ロマサガrs 15-2-5。 【ロマサガRS】メインクエスト15話の全攻略データ ベリーハード(VH)の攻略方法

ロマサガRSストーリー15話のオススメ育成クエスト

ロマサガrs 15-2-5

1度出てきた敵は、〇〇話参照の部分の「〇〇話」にリンクを貼っています。 タッチすればすぐそこに飛んで確認できます。 確認した後はブラウザバックすれば元の位置に戻るので活用してみてください。 メインストーリーVH攻略リンク 15話:宿命の子サラと少年 15-1-1. とりあえずライトボーラーがいればラウンド2〜ラウンド3が楽になる。 メドゥーサの「凝視」とウィズゴブリンの「超音波」には注意しよう。 それぞれ魅了と混乱付与の効果がある。 15-1-2. ただラウンド1とラウンド3では 打属性も有効なため、打アタッカーメインで攻略しても良い。 ラウンド3のピアスのHPは相変わらず低いので、弱点をつかなくても全体攻撃で楽に倒せる。 アレフ以外にはマヒが有効なので、状態異常を使った攻略も有効な場所だ。 15-1-4. フライマンバだけ弱点が突のみだが、HPが低いので関係なくライトボール連打で倒せるのがポイント。 倒せない人は突アタッカーの全体攻撃持ちなどをいれておけばOK。 ヴァンパイアレディやうらみもつししゃにも突弱点を突ける。 クローディアのでたらめ矢やアローレイン、コーデリアのスウィング、ようせいの星くずシュートなどを利用しよう。 1点注意したいのがうらみもつししゃの催眠。 うらみもつししゃの素早さが結構高いので、陣形ラピッドストリームで先制攻撃するか、眠り耐性を上げておけば事故が減るだろう。 15-1-5. ラウンド1のデスコラーダの「アシッドスプレー」が強力なので、早く倒すためにも術士を採用して攻略したい。 術士は火術士が一番相性が良いものの、性能的に微妙なので[ 陽+ 熱]攻撃もできるブルーがオススメ。 コウメイも光杖装備だと少し火力は落ちるがクリムゾンフレアでそこそこダメージを与えられる。 ラウンド3のカイザーアントはクラック連打が厄介だが、前にいるので打アタッカーで一気に叩くかマヒなどを利用して動きを止めると良いだろう。 15-2-1. フルフルの「水鳥剣」があるので、縦一列の陣形ラピッドストリームは危険。 ラウンド1からフォージウィルム1体との戦い。 火力がかなり高めなので、全体火炎でもそこそこダメージを受けてしまう。 安定を取るならスタン付与を狙うこと。 ルージュの「ペイン」を活用したり、夏ジャミル・アニーといったスタン特化スタイルを採用すると良いだろう。 他には初手に突の超火力をぶつけて一気に倒す戦法もあり。 ラウンド3ではナイトフォークの「超音波」による混乱付与があるためこちらにも注意。 ルージュ採用なら「影しばり」でマヒを狙うことができるぞ。 ラウンド2と3では縦一列の斬攻撃も有効。 こちらも「ぶった斬り」「円月斬」「水鳥剣」など利用しよう。 もちろん「ミラージュステップ」や「茜舞」は強い。 15-2-2. ラウンド3でムドメインが出てくることから、SSルージュ2がいるとより楽に攻略できる。 とはいえ、ムドメインのHPはそこまで高くないので「ミラージュステップ」「茜舞」などを2〜3発ぶつければ倒せる。 斬の全体攻撃や範囲攻撃をうまく活用しながら戦おう。 15-2-3. カイザーアントはを参照。 ラウンド3のカイザーアント対策として打の火力が欲しいところ。 陣形はラピッドストリームで素早さを上げてカイザーアントの「クラック」を使われる前に攻撃するのがポイント。 ビートルやピアスのHPが低いのでラウンド2ではちょっとした全体攻撃で一気に倒すことができる。 ただし体術アタッカーはBPを温存しておくこと。 対カイザーアントを見越してBPを計算しながら攻撃しよう。 ついでにここは全員にマヒが有効なので、ラウンド1とラウンド3でマヒを使えばかなり楽になる。 ただし素早さで負けるとやはりクラック連打のスタンハメがやばいので、素早さが必要。 15-2-5. 水晶龍が[ 熱・ 雷]弱点なので、単体火力を出せるこの属性攻撃持ちのアタッカーが欲しいところ。 ということで 熱なら温泉SSアイシャ・SSアセルス ライジングノヴァ継承 ・SSシフ・学園SSボルカノ・SSミリアム マグマプロージョン継承。 雷ならSSハリード・SSシルバー。 あとは道中でオーバードライブを溜めてラウンド3で一気にぶっぱするのが理想。 道中はマヒも有効なので、ロックブーケなどを採用してマヒをかけつつチマチマ攻撃して溜めていくプレイングができるぞ。

次の

【ロマサガRS】【永久保存版】全クエストの成長限界 調査結果報告 (偽の塔と妖魔の君 追加)

ロマサガrs 15-2-5

【記事の補足】 各クエスト毎の素ステ上限値の数値は、 SSカタリナの旧上限値を基準に平均値を算出して記載しています。 能力上限の大体の目安として参考にしてください。 【前提】遠征「ジャングル奥地」でも到達可能 パーティ戦闘力30,000は遠征「ジャングル奥地」で遠征を繰り返しても到達できる育成ラインです。 チケットが余っているならスタメンキャラにガンガン使用し、次の のステップに進みましょう。 遠征「ジャングル奥地」解放条件の VH7-2-5のクリアがまだの場合は、下記に記載の戦闘力30,000が目指せるクエストを周回して育成し、VH7攻略を目指しましょう。 メインVH4-1-5. こちらは"VH4-1-5と比べて" スタミナ消費が少ない代わりに 副産物がないので一長一短です。 メインH6-1-5. ハードのため スタミナ消費が軽く、しっかりと育成されたSSコウメイやSSブルーがいれば他は誰でもいいので パーティの自由度が高いのも魅力です。 出現する敵こそ多いものの1体辺りのHPが少なく、 全体攻撃でまとめて処理できるため周回しやすいです。 ソフィアやゆきだるまなど棍棒で術を使用するキャラの強化に重要な要素になるので、能力上げと並行して属性厳選できるのが魅力です。 メインVH9-1-4. 所持しているキャラによっては VH7、8よりも周回しやすい場合もあります。 生存率をあげるためにも、副防具は 斬耐性を意識しましょう。 ラウンド1ではHPが低めのレブナントが5体出現するため、 全体攻撃持ちがおすすめです。 メインVH10-1-2. 編成の自由度も高い VH10-1-2は10話のベリーハード中でも難易度が低めでオートでも周回しやすいです。 メインVH10-1-3. メインVH11-1-2. 編成の自由度も高い VH11-1-2は11話のベリーハード中でも敵の出現数が少なく、オートでも周回しやすいです。 打アタッカーを育成しながら、打武器も厳選できるのが大きなメリットです。 メインVH11-2-3. 難易度は11-2-1より高めなので、小剣の厳選が終わったら11-2-1に戻るか、 12話周回に進むのがおすすめです。 メインVH12-2-2. 敵の攻撃もほぼ斬攻撃になっているため、ベースで斬耐性が高い 斬アタッカー主体で安定周回が可能です。 敵のHPが少ない代わりに出現数が多いので、 全体攻撃や 範囲攻撃キャラを編成して まとめて処理しましょう。 VH12-2-2では水杖と土杖がドロップするため、能力上げと同時に杖の能力厳選が可能です。 メインVH12-2-5. 出現数が少ないので、比較的周回も簡単で安定します。 敵が 縦一列攻撃を使用するので、体術キャラを編成する場合でも ラピットストリームは避けましょう。 VH12-2-5では光杖と闇杖がドロップするため、能力上げと同時に杖の能力厳選が可能です。 メインVH外伝-2-1. 強い攻撃がほぼ無いため、周回も簡単で安定します。 開幕で全体攻撃ができると、 シュラークをまとめて処理できるので、周回速度アップに繋がります。 メインVH外伝-2-4. メインVH13-2-2. また、1、3ラウンドの敵は陰弱点でもあるため、新ルージュも輝きます。 それぞれの引率役などは下記ページにてまとめていますので、参考にしてみてください。 HPに関しては表記の数字より伸びる可能性がありますが、「ここまではそれなりに上がりやすいよ」 というラインまでの数値で記載しています。 能力上限の大体の目安として参考にしてください。 この期間は対象キャラを育成するチャンスなのでスタミナ回復剤を効率良く使うようにしましょう。 素ステの上限値について 「素ステ」とはスタイル補正・装備補正等を除いた キャラの純粋なステータスのことです。 素ステはキャラ毎に上限値が決められており、中には同じキャラでもスタイル事に上限値が異なる例もあります。 1例としてSとAで器用さの育成傾向が違うクローディアの場合、Sの器用さは旧上限値 51に対し、Aは旧上限値 54まで伸びます。 このように、キャラを限界まで育成するには育成傾向の違う スタイルを切り替えて能力上げを行う必要があります。 HPは周回数、能力値はより高難度を周回 HPは他の能力値に比べて上昇幅が大きいため、比較的低めの難易度のクエスト周回でも上がりやすいです。 逆に能力値は、最大値に近づくに連れて、より高難度のクエストでない限り上がらなくなってきます。 そのため、HPだけ上げたいのであれば少し難易度を落として 周回数を稼ぎ、能力値を上げたい場合はさらに上の難易度での周回に切り替えるのがおすすめです。 ベリーハードで武器集めと合わせて周回 ベリーハードでドロップするS武器には能力付き武器があるため、能力の厳選も兼ねることでパーティを一気に強化することができます。 周回するクエストを厳選したい武器種がドロップするクエストから選ぶのもありです。 そもそも能力上げとは? 能力上げとは"キャラ"の"基本能力値"を上げること 「能力上げ」とはクエストをクリアした時に成長するキャラクターの 基本能力値を上昇させることです。 スタイルのレベル上げなどとは別にキャラクターを強化することができるため、より高難度のクエストを攻略する上で非常に重要なポイントです。

次の

ロマサガRSストーリー15話のオススメ育成クエスト

ロマサガrs 15-2-5

今回の記事は ゲーム感想記事です。 どんな記事かといいますと アカツキとスクエニが共同で開発運営を行なっているロマサガRSのストーリーの独断と偏見の解説記事です。 ロマサガRSは無課金でも課金しても楽しめる優秀なソシャゲなので興味がある方はプレイしてみてください。 ロマサガをプレイした事がない人でも楽しめると思います。 という事で本編は ロマサガRS 1章外伝と2章のストーリーについて語りたいと思います。 目次からのネタバレを含みますのでご了承下さい。 そりゃあゲームのヒロインがいきなり魔王の子供を妊娠の展開なんて誰も想像がつかなかったでしょう。 しかし、今回ストーリーが更新され、 いきなり15年をぶっ飛ばすという手法でヒロインの妊娠という無茶苦茶をまとめてきたのは良かったと私は思っています。 上記の画像を見ると、主人公のポルカがお父さんで妹でヒロインのリズがお母さんだと思うでしょう。 しかしながら流石にぶっ飛んでいるロマサガRSでも兄弟で子供を作るとんでも展開には出来なかったので突然妊娠というとんでも展開になったのだと思います。 おそらく ロマサガRSは親から子に受け継がれる意思や力が今後のキーワードになってくると思います。 主人公のポルカも父親から炎の力を受け継いで覚醒し強敵を倒して来ました。 今後のストーリーに幅を持たせる為には ポルカやリズが親としと活躍する展開にしたかったのだと思います。 親になるには普通は恋愛してパートナーになってSEXをしないといけませんが、 いかんせんロマサガRSではポルカの奥さんになりそうなキャラクターはいません。 他のロマサガシリーズのキャラクターならば相性の良さそうなキャラはいますが、ソシャゲのストーリーで他のシリーズのキャラクターの結婚なんて出来るわけがありません笑 ポルカを結婚させる気があるならば恋人候補を出しておくべきでしたが、主人公のポルカは妹ラブなバカ兄貴というキャラクターなので、恋愛要素はありませんでした。 一方でヒロインのリズもお兄さんを小馬鹿にしつつも慕っている王道の妹キャラクターを貫いており、バレンタインイベントでも意中の相手はいないと演出されていました。 リズはゲーム内でもかなり人気の高いヒロインだったと思います。 ゲームのストーリーを見てもリズと絡む男性キャラは師匠のロビンがいますが、恋愛に発展しそうなキャラクターはいません。 人気のヒロインキャラクターを結婚させるならばそれ相応の相応しい格のキャラクターが必要だと思います。 現状、リズの旦那に相応しい男性キャラクターはポルカしかいません。 しかし、ポルカはリズの兄なので結婚もSEXも全年齢OKのRPGでは厳しいでしょう笑 だからこそ、唐突な妊娠!という衝撃の展開になったのでしょう。 兄貴の子供を妊娠したよりも魔王の子供を突然妊娠したの方がずっと物語の先に幅が出ます。 親から子へ受け繋がれる意思が一つのテーマならば、主人公達が親になるのは絶対条件であり、ユーザーの拒否反応を少なくする為に ヒロインの恋愛描写、結婚描写、SEX描写を省略できた、魔王の力での懐妊はアリだと私は思います。 突然の懐妊でその後どうなったのか?詳しく描写が欲しいという人もいるかもしれませんが、 妊娠後を描写しても野暮ったくなるだけだと思います。 妊娠後に考えられるストーリーとしては ・ リズが知らない男の子供を産むか否かの葛藤 ・ 兄貴のポルカが可愛い妹を妊娠させられた怒り ・ 新しく生まれる命に罪はないとして、結局産む事を決意するリズ ・ そんなリズを支える事を決意するポルカ 上記のようなストーリーなんて一人一人が想像すればいいわけで、 いちいち細かく描写しなくても兄弟が色々悩んで産む事を決めたのはわかります。 そして、普通はポルカとリズが親として子供を育てていると思うじゃないですか? またも予想を裏切ってきて良い感じです。 いやーこりゃあ参りましたの展開です。 育ての親がロマサガ3では犬猿の仲のボルカノとウンディーネであり、2人の夫婦漫才にニヤリとし、 リズの子供ジョーの育ての親は火術の達人ボルカノ、氷術の達人ウンディーネという事になります。 ジョーは相当の英才教育を受けた天才キャラである事が想像できます。 今後の展開として ジョーと母親のリズとの再会や親子共闘が期待されます。 ポルカとリズは兄弟でありながら、ヒロインのリズを恋人無しで母親にしつつ、ポルカはリズの子供を守る父親として夫婦のような立ち回りも可能となった、15年間時空飛ばしのストーリー展開は非常に良かったと思います。 塔は他のシリーズのキャラクターをロマサガRSの世界に登場させる為に必要でしたが 本当に面白くありません笑 大事な事なので2回言いました。 しかし、 ポルカの父親が敵役のバルテルミーである事がわかったあたりからストーリーは右肩上がりで面白くなってきていると思います。 他のシリーズのキャラクターはシリーズ毎のイメージを破壊しない為に無茶苦茶はできません。 故に小さく収まっていた印象でしたが ロマサガRS、オリジナルのキャラクター達は自由に動き回れる為、 オリジナルキャラクター中心でストーリーが進み始めた事が面白さにつながっているのだと思います。 以上、ロマサガRSのストーリーをめちゃくちゃ擁護してみたいと思う。 でした。

次の