手足口病 軽い 写真。 手足口病に関するQ&A|厚生労働省

手足口病とは

手足口病 軽い 写真

手足口病とは? 手足口病は夏季に流行し、7月にピークを迎えるウイルス性の感染症。 原因ウイルスは「エンテロウイルス」と「コクサッキーウイルス」で、複数の種類があるので何度もかかる可能性も。 患者のほとんどは小児で、5歳未満の小児が80%を占めますが、まれに大人にも感染します。 手足口病の特徴• 夏季に流行し、7月にピークを迎える。 何度もかかってしまうことも。 まれに大人も感染することがある。 子どもの三大夏風邪に注意! 夏になると子どもを中心に患者数が増える感染症が、「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール熱)」。 "子どもの三大夏風邪"と呼ばれたりもしますが、例年6月から8月にかけてそれぞれの流行がピークを迎えますので、特徴や注意点を確認し、事前の感染対策に備えましょう。 エンテロウイルス、コクサッキーウイルスは「ノンエンベロープウイルス」 潜伏期間は、3〜6日。 口の中の粘膜や手のひら、足の裏、足の甲などに水疱性の発疹が現れて、1〜3日間発熱することがあります。 水疱は、かさぶたにならずに治る場合が多く、1週間程度でなくなります。 また、1〜2ヶ月後に手足の爪がはがれることがありますが、大事にはいたらずすぐに新しい爪が生えてきます。 ですが、口の中にできた水疱がつぶれた後にできる口内炎(口の中にできた潰瘍)がひどく、食事や飲みものを受けつけなくなることから、「脱水症状」を起こすことも。 また、原因ウイルスの「エンテロウイルス」は無菌性髄膜炎の90%を占めるため、まれに脳炎を伴って重症化することもあるので注意が必要です。 潜伏期間は、3〜6日• 口の中・手のひら・足の裏や甲に水疱性の発疹、発熱、爪がはがれることも• 口内炎の痛みから、飲食を受けつけずに「脱水」になることも• また、回復後も口(呼吸器)から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排泄されるので、おむつなどの交換後に汚染された手指を介して感染が広がります。 しっかり手洗い・消毒し、 感染をストップさせましょう!• マスクでしっかり予防しましょう。

次の

手足口病とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

手足口病 軽い 写真

引用:NHK WEB-手足口病が大流行のおそれ- このウイルスは、高温多湿の環境を好むので、 5月~8月にかけて流行します。 主に夏に乳幼児の間で流行することが多いですが、大人もかかることがあります。 関連 手足口病の初期症状の特徴 手足口病かも?と疑われるのはどのような症状なのでしょうか。 体がだるくなる倦怠感を伴うため、ただの夏風邪と勘違いしてしまうことが多いようです。 関連 水疱や発疹が出る 夏風邪と違う点は名の通り、手や足や口に 水疱や 発疹が出て、 かゆみを感じてくること。 「手足口病」という名前の通り、• 口の周り• 口の中(主に口の天井部分)• 舌の付け根• 喉の奥• 手のひらや指• 足の裏や指• 足のつけね を中心に症状がでますが、まれに• ひじの裏• お尻 などにも現れます。 【アフタとは】 口の中の皮膚粘膜表面が、灰色から黄白色に変色した膜に覆われた5~6mm以下の大きさの潰瘍のこと 特に発疹が出やすいところ 症状が中程度まで進むと、手足に発疹がみられます。 かゆみや痛みが生じてしまい、とてもつらい状態が 1週間から10日ほど続きます。 関連 喉の腫れ 喉や 咽頭 いんとうが腫れて痛みを伴うと、 食事や水分補給が困難になることもあります。 関連 手足口病の潜伏期間や発症期間 手足口病の潜伏期間は 3~6日間、 発症すると、場合によっては最初の初期症状としての 軽度の発 熱があり、 発症後は 7日~10日ほどかかって徐々に治っていきます。 学校や幼稚園は休めるの? 手足口病については、 インフルエンザのように幼稚園や学校の出席停止や、会社のや出勤停止の期間は設けられていません。 「学校保健法」で予防すべき伝染病1~3種に含まれていないため、基本的にはお医者さんや所属機関の判断に従いましょう。 関連 ネット上の皆さんの声を拾ってみると、おおまかな登園や出社の目安としては• 飛沫感染(つば・くしゃみなど)• 接触感染(手をつなぐ・潰れた水疱に触るなど)• 糞口感染(うんちやおしっこから排出されたウィルスが口を通して感染) などを 無意識のうちに体内に入れてしまうことが主な感染経路となっています。 特に、• 子供のおむつ替えの際に糞口感染によって母親に移る場合• 子供をお風呂に入れて体を洗う際に、潰れた水疱に触ってしまって接触感染 が多いそうですので注意が必要です。 関連 手足口病の予防 手足口病については、今のところ有効なワクチンはなく、また手足口病の発病を予防できる薬もありません。 ですから予防方法としては、帰宅時のうがいや手洗い励行など、基本的な衛生管理が最も効果的です。 殺菌・消毒効果のあるスプレーや石鹼を使うのも有効的です。 ですので、医師に処方してもらった対症療法の解熱剤やかゆみ止めを使って、安静を保つことが一番大切です。 1週間ほどで治ることが多いので、治るまでしっかり休みましょう。 手足口病2017年の感染者・冬も流行 毎年夏に多い手足口病。 国立感染研究所の動向調査を見ると、夏のピークは過ぎたものの、確かに今年は、 過去10年と比較しても患者数が一番多く報告されています。 どの都道府県で流行してる? 2017年47週 11月20日〜 11月26日 の週報では、全国から 3885人もの報告例があり、.

次の

手足口病 【医師監修】 原因・症状・予防法 大人にもうつる 何度もかかる可能性 【病院なび】

手足口病 軽い 写真

手足口病とは Q1 手足口病とはどのような病気ですか? A1 手足口病は、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。 子どもを中心に、主に夏に流行します。 病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)で、その他、コクサッキーウイルスA10などが原因になることもあります。 Q2 どのようにして感染するのですか? A2 感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染することです)が知られています。 特に、この病気にかかりやすい年齢層の乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園などでは注意が必要です。 理由は、子ども達同士の生活距離が近く、濃厚な接触が生じやすい環境であることや、衛生観念がまだ発達していないことから、施設の中で手足口病の患者が発生した場合には、集団感染が起こりやすいためです。 また、乳幼児では原因となるウイルスに感染した経験のない者の割合が高いため、感染した子どもの多くが発病します。 Q3 どのような症状が出ますか? A3 感染してから3~5日後に、口の中、手のひら、足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹が出ます。 発熱は約3分の1にみられますが、あまり高くならないことがほとんどであり、高熱が続くことは通常はありません。 ほとんどの発病者は、数日間のうちに治る病気です。 しかし、まれですが、髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺など、さまざまな症状が出ることがあります。 (特にEV71に感染した場合には、他のウイルスによる手足口病と比べて、中枢神経系の合併症を引き起こす割合が高いことが明らかとなっています。 )また、手足口病の典型的な症状がみられずに重症になることもありますので、注意が必要です。 手足口病にかかったこどもの経過を注意深く観察し、合併症に注意をする必要があります。 予防対策について Q4 感染しないようにするために、どのようなことに注意すればよいですか? A4 手足口病には有効なワクチンはなく、また手足口病の発病を予防できる薬もありません。 治った後でも、比較的長い期間、便などからウイルスが排泄されることがあります。 また、感染しても発病はせず、ウイルスを排泄している場合があります。 これらのことから、発病した人だけを長期間隔離しても有効な感染対策とはならず、現実的でもありません。 前述したように、衛生観念がまだ発達していない乳幼児の集団生活施設では、施設内での感染の広がりを防ぐことは難しいです。 しかし、手足口病は、発病しても、軽い症状だけで治ってしまうことがほとんどであるという意味で、感染してはいけない特別な病気ではありません。 これまでほとんどの人が子どもの間にかかって、免疫をつけてきた感染症です。 一般的な感染対策は、接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすることと、排泄物を適切に処理することです。 特に、保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染を広げないために、職員とこども達が、しっかりと手洗いをすることが大切です。 特におむつを交換する時には、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしてください。 手洗いは流水と石けんで十分に行ってください。 また、タオルの共用はしてはいけません。 手足口病は、治った後も比較的長い期間便の中にウイルスが排泄されますし、また、感染しても発病しないままウイルスを排泄している場合もあると考えられることから、日頃からのしっかりとした手洗いが大切です。 国内及び世界の発生状況について Q6 日本での発生状況は? A6 毎年、夏を中心として発生し、7月下旬に流行のピークを迎えます。 過去10年間では、平成23年に最大の流行が発生しましたが、平成25年はそれに次ぐ規模の流行となっており、注意が必要です。 手足口病は、ほとんどの場合、軽症で治りますが、重症化する割合が高いといわれているEV71による手足口病も流行していますから、しっかりと経過観察をする必要があります。 Q7 世界での発生状況は? A7 手足口病は、世界中で日本と同様子どもを中心にみられる病気です。 温帯地域では、主に夏に発生します。 EV71による手足口病の流行は、これまでにも、アジア各国で報告されています。 マレーシア、台湾、中国、カンボジア、ベトナムなどでは、近年、EV71による手足口病の大きな流行が報告されています。

次の