クレーマーなんじゃないか」 と、疑ってしま います。 なにごともほどほどに・・・ 引越し見積もりなっとくドットコムなら、見積もりを依頼する引越し会社を数を問わず自由に選べます。 また、引越し業者から連絡を貰う時間帯を指定できますので、一括見積もりの申し込みと同時に電話が鳴りっぱなしということもありません。 まずは引越し業者に見積もりを依頼してみましょう。 中古のダンボールはもらっておく ほとんどの引越し業者は、無料で新品のダンボールを用意してくれますが、このほかにも無料で中古のダンボールを分けてくれます。 これは引越しが終わったお宅から回収したダンボールで、比較的ダメージが少ないものを選りすぐった物です。 この中古のダンボールはもらっておきましょう。 靴などのそう気にならない物を詰めるも良し。 切って、仕切りに使うも良し。 何かと重宝します。 処分品が多いときは、別に「リサイクル屋さん」を呼ぶ リサイクル法によって、家電(テレビ、電子レンジ、冷蔵庫、エアコンなど)を処分するには、リサイクル料がかかってしまいます。 この処分を引越し業者にお願いすると、当たり前に料金がかかります。 そこで、リサイクル屋さんに来てもらい引き取れるかどうか聞いてみましょう。 「ただで持っていく」と言われただけでもリサイクル料が浮いたことになります。 まとめ• 引越しの見積もりではまず、自分の引越しに引越し業者の訪問見積もりが必要かを見極める必要があります。 荷物が少ないユーザーは訪問見積もりの必要はありません。 引越しに使用するトラックの適正な大きさがわかっていれば訪問見積もりは必要ありません。 引越しの最安値を引き出したいのであれば、訪問見積もりをしてもらった方が引越し料金は安くなります。 引越しの見積もりだからって部屋の中を片付ける必要はありません。 荷造りは見積もりが終わって引越し業者を決めてから始めましょう。 見積もりの時はどの業者にも引越し当日の打ち合わせのつもりで話をしましょう。 引越し業者の訪問見積もりでは一社ごとに結論を出しておいた方が• 引越し業者に訪問見積もりを予約する際、初めは2社だけにしておいて、引越し業者2社の見積もり結果を比較してみましょう。 引越し業者2社の見積もりのどちらにも納得がいかないときに別の引越し業者に訪問見積もりを依頼するように進めていくと、引越しの見積もりにかかる時間を節約できます。 一気にたくさんの引越し業者から見積もりを取ると、たくさん取った見積書がどの引越し業者のものだったか解らなくなってしまいがちです。 訪問見積もりの時に引越し当日の打ち合わせができてなくてうまくいかないこともあります。 引越しの一括見積もりは電話攻撃の的になることがあります。 見積もりに呼んだ引越し業者の数だけ断りが必要です• 訪問見積もりの時に引越し業者から中古のダンボールをもらっておくと何かと使い勝手があります。 処分品が多いときは、別に「リサイクル屋さん」を呼んで買い取りも視野に入れましょう。

次の

引越し業者の選び方と見積もりのコツ|引越しのウラオモテ

引越し業者 見積もり

引越し業者はたくさんあり、いざ引越しをしようと思うと多くの選択肢のなかから選ぶ必要が出てきます。 ネットで近場にある業者を手軽に検索できるようになったことで選択肢が広がったのはよいのですが、得られる情報が多いとどこがよいのか見極める難しさも出てきます。 ネットの普及とともに台頭してきた引越しの一括見積もりサイトは、 使わないと損とまで言われるようになりました。 反面、一括見積もりサイトを使うと電話攻撃に遭うだとか、引越し業者から送られる大量のメールに悩まされるなど、 サイトを利用して失敗したという話も聞きます。 このページでは引越しの一括見積もりサイトを使うとヤバイのか、一括見積もりサイトの使い方とメリット・デメリットについてご紹介します。 しくみを知れば一括見積もりサイトはヤバくない 一括見積もりサイトを利用して失敗したというケースの大半が、そもそも 引越しの見積もりのしくみを理解しているかというところにあります。 引越し業者を決めるとき、最終的には業者と直接コンタクトを取ることになりますが、一括見積もりサイトを使うとそれが短期間に集中するため戸惑ってしまう利用者が多いのです。 見込み客と連絡を取ろうとするとき、メールよりも電話のほうが早くて確実と考えるのは一括見積もりサイトに限ったことではありません。 一括見積もりサイトを利用したら翌日から電話が鳴り止まないといった口コミも見かけますが、引越しまでそんな毎日が続くわけではありません。 見積もり依頼フォームを送信してからせいぜい30分程度、翌日であれば午前中あたりまで引越し業者からの電話連絡が集中することはあるでしょう。 引越し業者としてはそれが仕事なので、深夜に電話してくるなどよほど非常識でない限り、一括見積もりサイトの利用では当然のことです。 一括見積もりサイトで失敗しないためには? 電話で話をするのが苦手という場合には、 など 電話番号入力が必須ではない一括見積もりサイトを利用するのがおすすめです。 また一括見積もりサイトを利用したら、迷惑メール並みに引越し業者から大量のメールが届くといった口コミもありますが、複数の一括見積もりサイトを同時に利用するとそのような事態になります。 ひとつの一括見積もりサイトで利用者の情報が送信されるのは、どのサイトも多くて10社ほどの引越し業者です。 すべての業者から返事が来るとは限りませんが、少なくとも半数程度の業者からは返事があるでしょう。 引越し情報サイトの中には複数の一括見積もりサイト同時利用をすすめるところもありますが、たとえば3つのサイトを同時に利用してしまうと、引越し業者から20通以上のメールが届いてしまう可能性もあります。 さすがに1~2日で20通以上のメールが引越し業者から届くとなると、こちらで依頼はしたものの数が多すぎて迷惑メールと感じてしまうかもしれません。 あらかじめ利用する引越し業者が決まっている場合や、自分で見積もりが欲しい業者を指定したい場合には、一括見積もり依頼をする業者が選べる をおすすめします。 見積もりの返事はメールでと指定したにもかかわらず電話で連絡をしてくるようなケースもありますが、サイトを選んで利用すれば 一括見積もりサイトは全然ヤバくないです。 仕組みを知って適切な利用をすれば、引越し費用の相場を知るにはもっとも適したツールが一括見積もりサイトです。 むしろ 使わないほうがヤバイです。 引越し業者選びは情報収集と比較が大事 引越し業者の選択肢が少ないなら、手軽に依頼できるところや知名度の高い大手に依頼するといった選び方もありでしょう。 しかし、ネットで簡単に情報を入手できるのですからできるだけ安く良いサービスを提供してくれる業者を選びたいですよね。 中途半端な情報収集で選んでしまうと後になって「こっちの方がずっと安かった!」なんてガッカリしてしまうこともあります。 引越し業者選びと事前の情報収集において最大のポイントとなるのが見積もり依頼です。 どれぐらいの料金がかかるのかを事前に把握することで、自分の予算内でどんなサービスが利用できるのかを判断することができます。 引越し料金はどこに頼んでも同じという印象もありますが、実際に見積もりをしてみると業者によってかなり差が出てくることも多く、 料金の比較をしないと損をしてしまう可能性が高いのです。 とくに3~4月にかけての引越し繁忙期や移動距離が長い、荷物が多いなど料金が高くなりがちな環境では業者がどれだけ融通を利かせるか、値下げに応じてくれるかで料金に大きな差が出てきます。 引越しの見積もりは無料と決まっているので、見積もりを依頼したからといって契約をしなければならないということはありません。 一括見積もりが一般的になった今、引越し業者も他の業者と比較されるのを前提の上で見積もりをするので、こちらの足元を見るような料金提示はないと考えて大丈夫です。 見積もりを簡単に比較できるのが一括見積もり 引越しの見積もりは本来引越し業者1社1社に依頼して取るものですが、ネットの普及した現在ではとても便利なサービスがあります。 それは一括見積もりサービスと呼ばれるもので、複数の業者に対して同時に見積もり依頼をすることができるので、 1社1社に見積もりを依頼する面倒を省くことができるのが大きな魅力です。 しかも手間が省けるだけでなく、同時に依頼するため見積もりの結果を比較しやすい点も一括見積もりサイトの大きなメリットです。 引越し料金は予約状況によっても変化しますから、1週間前に見積もりを依頼したA社と2日前に依頼したB社の料金を単純に比較するわけにはいかない面もあります。 A社はその後予約が埋まって料金が高くなった、なんてことも考えられるからです。 現在多くの一括見積もりサービスがありますが、 どのサイトも無料で利用することができます。 一括見積もりサイトの使い方 引越しの一括見積もりサイトは、どのサイトも 複数の引越し業者に見積もりを依頼するという基本構造は変わりません。 また利用者がフォームに入力する項目も『住所』『人数』『予定日』『個人情報』『荷物の詳細』『オプション』など、基本的にどのサイトも同じようなものです。 このページでは引越し業者が選べる一括見積もりサイト を例に使い方をご紹介します。 現在の住所 LIFULL引越し 引越し業者が利用者を輸送するプランは、アート引越センターのファミリーサルーンぐらいです。 なので引越しをする人数は見積もりに関係ないと言えますが、家具の数や荷物の量を省略して見積もり依頼ができるサイトもあるため、そのような場合引越し業者は引越しをする人数からおおよその荷物の量を計算することになります。 引越しでは荷物の量が増えれば費用もかかることになるため、 引越しをする人数は見積もりでは重要な意味を持つこともあります。 引越し費用は業者の予約状況によって大きく変わります。 特に3~4月の引越し繁忙期などでは料金が通常期の2倍以上になることもあり、 正確な見積もりには正確な引越し希望日が必要です。 しかし、引越しをすることは決まっていても時期や日取りまでははっきりしないといったことも少なくありません。 オプション作業 LIFULL引越し スマホユーザーが増えたことで小さな画面では使いづらい荷物入力フォームが、簡素になった一括見積もりサイトが増えています。 『単身』『家族』『荷物多め』『荷物少なめ』などを選択するだけで、標準的な物量での見積もりができるサイトも多いです。 しかし、このような簡易見積もりで提示される金額は、一括見積もりのあとに行う訪問見積もりで提示される金額との開きが大きくなりやすい傾向にあります。 特にベッドやソファー、冷蔵庫や棚など大きな家具がどれぐらいあるのか具体的に数量を入力しないと、引越し業者も金額を提示することが難しくなります。 またダンボールが何個あるのかも入力を求められるサイトが多いのですが、荷造りをしていない段階では正確に入力するのは難しいといえるでしょう。 引越しに必要なダンボール数の目安は以下のページで詳しくご紹介しています。 個人情報 LIFULL引越し 一括見積もりサイトの中には や など 見積もりが欲しい業者だけを選んで一括依頼できるところもあります。 あらかじめ利用したい引越し業者が決まっていて、知らない業者の見積もりは必要ないといった方にはおすすめです。 一括見積もりサイトを使うと、多ければ10社程度から電話かメールで返事が来ることになるので、引越し業者とのやりとりを最小限に済ませたいと考えるなら、 業者が選べるサイトをおすすめします。 見積もり依頼が終わったら 引越し業者に見積もりを依頼するのは同時ですが、すべての業者から返事が来るとは限りません。 また迅速に対応してくれる業者もあればちょっと時間がかかるところもあります。 基本的には早く対応してくれる業者の方がサービスがよいと判断できますから、料金だけではない判断基準として少し頭に入れておきたいところです。 業者から返事が来たらその内容をしっかりチェックしましょう。 見積もり金額はもちろんですが、内訳やサービス内容についても確認が必要です。 入力した項目がきちんとサービスに含まれているか、希望するサービス・作業が含まれているかどうかなどです。 不用品の回収など自社でそのサービスに対応していない業者の場合、省略された見積もりを行っていることもあるので、単純に料金だけを比較して判断するわけには行かないこともあるためです。 一括見積もりサイトでできること 一括見積もりサイトが行ってくれるのはあくまで複数の業者に見積もりを依頼するところまでです。 引越し業者への問い合わせや正確な費用を計算するために必要な訪問見積もりの依頼、料金の交渉などは自分で行う必要があるということです。 ネット上での一括見積もりはあくまで概算ですから、実際の引越し料金と差が出ることもあります。 できるだけ正確な費用の見積もりを得るためには、情報の入力を正確にしておく必要があります。 たとえば日時を「いつでもいい」などにしてしまうと、安い見積もりが提示されたにもかかわらず、引越し業者の予約状況によっては実際の料金がかなり高くなってしまうこともあります。 同時にどれだけの業者に一括して見積もりを依頼できるかはサイトによって異なりますが、10社程度まで対応しているところがほとんどです。 一括見積もりで費用が安い引越し業者を3~4社程度に絞り込み、訪問見積もりを依頼してすべての業者の見積もりを比較するというのが、現在主流の引越し業者の選び方となっています。 おすすめ一括見積もりサイト 複数業者の見積もり比較が手軽にできる一括見積もりサイトは数多くありますが、どのサイトを選んでも『 一度に複数の引越し業者に見積もり依頼をする』という機能に大きな差はありません。 しかし、サイトによって登録されている業者数に大きな差があったり、家族の引越し向き、単身の引越し向き、長距離に強いなど業者の得意な引越しのタイプに偏りがあるサイトもあります。 引越し業者を選ぶ前に一括見積もりサイトを選ぶのに疲れてしまう、なんていうのは本末転倒です。 このサイトでは バランスの取れた一括見積もりサイトを2つご紹介しています。 LIFULL引越し LIFULL引越しは登録業者数が約130社と多すぎず少なすぎず、サービス内容や料金の比較がしやすいのが特徴で、どの引越し業者を選べばよいのか迷うことがありません。 荷物の量や部屋の間取りなどわかりづらい項目の入力が任意となっており、初めて引越しをする方や初めて一括見積もりサイトを使う方でも利用しやすいサイトです。 また、送信画面で 見積もりを依頼したい引越し業者を選ぶことができるので、業者から大量のメールが送られてくる、電話がひっきりなしにかかってくるといった心配がありません。 赤帽など軽自動車を使った格安引越し業者が登録されているのもLIFULL引越しの強みです。 軽貨物業者から大手引越し業者まで幅広く見積もりを取ることができるバランスの取れた一括見積もりサイトです。 おすすめ SUUMO引越し SUUMO引越しをおすすめする一番の理由は、 電話番号の入力が不要なことです。 メールだけで引越し業者からの見積もり提示もやり取りも完結します。 一括見積もりサイトを利用すると折り返し引越し業者から連絡が入りますが、対応が早い業者だったりすると見積もり依頼から数分後には電話がかかってくるようなこともあります。 また見積もり依頼送信時に、日中は電話対応が難しいため連絡はメールでと付け加えたにもかかわらず、電話で連絡してくる業者も少なからずあります。 電話で引越し業者と話すことが気にならないという方はもちろん、煩わしいやりとりはしたくないという方にもSUUMO引越しはおすすめです。

次の