スマホ ワイヤレス イヤホン。 Bluetoothイヤホンの接続・ペアリング設定方法を解説

ワイヤレスイヤホンの使い方を徹底解説!

スマホ ワイヤレス イヤホン

そんなワイヤレスイヤホンの人気の秘密は、なんといってもその扱いの手軽さにある。 以前は音飛びや音質で有線に劣ると言われていたり、コンパクトなサイズゆえのバッテリー駆動時間の短さといった課題があったが、そういった問題も今は昔の話。 スマホとの連携機能も充実し、わずらわしいケーブルがないというメリットを存分にあじわうことができるモデルが増えてきている。 ワイヤレスイヤホンには、左右のイヤホンを繋ぐケーブルがあるものと、ケーブルがない「完全ワイヤレスイヤホン」と大きく分けて2つのタイプがあり、それぞれにさまざまな価格帯で個性的なモデルが発売されている。 では、いったいどんなタイプを選べばいいのか。 本記事では、編集部おすすめのワイヤレスイヤホンを用途別に紹介していく。 この2機種を使っているのであれば、選んで間違いはないだろう。 発売当初から人気のモデルで、音質の評判もよい。 iPhoneユーザーで、どれを購入すればいいのか迷っているなら、まずこちらをおすすめしたい。 AirPodsはApple純正品のため、iPhoneとの親和性が非常に高いところが特徴だ。 フタを開けるだけでペアリングが完了するほか、iPhoneからバッテリー残量が簡単に確認でき、電源のオンオフも不要など、連携できる機能や動作が多い。 なお、2019年3月に第2世代となるワイヤレス充電に対応したモデル「AirPods with Wireless Charging Case」が発売された。 現在はワイヤレス充電に非対応の第1世代が「AirPods with Charging Case」としてラインナップされている。 AirPodsが、耳介と呼ばれる耳の表面部分にイヤホンのパーツをひっかけて装着する「インナーイヤー型」なのに対して、Galaxy Budsは耳栓型のイヤーピースを耳の中に入れるようにして装着する「カナル型」で装着感と遮音性が高い。 また、ワンタップで周囲の音を取り込めるアンビエンスモードにも対応している。 もちろん、Galaxyデバイスとの連携はとてもいい。 AirPods同様、フタを開けるだけでペアリングでき、デバイスの切り替えもスムーズ。 Galaxyの名前を冠しているが、もちろんGalaxy以外でも利用できる。 商品名/ メーカー/Galaxy タイプ/カナル型 価格/オープン価格 こちらの記事もあわせてどうぞ 長時間使用に強い! 急速充電対応のワイヤレスイヤホン ワイヤレスイヤホンはバッテリーで駆動しているので、1回の充電での使用時間には限りがある。 そこで多くの完全ワイヤレスイヤホンは収納ケースが充電器を兼ねており、外出先でも充電することができる仕様になっている。 なかでも、こちらのモデルは急速充電に対応しているため、15分程度の充電時間でも数時間の使用が可能。 長時間にわたって使用したいときなどは重宝するはずだ。 デザインと音質面で国内外から高い評価を受け、ルイ・ヴィトンが自社ブランド イヤホンのベースモデルとしても採用している。 イヤホン自体の連続再生時間は3. 5時間だが、ケースでイヤホンを3回満充電することができるため、最大で14時間使用することが可能。 高級感あふれるデザインにも表れているが、まさにハイエンドなモデルだ。 左右ユニットの通信にNFMI(Near Field Magnetic Induction)ペアリング技術を採用しており、完全ワイヤレスイヤホンで起こりがちな左右ユニットでの音切れや遅延が少ないのも特徴だ。 商品名/ メーカー/NUARL タイプ/カナル型 価格/19,440円(税込) スポーツでも使える防水モデル ケーブルのないワイヤレスイヤホンは、マラソンやジムでのワークアウトなど、スポーツとの相性が抜群だ。 しかし防水・防汗性能がなければ、汗が原因で故障に繋がることもあるので注意が必要だ。 ここでは、スポーツでも安心して利用できるワイヤレスイヤホンを紹介しよう。 通常のワイヤレスイヤホンとしての使用だけでなく、約920曲の楽曲を保存できる4GBのメモリーを本体に搭載した音楽プレーヤー機能を兼ねているので、ジムやプールなどでスマホをロッカーに入れて離れた状態でも、イヤホン単体で音楽再生を楽しめる。 なお、Bluetoothによるワイヤレスイヤホンとして使用する際の連続再生時間は最大3時間だが、イヤホン単体で使用する場合には連続最大6時間と長時間駆動が可能になっている。 商品名/ メーカー/Jaybird タイプ/カナル型 価格/25,790円(税込) 作業中は周囲の音を「遮断したい派」? 「取り入れたい派」? 作業中、周囲の音を完全に遮断して集中したい人もいれば、呼び掛けられたときにすぐに反応できるようにあえて周囲の音を聞こえるようにしたい人もいる。 積極的に遮音したい人、周囲の音を取り込みたい人、それぞれにあったイヤホンを紹介する。 連続最大10時間再生が可能なことに加え、周囲の雑音を消す強力なノイズキャンセリング機能を搭載しており、イヤホンから流れる音に集中することができる。 カフェなどで考えごとをしたいときはもちろん、飛行機や新幹線での移動中にもおすすめだ。

次の

【2019年最新版】ワイヤレス (Bluetooth) イヤホンのおすすめと正しい選び方特集!

スマホ ワイヤレス イヤホン

ケーブルが一切なくて使いやすい 片耳方式のワイヤレスイヤホンが持つ最大のメリットは、コードがないためにケーブルを気にせず日常生活を送れることです。 家事や仕事をしながらスマートフォンの着信を待つ際に、耳元のボタン1つですぐに着信出来るので、気がついたら不在着信があったという事態を回避出来ます。 部屋にスマートフォンを置いて音楽を聴きながら外出しても、電波エリア外へ出ると自動的に接続が切れるため、置き忘れてきたことに気が付く点も便利です。 周囲の音を片耳で聴くことができる ワイヤレスイヤホンを装着して音楽に集中していると、つい音楽鑑賞に夢中になって周囲の状況判断が遅くなりがちです。 しかし、片耳だけに装着するワイヤレスイヤホンならば、未装着側の耳へ外の音がそのまま入ってくるので、誰かに話しかけられたり交通状況が危険な状態ならばすぐに警報音を聞くことが出来る点がおすすめです。 外に出て移動中や作業中に音楽鑑賞や通話を行いたい時には、周囲の状況を掴みやすい環境を整えておくことが安全に過ごせます。 片耳ワイヤレスイヤホンのデメリット 通話中は一人で何か喋ってる人と思われがち 片耳のみに装着するワイヤレスイヤホンは、コードがないため装着していても目立ちません。 通話中はひとり言をつぶやいている人と間違えられます。 髪が長く耳が隠れがちな人ほど、周囲からワイヤレスイヤホンを装着していると分かりません。 こっそり装着していることを周囲に知られたくない人におすすめできますが、変わり者という扱いをされるリスクがあります。 利き耳ばかりで聴いていると身体のバランスに影響が出る 片耳に装着して使用するワイヤレスイヤホンのデメリットとして言えるのが、利き耳ばかりで装着して音楽を聴きすぎることで、身体のバランス感覚に影響が出る可能性があるという点です。 このデメリットを改善するために、左耳・右耳の両方で使用できるように作られているモデルが多く開発されています。 片耳ワイヤレスイヤホンの選び方 Bluetooth v4. 0以上が理想 片耳ワイヤレスイヤホンは、一方の耳だけに装着して周囲の状況を常に確認しながら使用します。 音楽再生専用として使用するならば、Bluetooth v4. 0以上を選ぶと省エネ化が進んでいるのでバッテリー切れが最小限で済みます。 しかし、スマートフォン経由で通話を行ったり、周囲にスマートフォンが多く置いてある場所で使用するならば、Bluetoothの通信規格としてv4. 1以上が望ましいです。 なぜなら、LTEで使われている電波の一部がBluetooth機器へ電波干渉を起こすことがあるので、電波干渉に対応した規格としてBluetooth v4. 1が登場しているからです。 後から登場した規格ならば、電波干渉問題は解決されているので、音楽観賞と通話の両方に使用可能という点がおすすめ出来ます。 コーデックの性能で選ぶ Bluetoothを採用した機種が大半を占める片耳ワイヤレスイヤホンは、標準サポートされているSBCコーデックにより音声圧縮して伝送しています。 通話と音楽鑑賞を行う際に重要となる高音質な製品が欲しいなら、高速化により転送ビットレートが倍増しているBluetooth v5. 0の製品を選ぶか、高品質なAACやapt-Xなどのコーデックに対応する機種を選ぶことがおすすめです。 音声圧縮技術は、後から開発されたコーデックの方が高品質なため、SBCによる音声圧縮では重低音と高音域がカットされてしまう部分まで再現出来る方が音質が上がります。 Apple製品ならばAAC、Androidならばapt-Xや更に上位となるapt-X HDといった高音質コーデックを採用した片耳ワイヤレスイヤホンを選ぶと良いです。 カナル式がおすすめ 片耳ワイヤレスイヤホンは、ネックバンドが存在しないので完全分離式ワイヤレスイヤホンの片耳モードと考えれば分かりやすいです。 装着方法として、耳から外れた時に紛失しないよう耳掛け式なのかカナル式なのかという点が重要になります。 耳掛け式はフック部分の素材が柔らかいほど長時間の装着でも痛くならず、仕事をしながら着信を待ちつつ音楽鑑賞もBGM代わりに流したいといった我儘な使い方におすすめです。 カナル式の場合には、耳栓をしている感覚となるのでイヤーピースのサイズが複数あるタイプが望ましいです。 なぜなら、カナル式では密着度が高いほど動き回っても外れることが少ないので、耳掛けフックがない分だけ耳穴のサイズにピッタリ合わせる必要があるからです。 バッテリー容量を取るか、重量の軽さを取るか 音楽再生と通話機能を両方兼ね備えた片耳ワイヤレスイヤホンは、筐体自体にリチウムイオンバッテリーが内蔵されています。 バッテリー容量の大きい製品は、設計上、重量も重いものが多く、付けていて耳が疲れやすくなります。 バッテリー容量が大きいほど良いというものでもないのです。 軽さも重要なポイントです。 連続待ち受け時間の長さは、待機時の省エネ性能に依存するので、Bluetooth v4. 2以降が有利とされています。 通話のみに利用する片耳ワイヤレスイヤホンならば、待受時間が長いタイプがおすすめとなりますが、音楽鑑賞をしたいなら連続再生時間を重視する必要があります。 片耳ワイヤレスイヤホンのおすすめ GLCON 片耳ワイヤレスイヤホン.

次の

ワイヤレスイヤホンおすすめ8選 iPhone連携モデルや長時間再生など使い方別に紹介|TIME&SPACE by KDDI

スマホ ワイヤレス イヤホン

ワイヤレスイヤホン Bluetoothイヤホン とは、従来の有線イヤホンとは違ってケーブルいらずの使い方ができて、音楽が聴ける。 そんな便利なイヤホンがワイヤレスイヤホンです。 ワイヤレスイヤホンは、Bluetoothイヤホン ブルートゥースイヤホン とも呼ばれています。 Bluetoothイヤホン ブルートゥースイヤホン は、iPhoneやAndoridのBluetooth機能を使って自動でペアリング接続して使うことができます。 Bluetoothイヤホン ブルートゥースイヤホン は最近使っているひとが多くなっています。 それは、ブルートゥースイヤホンが便利だからです。 本日はブルートゥースイヤホンの使い方を解説させていただきます。 Bluetoothのバージョンの詳細 Ver1. 1 普及バージョン Ver1. 2 2. 4GHz帯域の無線LANとの干渉対策が盛り込まれたバージョン Ver2. 1 Ver1. 2の約3倍のデータ転送速度(最大3Mbps)にパワーアップ Ver3. 0 ペアリング手軽。 マウスやキーボードのバッテリー寿命を5倍延長できる省電力モードが搭載 Ver4. 0 約8倍のデータ転送速度(最大24Mbps)を実現。 電力管理機能を強化、省電力化を向上。 Ver4. 1 大幅な省電力化を実現する低消費電力モード(BLE)に対応した。 通信速度1Mbps。 Ver4. 2 セキュリティをさらに強化し、データ転送速度を高速化。 Ver5. 0 いままでのバージョンより転送速度2倍に、通信範囲4倍にグレードアップ。 ワイヤレスイヤホンの正しい使い方をしていないと接続できない原因となります。 まずは、 Bluetoothやスマホやデバイスをオン・オフと切り替えてみたり電源を切り再起動してみたりしてください。 使い方が正しければ直るはずです。 またバッテリーが無くなったため電源が入らないので、接続できない可能性があります。 こまめに充電する使い方をしましょう。 プロファイルやバージョンが異なるため接続できないかもしれません。 これはメーカーのHPや説明書を確認してみましょう。 場所を変更して使いましょう。 そして電子レンジ使用中やひとが多い場所で、そのような環境での使い方をすると通信の干渉や混線が原因となって接続できない場合があります。

次の