鼻 つまむ 臭い。 鼻をつまむと臭いです。細かく言うと、鼻のてっぺんよりちょっと上の所を息が...

鼻が臭い:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

鼻 つまむ 臭い

先祖代々続くワキガ家系に生まれ先日『 腋窩多汗症・腋臭』と診断された ワキガサラブレッドの太郎です。 今回は鼻がなんか臭い!変なニオイがするに関する記事 ワキガの僕の癖は鼻をつまむこと。 だって、鼻が低く、鼻をつまんで伸ばすと鼻が高くなると教えられたから。 ってのは、本当の話で、実際に鼻をつまんでも鼻は高くはなりませんが、『この癖』はいつまでたっても治らないワキガ太郎です。 何気なく(僕は故意的に)鼻をつまむとニオイを感じるようになったという体験をしている人は意外にいるようです。 周りの臭いかも…と思っていろいろ確認しても違う。 周りの人に部屋が臭わないか聞いても「臭わない」という返事が返ってくる。 『もしかして…自分の鼻の中が臭い!?』と分かったときのショックは大きいものです。 どうして鼻をつまむことで臭うのか、その原因についてご紹介していきます。 納豆のようなニオイ• 汗をたっぷり吸ったTシャツを一週間放置していたニオイ• 卵の腐ったようなニオイ• 魚の腐敗したニオイ• 暑い夏に食べ終わった弁当箱を開けた時のニオイ• アンモニア臭• 酸っぱい感じのニオイ などが挙げられます。 どれもなかなかの臭いですよね…。 日常生活でこんなニオイを嗅ぎながら過ごすというのは、精神的にも良くないのは明らかです。 臭いの原因とは一体何なのでしょうか? 鼻が臭いのニオイの原因って何!? 続いては臭いニオイの原因についてです。 原因の分からない悪臭よりも、原因が分かったほうが気持ち的にも少しだけラクになりますよね。 原因として挙げられるのは大きく分けて『 鼻の病気』『 皮脂や汚れ』『 環境』の3つに分けられます。 鼻の病気が原因で臭いニオイを発している場合 鼻の中が臭い場合に考えられる病気は主にこの2つ• 膿が溜まる副鼻腔炎(蓄膿症)• 臭鼻症 膿が溜まる副鼻腔炎(蓄膿症) 悪臭がする鼻の病気には 副鼻腔炎があります。 蓄膿症とも呼ばれているこの病気は、風邪やインフルエンザなどのウイルスやアレルギー症状が引き金となります。 鼻の粘膜から副鼻腔にかけて細菌感染を引き起こし、副鼻腔が炎症を起こしてしまうのです。 この状態がさらに悪化すると鼻の奥や頬にある空洞に膿が溜まります。 膿が鼻水に混じることでイヤなニオイが発生してしまいます。 初期段階ではサラサラとした水に近い透明な鼻水が出ますが、悪化していくと粘り気のある黄色い鼻水に変化し、さらに緑がかった色に変わることもあります。 これは膿が溜まって鼻水と混じるから。 そして鼻に流れてきて悪臭を感じることになります。 臭鼻症の可能性も… 臭鼻症(しゅうびしょう)は鼻の中の乾燥や慢性鼻炎がもととなって鼻の中から悪臭がする病気です。 この病気の特徴は鼻の悪臭が自分だけでなく周囲にも広がるということ。 風邪や生活習慣の乱れなどが原因で起こることもあり、周りにも臭いが伝わるので早めの対処が必要となります。 皮脂や汚れが理由で臭いニオイを発している場合 毛穴のある場所には皮脂腺も存在しますが、それは鼻の中でも一緒です。 皮脂腺から分泌された皮脂は鼻の内部の皮膚に膜を作りますが、過剰分泌してしまうと 余分な皮脂が酸化し臭いの原因になってしまいます。 また鼻毛にも皮脂が付着することになるため、酸化すると悪臭のもととなってしまいます。 皮脂の酸化を抑えるためには皮脂の過剰分泌を抑えることが大切です。 食生活や生活習慣を見直してみましょう。 生活環境が原因で臭いニオイを発している場合 日々の生活のニオイ 生活臭とは、料理のニオイや布製品に付いた汗、靴のニオイなど、いろいろありますよね。 そのさまざまなニオイが鼻の中の鼻水に付き、鼻くそになって内側に付着することで悪臭を感じます。 生活している以上、何かしらのニオイがしてしまうのはしょうがありませんよね。 こまめに換気をして空気をこもらせないことで、 生活臭を一掃することができますよ。 シックハウス症候群が原因になることも シックハウス症候群とは、室内にある微量な汚染化学物質に体が反応してしまい、めまいや吐き気、鼻づまりなどを引き起こすことを言います。 そして症状の一つとして鼻の中の悪臭があるのです。 原因物質には『 ホルムアルデヒド』『 トルエン』『 キシレン』などがあり、建築材料や家具などから発生しています。 また、服やじゅうたんなどに含まれている浄化剤や可塑剤(かそざい)、あと殺虫剤なども原因物質に含まれます。 シックハウス症候群も 部屋に原因物質をこもらせないことが大切ですので換気をして新鮮な空気を取り入れると効果的ですよ。 もうイヤ!この臭いどうすれば良いの!?臭いニオイの取り除く解決策をご紹介 ずっと臭いを嗅ぎながら過ごすなんてイヤですよね。 悪臭を解決するためにはどうすれば良いのでしょうか? これから段階的に解決策をご紹介していきます。 自分で臭いを取り除く為に行いたい対策• 期間が必要だが、より健康になるというメリットもある生活環境改善• 専門医に診てもらい解決する方法 では、これから上記3つを一ずつ詳しく解説していきますね。 自分で臭いを取り除き対処する『鼻うがい』 鼻うがいとは、鼻から水や生理食塩水、専用の洗浄液などを吸い込み、口や鼻から出して 鼻腔内を洗浄する方法です。 でも、ここで抵抗を感じる人はいるはず。 だって、鼻に水が入ったときのあの「ツーン」とくる痛み、イヤですものね。 分かります、分かりますよ。 体液に近い生理食塩水や専用洗浄液を使えばほとんど痛みを感じずに洗浄することができます。 鼻うがいは1日に1回くらい行うのがおすすめで、 やりすぎてしまうと鼻の粘膜に負担がかかり、必要な成分まで洗い流してしまうため 注意が必要です。 ここで 鼻うがいを行う方法をご紹介しましょう。 洗浄液があえばそれを使いますが、ない場合には生理食塩水を用意。 自分で作る場合には水に対して0. 9%の塩を加えて作るので、500mlの水に塩4. 5gを混ぜます。 2リットルの水に対しては18グラム(約大さじ1杯)、1リットルなら9gの塩を入れてよくかき混ぜましょう。 水道水を使用するなら一度沸騰させて冷やし、作った 生理食塩水は24時間以内に使い切るのが理想です。 それを洗面器に入れて片方の鼻の穴をふさいで洗浄液または生理食塩水を吸い込みます。 洗面器から顔を上げて、吸い込んだ液体を吸ったほうの鼻の穴から出します。 2と3の流れを3~5回繰り返しましょう。 最後に方鼻ずつ軽く鼻をかんで終わりです。 このときに 強く鼻をかむと洗浄液や生理食塩水が耳に流れてしまい、 中耳炎の原因になる可能性があるので注意してくださいね。 もし洗浄の最中や終わった後に 違和感や痛みを感じたら耳鼻科など専門医に診てもらいましょう。 生活習慣の見直しをして臭いを根本から取り除こう 皮脂の過剰分泌には日ごろの生活習慣や食生活が大きく影響します。 油っこい食べ物やファストフードを好んで食べている人は 要注意。 皮脂の主成分は中性脂肪です。 中性脂肪になりやすい油っこい食べ物や肉類は食べる回数を抑えると良いでしょう。 また、皮脂のもととなる炭水化物やお菓子、ジュースなどの糖の摂取を制限するのも有効ですよ。 食事は和食中心のヘルシーなメニューがおすすめですよ。 また、ストレスを溜めていると男性ホルモンが分泌されて皮脂腺が刺激され、過剰分泌になってしまうので、 ストレス発散も大切です。 一番おすすめしたいストレス発散法はやはり運動です。 体を動かすことで気分がリフレッシュし、血流が良くなって新陳代謝が活発になり、糖や脂質も代謝されて消化できるので 皮脂の過剰分泌を抑えることができますよ。 睡眠時間をしっかり取って体を休めることでストレスを軽くすることが可能です。 夜は 夜更かしせずに睡眠を優先させましょう。 専門医という心強い味方も 自分で出来る対処法をご紹介しましたが、一番良いのはやはり専門医に相談することです。 副鼻腔炎は自身でのみ強いニオイを感じますが、臭鼻症では周りの人にまでニオイが伝わってしまいます。 鼻うがいはあくまでも応急処置だと思って、自分の鼻がおかしいと思ったら医師に相談しましょう。 医師が適切な処置を施してくれるので、治るのも早いですよ。 症状か軽いうちに病院へいくことで悩みが軽くなり、不快な思いをすることもなくなるのでぜひ病院へ足を運んでください。 まとめ 鼻をつまんで悪臭がする原因には病気である『 副鼻腔炎(蓄膿症)』や『 臭鼻症』であったり、『 皮脂の酸化』 環境的な要因である『 生活臭』『 シックハウス症候群』などが挙げられます。 自分で出来る対処法には『鼻うがい』や、皮脂の過剰分泌防ぐための『生活習慣の見直し』などがありますよ。 鼻うがいをするときには専用の洗浄液や生理食塩水を作って使用することで、ツーンとくる独特の痛みを防ぐことができます。 ただし、 途中で唾を飲まないこと、洗浄液等を飲み込まないこと、鼻を強くかまないことの3つに気を付けておこなってくださいね。 自身の対処法はあくまでも応急処置だと思い、鼻の異変を感じたら医師に相談することが大切です。 症状の軽い段階で病院へ行けば治療期間も長引きませんし、不快な思いも短期間で終わらせることができますよ。

次の

鼻の奥が臭い…つまむとにおう原因は蓄膿症のせいかも!?

鼻 つまむ 臭い

・小鼻の角栓 ・鼻の穴の中の皮脂 ・小鼻の角栓 ・副鼻腔炎等の病気 ・臭鼻症 ・臭い玉(膿栓) 臭いの原因で多いのはこの4つ。 中には40歳過ぎた中年ならではの原因はあります。 まー仕方ないです。 し、安心してください。 対策もしっかり解説します。 では、上から順番に見ていきましょう。 ・鼻の穴の中の皮脂 先ほどは 小鼻の表面の皮脂でした。 皮脂は鼻の穴の中にもあります。 いわゆる鼻毛の根本にある毛穴の皮脂です。 中年オヤジになると、鼻毛が伸びてモゾモゾしますよね。 きちんと、毛穴処理用のハサミなどで手入れしている分にはまだOK。 でも、鼻毛が抜けた時のあの快感。 わかるんですけど、鼻毛を抜けば抜くほど雑菌が入る場所が増えます。 鼻毛って鼻に入る雑菌や埃を防ぐ役割があります。 なので、モゾモゾしたときは、抜かずに カットです。 経験上、ハサミが一番確実ですし、急場を凌げます。 ただし、ハサミを入れるのが怖い。 昔、ハサミで傷つけたことがあるからヤダ。 そんなあなた。 電動の鼻毛カッターがあります。 よく切れますよ。 分かり易い動画がありました。 鼻毛カッターの注意点が一つ。 押し込み過ぎに注意してください。 粘膜を痛めて、かえって雑菌が 増殖してしまいます。 しばらくして、ん?切ってるのに臭うぞ? なんてことにならないように押しすぎ注意です。 ・小鼻の角栓 鼻の毛穴に汚れが沈着した皮脂が溜まるんです。 うっそだー。 と言いつつも、うすうす感づいているあなた。 小鼻のふちを軽く爪でなぞってください。 で、その臭いを嗅いでみてください。 ね、 臭いでしょ。 毛穴からでる皮脂が多いと臭います。 臭い皮脂が多くなる原因は主に生活習慣の偏りと、過剰な疲れやストレスです。 皮脂に繁殖した雑菌が付いたままだと、いわゆる 脂臭い状態になります。 ・副鼻腔炎等の病気 鼻の臭いでよく聞く病気が二つ。 副鼻腔炎と 蓄膿症です。 鼻の病気と言ってもピンとこないかもしれませんね。 鼻の奥の奥にそれなりに大きな空洞があります。 そこに、鼻汁が膿状態に溜まって悪化し、異様な臭いが発生します。 副鼻腔炎が3か月以上続く人って結構います。 慢性化した状態が蓄膿症と呼ばれる鼻の病気です。 わたし、鼻炎アレルギーで鼻水じゅるじゅる。 花粉、ハウスダスト、砂埃、冷気、稲、ブタクサ、まだまだあるある。 あるひ、そこから 軽い副鼻腔炎と言われるまで2週間くらい。 で完治に、なんと3か月かかりました。 ほぼ毎日耳鼻科に行って、洗浄と吸引してもらってですよ。 鼻水以外の自覚症状なかったので、正直、「マジか(驚)」でした。 細菌やウィルスが入り込んで炎症を起こしても膿になります。 膿が溜まってるわけです。 個人差はありますが、基本は臭い状態だと思ってください。 自分は鼻が臭いに慣れて 麻痺しちゃってます。 おそらく周囲のひとからは臭いと思われてます。 食べ物の 腐ったような臭いを周囲に放ってると思ってください。 怖いでしょ。 ・臭鼻症 これは私が毎年、まいとしなります。 冬の寒くて乾燥した季節に毎日苦しめられる病気です。 鼻の中の粘膜が乾燥して鼻水も粘膜も かさぶたのように固まるんです。 そこからくる異臭の臭い。 鼻炎のお仲間です。 萎縮性鼻炎という病名でもあります。 私はアレルギー性鼻炎があるので 鼻炎と同じ治療方法で耳鼻科に行きます。 ネットではあまり症状が出る人は居ない。 そんな情報を目にします。 年中鼻炎の私。 幸い、水鼻がでる症状の時期が長いからかな。 悪臭と言われなくてすんでます。 私はまさに滝のような、すすれない状態の鼻水がでます。 自分でも臭いの感じは今のところないです。 でも、この記事を読んでくれてるあなたは辛いかもしれませんね。 是非、早急に 耳鼻科で治療してください。 早いに越したことはないですよ。 ・臭い玉(膿栓) 臭い玉は俗称みたいなもの。 正式名称が 膿栓です。 誰しも口の奥の 扁桃腺という所ににくぼみがあります。 ここにお米の粒くらいの白い玉が付着します。 ある種、自然発生するものです。 細菌が口に入ってきて、病気にならないように免疫物で固めるんです。 これが 膿栓。 人間の力って凄いですよね。 この臭い玉は独特の悪臭がします。 臭っ! なんじゃ、この臭いは。 といじってると臭い玉が潰れることがあります。 潰れた時の臭さとは。 悪臭を超えた 異次元の臭さです。 恐らく、膿栓の潰れた臭いを嗅いだら、「絶対にマメにうがいしよ。 」 あなたは、心に誓うとおもいますよ。 鼻の臭いの原因をいくつか見てきました。 それでは対処方法は? 病院いってもおじさん、おばさんばっかりだし嫌だなあ。 大丈夫です。 あなたもしっかりおじさんなんですから。 そう、40歳を過ぎたオヤジなんです。 ここからが、大切です。 本当に大事なこと。 それはしっかり対処しておくこと。 エチケットマナーのあるオヤジはオヤジではありません。 素敵な オジサンと呼ばれます。 どうせなら素敵な人だな。 そう思われるようなってみたいと思いませんか? 難しいことは何もないです。 では次に対処方法の解説です。 ・生活習慣の見直し ・クレンジング ・鼻うがい ・病院へ行く あなたもきっと、聞くと 「なるほど当たり前だな。 」 私と同じ反応をすると思います。 説明していきますね。 ・生活習慣の見直し 鼻の臭いが 病気ではなく、 皮脂の汚れが原因だったら。 食生活の見直しや、生活習慣を少しだけ変えてみることで変わってきます。 肉類で脂っこい料理を食べることが多い。 野菜を食べることが少ない。 ファーストフードや、インスタント食品をよく食べる。 朝食をしっかり食べてない、または全く食べない。 運動不足。 疲れが溜まっているし、取れてない。 ちゃんとした睡眠がとれてない。 ひょっとしたら、 全部あてはまってるんじゃないでしょうか。 食事の見直しと、ちょっとしたストレッチや散歩をすること。 まずは一回やってみて下さい。 毎日じゃなくていいです。 で思い出したころに2回目してみてください。 まずは、そうですね。 月に 4回を目標にしてみてください。 経験上断言できます。 これだけでかなり違いますよ。 要するに、いかに長期目線で無理なく 習慣化させていくかです。 本当に変わってきますから。 ・クレンジング これまた、面倒くさそう。 そう思われるかもしれません。 鼻の回りのクレンジング。 やると簡単なもんです。 もちろん他に気になるところはクレンジングOKです。 オヤジでも 美肌ケアはするに越したことはないですもん。 鼻について。 毛穴から溜まった皮脂に雑菌がついた臭い。 これにはクレンジングが 絶大なる効果があります。 ここでワンポイントです。 洗顔前に お湯に付けたハンカチタオルを軽く絞って顔に乗せてください。 2~3分置いてみてください。 これ、毛穴の奥の皮脂や汚れを浮かせる効果が一つ。 あともう一つ、二次的な効果があります。 個人的にはこっちが大好きです。 それは温かい 蒸しタオルを顔に乗せる気持ちよさ。 何とも気持ちいいんです。 飲食店で無意識に お手拭きで顔拭きません? めちゃ ド定番のオヤジ臭い動作ですよね。 あれ、やっぱり気持ちいいからやっちゃうんです。 同じことを家でもやっちゃいましょう。 気持ちはいいわ、綺麗になるわで いいことずくめでしょ。 簡単だし、是非今日からやってみてください。 ・鼻うがい 鼻うがい。 始めは 怖いですよね。 2回目もまだ、チト嫌な感触があります。 3回目くらいになると慣れてきます。 ただし、 「鼻うがいができるから病院は不要じゃ。 」 と思うかなかれ。 ある程度定期的に耳鼻科を受診したほうがよいです。 ガラガラの口うがいで取れるのは臭い玉の膿栓です。 人によっては、コツを掴んだら鏡と綿棒で取れる人もいます。 口うがいで取れなかったり、綿棒で嗚咽したりするかもしれません。 私は口うがいでなんとか取れます。 綿棒がダメなので、たまに耳鼻科で取ってもらいます。 「膿栓ができたかもしれないので診てもらいたいんですけど。 」でOKです。 耳鼻科に行くと、ビックリするくらい簡単に取ってくれますよ。 ・病院へ行く 前述した 副鼻腔炎や 蓄膿症になると治療が必要です。 耳鼻科に行って洗浄と吸引とネブライザーという治療器を使います。 洗浄と吸引は少し慣れがありますが、そこはプロのお医者さん。 無茶苦茶苦しいことはしないです。 治療器も赤ちゃんでもできる優しい治療です。 薬剤の入った蒸気を軽く鼻やのどにあてるというモノです。 あと、補足としてちょっとだけ書いておきますね。 鼻が臭ってる原因が実は 口臭だった。 なんてなこともあります。 いずれにしても、ちょっとおかしいな。 そう感じたら耳鼻咽喉科には行ったほうが良いです。 それでは最後におさらいしておきましょう。

次の

鼻の臭いは病気でつまむと脂がでる?原因と対処法を探ってみた

鼻 つまむ 臭い

鼻の横や脇(わき)から出る白い脂は一体何?? 鼻の横・脇(わき)が臭くて困っている…という方が多くいらっしゃいます。 中でも、「鼻の表面や脇(わき)を指でつまむと白いニュルニュルした粘液が!とても臭い!」というコメントが多いです。 そこで今回は、「鼻の横から出る白い粘液」が一体何なのか? を紹介したいと思います。 鼻の横・脇(わき)から出る白い粘液の正体は? この白い粘液の正体は「皮脂」です。 人の身体には、皮脂腺が存在しており、毛が生えているところに存在します。 顔は特にこの皮脂腺が多く、有名なTゾーンという「皮脂の出やすい部分」をあらわす言葉もありますね。 鼻の横にも当然この皮脂が存在します。 皮脂には本来、肌の表面を保湿で保護する役割があるため、体に必要な機能として分泌されます。 皮脂が正常に皮脂腺から分泌されたあと、毛穴を通じて肌の表面に拡がっていきます。 この皮脂の拡がりが「 肌の水分蒸発を防ぐ保湿の役割」を果たしてくれるのです。 白くて臭い脂がでる理由 ところが、皮脂が正常に肌に分泌されないことがあるのです。 それは、 「 皮脂が毛穴に滞留する」 という状況が起こるのです。 皮脂腺から分泌された皮脂は、毛穴の管を通って皮膚の外に排出されます。 しかし、毛穴の内部が乾燥する「インナードライ」、肌の「ターンオーバー(表皮の新陳代謝)」サイクルが乱れ角質がうまく剥がれなくなることなどで、毛穴が通りづらくなる状況が発生します。 これらが、皮脂を滞留させる原因になります。 滞留した皮脂は、 「 酸化が起こり脂肪酸に分解される」 「 滞留した皮脂が角質や化粧品等と混ざり合う」 ことで、白色や黄色く変色し、臭いニオイを発する原因になります。 角質や化粧品と交ることで「角栓」といわれる毛穴を塞ぐ物質に変化もしていきます。 また、皮脂がつまるとニキビ菌が集まることになり、リパーゼという物質を排出させ、皮膚の炎症を起こしニキビの原因にもつながってきます。 臭いニオイへの対策 ・皮脂の分泌を招く食事メニューは摂取しすぎないよう気を付ける(動物性タンパク質、コーヒー等) ・肌の水分補給をしっかりと行う ・皮膚の皮脂を充分に洗浄できる石鹸や洗顔料をつかう ・毛穴を塞ぐ可能性のある粘土の高い保湿クリーム等はつかわない などといった対策をするようにしましょう。 これらの対策は、 「皮脂分泌の低下」「表皮の洗浄」「保湿」「毛穴の閉塞防止」といった事につながり、臭いニオイを放つ皮脂の防止対策になります。 当サイトでは、鼻の横やわきの臭いニオイにも消臭効果が高く、皮脂の洗浄と保湿性が優れている柿渋石鹸をおすすめしていますが、自分に合った対策は人それぞれです。 個人それぞにあったニオイ対策で、少しでも快適な生活を送れると良いですね。

次の