東名 高速 道路 渋滞。 リアルタイム交通情報

リアルタイム交通情報

東名 高速 道路 渋滞

【重要なお知らせ】• 高速道路料金の休日割引適用除外について(6月14日まで延長)• 高速道路会社4社(NEXCO3社及び本四高速)および宮城県道路公社では、新型コロナウイルスの感染拡大防止を図るため、6月14日まで休日割引の対象日となる土・日曜日に通行した場合でも、休日割引が適用されません。 詳しくは各社ホームページをご確認ください。 ・ ・ ・ ・• 【災害等関連情報】• H28年 熊本地震 関連情報• (九州地方整備局)• H23年 東日本大震災 関連情報• (東日本高速道路株式会社)• (東日本高速道路株式会社)• 【JARTICからのお知らせ】• [新型コロナウイルスの都内交通渋滞への影響]• 都内一般道路について、新型コロナウイルスによる影響が及んでいることを想定し、当センターが提供する『渋滞統計システム』 を活用して調査を行いました。 ・ 2020. ・ 2020. 『渋滞統計システム』の詳細は からご覧いただけます。 [報道発表]• 2014. 10 『災害時情報提供サービス』 の報道発表について• 『災害時情報提供サービス』 を報道発表しました。 発表資料につきましては からご覧いただけます。 [各種情報の提供]• 一般道路の「交通規制情報(11種別)」、「交通規制情報(103種別)」、「断面交通量情報」、「交差点制御情報」を更新しました。 (2020. 01) ダウンロードはへ。 断面交通量情報及び交差点制御情報のリンク番号の最新情報については、公益財団法人日本交通管理技術協会のホームぺージ( 及び )に掲載しています。 [職員採用について]• 2020. 【その他のお知らせ】• 2019. 12 (一般社団法人日本自動車タイヤ協会)• 2019. 13 (国土交通省)• 2015. 28 (一般社団法人日本自動車連盟)• 【道路交通情報】• 2020. 10 (仙台東部道路、首都高速道路 羽田線)• 2020. 09 (東海北陸自動車道)• 2020. 05 (中部横断自動車道)• 2020. 02 (北陸自動車道、中央自動車道、首都高速道路)• 2020. 29 (秋田自動車道・日本海東北自動車道)• 2020. 28 (日本海東北自動車道)• 2020. 27 (東北自動車道・秋田自動車道、山形自動車道・日本海東北自動車道)• 2020. 25 (秋田自動車道、常磐自動車道・仙台東部道路)• 2020. 22 (小田原厚木道路)• 2020. 15 (秋田自動車道・湯沢横手道路、常磐自動車道)• 2020. 13 (山形自動車道)• 2020. 07 (磐越自動車道)• 2020. 28 (名神高速道路)• 2020. 27 (中央自動車道)• 2020. 23 (日本海東北自動車道)• 2020. 20 (中国自動車道)• 2020. 13 (青森自動車道、日本海東北自動車道)• 2020. 16 (首都高速道路 湾岸線)• 2020. 18 (首都高速道路 横浜北線)• 2020. 13 (三陸沿岸道路)• 2020. 10 (神戸淡路鳴門自動車道)• 2020. 07 (東海環状自動車道、松山自動車道、九州自動車道)• 2020. 06 (新東名高速道路)• 2020. 31 (常磐自動車道、中国自動車道)• 2020. 28 (根室道路)• 2020. 27 (深川・留萌自動車道、東名高速道路)• 2019. 23 (首都高速道路 横浜北西線、阪神高速道路 環状線及び大阪港線渡り)• 2013. 27 (工事行事予定情報、冬期閉鎖情報等を提供開始)• 【個人の方】• 2020. 【採用情報】• 2020. 【その他】• 2014. 2020.

次の

東名大和TN、渋滞ワースト独占 対策案が抱える大きな問題

東名 高速 道路 渋滞

tags: , , , 高速道路の「渋滞ワーストランキング」で、実質的にワースト3を占めている東名高速道路・大和トンネル付近。 改善対策が進められているものの、そこには大きな問題が。 「渋滞名所」の汚名、返上は無理なのでしょうか。 全国の「渋滞ワースト3」、実質的にすべて大和トンネル関係 2016年4月28日(木)、国土交通省より昨年(2015年)の高速道路の「渋滞ワーストランキング(速報)」が発表されました。 首都高と阪神高速を除く路線のうち、「渋滞ワースト3」は以下の通りです。 1位:東名高速・上り・海老名JCT〜横浜町田(渋滞損失時間:134万人・時間/年) 2位:東名高速・上り・秦野中井〜厚木(渋滞損失時間:126万人・時間/年) 3位:東名高速・下り・横浜町田〜海老名JCT(渋滞損失時間:107万人・時間/年) 2位の秦野中井〜厚木間における渋滞は、1位の海老名JCT〜横浜町田間に連続して発生します。 つまり全国の高速道路における「渋滞ワースト3」は、実質的に「神奈川県内の大和トンネル付近を先頭にした、東名高速上り線と下り線の渋滞」ということです。 実質的に高速道路の「渋滞ワースト3」を占めている東名・大和トンネル付近(画像出典:国土交通省)。 その渋滞原因は「上り勾配」や「トンネルの視覚効果による速度低下」ですが、東名の横浜町田〜海老名JCT間は全国の都市間高速道路で最大級の交通量があり、この区間はそもそも交通容量が不足しているのです。 しかし、東名の混雑緩和などを目的に建設されている新東名は、圏央道と接続する海老名南JCTから東側の計画がまったく未定。 つまり、海老名南JCTの東側にある大和トンネルを先頭にした東名上下線の渋滞を軽減するには、東名そのものを改良するしかありません。 渋滞ワーストの東名、改善方法はあるのか? 2015年12月18日、国とNEXCO中日本、神奈川県などによる検討会において、次のような具体的な対策案が示されました。 「渋滞の発生を抑制するために交通集中箇所の交通容量拡大が効果的であり、大和トンネルを中心とした上り線約4km、下り線合計約5. 5kmに付加車線を設置する」 手法は、大和トンネル(280m)とその東京側の橋梁部(530m)を上下線とも1m拡幅したうえ、そのほかでは路肩を削るなどして1車線分をひねり出すというものです。 2015年12月に示された東名・大和トンネル付近の渋滞対策案(画像出典:NEXCO中日本)。 路肩を削り、既存車線の幅を1車線あたり25cm狭くして新たに1車線分の幅を生み出す手法は、東名高速・岡崎IC付近(愛知県)の上下線ですでに実施され、渋滞緩和に大きな成果を上げました。 大和トンネル付近もそれに準ずるわけですが、幅が若干足りない大和トンネル内は、トンネルの幅を上下線とも1mずつ広げます。 実は大和トンネル側面のコンクリート壁は二重になっており、内側の壁を取り除くだけで拡幅が可能とのこと。 1960年代の建設時、なぜそんな構造が採用されたのか謎ですが、工事はその分、容易です。 総事業費は140億円。 「数年後の完成を目指す」(NEXCO中日本)と報道されています。 それでも大和トンネルの渋滞解消は困難か その大きな理由 しかし、これには問題があります。 付加車線の設置が横浜町田〜海老名JCT間およそ14kmのごく一部にとどまる点です。 これでは渋滞の解消は難しく、限定的な緩和しかできないと断言できます。 上り線は、2003(平成15)年に海老名SAから綾瀬バス停先まで約3kmの付加車線が設置済みですが、その終点でいったん4車線が3車線に減少。 そして大和トンネル手前で付加車線が復活し、その先で再度4車線から3車線に減るという凸凹設計なのです。 車線が減るポイントでは合流による速度低下が必ず発生し、渋滞の原因になるでしょう。 下り線は、まず横浜町田ICからの合流部が約500m延伸されますが、合流してくるクルマは早く本線に合流したがるものですから、大きな効果は期待できません。 大和トンネル前後およそ5kmの付加車線設置はそれなりの効果があるでしょうが、やはり合流ポイントやその先のサグ(道路が下り坂から上り坂になる場所)、あるいは海老名SAからの合流を先頭に渋滞が発生するとみられます。 新東名・海老名南JCT以東の延伸計画もないなか、いったいなぜこのような付け焼刃的な対策案が採用されたのか、理解に苦しみます。 「渋滞の名所」、東名高速の大和トンネル付近(2015年4月、清水草一撮影)。 先述した、2003年に設置された東名上り線・綾瀬バス停付近まで約3kmの付加車線について、その効果は「渋滞回数や渋滞距離に改善は見られなかったが、渋滞内の速度が約3割向上し、通過時間が短縮された」(2005年の国交省の調査)とされています。 つまり今回の対策が完成しても、渋滞そのものの発生は抑えられず、通過速度が改善される程度でしょう。 やはり、横浜町田〜海老名JCT間14km全区間の8車線化を強く望みます。 それは車線のペイントを引き直すだけで、ほとんど実現可能なはず。 戦力の小出しは敗北への道です。 【了】 首都高に路肩はない。 慣れてしまえば問題ないでしょう。 渋滞が国民経済、福祉へ与える悪影響と暫定的4車線化による効果、費用、リスク等を総合的に勘案して最大公約数的な対策を行うべきだろう。 日本では車両の幅が2.5Mに規制されているが、アメリカのトラック等はこれより広い。 しかし、フリーウェイの車線幅は日本の高速道路より狭い。 ペイント4車線は最大公約数一番近い方策だと思う。 4車線とし、路肩側車線は通常じは路側帯とし、渋滞が発生しそうなときに4車線に切り替えることも一つの方策。 洪水対策の遊水池をまねて海老名S. の駐車キャパシティを増やす、厚木大和トンネル間に出口専用の簡単なインターを設けるのも有効かもしれない。 大和トンネル前のNシステムを撤去しない当局の愚かさには怒りを通り越したものがある。 国民のためのクリエイティブな発想は役人組織、警察組織からは出てこない、なぜなら現状維持、過去の踏襲が彼らの保身につながるからだ。 国民が動かしていかなくては。 清水さん頑張れ。

次の

高速道路の渋滞の名所・ポイント・場所の一覧

東名 高速 道路 渋滞

渋滞の定義として一般道では走行速度が時速20km以下、高速道路においては走行速度が時速40kmいかの状態を指します。 一般的な渋滞の原因には悪天候、信号や踏み切り、交通事故、故障車、悪天候、連休や行楽シーズンなどの多数の人出によるものなどが有り、 高速道路の渋滞の原因には、料金所、道路工事、路面への落下物、インターチェンジやジャンクションでの分岐、上り坂、トンネル によるものなどが有ります。 高速道路の渋滞の名所は決まっているため、高速道路の改修や車線の増加などにより、年々渋滞は少なくなってきています。 詳細ページ: 高速道路の渋滞の名所・ポイント・場所の一覧 名称 説明 矢板IC 東北自動車道 矢板IC(インターチェンジ) 登り斜線が約1kmに渡って緩やかな上り坂になっていることと、 那須IC・黒磯板室IC・西那須野塩原ICからの行楽客の車が増えること、 国道4号線からの車が増えることが原因で渋滞になるとされています。 大谷PA 東北自動車道 大谷PA(パーキングエリア) 栃木ICから上りが続くことや、以前は川口JCTからの片側三車線区間の終了地点だった為に 渋滞します。 佐野藤岡IC 東北自動車道 佐野藤岡IC(インターチェンジ) 小山市や足利市からの車や、佐野プレミアム・アウトレット利用者の車が多いことから 渋滞します。 寒河江IC 山形自動車道 寒河江IC(インターチェンジ) さくらんぼ狩りシーズンの6月になると、さくらんぼ狩りの車により渋滞します。 猪苗代磐梯高原IC 磐越自動車道 猪苗代磐梯高原IC(インターチェンジ) 冬はアルツ磐梯スキー場、猪苗代スキー場、裏磐梯スキー場など有名なスキー場が多数有る為渋滞します。 また、裏磐梯から一番近いインターチェンジのため、行楽シーズンは行楽客や観光客の車で渋滞します。 藤岡JCT 関越自動車道 藤岡JCT(ジャンクション) 関越自動車道と上信越自動車道の合流地点のため、 行楽シーズン終了時には群馬北部や新潟方面からの車と長野方面からの車で渋滞します。 花園IC 関越自動車道 花園IC(インターチェンジ) 花園IC付近はサグと呼ばれる小さな谷になっているため、上り坂になる際にスピードが落ち渋滞になります。 また秩父や長瀞から最寄のインターチェンジの為、行楽シーズンは行楽客や観光客の車で渋滞します。 新座料金所 関越自動車道 新座料金所 関越自動車道の料金所がある為に渋滞が発生します。 大泉JCT 関越自動車道 大泉JCT(ジャンクション) 関越自動車道と東京外環自動車道の合流地点の為に渋滞します。 また、関越自動車道の先の谷原の交差点からの渋滞が影響していることも有ります。 渋川伊香保IC 関越自動車道 渋川伊香保IC(インターチェンジ) 群馬県北部のスキー場の利用客や、伊香保温泉・草津温泉の利用客の為に 冬や行楽シーズンに渋滞発生します。 月夜野IC 関越自動車道 月夜野IC(インターチェンジ) 国道17号線に接続する群馬最北のインターチェンジの為に渋滞します。 また、関越トンネルは危険物積載車両は通行できない為該当車両は月夜野ICで国道17号を利用するので、 これも渋滞の原因となっています。。 土樽PA 関越自動車道 土樽PA(パーキングエリア)(旧チェーンベース) チェーン規制時には全ての車が土樽PAに誘導され、 チェーンおよびスタッドレスタイヤ装着のチェックが行われる為に渋滞が発生します。 関越トンネル 関越自動車道 関越トンネル 以前は現在の下り線のみで片側通行だった為に渋滞していました。 現在もスキーシーズンなどには渋滞が発生しているようです。 八風山トンネル 上信越自動車道 八風山トンネル 碓氷軽井沢IC~佐久平PA間にあるトンネルで、以前は片側1車線ずつだった為に渋滞が多発しました。 現在は片側2車線になったため渋滞はほぼなくなっています。 五里ヶ峯トンネル 上信越自動車道 五里ヶ峯トンネル 千曲川さかきPA~屋代BS間にあるトンネルで、以前は片側1車線ずつだった為に渋滞が多発しました。 現在は片側2車線になったため渋滞はほぼなくなっています。 碓氷軽井沢IC 上信越自動車道 碓氷軽井沢IC(インターチェンジ) 避暑地や観光地として人気の軽井沢が近いため、行楽シーズンは行楽客や観光客の車により渋滞が発生します。 中郷IC 上信越自動車道 中郷IC(インターチェンジ) 暫定2車線の為、行楽シーズンなどに渋滞が発生します。 三宅坂JCT 首都高速道路 三宅坂JCT(ジャンクション) 首都高速都心環状線と首都高速4号新宿線が合流する為に渋滞が発生します。 特に速都心環状線外回りはトンネル内での合流となる為、事故などによる渋滞も起こりやすくなっています。 箱崎JCT 首都高速道路 箱崎JCT(ジャンクション) 首都高速6号向島線と首都高速9号深川線が合流するために渋滞が発生します。 竹橋JCT 首都高速道路 竹橋JCT(ジャンクション) 首都高速道路都心環状線と首都高速道路5号池袋線が合流する為に渋滞が発生します。 江戸橋JCT 首都高速道路 江戸橋JCT(ジャンクション) 首都高速道路都心環状線と首都高速道路1号上野線、首都高速道路6号向島線が連絡している為に渋滞が発生します。 谷町JCT 首都高速道路 谷町JCT(ジャンクション) 首都高速道路都心環状線と首都高速道路3号渋谷線が合流する為に渋滞が発生します。 浜崎橋JCT 首都高速道路 浜崎橋JCT(ジャンクション) 首都高速道路都心環状線と首都高速道路1号羽田線が合流する為に渋滞が発生します。 向島出入口 首都高速道路 向島出入口 大井本線料金所 首都高速道路 大井本線料金所 首都高速道路湾岸線の東行きに設置されている当料金所で渋滞が発生します。 両国JCT 首都高速道路 両国JCT(ジャンクション) 首都高速道路6号向島線と首都高速道路7号小松川線が合流する為に渋滞が発生します。 入間IC 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)入間IC(インターチェンジ) 入間IC近くの三井アウトレットパーク入間の利用者の車のため渋滞します。 港北IC 第三京浜道路 港北IC(インターチェンジ) 港北ICの近くに新横浜駅、IKEA港北、ららぽーと横浜等がある為に渋滞が発生します。 宮野木JCT 東関東自動車道 宮野木JCT(ジャンクション) 京葉道路と東関東自動車道が接続している為渋滞が発生します。 また、宮野木JCTから京葉道路に入るまでの間に千葉西本線料金所があることも渋滞の原因となっています。 穴川IC 京葉道路 穴川IC(インターチェンジ) 宮野木JCTからの渋滞が連なることで、穴川ICも渋滞が発生します。 高井戸IC 中央自動車道 高井戸IC(インターチェンジ) 首都高速道路4号新宿線と中日本中央自動車道を繋ぐインターチェンジです。 中央道上り出口は周囲の道路の混雑による渋滞が連なることで、高速道路内も渋滞が発生します。 相模湖IC 中央自動車道 相模湖IC(インターチェンジ) 相模湖インターチェンジから先が上り坂となるために渋滞が発生します。 小仏トンネル 中央自動車道 小仏トンネル 相模湖インターチェンジからの上り坂が小仏トンネルの中央付近まで続いている為に渋滞が発生します。 元八王子BS(バスストップ・バス停) 中央自動車道 元八王子BS(バスストップ・バス停) 八王子料金所や八王子インターチェンジがある為と、 元八王子バスストップ付近はサグと呼ばれる軽い谷間になっているため、谷間の上り坂部分の影響で渋滞が発生します。 土岐JCT 中央自動車道 土岐JCT(ジャンクション) 中央自動車道と東海環状自動車道の合流の為に渋滞が発生します。 大月JCT 中央自動車道 大月JCT(ジャンクション) 中央自動車道本線と富士吉田線の合流のために渋滞が発生します。 日本坂トンネル 東名高速道路 日本坂トンネル 日本坂トンネル開通時は上下2車線ずつの為に渋滞が発生していました。 現在は新たなトンエンルを掘り上り4車線、下り3車線となった為に渋滞の発生は少なくなっています。 大和トンネル 東名高速道路 大和トンネル 大和トンネル付近は緩やかな上り坂となっているため渋滞が発生します。 厚木IC 東名高速道路 厚木IC(インターチェンジ) 東名高速道路から接続する国道271号(小田原厚木道路)、国道129号は非常に交通量が多いために渋滞が発生します。 御殿場IC 東名高速道路 御殿場IC(インターチェンジ) 御殿場インターチェンジ付近に御殿場プレミアムアウトレットがある為、利用者の車で渋滞が発生します。 綾瀬BS 東名高速道路 綾瀬BS(バスストップ・バス停) 綾瀬バス停先の大和トンネルの渋滞が連なり、バス停付近も渋滞が発生します。 松岡BS 東名高速道路 松岡BS(バスストップ・バス停) 松岡バス停から富士川サービスエリアに向かう途中の富士川橋が上り坂でカーブとなっているために渋滞が発生します。 裾野BS 東名高速道路 裾野BS(バスストップ・バス停) 裾野BSからその先の沼津インターチェンジにかけてカーブが続く為に渋滞が発生します。 富士IC 東名高速道路 富士IC(インターチェンジ) 富士山周辺の観光地の行楽客の車や、大石寺や富士山本宮浅間大社等有名な寺院仏閣があるために参拝者の車で渋滞が発生します。 豊田JCT 東名高速道路 豊田JCT(ジャンクション) 東名高速道路と伊勢湾岸自動車道が合流している為に渋滞が発生します。 岡崎IC 東名高速道路 岡崎IC(インターチェンジ) 山間部で起伏があることなどにより渋滞が発生します。 四日市IC 東名阪自動車道 四日市IC(インターチェンジ) 伊勢湾岸自動車道から多くの車が流入する為渋滞が発生します。 高鷲トンネル 東海北陸自動車道 高鷲トンネル スキー場などの利用客の車で渋滞が発生します。 白鳥IC 東海北陸自動車道 白鳥IC(インターチェンジ) スキー場などの利用客の車で渋滞が発生します。 瀬田東JCT 名神高速道路 瀬田東JCT(ジャンクション) 京滋バイパスと名神高速道路が合流するために渋滞が発生します。 京都南IC 名神高速道路 京都南IC(インターチェンジ) 京都への行楽客や観光客の車で渋滞が発生します。 京都東IC 名神高速道路 京都東IC(インターチェンジ) 京都への行楽客や観光客の車や、西大津バイパスへ直結していることもあり渋滞が発生します。 竜王IC 名神高速道路 竜王IC(インターチェンジ) 竜王インターチェンジ付近に三井アウトレットパーク滋賀竜王がある為に、利用者の車で渋滞が発生します。 天王山トンネル 名神高速道路 天王山トンネル 開通当時は上下線に1本ずつのだった為に渋滞が多発しましたが、現在はさらにトンネル数が2本増えたので渋滞は以前より少なくなっています。 須磨IC 第二神明道路 須磨IC(インターチェンジ) 阪神高速3号神戸線と接続している、山間部であり須磨坂と呼ばれる坂がある、交通量が多いなどの理由から渋滞が発生します。 摂津北IC 近畿自動車道 摂津北IC(インターチェンジ) 出口で接続している大阪府道2号大阪中央環状線との合流の為渋滞が発生します。 宝塚トンネル 中国自動車道 宝塚トンネル 宝塚トンネルは宝塚東・宝塚西トンネルの総称で、トンネル内に勾配がある、 上り線は山陽自動車道・舞鶴若狭自動車道・阪神高速7号北神戸線・六甲北有料道路・神戸淡路鳴門自動車道からの車が多数流入し 下り線は名神高速道路・近畿自動車道からの車が流入する為に渋滞が発生します。 藤白トンネル 阪和自動車道 藤白トンネル 暫定2車線区間の為に渋滞が発生します。 長峰トンネル 阪和自動車道 下津トンネル 暫定2車線区間の為に渋滞が発生します。 下津トンネル 阪和自動車道 下津トンネル 暫定2車線区間の為に渋滞が発生します。 鳥栖JCT 九州自動車道 鳥栖JCT(ジャンクション) 鳥栖JCTで鳥栖IC、九州自動車道、長崎自動車道、大分自動車道が接続している為に渋滞が発生します。 鳥栖JCTは九州で最も通行車両の多いジャンクションとされています。 広川IC 九州自動車道 広川IC(インターチェンジ) 広川ICに広川SA(サービスエリア)が併設している為、広川SA利用者の車で渋滞が発生します。

次の